自分でも嫌になるほどしつこいと思っています。

空気にも価値があるのでしょうか?

価値が対象と主体の関係に発生するカテゴリーとすれば、空気の存在そのものを科学的に知らなかった時代は価値がなく、空気の存在とその必要性を科学的に理解したと同時に価値が発生したのでしょうか?

価値に関してはこれで最後にしたいと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

お礼を読ませていただきました。



>ここが納得できないのです、価値があると主体が認識する結果、
>対価や犠牲を払って「交換」という行為の要求が生まれるのでは
>ないでしょうか。
なるほど、この点についての疑問が根底にあったのですね。そういうことは既にお判りになっておられるものとして答えてきましたので、納得がいかなかったことも理解できました。

私は、基本的に「価値」は創造されるもの、すなわち人間の手間が加えられているものであると考えております。fishbowlさんが今まで例としてあげてきた、「金」にしろ「ステーキ」にしろ、人の手が加わっています。例えば、「金」はまれに砂金として発見されますが 、基本的には金鉱石の形で存在し、それを人間が掘り出し、精錬して金の形にします。また、ステーキも同様で野生の牛であるか飼育された牛であるかにかかわらず、それを掴まえたり飼育したりする手間がかかり、さらにそれを解体して、食べやすい形に加工し、その上に料理するという手間がかかっています。それらの行為をすべて自分だけで行い、得られた成果も自分だけで消費してしまうならばそれには「価格」は付かないことはお判りですね。

ただ、それらの成果を誰か他の人と交換しようとする時に「価格」が発生します。また、手間を加えること=労働にも価格をつけることができます。こうして価格をつけることによって、労働という形で内在していた価値は表面に現れ、他のものと比較できるようになります。また、労働自体についてもその質や内容によって均一ではない価格が付くようになります。

さて、社会や経済が発展していくと、こうしたものごとの価値は創造されたものであるということが見えにくくなってきて、価値交換の媒介物でしかない貨幣に価値があるかのごとき錯覚が生じてしまいます。そして、fishbowlさんの一連の疑問に繋がっていくというのは話を単純化しすぎかもしれませんね。

まったく話が違いますが、コンピュータに将棋を指させるためのプログラミングを考えてください。このとき、将棋の各駒に例えば飛車は10点、角は9点・・、歩は1点というように評価して価値を与えます。この他にも局面の評価などを点数化して一番点数の高い結果を生むようにしていくわけですね。で、問題は王をどう点数化するかという事です。これが取られてしまえばゲームは終わりですから、他の諸要素に比べて異常に高い価値を付与するのが基本ですが、これを何点とするかはそのプログラマーの主観でしかありません(これは人の命の価値のアナロジーです)。

同様に、バーミアンの大仏・自然環境・空気などありとあらゆるものに対して、価値を見いだし、付与することは可能ですが、それは何を価値とするかという決定の下(これが価値が主観的に決定されるということ)での行為です。まあ、普通の人は価格で示される価値に従うとは思いますけれど・・

もとに戻りますと「空気の価値」は何を価値あるものとするか、価値とは何かと考えた時に異なってくるのは当然です。surpent-owlさんのご回答の指針である、「細やかに弁別すること」もこのことを踏まえているはずです。

最後に、もう一つ、参考URLを張り付けておきます。この#2の回答の意味をお考え下さるようお願いもうしあげます。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=70876
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aminouchi再度のご回答有難うございます。
価値についての一連の質問の前に、私の価値についての考えを定義していなかったことが問題になったようです。

「価値」とは主体である個人が現実の世界(自然と社会)に対して自分の表象世界を作る唯一の秤だと思っています。

それが価値対象である事物に由来するのか、主体の精神の中にあるのかで迷っていました。早いことや、のんびりしたこと・高いことや、安いことに価値を見出す個々の主観的価値を抽象的に思考することが難しく思われました。

ステーキに関する質問は、誰かの加工が関与したことを問題にしたのではなく、価値の認識が精神の中にあるとする定義に対して、具体的なステーキの存在、五感に感じる存在自体の価値を強調して価値が事物にあるのではと思われる例として有効だと考え取り上げました。

価値と価格の違いを考えるため、経済学ではなく不慣れな哲学の世界に迷い込んでしまったのです。

お礼日時:2002/01/06 19:44

fishbowlさん、お久しぶりです。

ご質問を心待ちにしておりました。

さて、経済学ではそれを入手するのに労働などの対価を必要としないものには価値がないということはご存じだと思います。

しかし、同時に人間は空気がないと生存できませんから、その意味ではかけがえのない価値があるとも言えます。

また同じ答えになってしまいますが、上の意味の価値と下の意味の価値は同じ意味でしょうか?

