今世界で一番深刻な国際問題は何かなと考えています。

私は、サハラ以南のアフリカでエイズで一日に6500人が死んでいるのが一番深刻な問題だと思ってるんですけど、これより深刻な問題があったら教えてください。

いろんな問題が考えられて、これより深刻とか比べる基準が分からないかと思いますし、正しい解答はないと思うんですけど、皆さんの感覚でいやいやこれより深刻だ!!訴えたい!!と思う方の意見、回答をお聞きしたいです。お願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

今というか永遠のテーマで、国際問題なのが貧富の格差かと。



あらゆる問題はこれを起因としています。民主主義や自由競争はすばらしいとは思います。ただ問題は富をもったものはそれで満足をしたいということです。また富を求めても色々な制約のもとでそれが敵わないことです。努力すれば富を得れるという発想はある一定の環境下にあって初めて成立する問題ですから。

富を持つ者がさらに富を得るために貧困にあげぐものから富を奪い取っていく。この構図は深刻な国際問題です。

下の方に出てくるエイズや内戦だって、結局はここに行き着くのではないでしょうか。薬があれば助かる命、食料があれば助かる命、富を奪い合う内戦。それが元で生まれる思想の違い。

いかに貧富の差を是正するかが深刻な国際問題かと。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってすいません!
そうですね、格差ですよね。
今質問者はとてもフェアトレードに興味があります☆
的を得た意見、ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/28 01:51

私も#9さんと同感です。


人口問題です。
世界の人口が大爆発しても国内が安定していればその国は生き延びられますけど、世界的な問題として考えるとこれが一番深刻です。

そしてエイズ、食糧危機、環境問題、人口問題などそういうのぜんぶひっくるめて
「人権」の問題、「人間の安全保障」の問題
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、人口問題は大きな問題ですね。
特に中国やインドの人口が大きくなったら需要と消費が大きくなりますしね。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/28 01:54

人口の増加

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどーありがとうございました。

お礼日時:2006/02/28 01:49

人の命は云々と言う事から言うと、何人死んでいると言うのが重大さの指標になるのかも知れませんが、国際政治と言う面での影響から言うと、ナショナリズムの高まりと言う事が、現体制に対する一番の不安定要因でしょう。


具体的な政治問題と言う面からみれば、冷戦後の現在で一番の問題は中東和平、イスラエルと周辺国の安定化では無いでしょうか。
現在発生している様々な国際紛争の根源は、オイルと宗教・民族問題が絡んだ上記にあり、解決されない限り今後もさらに新たな混乱の元となっていくでしょう。
もっと大きなテーマとしては環境問題があり、上記ナショナリズム・オイル問題とも当然絡んでいて、解決できるより破綻して、人類の破滅に向かって行く可能性が高い状況です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!
>中東和平、イスラエルと周辺国の安定化では無いでしょうか。
そうですね、中東は昔からずっとイスラエルとパレスチナの抗争が続いてますよね。オイル問題も、あと五年で石油がなくなるとある新聞記事で読みました。中東にも問題はたくさんありますね。ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/02 00:24

中国の軍事拡大が一番の問題だと思います。


今はまだ問題無いレベルですが、10年後、20年後になるとどうなるかわかりません。
GDPはそのころには世界一になるだろうとの観測もありますし、スパイ行為も非常に盛んです。
最終シナリオとして考えられるのは、中国アメリカの核戦争。
冷戦時代の緊張感を世界中が再び味わうはめになります。もし、自体が発生すれば世界は終わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
すいません、私は中国の問題について詳しくないんですが、軍事拡大は今どれくらい急速に行われているんでしょうか?
そしてどうして中国とアメリカが核戦争することが予想されるのでしょうか???

