について調べています。

秦の始皇帝亡き後、宦官・趙高が家臣の粛清として「鹿を用意した」という説と「鹿の絵を用意した」という説とがあるようですが、これはどちらを信じたらよいのか困っています。

どなたかご存知の方おいででしたら、どうか教えて下さいませ。m(_ _)m 

A 回答 (4件)

 いろいろと説があり、正確な語源ははっきりしないと手元にある「中国故事物語」(河出書房出版)にあります。



 それによると、趙高は本物の鹿を2代目皇帝胡亥を奉ったとあります。始皇帝は、生前太子の扶蘇を位につけるよう言を遺しましたが、側近により凡庸な胡亥がかつぎだされます。胡亥は相当な馬鹿殿(再帰的表現ですみません)だったらしく趙高は難なく実権を握っていきます。

 ある日、馬だと言って鹿を見せられた皇帝以下臣下一同は目をまるくします。ただただ戸惑う者あり、「いや鹿でございます」と直言する者ありで、混乱するその場で鹿だと言った者を趙高は記憶に留めておき、その後その者たちを誅したという話です。

 この出来事を通じて、反対者を排除することに成功した趙高は益々権力を掌握しました。しかし結局胡亥は趙高によって殺され、趙高自身もその後、自分が秦王に立てた子嬰に殺されてしまいます。

 このようなエピソードを通じて「鹿をさして馬と為す」ということばは、無理を押し通し人を馬鹿にする意味で使われたといいます。

 同書からもう一つ紹介しますと、梵語では「無知」のことを"Moha"あるいは"Mahallaka"と言ったそうですが、この言葉に「慕何」という漢字が当てられ、それが「馬鹿」に変化したという説があるそうです。
 
    • good
    • 0

「ばか」は、雅語形容詞「はかなし(果敢無し)」の語根の強調形、という説もあります。



また、過去にこのサイトで「ばか」という言葉に関するQ&Aがあり、その中で「馬鹿」の語原について大変興味深い(あまり聞いたことのない)解釈をしておられる方がいました。
下記参考URLの、No.5の方の回答です。
よろしかったらご覧になってみて下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=91501
    • good
    • 0

莫迦、というのが梵語の表記のはずで、日本でも、莫迦という風に書く作家がかつてはいたものです。


しかしながら、今では「馬鹿」という字が宛てられています。
これを、中国の故事と結び付ける人もいるようですが、どうやら「愚か」の意味を持つものではないようなのです。
要するに、当て字である、と聞いたことがあります。
    • good
    • 0

私は仏教関連の言葉だと思っていましたが、ここに両方紹介されています。

。。

http://sunak2.cs.shinshu-u.ac.jp/~nakano/misc/la …

下のURLは、仏教関連説です。
http://www.osk.3web.ne.jp/~joganji/kotoba.htm

参考URL:http://www.osk.3web.ne.jp/~joganji/kotoba.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬鹿、あほの語源

馬鹿の語源を教えてください。なぜ馬と鹿なのでしょうか?また「あほ」の語源も興味があります。関西の友人は「あほ」を連発していますが本人は「語源」を知らないとのことです。

Aベストアンサー

これについて一番詳しいのは、松本修『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』(新潮文庫)だと思います。私は今手元にないので確認できませんが、アホは中国の一地方の「阿呆」(アータイ)から日本に入ってきたということです。
バカの語源も(今私には分かりませんが)、その本にあります。

この本は「探偵!ナイトスクープ」というテレビ番組に来たから1枚の手紙から、全国的調査に至った過程を書いたという、実に痛快なものです。本自体も一気に読め、カバー裏には分布図もついていて、索引もある、学術的にもスグレモノです。
私にこの本の魅力を紹介するのは無理です。
ぜひご一読下さい。
(この調査自体も有名だと思います)

ちなみに名古屋の「たわけ」は有名ですが、福井では「あや」(全国のあやさんが怒りそうだな)、東北では「ほんじなし」、沖縄では「フリムン」など、ヴァリエーションはさまざまです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101441219/qid%3D1022988431/sr%3D1-29/ref%3Dsr%5F1%5F2%5F29/250-6199995-4505841

これについて一番詳しいのは、松本修『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』(新潮文庫)だと思います。私は今手元にないので確認できませんが、アホは中国の一地方の「阿呆」(アータイ)から日本に入ってきたということです。
バカの語源も(今私には分かりませんが)、その本にあります。

この本は「探偵!ナイトスクープ」というテレビ番組に来たから1枚の手紙から、全国的調査に至った過程を書いたという、実に痛快なものです。本自体も一気に読め、カバー裏には分布図もついていて、索引もある...続きを読む

Q中国の宦官って簡単にいうとなんですか?