なお、前回のご質問のお礼の中で「価値という言葉が多義的といっても意味が多すぎて、言葉としての機能が失われてしまいませんか、」書かれておられますが、私は言葉の意味とは「(ある種の)本質」を示すものではなく「その語の用法」であると理解しております。

上の「言葉の意味」の問題も含めて、一連のご質問に対し、このようなQ&A形式の掲示板では充分に意をつくしたことが書けずもどかしい思いをしております。前回の私の回答のニュアンスはくみ取っていただけなかったようですが、参考URLをご覧下さいますようお願い申し上げます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=189759

この回答への補足

aminouchiさんお世話になっています。

参考のURLでフリーメールに鍵があると思って、教えてgooにfishbowl66で登録しましたが、関係なかったら又ヒントを下さい。

補足日時:2002/01/07 18:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aminouchiさん、いつもご回答有難うございます。
>経済学ではそれを入手するのに労働などの対価を必要としないものには価値がない
ここが納得できないのです、価値があると主体が認識する結果、対価や犠牲を払って「交換」という行為の要求が生まれるのではないでしょうか。
>上の意味の価値と下の意味の価値は同じ意味でしょうか?
「価値」という名詞の意味が用法によって変わってはやはりまずいのではないでしょうか、上の「価値」が「価格」なら理解できるのですが。

参考のURLを拝見しましたが、教えてgooのサイトに行きましたが、私はokwebを使用しているので使い方が解かりませんでした、もっと良い方法があれば教えてください。
今年もよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/06 07:42

 「価値観」は、本人次第でしょ。

それは人間の心が常に揺れ動くものであるため、その心によって生み出される価値観も定まることなく変化しています。
 ですから、コメントをしたところで、日ごろはそれほど固執したり深く考えているわけでもないのに、こと宗教や信仰になると、理屈を並べて反発するだけじゃないでしょうか?
 今回は、宗教とか信仰とかの「価値観」ではないのですが、押し付けることも出来ず、本人が気付かれるしかありません。
 如何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

odd-artさんご回答有難うございます。
失礼ながら親近感を感じてしまいます、odd-artさんも私と同様、職人気質の頑固者のような感じがします。
宗教に関しては門外漢ですが、宗教や哲学がこれからの世界には重要になるような気がしています。
私も不慣れな哲学の分野に手を染めることになり、いつのまにか何のために質問しているのか忘れてしまいそうです。
他の質問者への回答もときどき興味深く拝見しています、今年もよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/06 07:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q存在が目的、存在が価値、存在が意味であり、存在が正義、存在を求めることが愛 分かる人?

存在が目的、存在が価値、存在が意味であり、存在が正義、存在を求めることが愛

この意味が分かる人居ますか?腕に覚える人は見抜いて下さい。

端的に書き表してください。

Aベストアンサー

私が何に悩んでいたかが分かりました。

この「存在性理論」は、「空間」というものがすでに
あるものということだけでなく、「存在」というもの
もすでにあるものという前提での理論であると思いま
した。

それならば、例えば「人間」という存在に「物質」面
と「精神」面が備わっているということや、子供が生
まれることも、進化してゆくことも、この理論で説明
できそうです。
唯物論と唯心論をまとめる、新しい理論であるとおっ
しゃることも分からないではないです。

しかし、私が悩んだのは、№12で申し上げた、宇宙の
元初の状態から「存在」が生じるということについて
は、この理論では説明できないだろうということでし
た。
その部分は「真理」ということで「未知」ということ
でよろしいのですね?
尤もこれが分かったら、えらいことですが‥‥

Q宇宙創成説のような神話的仮説は、その時代、文化圏の科学的エトスを代表す

宇宙創成説のような神話的仮説は、その時代、文化圏の科学的エトスを代表すると言えるのか?

他の質問を見て思ったのですがどうなんでしょう。

Aベストアンサー

宇宙創成説のような神話的仮説は、その時代、文化圏の科学的エトスを代表すると言えるのか?

○ そのようですね。
ビジョン、例えば宇宙創造のビジョン、SF映画でもいいんですが、それを鑑賞して正確に文字で記述・表現するためには「高度な科学技術の知識」は必要最小限のものでしょうね。
「高度な科学技術の知識」のないものが宇宙創造のビジョンやSF映画を観てそれを記述しても「その記述」をみて何が起きたのかを理解できる人はすくないでしょう。
聖書の創世記、法華経などはビジョンですから書き残したもののその時代の科学的エトスによるのでしょうね。それ故、あとのものは大混乱するか、わけのわからない解釈を信じ込むしかないのでしょうね。
現代の科学的知識を持つものが聖書の創世記、法華経のビジョンを観るとむしろ理解は容易だと思いますね。
そういう意味で、神話は、その時代、文化圏の科学的エトスを代表するとを代表しているのですね。例え、神話が事実だとしてもその時代の文化圏の科学的エトスにより、後代に伝えられると後代の文化圏の科学的エトスにより神話にしかならないということでもあるのでしょうね。
さて、あなたは「現代のありさま」を1000年、2000年後の人々に正確に伝えることが出来ますかという問と同じになるわけです。

宇宙創成説のような神話的仮説は、その時代、文化圏の科学的エトスを代表すると言えるのか?