お礼日時:2006/02/02 00:19

#4の回答をあえて敷衍すると。



#5のご回答(?)は、国際的な資金援助や武器供与などを捉えて「国際問題」とするものでした。また、国際的な被害を及ぼすような事象についても「国際問題」と整理しています。ごく一般的な理解だと思います。

ここまでは、総論としてはあまり異論の出ないところだと思います。問題は、これをどのように「問題」化するかということにあります。

当事国が「国際問題」だから国際的な支援を仰ぐ、という意味で「問題」化することもあります。一方で、当事国以外が「問題」化する場合も考えられます。

例えば、ある国で伝染病が発生したとします。強い感染力を持ち、周辺国を通じて世界的に広がることが判明しているにもかかわらず、当事国は十分な対策を採らず、閉鎖的な政治体制のために、情報も公開せず、支援を一切拒絶する姿勢をとります。

これは、周辺国にとっては「国際問題」であることは間違いありません。しかし、その当事国は、#4の冒頭で述べたような理屈をもって、「国内問題」であり不当な干渉だ、と主張するでしょう。

ここで、周辺国やその他の国が一致して国際的に協調した行動をとることは当然なのですが、それではいったいその当事国に対して、国際社会は何ができるのでしょうか? その国に無理やり医師団を送り込む? 護衛のために軍隊も送る? ある問題を「国際問題」とするか、「国内問題」とするか、ということは、その問題に関する事実如何ではなく、その問題をめぐる政治情勢にもよるのです。そうであれば、国際的に影響を有するような問題を「国際問題」として処理できるような理論的な裏づけが必要となるのではないでしょうか。

というのが、#4で言いたかったことの大要です。
書き方がわかりにくく、内容がわからなかった方には、申し訳ありません。

お礼をいただいた点ですが、宗主国の責任に関しては、植民地統治時代の統治の仕方については議論の余地はあるかと思います。ただ、その責任の果たし方をどうするかは、たいへん難しいところです。議論の方向によっては、パターナリスティックに植民地統治を復活させる方向にも向かいかねないと思います。

それはともかく、いただいたお礼は、私の雑駁な議論に対する的確な補足にもなっていたと思います。Q&Aサイトの趣旨とは若干違うかもしれませんが、その点に関し、質問者様にお礼を申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
>その国に無理やり医師団を送り込む? 護衛のために軍隊も送る?
どうなんでしょうね、難しいですよね、理想は第三者(国連など)と話し合いをして解決することでしょうか
>宗主国の責任に関してはたいへん難しいところです。議論の方向によっては、パターナリスティックに植民地統治を復活させる方向にも向かいかねないと思います。
そのとおりですよね!前授業で内戦が起こったとしてその宗主国が介入すべきかどうか考えるレポートを書かされましたが、難しい問題だと感じました。

お礼日時:2006/02/02 00:16

 なんか、コンゴ内戦やエイズ問題を国際問題ではないと思っている人がいますが、よほど基本的な知識が無いと見えます。



 「内戦」と書いてあるから「国内問題だ」という発想をしているようですが、羊の看板を出した肉屋で犬の肉を掴まされるのがおちでしょう。「第二次世界大戦後最大の紛争」なんて規模の内戦が、単なる一国内の問題のわけがありません。
 戦争というのはいやというほど金を食うし、武器も必要です。
 戦費もコンゴ国内で生み出されるGNPで賄われ、戦闘に使われる武器もコンゴ国内で開発・製造・輸送され、外国はそれを眺めているだけと、そう思っているわけですね。この人の中では、コンゴとはそうとうにすごい国のようです。

 エイズ問題にしても、この人はエイズウィルスが国境を気にしてパスポートか何かを取らないとその国の外には出て行かないとでも思っているのでしょうね。

 はあ。無知とは恐ろしい。

この回答への補足

 多くの武器が海外からコンゴへと流入していて、その点でも国内問題ではないと主張する議論は分かりますし、個人的に同感です。
 ただ、#4の方もいろいろ考えがあって下のように書いていますし、世の中にはいろいろな考えがあって当然だと思うので、Sombartさんの考え方一つで「無知」とか「基本的な知識がない」とくくってしまうのはどうかと思います。
 回答では「こうこうこういう点で、この問題は世界で一番深刻な国際問題だと思う」と主張してくださると嬉しく思います。意見を出し合うことは私たちの知識が深まってとてもいいことだと思うのですが、謙虚に意見を出し合うことがこの質問回答板でよい方法だと、未熟ながら思います。ありがとうございました!

