について調べています。

秦の始皇帝亡き後、宦官・趙高が家臣の粛清として「鹿を用意した」という説と「鹿の絵を用意した」という説とがあるようですが、これはどちらを信じたらよいのか困っています。

どなたかご存知の方おいででしたら、どうか教えて下さいませ。m(_ _)m 

A 回答 (4件)

 いろいろと説があり、正確な語源ははっきりしないと手元にある「中国故事物語」(河出書房出版)にあります。



 それによると、趙高は本物の鹿を2代目皇帝胡亥を奉ったとあります。始皇帝は、生前太子の扶蘇を位につけるよう言を遺しましたが、側近により凡庸な胡亥がかつぎだされます。胡亥は相当な馬鹿殿(再帰的表現ですみません)だったらしく趙高は難なく実権を握っていきます。

 ある日、馬だと言って鹿を見せられた皇帝以下臣下一同は目をまるくします。ただただ戸惑う者あり、「いや鹿でございます」と直言する者ありで、混乱するその場で鹿だと言った者を趙高は記憶に留めておき、その後その者たちを誅したという話です。

 この出来事を通じて、反対者を排除することに成功した趙高は益々権力を掌握しました。しかし結局胡亥は趙高によって殺され、趙高自身もその後、自分が秦王に立てた子嬰に殺されてしまいます。

 このようなエピソードを通じて「鹿をさして馬と為す」ということばは、無理を押し通し人を馬鹿にする意味で使われたといいます。

 同書からもう一つ紹介しますと、梵語では「無知」のことを"Moha"あるいは"Mahallaka"と言ったそうですが、この言葉に「慕何」という漢字が当てられ、それが「馬鹿」に変化したという説があるそうです。
 
    • good
    • 0

「ばか」は、雅語形容詞「はかなし(果敢無し)」の語根の強調形、という説もあります。



また、過去にこのサイトで「ばか」という言葉に関するQ&Aがあり、その中で「馬鹿」の語原について大変興味深い(あまり聞いたことのない)解釈をしておられる方がいました。
下記参考URLの、No.5の方の回答です。
よろしかったらご覧になってみて下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=91501
    • good
    • 0

莫迦、というのが梵語の表記のはずで、日本でも、莫迦という風に書く作家がかつてはいたものです。


しかしながら、今では「馬鹿」という字が宛てられています。
これを、中国の故事と結び付ける人もいるようですが、どうやら「愚か」の意味を持つものではないようなのです。
要するに、当て字である、と聞いたことがあります。
    • good
    • 0

私は仏教関連の言葉だと思っていましたが、ここに両方紹介されています。

。。

http://sunak2.cs.shinshu-u.ac.jp/~nakano/misc/la …

下のURLは、仏教関連説です。
http://www.osk.3web.ne.jp/~joganji/kotoba.htm

参考URL:http://www.osk.3web.ne.jp/~joganji/kotoba.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬鹿、あほの語源

馬鹿の語源を教えてください。なぜ馬と鹿なのでしょうか?また「あほ」の語源も興味があります。関西の友人は「あほ」を連発していますが本人は「語源」を知らないとのことです。

Aベストアンサー

これについて一番詳しいのは、松本修『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』(新潮文庫)だと思います。私は今手元にないので確認できませんが、アホは中国の一地方の「阿呆」(アータイ)から日本に入ってきたということです。
バカの語源も(今私には分かりませんが)、その本にあります。

この本は「探偵!ナイトスクープ」というテレビ番組に来たから1枚の手紙から、全国的調査に至った過程を書いたという、実に痛快なものです。本自体も一気に読め、カバー裏には分布図もついていて、索引もある、学術的にもスグレモノです。
私にこの本の魅力を紹介するのは無理です。
ぜひご一読下さい。
(この調査自体も有名だと思います)

