家族経営で流通業をやりながら有限会社を経営しています。不況で、利益が上がっていません。しかし、決算時と月合わせて、年間200,000円ぐらい税理士の方に支払っています。このような経費がバカにならないので、青色申告に変えようと思いますが、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>有限会社の決算は、税理士が作成しないと、税務署が受け付けない


そのようなことを言う税理士とは、即刻顧問契約を解消しましょう。
税務署はあなたの会社が提出した申告書に税理士の署名の有無に係わらず、受け付けます。
    • good
    • 0

本来の申告は自主申告ですから税理士は必要ありません。

ただ専門家と言う点では利用の仕方にもよるものだと思います。実際のところ確定申告に税理士の押印があるかないかの違いのようにも思えてなりません。法人と個人の差と言うものは経費と損金の差の問題ですが、それによる税金の発生によって法人、個人事業のありかたを検討する場合が多い様です。いわゆる損益分岐点です。
 税理士まかせにしてしまって数字を把握しなくなった社長さんもいます。これでは意味が有りません。二人三脚であればいいのですが、いままでの決算報告書を見て自分でやれそうであればこの1年トライしてみるのもいいかもしれません。私も経理を担当していますが、設立当初からみようみまねで決算報告書を作成し提出しました。郵送です。年間70万と言われれば自分でやります。おかげでいい勉強をさせてもらっています。税理士でなければ税務署が受け取らないなどという税理士は問題が有ります。
又、法人であるからには青色申告でしょう。青か白かも把握されていないのはまかせきりということで、再度決算報告書を見直され、検討したほうがよいと思います。もしかすると固定費用が削減(20万)される可能性が出てきます。
    • good
    • 0

>有限会社廃止のメリット


ということは、個人申告にしたいということですか。
>年間200,000円ぐらい税理士の方に支払っています。
は毎月の記帳代行料(顧問報酬に含まれている?)+決算申告作成料で構成されていると思いますが、如何ですか。
もし、onboardさんが会計ソフトを利用されるなら、総勘定元帳を作成したあと、税務署の税務相談室に出向き申告書を作成してもらいましょう。この分節約になると思います。
青色申告に変えても、ご自分で元帳まで作成されない限り、このような経費は節約できないと思います。

この回答への補足

税理士さんから、有限会社の決算は、税理士が作成しないと、税務署が受け付けないといわれたのですが、----本当なのですか?宜しくお願いします。

補足日時:2002/01/06 20:27
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さな小売商店を有限会社で経営しております。ですが、この不況で毎年赤字

小さな小売商店を有限会社で経営しております。ですが、この不況で毎年赤字です。毎月20万円とるのに精一杯で、ぎゃいくに年末の仕入れのときには個人の貯金を取り崩して100万近いお金を投入するため、貯金は減っていくばかりです。子供も二人いますし、このままでは貯金が減っていくばかりです。税理士が親戚のためまともなアドバイスがもらえません。夫と私で早朝のアルバイト(病院の介護助手、夫は宅急便の仕分け)をしようと思います。この場合の収入は会社携帯にしている商売の売り上げに計上し、今までつぎ込んだ貯金を会社からの返済として返してもらうということは可能でしょうか?20万の収入で商売につぎ込むお金を考えると無収入に近いのに税金を払うのは辛いです。せめてアルバイトのお金を今後商売につぎ込む資金にしたいのですが・・・。お知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

すぐにでも法人を閉業して個人事業の開業をしたほうがよいです。法人ですと赤字なのに給与にはそれぞれの税金がかかりますし法人税も最低額かかるでしょう。個人事業であれば、事業利益=個人の所得ですので、赤字の場合、翌年から所得税0・個人事業税0・住民税少々・所得から算出する健康保険もかなり安くなります。
アルバイト源泉徴収されていては売り上げに計上できません。

Q連結決算経常利益の内訳(企業ごとの経常利益)を確認することは不可能? 営業利益の内訳だったら可能?