中国の宦官って簡単にいうとなんですか?

Aベストアンサー

皇帝や貴族に仕える去勢した奴隷的な身分の男子ですが、権力者(皇帝やその后)の側近として重用されることが多く、
国の実権を握ったり財をなすものも多かったといいますね。
后が皇帝以外の子を身ごもらないために使用する事が多くなっていったらしいです。

中国は、下層の人は、科挙という試験制度で官僚に登用され立身出世を試みるのが通常ですが、
自ら去勢をして、権力者に仕える人も多かったそうです。
去勢時に感染症で死亡するリスクが3割ほどあったようです。
また、犯罪の刑として宮刑という去勢する刑罰もあり、史記を書いた司馬遷は刑罰によって去勢されています。

宦官が皇帝に代わり権力を握ってしまい滅んでしまった国家は秦を始め多いです。
また、生殖能力が無いために権力や財を世襲することは本来できませんが、養子を取ることで国家の重要な部分に取り入ることもあり、
三国志の曹操は宦官の孫にあたり後漢を事実上乗っ取ってしまいました。

元は神に使えるために奴隷を去勢したことが始まりのようです。

Q馬鹿はサンスクリット語が語源ですか?

馬鹿はサンスクリット語が語源なのでしょうか?

Aベストアンサー

馬鹿の語源は諸説あるので
サンスクリッド語の無知を表す語
秦の時代の故事成語

が有力どころでしょう

Q性善説の立場から、仁・義・礼・智を重んじる有徳者による政治を説いたのは誰ですか?

性善説の立場から、仁・義・礼・智を重んじる有徳者による政治を説いたのは誰ですか?

Aベストアンサー

孟子

Q馬鹿の三杯汁とか、駆けつけ3杯とかの語源は?

馬鹿の三杯汁とか、駆けつけ3杯とかの語源を教えて下さい。どちらでも良いです。

Aベストアンサー

同じ三杯ですが意味は違います。

馬鹿の三杯汁・・馬鹿の大食い、馬鹿の汁吸い、あほの茶のみ、などの仲間で昔の食事のマナーを格言風に説明したものです。食事をするとき(特に招待されて)味噌汁がおいしければ一回のお変わりは主婦に対してほめ言葉の代わりになります。しかし、三回お替りをすれば、よほどお腹がすいているか、馬鹿の大食いとなり、汁がおいしいという意思表現ではなくなる。(おかずの少なかった昔の習慣)

人の家でお茶をすすめられ、あまりのおいしさにお替りを所望するのは許されるが、三杯目を要求すれば、暗に空腹であることを伝えていることになり、主婦は礼儀としてご飯をすすめたといわれます。

駆けつけ三杯・・これは宴会に遅刻した人に対する罰則として、座るなり周りの人が駆けつけ三杯だといって強制的に飲ませる悪い習慣です。現代の一気飲みの先輩です。字句どおり三杯飲まなければ許さない人と、とにかく飲めといって(遅れてきた理由を長々と聞きたくないし、恐縮している相手に気を使って)酒をすすめる現代風の駆けつけ三杯もあります。

古代の中国人は三という数字に吉の意味を置いていたようで、三界、三戒、三覚、三冠、三極など三をつけることばがたくさんあります。駆けつけ三杯はそのような三との関係、又三々九度のように昔のある習慣との関係が想定されますが、起源はわかりません。

同じ三杯ですが意味は違います。

馬鹿の三杯汁・・馬鹿の大食い、馬鹿の汁吸い、あほの茶のみ、などの仲間で昔の食事のマナーを格言風に説明したものです。食事をするとき(特に招待されて)味噌汁がおいしければ一回のお変わりは主婦に対してほめ言葉の代わりになります。しかし、三回お替りをすれば、よほどお腹がすいているか、馬鹿の大食いとなり、汁がおいしいという意思表現ではなくなる。(おかずの少なかった昔の習慣)