ちなみに名古屋の「たわけ」は有名ですが、福井では「あや」(全国のあやさんが怒りそうだな)、東北では「ほんじなし」、沖縄では「フリムン」など、ヴァリエーションはさまざまです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101441219/qid%3D1022988431/sr%3D1-29/ref%3Dsr%5F1%5F2%5F29/250-6199995-4505841

これについて一番詳しいのは、松本修『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』(新潮文庫)だと思います。私は今手元にないので確認できませんが、アホは中国の一地方の「阿呆」(アータイ)から日本に入ってきたということです。
バカの語源も(今私には分かりませんが)、その本にあります。

この本は「探偵!ナイトスクープ」というテレビ番組に来たから1枚の手紙から、全国的調査に至った過程を書いたという、実に痛快なものです。本自体も一気に読め、カバー裏には分布図もついていて、索引もある...続きを読む

Q語源を調べられるサイト

日本語の語源を調べられるサイトを教えてください!
辞書代わりになるようなのを希望します。

Aベストアンサー

これはいかがですか。

ようこそ語源探索の世界へ
http://www.inetmie.or.jp/~jin/GOGEN.html


日常語の語源
http://www.sanseido.net/Main/hyakka2/Gogen/GOGmokuj.html

Qバカな人がずっと同じ水準でバカなら私は困らない。季節が変わったとたん、少しバカだった人がとっても馬鹿

バカな人がずっと同じ水準でバカなら私は困らない。季節が変わったとたん、少しバカだった人がとっても馬鹿になって、本人も悩んでいたら、追いついていけない私はどうすれば、彼を悲しませずにすむのだろう。

私が笑われる大大大バカになる。

くそ。

なんでいつも遅くなるんだろう。

うん?それで?どうしたらいいの…?
わかったようでわかっていないので

頭の壊し方を教えてください。

Aベストアンサー

十分壊れてます。
安心してください。

Q中国の宦官って簡単にいうとなんですか?

中国の宦官って簡単にいうとなんですか?

Aベストアンサー

皇帝や貴族に仕える去勢した奴隷的な身分の男子ですが、権力者(皇帝やその后)の側近として重用されることが多く、
国の実権を握ったり財をなすものも多かったといいますね。
后が皇帝以外の子を身ごもらないために使用する事が多くなっていったらしいです。

中国は、下層の人は、科挙という試験制度で官僚に登用され立身出世を試みるのが通常ですが、
自ら去勢をして、権力者に仕える人も多かったそうです。
去勢時に感染症で死亡するリスクが3割ほどあったようです。
また、犯罪の刑として宮刑という去勢する刑罰もあり、史記を書いた司馬遷は刑罰によって去勢されています。

宦官が皇帝に代わり権力を握ってしまい滅んでしまった国家は秦を始め多いです。
また、生殖能力が無いために権力や財を世襲することは本来できませんが、養子を取ることで国家の重要な部分に取り入ることもあり、
三国志の曹操は宦官の孫にあたり後漢を事実上乗っ取ってしまいました。

元は神に使えるために奴隷を去勢したことが始まりのようです。

Q劇中の英語で馬鹿の意味の単語を教えてください

FOXテレビのDrhouseで使われていた単語ですが
なかなか調べても出てきません。

劇中では「モォゥアー」か(あるいはノォゥアー)
って発音していて、

字幕では「バカ」になっていました。

stupidやSilly,foolishならわかるのですが
どなたかこの単語お判りでしょうか?

それとも俗語か、意訳かなにかでしょうか
たしかシーズン7の13話だったと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

moron

http://eow.alc.co.jp/search?q=moron

Q付ける薬も無い馬鹿とか馬鹿は死ななければ治らないとか言われますが勉強と

付ける薬も無い馬鹿とか馬鹿は死ななければ治らないとか言われますが勉強とか努力すれば治りますか?

Aベストアンサー

脳の話に限れば筋力と違い年齢に関係なく使えば使うほど発達して行き、使わなければどんどん衰えていきます。

Q馬鹿な若者達の馬鹿な毎日について

30代~に多い現象です。

稼ぎが無いから、ハローワークで切れる。不平不満を対面で語る。

弱い者をいじめ、強い者や目上の者にぺこぺこする。

月収20万円以下の奴は、実家に帰れ。親と同居我慢して食うものもゴミ食って生きろと思いませんか?