補足日時:2006/01/31 13:22
    • good
    • 1

全然違うお話をします。



エイズは大きな問題です。
コンゴ内戦もたいへんな問題です。
でも、どうしてこの両者が国際問題なのでしょうか?

国内の衛生問題は国内の問題ではないでしょうか。また、内戦は字義通り国内での紛争ですから、国際問題ではないのではないでしょうか。いずれも、もしその国の政府が、「放置してかまわない」「くちばしをはさむな」といえば、周りの国は放置して、税関の強化や国境警備の強化で対応すればいいのではないでしょうか。

基本的に、国際社会は国の単位で成り立っており、国がすべての権限を持っているのです。国は、よその国から干渉されないという原則があります。だとすれば、ある国家でエイズが蔓延しようと、内戦が起ころうと、その国から何らかの求めがない限り、行動を起こすことはできないはずです。

なにか不都合が?

それでは、エイズで死ぬ人々が、あるいは、内戦の犠牲となる人々が救われないじゃないか。

そのために、最近言われるようになってきたのが「保護する責任」という理論です。国には、自国民を保護する責任がある。でも、その国の政府がその責任を果たせないのなら、その責任を国際社会が肩代わりすべきだ、という理屈です。つまり、そういった国は、国自体が破綻している(破綻国家)というのです。

サハラ以南のアフリカの問題は、その多くが、この「破綻国家」の問題と関連しているように思います。適切な統治(良い統治、good governance)が行われていれば防止できる、あるいは、より小さなレベルで抑えられる問題が、大きくなってしまっているのではないでしょうか。そして、問題解決のための援助なども、その効果が十分に現れないことになってしまうのではないでしょうか。

一方で、そのような考え方は、人道の名のもとによその国に介入したり、ひどいときには攻め入ったりするのを許すことにならないか、という懸念も示されます。また、援助を出し惜しみするための言い訳に使われるんじゃないか、という疑いもあります。

アフリカの問題を勉強しておられるということなので、個々の問題もさることながら、その根底にあると思われる問題を指摘させていただきました。いくつかキーワードを入れてありますので、興味があれば、さらに調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>サハラ以南のアフリカの問題は、その多くが、この「破綻国家」の問題と関連しているように思います。

そうですね、援助金が政治家の懐に入ったりと、政治の腐敗はなかなかひどいものがありますね。でも私はサハラ以南のアフリカの問題は多くが植民地政策、そして不公正な貿易に関連しているように思います。
どうしてそんな「破綻国家」ができたのか、独立したとたんじゃあね~って去って何の体制も整えていこうとしなかった宗主国に問題はなかったでしょうか?
一生懸命働いて作ったコーヒーなどを、先進国の会社がなんとか安く買い占めて中間搾取をすることで、南北問題の経済格差は深まります。フェアトレードって言葉が最近やっと聞けるようになりましたが、ほんの一部しか広まっていません。私自身市販のコーヒーを買うことは経済格差を広げることにつながると、自粛しています。
まだまだ勉強不足なので、いろんな方の意見を聞きたいと思ってます。回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/01/30 21:09

>とありますが、テロがあると、具体的にどのように社会構造が乱れるのでしょう?



人間社会を規定しているのは事実上国家です。
社会保障や,治安や教育や,生命財産の保全など。
国家があるから,安心して家を空けられるし,銀行にお金を預けることもできますし,ローンを組んで家を建てることもできます。

そうした国家は,法律と外交と,軍事力によって他の妨害から身を守っています。

911の同時多発テロの実現で,いとも簡単に国家を混乱させ,崩壊の危機に陥れることができることが証明されました。

まだ、国家そのものへの信頼性は揺らいでいませんが,既に崩壊している国もあります。

今の調子で,テログループが巨大化してゆくと、50年後にはまるで違った世界が生まれているかもしれません。

日本は特に脆弱ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!
なんでこの大量な死があまりメディアに流されなくて死者はそれに比べたら何百分の1になるテロばかりが問題になるんだろう!日本だって一人中東の国に捕まるとすごく大騒ぎになるのに一日3人の人がエイズに感染しててもあまり反応はないのはなんで??健康の保障も社会保障も同じくらい大切やのに、って思ってたんですけど、やっぱり「過激」な分テロは人々の目を引きつけ、人々を恐怖に陥れるのかなと思いました。考え方の違う人の意見は参考になります。ありがとうございました!