人の家でお茶をすすめられ、あまりのおいしさにお替りを所望するのは許される...続きを読む

Q性善説の立場から、仁・義・礼・智・を重んじる有徳者による政治を説いたのは誰か 教えてください(>_<

性善説の立場から、仁・義・礼・智・を重んじる有徳者による政治を説いたのは誰か
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

孟子(紀元前372年? - 紀元前289年)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E5%AD%90

Q「馬鹿」の語源

について調べています。

秦の始皇帝亡き後、宦官・趙高が家臣の粛清として「鹿を用意した」という説と「鹿の絵を用意した」という説とがあるようですが、これはどちらを信じたらよいのか困っています。

どなたかご存知の方おいででしたら、どうか教えて下さいませ。m(_ _)m 

Aベストアンサー

 いろいろと説があり、正確な語源ははっきりしないと手元にある「中国故事物語」(河出書房出版)にあります。

 それによると、趙高は本物の鹿を2代目皇帝胡亥を奉ったとあります。始皇帝は、生前太子の扶蘇を位につけるよう言を遺しましたが、側近により凡庸な胡亥がかつぎだされます。胡亥は相当な馬鹿殿(再帰的表現ですみません)だったらしく趙高は難なく実権を握っていきます。

 ある日、馬だと言って鹿を見せられた皇帝以下臣下一同は目をまるくします。ただただ戸惑う者あり、「いや鹿でございます」と直言する者ありで、混乱するその場で鹿だと言った者を趙高は記憶に留めておき、その後その者たちを誅したという話です。

 この出来事を通じて、反対者を排除することに成功した趙高は益々権力を掌握しました。しかし結局胡亥は趙高によって殺され、趙高自身もその後、自分が秦王に立てた子嬰に殺されてしまいます。

 このようなエピソードを通じて「鹿をさして馬と為す」ということばは、無理を押し通し人を馬鹿にする意味で使われたといいます。

 同書からもう一つ紹介しますと、梵語では「無知」のことを"Moha"あるいは"Mahallaka"と言ったそうですが、この言葉に「慕何」という漢字が当てられ、それが「馬鹿」に変化したという説があるそうです。
 

 いろいろと説があり、正確な語源ははっきりしないと手元にある「中国故事物語」(河出書房出版)にあります。

 それによると、趙高は本物の鹿を2代目皇帝胡亥を奉ったとあります。始皇帝は、生前太子の扶蘇を位につけるよう言を遺しましたが、側近により凡庸な胡亥がかつぎだされます。胡亥は相当な馬鹿殿(再帰的表現ですみません)だったらしく趙高は難なく実権を握っていきます。

 ある日、馬だと言って鹿を見せられた皇帝以下臣下一同は目をまるくします。ただただ戸惑う者あり、「いや鹿でござい...続きを読む

Q実績のない学習塾へどういう条件でしたら子供を通わせますか?

新しく個人塾を立ち上げた塾経営者です。お子様の御両親の方々に聞きたいのですが、実績のない塾にどういう条件だったらお子様を通わせますか?

Aベストアンサー

中学受験を終え、下の子が受験塾に通い始めました。
新規の塾の場合、先生の経験値が求められると思います。出身大学、どこの塾で何年勤務し、受け持ち生徒がどこへ進学したのかがまず知りたいですし、先生の指導方針や使う教科書、授業時間以外の生徒へのサポート、結果の出ない子への底上げ体制などです。
又、塾が受験塾なのか、進学塾なのかはっきりさせた方が良いです。両方OKは親からいつか不満が出ます。
兄弟割引が大きければそれも宣伝の一つになります。

Qバカな人がずっと同じ水準でバカなら私は困らない。季節が変わったとたん、少しバカだった人がとっても馬鹿

バカな人がずっと同じ水準でバカなら私は困らない。季節が変わったとたん、少しバカだった人がとっても馬鹿になって、本人も悩んでいたら、追いついていけない私はどうすれば、彼を悲しませずにすむのだろう。

私が笑われる大大大バカになる。

くそ。

なんでいつも遅くなるんだろう。

うん?それで?どうしたらいいの…?
わかったようでわかっていないので

頭の壊し方を教えてください。

Aベストアンサー

十分壊れてます。
安心してください。

Q用意□□

□に入る文字を答えてください。

□一つにつき一文字とします(都合二文字)。漢字でもカナでもかまいません。

  (Y新聞コラム より)

Aベストアンサー

用意秋冬

冬支度は万全という意味。アリとキリギリスの話から。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報