「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

震源は太平洋側で浅く日本海側で深いって本当?
なぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

よく「和達=ベニオフゾーン」で説明されています。


要するにプレートの沈み込みとの関連です。

日本海溝と南海トラフの所で、海洋性プレートが大陸性のプレートに沈み込んでいます。つまり、海洋性のプレートが太平洋側から日本列島の下へ潜り込み始め、日本海側へ向かって、どんどん深い所へ潜りこんでいるからだといえるでしょう。その境界面が地震の巣だと言われてきました。

参考URL↓をごらんください。一番最下段の図が顕著です。

※蛇足ですが、こんな説もあるようです。
http://www.ailab7.com/sinpatu.html

参考URL:http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/jishin-03 …
    • good
    • 1

プレートの境界など、プレートに関連して発生する地震に関しては、確かに日本海側の地震は深いです。

これは、プレートが日本付近で斜めに沈み込むことによります。プレートが日本海側に向けて深く沈んでいるので、それによる地震は日本海側でより深くなります。

ですが、地震はプレート境界でだけ発生するのではありません。断層などでも多く発生しています。これらはプレート境界のように、場所が特定されていませんので、日本海側でも浅い位置で発生します。

ですから、”震源は太平洋側で浅く日本海側で深い”と言い切れるものではありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月はどちらの方角から昇るのでしょうか

太陽が東からのぼり西に沈み、月は反対かと思っていましたが、どうも間違いのようです。月はどの方角から昇るのでしょうか。

Aベストアンサー

もう既に回答が出ている様に、現代の感覚では月は東から昇るのですが、
文学などで、月が西から東へと動いて行くような表現が良くあります
ので、それをそのまま受け取って混乱されているのかもしれません。

月は、日周運動では東から西へと動きますが、約30日(朔望月 約29.53日)
かけて西から東へと公転していますので、一月程度の期間でみると
星々の間をゆっくり東へと進んでいるようにも見えます。

平安の貴族などはこの様子をみて、月は西から昇ると表現した、
と言われています。

Q【中学理科】寒冷前線と温暖前線の速度

中2の理科の教科書に、「地上では、寒冷前線は温暖前線より速く移動する」という記述があるのですが、理由がわかりません。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

単純な物理的な問題として理解するのが簡単でしょう。
温暖前線は、暖かい空気が冷たい空気を押している前線ですよね。
暖かい空気と冷たい空気を比べれば、比重は冷たい空気の方が重い。
軽いものが重いものを押している。
逆に寒冷前線は、冷たい空気が暖かい空気を押している。
重いものが軽いものを押している。

重い物を動かすほうが速度が遅くなるのが自然なので、重い空気が動かされる温暖前線の速度の方が遅いと考えれば理解しやすいと思われ。

Q本百姓、水呑百姓 地主、小作人 の違いを簡単に教えてくださいm( _ _ )m

本百姓、水呑百姓
地主、小作人
の違いを簡単に教えてくださいm( _ _ )m

Aベストアンサー

一般的な解釈で記します。
本百姓とは自分の農地を耕作している農民。自分の農地を持っていても判株(百姓免許)を持っていないと本百姓と言わない藩もありました。
水呑百姓とは自分の農地を持っていない、または僅かしか持っていない農民。
他人の農地を借りて行う農業を小作といい、それをしている農民が小作人。その農地を持っている人が地主。

これらの定義は藩によっても違うので歴史書の記載と違う場合もあります。正確に知りたいなら辞典などで調べてください。

Q黄道、について

黄道というのは簡単に言うと、太陽の通り道(見かけじょう?)ですよね?そしたら、よく透明半球で説明する太陽の通り道も黄道ですか?(そうであった場合、黄道は、冬は低く夏は高く、見かけ上は見える、と説明できるのですか?)地球儀に書いてある黄道の線は赤道と交わって書いてあるのはなぜですか?質問の意味が伝わるか不安ですが、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>黄道というのは簡単に言うと、太陽の通り道(見かけじょう?)ですよね?
そうです。

>よく透 明半球で説明する太陽の通り道も黄道ですか?
ちょっと意味が分かりませんが、一日の太陽の動きを表すやつでしょうか?・・・だとしたら違います。

地球は一年かけて太陽の周りを回っています。この時、地球から太陽を見ると、まるで太陽が天球上を西から東へ一年かけて一周しているように見えます。このときの太陽の移動する道を黄道といいます。つまり、黄道は地球の公転運動(太陽の周りを回っている)を前提に、地球から太陽を見たときの太陽の見掛けの運動を天球上に線で表したものと言えます(変な言い方(^^ゞ)

