先週の金曜日に入試だったのですが、出題ミスを発見しました。
四択の文学史の問題で、『日輪・羅生門・友情・或る女』の中で、横光利一以外の作品を一つ選べという内容でした。
正解が3つもあるなんて明らかに変ですよね?明日にでも受験した学校に電話をした方が良いでしょうか?

A 回答 (4件)

普通に考えて「横光利一以外の」→「横光利一の」の出題ミスですよ


ね。(あくまで、出題者の意図と違うという意味で。)
もし大学側が勘違いしたままでも、明らかにミスの場合は正答率が明らかに低くなりますので、その時点で通常発覚します。
また、受験者の多い大学でしたら予備校などの指摘で発覚することも多いです。ただ、もし心配でしたら連絡するのも手かと。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
詳しいアドバイスありがとうございます。
そうですよね、絶対に出題ミスですよね。
英語で、超頻出文法問題をミスした私には一点でも確実な点が欲しいので、明日に電話してみます。

お礼日時:2006/01/29 20:47

 問題にミスがある場合は、試験の時間内に、受験生の手があがり、問い合わせが多数きます。


 その場合は、すみやかに訂正をかけます。試験終了後野訂正は、「出題ミス」と仰々しく書きまくってくれます。

 再度問題をご確認のうえ、高校の先生に相談なされば、高校の先生が適切に処理してくれるのが普通です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
先ほど電話をしたところ、私が電話するまで発覚していなかったそうです。。

お礼日時:2006/01/30 14:48

その学校は試験問題をくれたのでしょうか?


多くの大学は試験問題にケチをつけられるのが、いやで、問題を持ち帰らせなかったり、答えを発表しなかったりしますよね。
センターの場合は、厳密な対処があると思いますが、私大の場合はとりあってくれないのではないでしょうか?
休憩の間なんかにかけてみる価値はあるとは思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
問題は回収されました。先ほど電話したところ、折り返し私に電話をよこすとの事です。

お礼日時:2006/01/30 14:47

正解が無いなら「ミス」ですが、複数の回答が可能な問題はたくさんあります。



>正解が3つもあるなんて明らかに変ですよね?

そのような固定観念が正しいとは限りません。

受験だとしたらまず合格を目指しましょう。
おかしいかどうかは後でも問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/01/29 20:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q問題と課題の違いにいて?

こんにちは、みなさん!!

【質問】問題と課題の違いは何ですか?会社で、よく、課題や問題と
    言った言葉がでますが、違いが明確に分りません。    

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題は解決されるためにあり、課題は挑戦されるためにある,という人も居ます.
  http://blue.ap.teacup.com/motokuni/787.html

問題は、あるべき姿と現状のギャップ。
課題は、問題をなくすために解決すべきこと。
 http://d.hatena.ne.jp/y_mori/20080107/1199720488
問題は,未だ解決すべき事が分かっていない状態で,問題点がはっきりすれば,解決すべき課題となりますね.
  http://www.zukai.net/002moku/moku02.html
  http://dtcn-wisdom.jp/J-Edition%202/J26%20app%20N%20problem-subj%20J.pdf
  http://plaza.rakuten.co.jp/tomo1013/diary/200512140000/

Q出題ミスで他の問題を解く時間が無かった人はどうなるのでしょうか?

入試シーズンによくニュースになる試験の出題ミスについて質問です。
100問あるうちの1問であればそんなに合否に影響はないと思いますが、5問しか問題が無く、そのうち一問が誤っていると受験生の問題を解く順序や要領によって合否に影響が出るのではないかと思います。

実力とは違ったところで合否が決まるのは不本意だと思うのですが、出題ミスが起こった場合でもその問題は無効または全員満点とする処置が適当なのでしょうか?

