www.f2s.com ってトコの無料HPスペースサービスで、どうやって登録するのかが
分からなくて困っています。

もしかして、中止しているんですかねぇ?
それならf2sと同じくらいのサービス(容量は10MBくらいまでいい)は
ありますか? よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

f2無料」に関するQ&A: f2sはどこまで無料?

A 回答 (2件)

f2sは有料化(今年3月?)されるらしいですね。


「fs2」「有料化」などで検索してみてください。

あと
>f2sと同じくらいのサービス
って具体的に何があればいいのでしょうか?

大体想像できますが、結局f2sの二の舞になるのを恐れて
誰も教えてくれないと思いますが・・・
まぁ下記のサイトでも参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.hi-net.zaq.ne.jp/kobej/free/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。全然知らなかったです(汗
とても参考になりました。
容量:6MB以上 CGI可 FTP可 広告…無しか一番下のみ くらいがいいです

お礼日時:2002/01/05 21:48

F2sだったらProductのところをクリックして出てきたサービスの中から選択してクリックして「Register」の所をクリック(Global Webの場合はその下の所に好きなページ名を入れる)したあと必要な情報を入れてやります。

しかしここって本当に無料なんでしょうかどうも少しお金を取られるように思うんですが。

無料のページだったら

http://www.geocities.co.jp/

や参考URLのところなどがありますよ。

参考URL:http://www.finito-web.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
回答2の19inch_rackさんも言われたようにf2sはキビシクなるんですね、、、
知らなかったです。やっぱり単語くらいしか分からないで海外サイトにアクセスする
のはとても気をつけた方がいいと勉強しました。 早い回答ありがとうございました

お礼日時:2002/01/05 21:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qf2sはどこまで無料?

f2sのメンバーログインから入った所からemailへ行くと、
メールアドレスを取得できますよね。
あのメールアドレスはいくつまで取得できて、
いくつまで無料で使えるのでしょうか?

あと、同じくメンバーログインから入り、
register domain nameへ行くと
よくわからないフォームがありますが、
これは何なのでしょうか?
無料なのでしょうか?


またf2sに関する質問ですみません。
規約等は翻訳サービスを使って読めたのですが
細かい所を調べたり質問したりする事ができないので・・・。

Aベストアンサー

ドメイン= なんとかかんとか .comみたいなもの。
(http://www.e-words.ne.jp/view.asp?ID=1320)

参考URL情報によると、
Freedom2Surfのスペースにドメインを設定することは有料だそうです。

参考URL:http://www.okusama.f2s.com/domain/run_body_host.html

Q300MBくらいのファイルがアップロードできるアップローダー

300MBくらいのファイルをアップロードできるアップローダーでいいのがあれば教えてください。

できるだけ長持ちするのがいいです。

Aベストアンサー

300Mレベルで長持ちするのはこんなところでしょうか。
http://www2.axfc.net/uploader/7/
http://www.774.cc:8000/upload-plus2/upload.html

あくまで長期間にこだわるのであれば、無料の会員登録が必要ですが
MEGAUPLOADをお勧めします。
http://www.megaupload.com/jp/
これは90日間ダウンロードされないとデータが削除されるため
逆に言えば90日間は絶対削除されません。

参考URL:http://www2.ocn.ne.jp/~kob/1rk_main.html

Q転送速度や情報量(MbpsやMB/s)における単位の違いとは

例えばマザーボード内の規格でU ATA/100や133 があり「MB/s」と表現するものや、USBやIEEE1394等で表現する「Mbps」がありますがこれら二つの表現の違いとは何でしょうか?一秒間に送信できる転送速度と情報量というなんとなくのニュアンス止まりで、両者は大きく異なるのものでしょうか?具体的に理解したいのです。端的かつ、解りやすくご教授していただける方のご解答お待ちしております。
不躾ですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数学とか物理の速度表現で毎秒100mっていうのを100m/sって書きますよね。
同じように
MB/sっていうのは、略さずに言うと毎秒何メガバイトという表現です。
略さずに言うと、Mega Byte per secondで、perにあたる部分を記号の「/」にしてあります。

Mbpsは略さずに言うとMega bit per secondで、perにあたる部分に「/」を使わずに単語の頭文字を使っています。
Mb/sとかMbit/sと表現されることも多いですね。

MB/sとMbpsの大きな違いはB=byte、b=bitの違いです。
1Byte=8bitに相当します。

つまり、100MB/sっていうのは800Mbpsという意味なんです。

何で表現が2つ存在するのかという話になると、データの処理単位が機器によって違うからという話も
当然あるのですが、売手の戦略として、値が大きい方が良く見えるよね、という事もあって、
MB/sで表せるところをあえてMbpsで表している所もあるみたいですね。

Qhttp://wwwのwwwって?