お礼日時:2006/01/30 20:49

 アフリカを問題にするなら、コンゴの内戦の方がよほど問題です。

病死、栄養失調を含む死者は推定300万人以上という、「第二次世界大戦後最大の紛争」と呼ばれています。
 まあ、端的に言って日本ではほとんど報道されないので、知らない人の方が多いのでしょうけれど。この辺、日本マスコミのレベルの低さと、日本マスコミに情報量を払っている日本人のレベルの低さの反映ですから、私自身あまり偉そうなことは言えませんが。

 ただ、日本人としては、中国の日本に対する天然ガス資源侵略が最も重要な国際問題だと思っています。次点が、北朝鮮の拉致問題。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
>コンゴの内戦 そうですね!これ問題ですよね!!! ちなみに大学でアフリカの問題を勉強しています。数で言えばエイズも一年で200万人以上の人がなくなる計算になります。コンゴのモブツ政権時代は国の借金の額=モブツの個人資産額という事態があったり、アフリカには本当に多くの問題がありますね!

>日本マスコミのレベルの低さと、日本マスコミに情報量を払っている日本人のレベルの低さ
同感です^^

>中国の日本に対する天然ガス資源侵略 これはどういう点で深刻だと思われるんでしょう??

お礼日時:2006/01/29 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今後のアフリカの飢餓問題について

アフリカ(サブサハラアフリカ)の飢餓について分からないところがあるので、教えてください。お願いします。

☆ アフリカは食料を自給できていない覚えがあります。しかし、ある文献で、アフリカは本来自給できており、海外に輸出するために国内で飢餓が発生。購買力がないために、目の前に食料があっても買えない?正しいですか?
つまり、この考えでは、いくら国内生産を増やそうがあまり関係がない?


私はアフリカの飢餓原因は1、購買力がない。2、人口の増加。3、世界の穀物需要が増加し、輸入できない
この3つだと考えています。つまり、国内の自給率を向上させれば、飢餓は減少すると書きたいのですが、上の星で書いたとおりならば国内生産を増加させても、解決にはつながりませんか?解決にはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

定量的に見てみると、カロリーの輸出入と
栄養不足人口の関連性は想像されるほど高くはないようです。

・FAO-農業貿易マップ (輸出-輸入)÷消費カロリー
http://faostat.fao.org/Portals/_Faostat/documents/pdf/map05.pdf
・FAO-栄養不足人口マップ
http://www.fao.org/statistics/yearbook/vol_1_1/pdf/map14.pdf

広大な砂漠が広がり食料の自給に適さないように見える北アフリカは、
実はアフリカの中で栄養不足人口の割合が一番低いです。
一方、中南部には比較的自給的なはずですが、
栄養不足人口の割合の大きい国がたくさんあります。

そもそも自給率という言葉は日本以外であまり使われず、
国際開発上重要なキーワードではないです。
分母となる供給量に問題があり、自給していても供給量が少ない国では、
穀物が輸入できないために食糧事情が悪い可能性があります。
輸入できる能力があれば食料のキャパシティはあるわけで、
石油輸出能力がある国で栄養不足の問題は比較的小さくなります。
原理上は、中国のように工業製品を輸出することや、
インドのようにソフトウェアを輸出することでも食料と交換できます。

従って輸入に依存できる能力があれば食糧不足にならない仕組みですが、
自給率というよりも農業生産量は増加した方が望ましいと考えられます。
第一に自国産物の価格低下、穀物価格上昇、資本逃避などの変動で
輸入能力が低下した時に食料消費水準が悪化する可能性がある点、
第二には生産能力拡大による所得水準向上のために、
第三には世界レベルの供給拡張の必要性のために、
農業生産の増加は貧困脱出にとって重要となると思われます。

飢餓の最も多い地域と、紛争地域または最近まで
紛争を抱えていた地域は顕著に一致します。
これらの地域は、安定を保てればインフラが大きく改善できるかもしれません。
所得の低い地域では紛争が起こりやすいという関係も指摘され、
そのためなかなか貧困から脱出できない面もあります。