再試験を行う場合もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく、出題ミスがあったからといってすぐさまその問題が無効となるわけではないでしょう。そのミスの解く上での影響力、受験者全体の出来などを教授会等で吟味した上で、全員マル(つまり問題無効)とするか、その条件によって生じる矛盾点以外の部分のでき具合で得点をするなどの措置あるでしょう。どのような判断にせよ、「あまり合否に影響しない」という判断を下すよう努力すると思います。

もちろん、ミスがあろう無かろう公平に受けた以上、問題ないというのはおかしいです。出題ミスがあってもそれを見極める能力が問われる、という意見もありますが、一方で受験生の立場になれば、解けなければまず自分の考え方が間違っていると思うでしょうし、出題ミスを疑うような余裕はないともいえます。また、受験で求められているのは、出題ミスかどうかをその場で判断する能力、ではありませんので、問題文における条件はすべて正しい前提の中で本来なら能力を測るべきであり、出題ミスがあったならそれを見抜けない奴が悪いという理論はあまりにも身勝手すぎると思います。私の大学の定期試験は一部「解く上で不足する条件等があれば、それを明記した上でそれを用いて解くこと。」と書いてありましたが、もし大学受験でもそうしたいなら本当はそれぐらい明記してほしいです。ただ、「問題に不備があるかもしれない」ということを受験制度上出題者が認めるのに問題があるのでしょうから、このようなことをはっきりと書くことは現実的には難しいのでしょう。

再試験をすることに関しては、そのときに合格点を取っていた人からは文句が出るでしょうし、逆の立場であればうれしいので受験の公平性に問題があります。基本的には、受験は一度きりのもの、という前提になりたっています。また、新たに問題を作ることの労力や再試験にかかる費用等の問題もあります。よって、結局のところ、多数決において最も受験者の多くが平等になる手法が教授会で選択されるのが現状でしょう。仮に、ミスがあってもその部の矛盾を考慮しても多数の人が解答していれば、それで採点することも可能でしょう。今回(たとえば岐阜大後期)などの場合は、おそらくあまり出来も良くなかったなど、受験者の中でそれを省いても合否に影響が出にくいと判断したのでしょう。まあ、あくまでごく一部の方はそれによって損をしたかもしれませんが、こういう公平性を100%求めるのは難しい以上目をつぶってもらうしかありません。ちなみにその部分を満点とするのは、プログラム上満点を設定しなおすのが難しいので、満点を変えないで実質的な満点はそれ以外の部分として採点する為らしいです。

受験生としては、解ける問題はまず確実に解く、などの受験上の心構えや解く順序などもある程度考えておく必要があるでしょう。誰かに言われたから、というよりも、自分の為なんですからね。

おそらく、出題ミスがあったからといってすぐさまその問題が無効となるわけではないでしょう。そのミスの解く上での影響力、受験者全体の出来などを教授会等で吟味した上で、全員マル(つまり問題無効)とするか、その条件によって生じる矛盾点以外の部分のでき具合で得点をするなどの措置あるでしょう。どのような判断にせよ、「あまり合否に影響しない」という判断を下すよう努力すると思います。

もちろん、ミスがあろう無かろう公平に受けた以上、問題ないというのはおかしいです。出題ミスがあってもそれ...続きを読む

Q問題、課題、原因要因、目標、対策、現状把握の違い

タイトルの件、違いは何ですか

問題、課題、原因【要因】、目標、対策、現状把握の違いについて

自分の認識は、下記のとおりです

事例:会社の利益が平成23年度、前年比で100万円少なかった

1:現状把握
⇒売上、費用を全て調査
⇒印刷代だけ、前年比で、100万円多かった

2.問題
⇒会社の利益が、平成23年度、前年費で、100万円少ない

3.原因、要因
⇒印刷費用の使い過ぎ【100万円】

4.課題
⇒会社の利益の向上【100万円】

5.目標
⇒会社の利益を100万円上げる【平成24年度】

6.対策
⇒廃棄する紙の中から、リサイクルできる紙をプリンターに使う
⇒必要なものだけ、カラープリンターを利用する

以上、ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 以前にも似たような相談がありましたよね。これらは問題解決のための科学的アプローチの要素です。時系列的には次のような流れとなります。


問題⇒現状把握⇒分析⇒課題⇒目標⇒原因・要因⇒対策⇒評価⇒処置

問題
 問題とは関心が持たれる事項、とくに望ましくない懸念事項です。
 ⇒会社の利益が平成23年度、前年比で100万円少なかった

現状把握
 現状を調査して問題に絡む事実関係を明らかにすることです。
 ⇒売上、費用を全て調査

分析
 現状把握した結果から課題が見えるようにすることです。
 ⇒印刷代だけ前年比で100万円多かった

課題
 改善に取り組むべき不具合(解決すべき事項)です。
 ⇒印刷代の削減

目標
 課題に含まれるべき要素であり、改善で達成すべき到達点です。
 ⇒前年並の印刷代(現状より100万円の節減)
 可能な限り年度の最終目標だけではなく毎月かせめて四半期ごとの中間目標も立てます。

