あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

手作り化粧水を作ろうと思っています。

ビタミンCを配合したいと考えているのですが、
レシピを色々検索したところ、アスコルビン酸粉末を
そのまま加えているところはあまりなく、
逆にビタミンC誘導体を加えているところが多くあり
どちらを配合するべきか迷っています。

そこで質問です(・∀・)∩

・ビタミンCそのものは、空気中で簡単に酸化してしまうそうですが、
たとえば化粧水のように液体に解けている場合でも
酸化してしまうのでしょうか?

・もしそうであるならば、手作り化粧水にはビタミンC誘導体を
配合するべきなのでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=113496
こちらの質問の回答者さんがおっしゃっているように
そもそも肌(局所的)に浸透させるためには、「特定の場所で作用する」誘導体にする必要はないのでしょうか??


過去の質問を見ても「○○の化粧水が効く」という回答が多く、
あまり参考になりませんでした。
唯一参考になりそうな上記の回答は
質問日が古く参照URLがほとんど見れません(´Д⊂ヽ

主観的な感想ではなく科学的にご説明をしていただける方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ビタミンCに美白効果を期待されて、手作り化粧水の中に入れようとされているのでしょうか?ビタミンC誘導体は、ビタミンCに親油性物質の脂肪酸を結合させて、合成界面活性剤化したものです。

なぜネットで調べてもビタミンC誘導体の方が多いかというと、ビタミンCは水溶性物質の為、皮膚のバリア機能にはばまれて、皮内に浸透出来ないからです。

皮膚表面の角質層は、皮脂膜に覆われています。この皮脂膜と、角質層の角質細胞間脂質によって、水溶性の物質の侵入を防ぎ、親油性の物質は、角質層の下にある顆粒層で内部への侵入を防いでいます。皮脂膜、角質層、顆粒層、この三つが皮膚バリア機能を担っています。

ビタミンC誘導体は、合成界面活性剤化したものですから、ゆうゆうとバリアゾーンを突破して、皮内に浸透していきます。ところが、ビタミンC誘導体が皮内に入った入り口は、出口にもなります。

皮膚のバリア機能は、外部からの異物の侵入を防ぐと共に、皮内の水分を蒸発させないように守っています。ビタミンC誘導体のような美白剤だけではなく、皮内に浸透させる行為そのものが、皮内の水分の蒸発を招きます。長年、美白化粧品や細胞賦活化粧品を連用してきた方が、乾燥肌になり、保湿化粧品を手放すことが出来なくなるのは、こういう理由です。


手作り化粧水を作られるのなら、弱酸性化粧水をおすすめします。効果は三つあります。

(1)角質層をひきしめて、補強すること。
(2)酸の刺激で肌を保温(血行促進)すること。
(3)石鹸を使用したあとの、肌に残留するアルカリを中和すること。

普通肌の人は、きゅうり水で、弱肌の人は、緑茶の、手作り化粧水をおすすめします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご説明、ありがとうございます★
ビタミンCひとつでも、奥は深いなぁ。

なるほど、ビタミンCそのものは肌には浸透せず、
浸透させるにはVC誘導体のほうが効果的でも
入りやすいのと同じくらい、出ても行きやすいんですね。
それじゃ市販のVC及びVC誘導体配合化粧水も
あまり意味がないですね・・・

ビタミンC誘導体入りの化粧水をつけてすぐに
乳液などでフタをしてもダメなのかな?( ・ω・)

アドバイス頂いた通り、弱酸性化粧水に挑戦してみますね♪
緑茶が弱酸性だとは、知らなかったです。
とても勉強になりました。

お礼日時:2006/02/02 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンC誘導体を混ぜるのは危険!?

ビタミンC誘導体を混ぜるのは危険!?
粉末状のビタミンC誘導体に、精製水を加えて作る化粧水に今ハマっているのですが
私が持っているのはオザキクリニックという所が出してるリン酸アスコルビルNa(水溶性)の粉末です。
そこで質問があります。
リン酸アスコルビルNa(水溶性)の粉末にリン酸アスコルビルMg(油溶性)の粉末状を加えるの危険ですか?化学反応とかの関係で。

ちなみにリン酸アスコルビルMgの方で購入を検討してるのは、トゥヴェールのAP100Mという商品です。
★リン酸アスコルビルNaとリン酸アスコルビルMgを混ぜてもいいか教えてください。

Aベストアンサー

基本的に、人間の肌は水溶性のものをはじき、脂溶性のものを吸収します。
脂溶性ビタミンC誘導体は、油分に溶けこみやすいので、オイルとまぜた方が吸収されやすいのではないでしょうか。肌が水をはじくため、おそらく水+水溶性ビタミンC誘導体よりも、オイル+脂溶性ビタミンC誘導体の方が、肌にぬる目的ならば効果的です。

水だと汗で流れてしまいますし、十分吸収されるまでに水は蒸発してしまうでしょう。その点オイルはとにかく吸収が早いですし、保湿にもすぐれます。通常の化粧水のあとに乳液がわりにビタミンC誘導体いりのオイルを使い、日焼け止めで大丈夫です。

ビタミンC誘導体はいずれビタミンCとなります。ビタミンCはいくら摂取しても無駄な分は出ていくので、ビタミンAなどのように過剰摂取は心配いりません。
しかし、どちらも金属イオンが含まれますので、あまり使いすぎたりすると容器内で結晶化するので注意です。また、腎臓にも負担がかかります。

脂溶性と水溶性の混合については、知識がありません。そもそも、混ぜて使うものではないですし、実験時はまぜる液体にあわせて水溶性か脂溶性かを選びますので、考えたこともありませんでした(^^;あ、私は生化学系の学生です。

基本的に、人間の肌は水溶性のものをはじき、脂溶性のものを吸収します。
脂溶性ビタミンC誘導体は、油分に溶けこみやすいので、オイルとまぜた方が吸収されやすいのではないでしょうか。肌が水をはじくため、おそらく水+水溶性ビタミンC誘導体よりも、オイル+脂溶性ビタミンC誘導体の方が、肌にぬる目的ならば効果的です。

水だと汗で流れてしまいますし、十分吸収されるまでに水は蒸発してしまうでしょう。その点オイルはとにかく吸収が早いですし、保湿にもすぐれます。通常の化粧水のあとに乳液がわりに...続きを読む

QビタミンCのサプリは肌に塗っても問題ないですか?他、VCスキンケアについて

1サプリメントのビタミンC錠剤を溶かして肌に塗ったり
スキンケアに使ってもいいのでしょうか?
(お肌に悪い影響は考えられますか?)

2また、以下は
ちゃんとスキンケア用のビタミンCを使う場合についてなのですが、
ビタミンCって酸化しやすいはずですよね。
でも抗酸化力が高いんですよね。
抗酸化力が強いけれども酸化しやすいビタミンC、
これって肌につけても肌に酸化の影響はないんでしょうか???

ご存知の方教えてください

Aベストアンサー

>2自身は参加されやすくてもお肌を酸化させる心配はあまりしなくていいということでしょうか?
酸化されたビタミンCを塗っても問題はないと考えていいですか?

ですから、ビタミンCが酸化されるということは肌(肌そのものというよりは酸化させやすい物質??)を還元させるわけです。
しかし、一時的にそのような作用はあっても継続的にビタミンCが供給されているわけではないので気休め程度だと思いますよ。
また、化粧品や医薬品にビタミンCが配合されているものもありますので不純物の影響を無視すれば大丈夫でしょう。


人気Q&Aランキング