○ そのようですね。
ビジョン、例えば宇宙創造のビジョン、SF映画でもいいんですが、それを鑑賞して正確に文字で記述・表現するためには「高度な科学技術の知識」は必要最小限のものでしょうね。
「高度な科学技術の知識」のないものが宇宙創造のビジョンやSF映画を観てそれを記述しても「その記述」をみて何が起きたのかを理解できる人はすくないでしょう。
聖書の創世記、法華経などはビジョンですから書き残したも...続きを読む

Q存在することに意義がある 存在することが価値である。

存在することに意義がある 存在することが価値である。

と思うのですが 賛否両論を聞かせてください

勿論人間とそれを害するものの存在というようなのではなく

人間で言えば人間存在に意義があり価値が在るという事です

よろしくお願いします(^^)v

Aベストアンサー

哲学のカテゴリですから、哲学的回答をしましょう。ここでいう哲学的とは「論理的に究極の」という意味です。
<存在する、については、
存在するという認識が最低限認められなければ、話が進みません。で、認めます。肯定します。このことが、哲学のスタートでしょう。どのようなニュアンスにせよ、「単純な存在感覚」でよいのです。認めて肯定します。

<価値がある、なし、について、
価値のあるなしは「総体的判断」になりますから、条件によって答えが分かれます。一般の思考では、この条件づけを、無視もしくは、軽々しく飛ばして先、先に進んでしまうので、判断の迷路に入ります。
無意識に、常識や先入観で「条件」を勝手に決め付けて、知らんぷりという方が哲学を語ると、混乱します。

<人間の存在に価値ありやなしや・・・
人間とは何かの定義や、存在の仕方に、価値のありなしの先入観を入れてしまっていれば、結論は既に出ていますので、何をいまさら、ということなります。人間を中立のものと想定、定義すれば、価値の有り無しは中立になりましょう。

私自身の価値観からすれば、人間に限らず全ての存在には、絶対的価値を認めます。良し悪しはその次の段階です。条件を考慮して、良し悪しが決まります。それは、個人の自由の範疇ですから、思想、主義としてアピールこそしますが、絶対のものとして強制するものではありません。

哲学の必要性、重要性、存在価値は、このように論理的に明快に物事を理解するためにあります。哲学はまた、中途半端人間の、中途半端な分析、判断による「矛盾」を克服するためにも必要です。唯一矛盾を解決、克服する方法が哲学です。完成していますが、一般の哲学にはありません。

ますます哲学に興味のもたれることをお薦めしますが、最新の注意をお忘れなく、宜しくお願い致します。

哲学のカテゴリですから、哲学的回答をしましょう。ここでいう哲学的とは「論理的に究極の」という意味です。
<存在する、については、
存在するという認識が最低限認められなければ、話が進みません。で、認めます。肯定します。このことが、哲学のスタートでしょう。どのようなニュアンスにせよ、「単純な存在感覚」でよいのです。認めて肯定します。

<価値がある、なし、について、
価値のあるなしは「総体的判断」になりますから、条件によって答えが分かれます。一般の思考では、この条件づけを、無視もし...続きを読む

Q科学的ではなく地球外生命体の存在を否定する理由は

適切なカテゴリがよくわからないので、こちらに質問してみます。

うちの会社の上司や部下、一部の友人もなのですが、どこにでも地球外の生命体、特に人間のように知能や文化が発展した生命体の存在を否定する人がいると思います。
考え方は自由なのですが、上司やテレビの否定派論者の中には科学的な存在否定ではなく、「いたら困る」「人間が一番、宇宙で唯一無二の知的生命体だ!」と猛烈に怒る人が多いように見えます。
彼らはなぜ、(私から見れば)ちょっと違った方向性で怒るのでしょうか。。。

今朝ほどのNASAの発表を受け、予想はしていましたが上司はご立腹です。
人間原理的宇宙論を説かれましたが、選民意識を拡大解釈というか曲解というか、よくわからない気持ち悪い朝の講和がありました(泣)
話をよく聞くと、人間と知能・文化が同程度の生命体の否定をしますが、人間より高度な生命体の存在はそれ以上に顔を真っ赤にして否定します。

Aベストアンサー

見慣れていないものが有ると言われると、自分の見聞が狭いと言われているように感じてしまうのかもしれません。

手のひらに乗るコンピューターとか、黒人のアメリカ大統領だとか、太陽光で発電する板だとか、みな現物を見る前には「そんなもんある(いる)わけないだろ!」と否定される方もいらっしゃるようです。

その究極が地球外生命なのかもしれません。

「車輪を使わずに浮上して走る電車」なんて話を聞いたとして、自分の目で観たことが無いので有り得ないと信じている一方で、本当にあったときのことを考えると一応冷静に話を聞く。しかしETとなれば絶対否定をしておいても逆転ホームランを打たれる可能性は少ないですからね。

加えてキリスト教などの宗教では、人間は進化と淘汰を続けてきた他の生物とは異なって、神が作ったというストーリーを信じることを求めてきますので、これらの宗教的な(=科学的では無い)理解を大切にする人もいらっしゃるでしょう。

顔を真っ赤にして怒るほどの方は希少価値だとおもいますが、、、。

Q存在的と存在論的の違いはなんですか?

存在的と存在論的の違いはなんですか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

存在者のの規定(属性など)を探求する問いを存在的、存在者の存在そのものを探求する問いを存在論的とハイデッガーは呼んでいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報