http://wwwとhttp://のこの2種類はどういう違いがあるのでしょうか、なぜwwwがついているのとついていないのがあるのかずっと不思議に思っていたのですが、調べてみたのですがうまくいいサイトが見つかりませんでした、知っている人がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
まずは「ホームページアドレス」(URLとも言います)から、
少し触れておきたいと思います。
例として『http://www.1234.jp/』という
架空のURLを題として、それを分解してみますと、
「http://」の部分は”情報の入手方法”で、多くは通信プロトコルを表します。
「http」のほかに、暗号化されている物は「https」、
ファイル転送は「ftp」など、他にも様々な物があります。
『www』はサーバ名(ホスト名)を表します。
現在は、インターネット標準のドキュメントシステムとして、
世界規模での巨大なWWW網が築かれています。
(ご質問の本題ですから、これは下記でも少し補足いたします。)
『1234』の部分に来るのは組織名や会社名などです。
『jp』は国名です。日本ですからjpですが、uk(イギリス)、
hk(香港)、fr(フランス)等、世界各国のものがあります。
「●県×市▲町1-1」のような、郵便の住所と作りの基本は同じで、
HPアドレスは、ネットワークの中で張りめぐらされた
無数のホームページを探し、着くための”住所”のようなものです。

さて、その『www』についてですが、
これは「World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)」の略で、
直訳しますと”世界に広がっている蜘蛛の巣”という意味です。
蜘蛛の巣状に世界に張りめぐらされている様々なHPを、
糸をたぐるように閲覧して行くんですよ~という感じですね♪
「www」は、インターネットに繋がっている状態であれば、
世界中のどこからでも、その無数にある様々なホームページを
いつでも自由に、誰もが見る事が出来るように、世界規模で
そのネットワークが結ばれている様子・状態を表していて、
「様々なデータや情報を自由に受け取れるネットの仕組み=www」
という、非常に簡単な感じで良いのではないかと思います^^
ネットワーク(インターネット)で、ホームページを見る為には
このwwwを利用する事で初めて、HPが見れますヨ!という訳です。
アドレスに「www」のない物は、簡単に言いますと
www網でホームページを保管・公開しなくても、
自分でサーバーを持っていて、そこで公開しているという事です。
しかし、大規模なサイト等では、Webサーバやホスト名が複数あったりして、
極論を言えばwwwを省略形にしたり、別のものに置き換えたり
「www」はURLで自由が利く部分でもあります。少しややこしいですね…

かなり言葉をくずして書きましたので、お恥ずかしいのですが、
不足な点は、他のユーザー様より補足等があるかと思いますし、
私も専門ではないので、誤記や解釈の違いもあるかも知れません。
長々と失礼しました、何らかのご参考になれば幸いです。(^^;

はじめまして。
まずは「ホームページアドレス」(URLとも言います)から、
少し触れておきたいと思います。
例として『http://www.1234.jp/』という
架空のURLを題として、それを分解してみますと、
「http://」の部分は”情報の入手方法”で、多くは通信プロトコルを表します。
「http」のほかに、暗号化されている物は「https」、
ファイル転送は「ftp」など、他にも様々な物があります。
『www』はサーバ名(ホスト名)を表します。
現在は、インターネット標準のドキュメントシステムとして、
世界規模...続きを読む

Qwww.a.comとwww.a.p.comは別?

例えば銀行の暗証番号を、本物とそっくりなサイトをつくることで盗みとる場合があります。
そこでURLを見て確かめたいんですが、見方が分かりません。
http://www.***.co.jp
が正しいサイトとすると、
http://www.***.php.co.jp
は全く別のサイトになりまよね?

また例えば

http://www.***.co.jp/databaseが本物のとき、
http://www.***.co.jp/newdatabaseもそのサイト内のページで、偽物サイトではない、
つまり…co.jpや…comまでが正しければ、その後がどんな文字列でも正しいサイト内のどこかのページのURLであって、偽物サイトには繋がらないんですか?

最後に、URL自体の偽装はできるんですか?質問だらけでごめんなさい。お願いします

Aベストアンサー

基本的なドメインという物を覚えて下さい。
http://www.***.co.jp
この場合のドメインは「***.co.jp」です。
http://www.***.co.jp こちらはURLになります。
   
で、「***.co.jp」これを持っていれば「△△.***.co.jp」は自分で作成できます。
他人では一切作成できません。
つまり、「***.co.jp」の前に「.」を付加して作成した物は「***.co.jp」のサイト内ということです。
   
この「co.jp」は日本の会社でなければ取得できません。
似たもので「.jp」があります。こちらは汎用jpという種類のドメインで example.jpを取得すればhoge.example.jpは作成できます。
同じように「.com」「.net」「.org」などもっと様々なドメインが存在します。
種類に関しては以下のようなページで紹介されています。
http://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html
     
結論として表題の「www.a.comとwww.a.p.comは別?」ですが、頭のwwwは考えなくてもよくて「a.comとa.p.comは別?」ということになり、先にも書きましたがこのドメインは「a.com」と「p.com」ですから全くの別物です。
「a.p.com」は「p.com」を持っていれば自由に作成できます。

基本的なドメインという物を覚えて下さい。
http://www.***.co.jp
この場合のドメインは「***.co.jp」です。
http://www.***.co.jp こちらはURLになります。
   
で、「***.co.jp」これを持っていれば「△△.***.co.jp」は自分で作成できます。
他人では一切作成できません。
つまり、「***.co.jp」の前に「.」を付加して作成した物は「***.co.jp」のサイト内ということです。
   
この「co.jp」は日本の会社でなければ取得できません。
似たもので「.jp」があります。こちらは汎用jpという種類のドメインで e...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報