一方、人口問題に関しては、懸念はあるとはいえ、
一見想像されるほど所得水準や飢餓に与える影響は絶望的ではないかもしれません。
人口増加前にも飢餓がなかったわけではなく、
現状の供給能力が飽和しているという証拠は特にありません。
1980年のアフリカの人口は今の半分強で、人口的に余裕があるように見えますが、
ほとんどの国で1人当たりの消費カロリーも今より少なく食糧事情はよくなかったりします。

・消費カロリー水準
(アフリカの人口 (1980)4.8億人 (1990)6.4億人 (2000)8.2億人)(UNより)
ナイジェリア (1980)2050kcal(1990)2430kcal(2000)2700kcal
エジプト (1980)2900kcal(1990)3180kcal(2000)3350kcal
スーダン (1980)2180kcal(1990)2160kcal(2000)2260kcal
タンザニア (1980)2190kcal(1990)2120kcal(2000)1960kcal
モロッコ (1980)2750kcal(1990)3060kcal(2000)3070kcal
アルジェリア (1980)2640kcal(1990)2880kcal(2000)3040kcal
ケニア (1980)2250kcal(1990)2020kcal(2000)2150kcal
ウガンダ (1980)2110kcal(1990)2310kcal(2000)2380kcal
ガーナ (1980)1700kcal(1990)2010kcal(2000)2650kcal
中国 (1980)2330kcal(1990)2680kcal(2000)2940kcal
インド (1980)2080kcal(1990)2370kcal(2000)2440kcal
(FAOより、1980:1979-81年 1990:1989-91年 2000:2001-2003年)

平均の所得水準が悪化していないとしても、人口の増加に伴って、
栄養不足人口の絶対数が増加する問題はあります。
ただ、うまくいっていると人口が増加しながら
栄養不足人口が減少している国もあります。

・ナイジェリア
全人口 (1980)6430万人(1990)8600万人(2000)12400万人
栄養不足人口 (1980)2390万人(1990)1180万人(2000)1150万人
・エジプト
全人口 (1980)4390万人(1990)5580万人(2000)7190万人
栄養不足人口 (1980)360万人(1990)250万人(2000)240万人
・中国
全人口 (1980)10億4200万人(1990)11億6090万人(2000)13億1170万人
栄養不足人口 (1980)3億0400万人(1990)1億9360万人(2000)1億5000万人
・インド
全人口 (1980)6億8900万人(1990)8億4640万人(2000)10億6550万人
栄養不足人口 (1980)2億6130万人(1990)2億1480万人(2000)2億1200万人
(FAOより、1980:1979-81年 1990:1989-91年 2000:2001-2003年、全人口は2003年)

定量的に見てみると、カロリーの輸出入と
栄養不足人口の関連性は想像されるほど高くはないようです。

・FAO-農業貿易マップ (輸出-輸入)÷消費カロリー
http://faostat.fao.org/Portals/_Faostat/documents/pdf/map05.pdf
・FAO-栄養不足人口マップ
http://www.fao.org/statistics/yearbook/vol_1_1/pdf/map14.pdf

広大な砂漠が広がり食料の自給に適さないように見える北アフリカは、
実はアフリカの中で栄養不足人口の割合が一番低いです。
一方、中南部には比較的自給的なはずですが、
栄養不足人...続きを読む

Q痴漢冤罪問題の深刻化は、内部かく乱勢力のせい?

痴漢冤罪が社会問題になっています。

これだけ世の勤勉な男性をストレスに落とし入れ、
大きな社会問題となっている事案でありながら、
政治的解決策が打ち出される気配がありません。

不思議です。一体なぜなのでしょうか?