生活保護の需給はするなと思いませんか?

贅沢言うな、若造で能力不足の分罪でと思いませんか?

不平を態度に出し、さらなる不幸を浴びると分かって無い馬鹿が多いと思いませんか?

Aベストアンサー

バカはどこにでもいますから

Q「ようけ」の語源は「余計」でしょうか?

まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした割と新しい言葉です。一方の「ようけ」は方言ですから始まりははっきりしませんが、ようけ、ようけい、ようき、などという地方の広がりから見て、それよりは古いように思えます。
(2)「ようけ」は純粋に、沢山、という多さを表すだけですが、「余計」は多すぎて不要だ、という否定的なニュアンスがありますから、意味合いがかなり違います。

なら何なのか? と言われると私もわからないので、それをお尋ねしたいと思うのです。
私なりには、古語の「や」に関係あるのでは、という気がします(あくまで勘、ですが)。
「や」は「弥(やい)」の略で、「沢山」という意味を表しますよね。
(八雲、八入、八尺、八十島、八重垣、八百万…)
あて推量ですが、「沢山」「長期間」を意味する「やっと」と似た語源で、「八百気(やほけ)」とかいうような言葉がもとではないだろうか…などと考えているのですが(自信全くなし)。
是非ご専門の方に教えて頂きたいと思います。

まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした...続きを読む

Aベストアンサー

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越えて無益であること。不必要であること」の意味は3番目。用例は1869年の加藤弘之の文章から「いはば余計なことでござる」というものが最古。この辞書ではわかっている限りで文献初出の用例を挙げていますから、否定的な意味を持つようになったのは比較的新しい変化だと言えそうです。

純粋にこれだけの材料から推測するに、「ようけ」は、「余慶」から「余計」の意味が生じたあと、ただし「余分で不必要」の意味が生じる前、に方言として広まったものなのではないでしょうか。つまり江戸時代初期以降くらいの時期になります。

江戸時代初期に成立した言葉が西日本一帯に広まるかどうかについては、言葉そのものの類例は今思いつきませんが、例えば、近世小歌調と呼ばれる歌謡の形式(七七七五型。都都逸の形ですね)がその名のとおり近世になって発生し、18世紀中頃の全国民謡集『山家鳥虫歌』ではすでにほとんどの収録歌がその形式になっている、ということが参考になるかもしれません。現在の有名な民謡の多くもこの形式にのっとった形になっています。歌(の形式)がそれくらいのスピードで広まるなら、歌に乗せられる言葉だって同じ速さで広まるでしょう。

関西弁で「ようけ」という場合、単に「多い」というよりも、「予想以上に(あるいは通常よりも)たくさん」というニュアンスが入っているように思えます(私の個人的感覚かもしれませんが)。この点からも、「ようけ」が「余慶、余計」の末裔であるという説に、私は与したいと思います。

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越え...続きを読む

Q阿呆と馬鹿の違い

阿呆(あほう、あほ)と馬鹿(ばか)は似たような言葉だと思いますが、両者に違いはあるように思います。
そこいらへんをかいつまんで教えて下さい。

Aベストアンサー

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%91%86

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E9%B9%BF

阿呆と馬鹿は似た言葉ですが、若干用例が異なります。
例えばモノが使い物にならなくなった場合に、「ネジが馬鹿になる」とはいうが「ネジが阿呆になる」とはいわない。また並外れていることをあらわすときに、「馬鹿正直」、「学者馬鹿」とはいうが「阿呆正直」、「学者阿呆」とはいわない。このような場合、「阿呆」には馬鹿にあるような意味での使い方はない。
よって、「阿呆は狭義、馬鹿は広義」に使われる。これは阿呆が馬鹿より後に出たが、馬鹿より適用範囲が狭かったために置き換わりきれなかった、ということのようである。
関東など「馬鹿」を用いる地域の人に「阿呆」と言うと、「馬鹿」と言われた以上に侮蔑的なことだと受け取られる場合があります。逆に関西で「馬鹿」といわれた場合には、「阿呆」と言われたより尊大に見下されたと受け取られます。地域によって受け取られ方が大きく変わってしまうので、使う場合には注意を要します。