原因・要因
 不具合は何かの結果であり、その結果を引き起こす大本の事項が原因です。
 原因には幾つかの要素からなることがあり、それぞれの要素が要因です。
 ⇒印刷費用使い過ぎの原因(「印刷費用使い過ぎ」は原因ではありません。それは結果であり、その結果をもらたす大本の事情が原因です)
 文面からでは原因は不明ですが、使用済み用紙のリサイクル管理手順の不備、カラープリントすべき判断基準の不備が要因としては考えられます。しかし、これらを完璧に実施しても100万円の節約になるかどうかの根拠が明らかではありません。更なる調査が必要です。

対策
 課題を解決する手段です。可能な限り原因(要因)を取り除くことです。
 ⇒使用済み用紙のリサイクル管理手順を整備して実施運用するう
 ⇒カラープリントする判断基準を整備して実施運用する
 ただし、これらを完璧に実施しても100万円の節約になるかどうかの根拠を明らかにしていないので、その調査結果によってさらなる対策が必要になります(つまり要因はもっと他にもあるかも知れません)。対策をすべて行ったら目標達成になる科学的な根拠が必要です。精神論ではいけません。

評価
 対策の結果が目標に対して達成できている程度を調べることです。
 ⇒毎月(または四半期)ごとにかかった印刷代を調べて前年同期と対比します

処置
 対策の結果が目標未達成のときに目標を達成できるように手を打つことです。
 ⇒毎月(または四半期)ごとに目標未達成なら挽回のための手をこまめに講じます。

 以前にも似たような相談がありましたよね。これらは問題解決のための科学的アプローチの要素です。時系列的には次のような流れとなります。


問題⇒現状把握⇒分析⇒課題⇒目標⇒原因・要因⇒対策⇒評価⇒処置

問題
 問題とは関心が持たれる事項、とくに望ましくない懸念事項です。
 ⇒会社の利益が平成23年度、前年比で100万円少なかった

現状把握
 現状を調査して問題に絡む事実関係を明らかにすることです。
 ⇒売上、費用を全て調査

分析
 現状把握した結果から課題が見えるようにすることです。
 ⇒印...続きを読む

Q文学部 英米語学、英米文学科について

いくつかの大学には外国語学部とは違って文学部の英米語学科、英米文学科というのがありますが、これらはどのようなことを学ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

参考になるかどうか分かりませんが・・・。

私は文学部の英語英文学科卒です。
大学では、その言葉通り「英文学」をメインに扱っていました。国語の授業の英語版のような感じです。
他にも文法や発音についての講義もあったと思います。

外国語学部がどんなことをするのかは分かりませんが、大学によって言い方が異なるだけ・・という気もします。
ちゃんとした回答でなくてすみません。

Q問題と課題の違いは何ですか?

こんにちは、みなさん!!

タイトルの件、ご存知の方教えてください。同じ言葉のように思えます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題は、クリアしなければ状況が悪化する。
課題は、クリアしなくても悪化はしないが、
クリアすることで成長につなげられる。

Q【同志社大学文学部国文学科について】

同志社文学部国文学科についての質問があります。

(1)入学までに勉強しておいた方が良い事はありますか?
(2)どういったゼミがあるのでしょうか?
(3)一年に単位は最低どのくらいとれば良いのでしょうか?

以上,お答えして頂けるものがありましたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

(1)特に何もする必要はないです。吉田精一『日本文学概説』(有精堂出版)、築島裕『国語学』(東京大学出版)等は読んでおいた方が良い。古典を専門的に研究するなら、鹿島まさる『写本の読み方』(おうふう)等で、変体仮名の勉強もしておいた方が良い。

(2)一般的には、古代、中古、中世、近世ごとに1つ、近代に3つくらいゼミがある。

(3)35~40くらいが一般的(教員免許などの単位は除いて)。それを下回ると卒業できない。

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/common/fs/jpn/jap/Booklist/lite.html,http://www.tufs.ac.jp/common/fs/jpn/jap/Booklist/j_ling.html