その理由として、
『日本の内部かく乱を狙う力が働いているためだ。』
と言う人を某所で見たことがあります。

2月に起きた“痴漢でっち上げ事件”も、
一か月以上が経った3月中旬に報道されました。
『それでも僕はやっていない』という映画が
テレビで放送された直後のことです。
わざわざ映画の放送に合わせたかのような
タイミングなので、私も不思議に思いました。
また、虚偽告訴をした女性の名前が、
当初公表されなかったのも不思議です。

某所で聞いた話のとおり、
国民の絶望感と怒りを故意に煽ることにより、
日本の内部混乱と弱体化を狙う勢力が存在する
という可能性は、実際にあり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

妄想しすぎです。
貴方はこの事件直後、何度もこの問題で質問していたではないですか。

>>2月に起きた“痴漢でっち上げ事件”も、一か月以上が経った3月中旬に報道されました。『それでも僕はやっていない』という映画がテレビで放送された直後のことです。わざわざ映画の放送に合わせたかのようなタイミングなので、私も不思議に思いました。

どう飛躍したらこのような妄想が出来るのでしょうか?
時系列で事件を説明します。
2月1日 事件発生、被害男性拘束
2月2日 被害男性の家族が男性の捜索願を警察に提出
2月2日の夕方 嫌疑不十分により男性釈放(蒔田被告と女性の言い分が食い違ったため)
2月7日 女性が警察に自首
以降 警察が蒔田被告を内偵。この間、仮釈放された女性に対し蒔田被告から「なぜ自首した、殺すぞ!」と脅迫を受ける。
3月1日 フジテレビ系「それでもボクはやっていない」放送
3月11日 蒔田被告逮捕。この時点で報道され、事件が公になる。
女性の名前未公表は報道各社の協定のため。2月の事件発生から報道されていないのは、容疑者・蒔田に内偵を進めており、逮捕されるまでは報道しないのは当たり前。
7月23日 初公判。女性の名前も公表される。

時系列でみて理解頂けましたか?
映画のテレビ放送にあわせた報道発表というのは荒唐無稽ですよ。
質問するのはご自由ですが、自分なりに事件の背景まで調べたらいかがでしょうか。

妄想しすぎです。
貴方はこの事件直後、何度もこの問題で質問していたではないですか。

>>2月に起きた“痴漢でっち上げ事件”も、一か月以上が経った3月中旬に報道されました。『それでも僕はやっていない』という映画がテレビで放送された直後のことです。わざわざ映画の放送に合わせたかのようなタイミングなので、私も不思議に思いました。

どう飛躍したらこのような妄想が出来るのでしょうか?
時系列で事件を説明します。
2月1日 事件発生、被害男性拘束
2月2日 被害男性の家族が男性の捜...続きを読む

Qアフリカやアジアで飢えや病気で苦しんでいる人々を助ければ、人口問題で貧

アフリカやアジアで飢えや病気で苦しんでいる人々を助ければ、人口問題で貧困や飢えが悪化するという矛盾の解決方法がある方は教えてください。

Aベストアンサー

ローマクラブというところが人口増と食糧不足の懸念を1960年代に発表しています。
残念ながらあなたの問いに関する回答は現在の技術ではありません。

何よりも重大な問題は全世界で干魃が大変に進行していることです。
これは人口増加によって穀物や家畜の供給量が増え続けた結果です。
特に畜産は大量の草と水を必要とし、土地を枯れさせます。

中国に至っては工業化で地下水を使いすぎた結果、
毎年のように深刻な干魃を招いています。
今年は東南アジア各国で渇水が相次いでおり、
メコン川上流で堰き止めている中国に非難が集中しています。

この他にも南米やアフリカでは焼き畑が行われ、森林が失われています。
これらは全て人口増加が元凶となっています。
中国やオーストラリア、あるいはアメリカといった国々が干魃で
農業生産が減ると本格的な危機になります。
そして、その可能性はそう遠くない未来にやって来ます。
そうなれば戦争によるリセットが始まることになります。

Q食料廃棄の問題は生き物 い の ち の問題だと思う。

別所で既に上げていますが、カテゴリーを変えて質問してみます。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9171511.html
食べ物は、生き物と、いう前提が、、、