以下のURLを参考にしてみてください。

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%91%86

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E9%B9%BF

阿呆と馬鹿は似た言葉ですが、若干用例が異なります。
例えばモノが使い物にならなくなった場合に、「ネジが馬鹿になる」とはいうが「ネジが阿呆になる」とはいわない。また並外れていることをあらわすときに、「馬鹿正直」、「学者馬鹿」とはいうが「阿呆正直」、「学者阿呆」とはいわない。このような場合、「阿呆」には馬鹿にあるような意味での使い...続きを読む

Q「おいしい」と「かわいい」の語源は何ですか?

もしかして、その道のひとにとっては常識かもしれない回答OR全くの見当違いかもしれないですけど・・。
中国語で「おいしい」っていうと、hao chi(ごめんなさい漢字の出し方&声調表記の出し方分からないです)なんですけど、それが日本語の「おいしい」に聞こえる時があるのですが、もしかして日本語の「おいしい」ってhao chi がもとだったりしますか?(強引?)

あと、「かわいい」は「可愛 ke ai」 とかいいますよね。これも日本語の「かわいい」のもとですか?

それからもひとつおまけなんですけど、日本語の「はい」っていう返事は、
広東語の「係 hai」がもとだってどっかで聞いた覚えがあるんですけど、
ほんとなんですか?

以上三点でした!

Aベストアンサー

○「おいしい」
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii019.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0110.htm
「おいしい」の語源は「いし(美し)」で、中世・近世には口語形「いしい」も用いられ、のち「お」を付けて「おいしい」となる。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った)というように、出来の良いもの、美形の物を指した褒め言葉で「たいへんすばらしい」「よろしい」という意味。辞書には「中世女性語」として載っているようです。
因みに「いしいし(美し美し)」となると、「いや待ちなよ、江戸で団子のことを、美し美しといふから、おおかたコリャ団子であらう。(東海道中膝栗毛・十返舎一九)」のように団子を指すようです。

○「かわいい」
http://www.246.ne.jp/~bhaus/CCE/com41.html
http://home.alc.co.jp/db/owa/str_jpn_view?str_asn_in=1399
雅語「かははゆし」(顔映し)から来た「かはゆい」の変化。原義は、ほうっておけば悪い事態になるのをそのまま見過ごせない、の意(新明解国語辞典(三省堂)第五版)のようです。

○「はい」
http://homepage2.nifty.com/osiete/s478.htm
「歴史から生まれた日常語の由来辞典(東京堂出版)武光誠著」には次の説明があるようです。
「はい」の語源は極めて説明し辛い。正反対の二説があるからだ。「拝」が「はい」という丁寧な答えの言葉になったとする説は分かり易い。しかし、中世から江戸時代前半にかけて「はい」と同じ場面で「あい」や「えい」の語が遣われている。それらは、今日の「ああ」「ええ」といったぞんざいな返事に共通する。「あい」「えい」といった気が乗らない受け答えが訛って「はい」になったともとれる(歴史から生まれた日常語の由来辞典(東京堂出版)武光誠著)などの説もあるようです。

以上の様子ですが、語源・由来などは色んな説があるのが楽しいかも(^o^)

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s478.htm

○「おいしい」
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii019.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0110.htm
「おいしい」の語源は「いし(美し)」で、中世・近世には口語形「いしい」も用いられ、のち「お」を付けて「おいしい」となる。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った)というように、出来の良いもの、美形の物を指した褒め言葉で「たいへんすばらしい」「よろしい」という意味。辞書には「中世女性語」として載っている...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報