Q「悩み」と「課題」の違い

上司に「仕事が忙しくて休む暇もない」ということを課題だと思って相談したところ、「きみ、それは課題ではなくてただの悩みだ」と指摘されました。上司に言われてよくわからないまま悶々としているのですが、悩みと課題の違いはなんですか?
自分の中では、
悩み・・・解決のしようのない漠然とした物 
課題・・・解決のしようがある論点
というように思うのですが、あっていますでしょうか?
また、最初に言った「仕事が忙しくて休む暇もない」というものの課題は「疲れて、労働効率が上がらない」・「納期が遅れている」という悩みから来る個別の問題ととらえればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

認識論の立場からは、まず

あるべき姿と今ある姿の差を問題と呼び、その問題を解決するために具体的にどのような方策を取ったらよいだろうか、ということを課題と呼びます。

「悩み」は多くの場合単なる感想であり、ここから何が問題かを見つけ出すための生データであることが多いようです。


質問者さんは「仕事が忙しくて休む暇もない」と感じていらっしゃるわけですね。
しかしこれはどういう意味ですか?仕事が忙しいのは商売繁盛で良いことではありませんか?いわゆる「うれしい悲鳴」かもしれませんよね。解決すべき事柄は何でしょうか?
「仕事が忙しくて休む暇もない」というのは「仕事が忙しいことが原因で、休む暇がないという困ったことが生じている」という意味です。とすると、解決したい事柄は「休む暇がないこと」ですから、対策は、人員を増やすとか、暇な部署に配置転換するとか、転職するとか、受注を減らすということになります。

しかし、質問者さんがおっしゃりたいことはそういうことではありませんよね。
そこで「仕事が忙しくて休む暇もない」をこう書き変えてみます。
「休む暇がない程度に過剰に仕事が忙しい」
こう書きかえると、「仕事が忙しいこと」が解決したいことであるとわかります。しかし、これもやはり「うれしい悲鳴」かもしれませんから、「仕事が忙しい」ことからどんなまずい現象が生じているのかを言わなければなりません。それが、労働効率が上がらないことや納期遅れです。

すると、「労働効率が本来の効率(あるべき姿)から低下している(今ある姿)こと」および「本来守られるべき納期(あるべき姿)に遅れ(今ある姿)が生じていること」の2つが現象面に現れた「問題」です。そしてこの原因が「仕事の量が本来の適正な量(あるべき姿)を過度に超えて(今ある姿)しまっていること」が現象面の問題の原因となっている問題です。


以上まとめると、「休む暇がない程度に過剰に仕事が忙しいことによる、労働効率の低下および納期遅れの発生」が問題であり、「どうしたら仕事量を適正な量にすることができるか」が課題となります。

しかし、これはまだ本質的な問題ではありません。仕事の量が過剰であることの原因は何でしょう?そしてその原因のそのまた原因は?というように原因をさかのぼってゆき、これ以上さかのぼれない、というところまでさかのぼって得られたものが真の問題です。そして「どうやったら真の問題を解決できるだろうか?」が真の課題です。

認識論の立場からは、まず

あるべき姿と今ある姿の差を問題と呼び、その問題を解決するために具体的にどのような方策を取ったらよいだろうか、ということを課題と呼びます。

「悩み」は多くの場合単なる感想であり、ここから何が問題かを見つけ出すための生データであることが多いようです。


質問者さんは「仕事が忙しくて休む暇もない」と感じていらっしゃるわけですね。
しかしこれはどういう意味ですか?仕事が忙しいのは商売繁盛で良いことではありませんか?いわゆる「うれしい悲鳴」かもしれませんよね...続きを読む

Q立命館大学AO入試・文学部中国文学の小論文

立命館大学文学部中国文学のAO入試を受けようと思っています。
しかし、立命館のHPやエントリーシートにはあまり詳しく命題などは与えられておらず、
「中国文学部」に関連する内容。としか書いてありません。
学校の先生に相談しても、
「北京オリンピックについて書いたら?」とか
「食料問題は?」とか、曖昧な答えで、
それって文学関係ないけどいいのかなぁ。。。という感じです。

もしAO入試などご経験のおありの方、いらっしゃいましたら、
アドバイスいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