   い の ち 

と、いう前提が忘れ去られている様に感じます。
   食料廃棄問題
  https://oshiete.goo.nej
『800万トンの食品ロスがあると推計される。』
『世界の食糧援助量の約2倍という途方もない「ロス」である。』
『世界では毎年約1500万人もの人が餓死している。多くは子どもだ。』
『日本は食料全体の半分以上(5600万トン)を輸入しながら、そのうち1800万トンを廃棄している。まさに「浪費」ともいうべき行為が、結果的に食料の行き渡らない大量の地域を生み出している。』
  ↓ニュースソース↓
http://bylines.news.yahoo.co.jp/bandotaro/20131112-00029722/
 例えば、コンビになり、ファミレスなり、大手のチェーンでは、廃棄される食料は管理の元で、ソレが、従業員などにより厳格に管理され、再利用される事は無い。
 販売機会のロスを押さえる為に、食品のロスは、在る程度見込みとして処理される。

 ならば、食品廃棄に対して 罰 則 的 課 税 を導入しては、どうだろうか?

 加えて、商品としての販売期限と、食品としての消費の期限の、別々の設置を食品業者へ国が規制として義務づける。

 この課税により、ロスをしなくてすむような効率的な販売システムが、導き出されるだろう。
 期限が切れる一歩前に従業員への配布が検討されるかもしれない。(特に小規模店舗)
 或いは、大規模な処では、
『 食品のロス+廃棄課税 > 販売機会のロス 』
の、有効な範囲で、保管流通の寄り効率的な対策が取られる事に成る。
 すると、今度は問屋、生産業者に、そのしわ寄せが行き価格を保てなくなる可能性が出てくる。
 しかしそうなれば、逆に効率的かつ、保存の利く形での利用が検討されるだろうし、また輸出にも回るとも考えられる。

 TTPの懸念材料として上がり、政府買い入れ量の増大が決まった米には国が主導で買い入れと備蓄と云った対策が取られた訳ですが、そう云った対策は保存の利く穀物で無ければ取る事がむずかしい。
 今後益々、自由化により、食料は入ってくるとは思うのだが、ソレを手放しで放置しても良いものだろうか?


 僕は、 い の ち の面から問題だと思う。


 自由経済の中で有効な い の ち を、けして天秤に掛けないシステムを造る事が、必要と思われますが、皆さんはどう考えるだろうか?

 宜しければ、少し立ち止まり、考えを聞かせていただければ?と、思います。

別所で既に上げていますが、カテゴリーを変えて質問してみます。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9171511.html
食べ物は、生き物と、いう前提が、、、

   い の ち 

と、いう前提が忘れ去られている様に感じます。
   食料廃棄問題
  https://oshiete.goo.nej
『800万トンの食品ロスがあると推計される。』
『世界の食糧援助量の約2倍という途方もない「ロス」である。』
『世界では毎年約1500万人もの人が餓死している。多くは子どもだ。』
『日本は食料全体の半分以上(5600万トン)を...続きを読む

Aベストアンサー

食料廃棄の問題は生き物 い の ち の問題だと思う。
    ↑
ワタシもそう思います。

経済原理だけで考えるなら、数字を並べて計算し
儲かるかどうかだけで判断すればよろしい
ということになります。

日本には「勿体ない」という言葉があります。

これは経済的効率性から来た言葉ではありません。

万物には魂が宿っているのだから、粗末に扱うな
という戒めです。



自由経済の中で有効な い の ち を、けして天秤に掛けない
システムを造る事が、必要と思われますが、皆さんはどう考えるだろうか?
    ↑
賛成です。
システムを構築することにより、命を大切にする
ようになるのでは、と考えます。

Q後の天皇継承問題について(秋篠宮家より養子ではどうか)

いろいろと、不穏な動きや思惑がうごめいているような、次次期の皇位継承問題ですが、秋篠宮家の男児が皇太子家に養子に入ったらどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

あ、いえいえ、質問者の代わりにお答えします。
その第三位が問題なのです。
現在の皇太子殿下がたとえば即位した後、ご逝去なさると秋篠宮殿下が天皇になられます。そうして秋篠宮殿下がご逝去なさったあとご子息様が天皇になられる。つまり質問者は秋篠宮のご子息様が皇太子殿下の養子になれば第二位に昇格し、そのあたりのごたごたがなくスムーズに行くのではないかと提案しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報