みずほ銀行27年3月期の連結経常利益1,010,867 百万円の内訳を知りたいと思い、決算資料を確認したのですが詳細(企業ごとの経常利益)が掲載されていません。

営業収益876,961 百万円の内訳なら掲載されています。

・これは、連結経常利益は、個別に算出不可能ということなのでしょうか?
・グループ全体としてしか計算できない性質のもの?

http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

Aベストアンサー

それはみずほ銀行ではなくみずほフィナンシャルグループのものです。
個別はみずほFGの主要3社、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の報告書を調べればいいです。みずほ証券は作成をやめてしまったのでみずほFGのセグメント情報を見てください。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/report/index.html

1-45からです。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

連結は個別をただ単純に足し合わせるだけのものではないので、当然ながらグループ全体でなければ計算できません。

Q決算書作成ようは決算のときに頼む税理士の報酬について

かなり零細企業なのですが、法人なので
決算書を税理士さんにお願いしようと思っておりますが、
相場がどれくらいかわかりません。

税務顧問料は相場の3-5万というのは
知っているのですが、(中小企業の場合)

決算書だとどうなのでしょうか?
15万円って高いような気がするのですが
とある税理士から進められました。

よろしくお願いします。
売り上げ規模は500万円ぐらいです。

Aベストアンサー

私も良くは知らないのですが、税理士会の税理士さんにお願いしたら、決済報告だけで、5万円でやってくれました。
年度途中に試算表が必要だと言われて、それを作っていただいたお金も請求された記録がないので、込みかもしれません。
私の働いている会社も社長以下数名の零細企業です。

その前に、顧問をお願いしていた税理士さんの場合は、月の顧問料が3万円強、決算処理は8万~20万くらいでした。
とても払えなくなってきたので、税理士会にお願いするようになりました。

年商は7000~8000万円(一番いい時で1億5000万円くらい)の会社です。

ご参考まで。

Q決算後に決算について税理士さんに指摘したら?

知り合いの方が昨年合同会社を立ち上げたので、会計を見て欲しいと言われ月に一度経理処理を行ってます。
9月に申告が終わり、今日決算内容を確認に行ったのですが、疑問点がいくつか出てきました。
例えば、放置違反金を4表加算していない。
受取利息の国税や地方税の処理がなされていない。
府税事務所に提出する、風俗営業等を営む法人でない旨の届出書(?)の提出がなされていない。(今期は赤字なので税金には関係ありませんでした)

事務所兼自宅の為、水道光熱費を何%か否認すると思うのですが、%でなく何万という形で処理している。

これらを何故こういう形で処理したのか疑問なのですが、税理士さんに確認したら失礼にあたるでしょうか?

知り合いの会社な為、万が一税理士さんにイヤな顔をされては申し訳ないと思い、未だに確認出来てません。

Aベストアンサー

結論としては税理士に質問することは全く問題がないことです。
理由は以下の通りです。

私は上場企業の経理で働いており、税金計算は担当税理士にお願いしているのですが、税金計算の結果(別表4など)とともにその計算過程の資料も一緒に頂いて、社内で検証しています。

さらに最近は内部統制の制度も始まっていまして、税理士のような専門家が作成したものはそれを依拠しても良いことにはなっていますが、内部統制強化の意味も込めて、不明な所は細かく担当税理士に質問を繰り返します。

Q決算期変更(変更した決算期が1ヵ月決算)ってできますか?

私の勤める会社が、買収され上場会社の子会社となりました。
その親会社(上場会社)が3月決算であるため、決算月を合わせるように要請されています。
私の会社は2月決算なのですが、2月中に臨時株主総会を開催して、決算期を3月に変更(定款一部変更)することはできますか?(変更した期は1ヵ月決算となってしまいますが・・・)
そうすると、18年2月期の定時株主総会と18年3月期の定時株主総会がそれぞれ、5月下旬、6月下旬となり、な~んかおかしい感じがするのですが・・・(18年2月期の貸借対照表・損益計算書・利益処分案承認(それと、配当が決まる前・・・)の前に、18年3月期が終わってるみたいな・・・)
商法上は、できるような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

M&Aなどにより、1ヶ月程度の変則決算を行うケースはよくあります。

確かに、2月決算&利益処分が確定する前に翌決算期が終了しているというのは変な感じはしますが、
実際に各々の決算が確定するのは、各々の総会承認決議時点です。この総会決議が5月、6月に行われ
ますので、この順で決まる限りにおいては問題は生じないと考えます。

決算期変更自体は登記事項ではありませんので、変更の総会は2月でも良いとは思いますが、定款を変更
する時点は、3月1日以降となりますので、その点ご留意頂いた方がよろしいかと考えます。

税務当局への届出については、3月中に行えばよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報