AO入試の担当になったことはありませんが、一応大学で働いている者です。

立命館大学の中国文学専攻といえば有名なのは、白川静という文字学の先生です。甲骨文字や漢字、また古代文学の研究でいえば超有名人で、数年前に亡くなりました。
この人の名前は押さえとかないとマズイです。できれば文庫でも1冊くらい読んでおいたほうが好印象です。

反対に、現代中国を専門とする教授はあまりいなかったと思います。なので北京オリンピックのテーマとかは…うーん、どうでしょう微妙ですね。

カリキュラムや開講科目などはHPに書いてあるはずですので、本当にそこの大学・その専攻でいいのかどうか、よく考えて受験してくださいね。

あと、立命館は京都大学や同志社へのライバル意識が強いとききます。(あくまで、私の聞いたうわさですが。)中国関係の本でも、京大の先生が書いたものはまちがっても「感動しました!」とか書かないほうがいいかも…

Q目標と課題の違い

スケジュールを立てるときに 来週の目標と
来週の課題とあったら
この2つの違いを例えるとどんな項目がですか?
例でいいので違いを教えてください。

Aベストアンサー

自分なりに解釈すると、
1.目標は方法が定まっておらす、達成すべきでないこと。
2.課題は方法が定まっており、必ずやるべきこと

体重を10kg減らすのは目標とすべき。
夏休みの宿題は課題とすべきでしょう。

体重を必ず減らす方法は存在しないので、課題とはできないし、夏休みの宿題は方法があるので必ずやるべきことと思うのですが。

Q立命館大学の文学部と関西大学の文学部に合格しました

立命館大学の文学部と関西大学の文学部に合格しました。皆さんならどちらに進学しますか。できれば理由も含めて教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

関西の受験生で関関同立を受験する人は大学の立地面を考慮する人が結構いるので
最終選択は本人の通いやすさが決め手の一つとなっています。

同志社の今出川キャンパスのように、地下鉄駅の上すぐのところがキャンパスならば、
そこそこ遠方からでも通学しやすいのですが、こと衣笠となるとスンナリとはいきません。

1.ですから住所地がどこにあるかで決めれば良いのでは。

 岸和田や河内長野や富田林の人が果たして衣笠まで通うかどうか?
 大阪4学区の進学高校は関大の合格者に比べて立命の合格者は極端に少なくなるからね。

 また加古川や姫路の人にとっても(このへんは関学狙いが圧倒的に多いし)衣笠は遠いし。

 一方、亀岡や宇治や野洲や彦根の人にとっては千里山まで通うのはしんどいからね。
 京都や滋賀の人ならば立命を蹴って関大へ行く人などまずいないでしょう。

 まあ、茨木や高槻あたりの人間ならば、最近の大学の知名度からして衣笠を選ぶでしょうが。
 それに最近の偏差値だけをみれば、大阪府北部の人間ならば立命を選ぶ人が多いでしょう。
 春日丘や三島あたりの高校が立命の合格者のほうがかなり多いことからも明白です。

 でも立命と関大の文学部ならば、さほどの開きがあるとも思えないので、通学しやすいほうで
 決めれば良いと思います。


2.本人が何を勉強したいかでしょう。
  一般の人は文学部と聞いても日本文学や西洋文学、東洋史や西洋史くらいのイメージしか
  わかないけれど、教育学や宗教学や地理学など多様化しているから、どの教授の授業が
  面白いか、どちらの文学部がどの専修に強いかで決めれば良いかと思います。

  受験生の多くが大学名でもってのみ受験していますが、本当はそこまで考えて選択しなくては。
  たとえば地理学一つをとってみると地理学ならば立命の充実度のほうが関大をはるかに凌駕して
  います。 
  関関同立の文学部、それぞれ微妙にですが講座の充実度が違いますので、選択するに際しては
  もう一度専修内容まで見返して選択したほうが良いかと思います。

 

関西の受験生で関関同立を受験する人は大学の立地面を考慮する人が結構いるので
最終選択は本人の通いやすさが決め手の一つとなっています。

同志社の今出川キャンパスのように、地下鉄駅の上すぐのところがキャンパスならば、
そこそこ遠方からでも通学しやすいのですが、こと衣笠となるとスンナリとはいきません。

1.ですから住所地がどこにあるかで決めれば良いのでは。

 岸和田や河内長野や富田林の人が果たして衣笠まで通うかどうか?
 大阪4学区の進学高校は関大の合格者に比べて立命の合格者は極端...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報