>地球儀に書いてある黄道の線は赤道と交 わって書いてあるのはなぜですか?
地球の自転軸は公転面(黄道面)に対して約23.4°傾いています。天の赤道は地球の赤道を延長したものなので、黄道と赤道は約23.4°の角度で交わることになります。

ちなみに、黄道と赤道の交わる点(交点)で、太陽が南側から北側に移るとき通過する交点を春分点、その反対側を秋分点、さらに春分点から太陽の進行方向に90°離れた点を夏至点、270度離れた点を冬至点といいます。また、それぞれの点を通過する現象を春分、秋分、夏至、冬至といいます。

ふう。こんな説明でよろしいでしょうか?ちょっと読み返してみても分かりにくい説明ですが、分かりにくいところはまた補足質問してみてください。

>黄道というのは簡単に言うと、太陽の通り道(見かけじょう?)ですよね?
そうです。

>よく透 明半球で説明する太陽の通り道も黄道ですか?
ちょっと意味が分かりませんが、一日の太陽の動きを表すやつでしょうか?・・・だとしたら違います。

地球は一年かけて太陽の周りを回っています。この時、地球から太陽を見ると、まるで太陽が天球上を西から東へ一年かけて一周しているように見えます。このときの太陽の移動する道を黄道といいます。つまり、黄道は地球の公転運動(太陽の周りを回っている)を前...続きを読む

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Q英語の発音問題を解く時のコツ(中3です

現在中三の女子です。いつもテストの発音問題のとこで間違えてしまいます;発音記号なんて覚えれません;;;(ややこしすぎて
特に苦手なのは、“Aの下線部と同じ発音をするものを次から選びなさい。”のような問題です。(A=単語)
このような問題を解く時のコツを教えてください。

Aベストアンサー

「フォニックスの法則」を知れば凄く楽になるんですが,
実際教えてくれる先生って少ないんですよね…。

ライトハウスなどの大きめの辞書に,
フォニックスについての解説が載ってますし,
http://hereandthere.fc2web.com/eigokosodate_phonics1.html
も参考になります。

Q推定と推量

中学の国文法で推定と推量の意味の違いがわからないです。

教えてください。

Aベストアンサー

推量というのは「だろう」で、推定というのは「らしい」。
根拠のある推量が推定です。
推量だってあてずっぽうというわけではないでしょうが、推定するからには確かな根拠があるのです。
犯人は彼だろう。
犯人は彼らしい。
比較してみるとその差が分かると思います。

Q体細胞分裂と細胞分裂と分裂ってどうちがうの?

テスト勉強をしていて、問題集にやたらと、似通ったいろんな言葉が出てきます。で、なにがちがうの?教えてください。試験は、あさってです!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>体細胞分裂と細胞分裂と分裂

 まず「分裂」ですが、生物関連の文章で出てくるときは「細胞分裂」のことと同じと考えていいでしょう。文章中に「細胞分裂」という言葉が何回も出てくるとき、いちいち「細胞」をつけるとくどく感じるときなど、省略して「分裂」ですます、という感じでしょうか。
例:「○○の細胞分裂を観察して……この分裂において……」

 次に「細胞分裂」、これが一番一般的な言葉で、要するに細胞が分裂することですね。(まんまです)

 細胞分裂に、いくつか種類があり、分裂して分裂前と同じ細胞が二つになるのが「体細胞分裂」です。生物が成長して体が大きくなるのは、体細胞分裂を繰り返して細胞の数が増えるからです。

 体細胞分裂と違う細胞分裂に「減数分裂」があります。これは生殖細胞(卵や精子)ができるときに起きるもので、分裂の結果できる細胞が、分裂前の細胞(母細胞といいます)と違うものができます。

 減数分裂をまだ学習していないのでしたら、教科書の先の方をちょっと見てみるといいですよ。「減数」では、染色体の数が減るとかの説明もあるはずです。(体細胞分裂では染色体の数が減らない)

 テストがんばってください。

>体細胞分裂と細胞分裂と分裂

 まず「分裂」ですが、生物関連の文章で出てくるときは「細胞分裂」のことと同じと考えていいでしょう。文章中に「細胞分裂」という言葉が何回も出てくるとき、いちいち「細胞」をつけるとくどく感じるときなど、省略して「分裂」ですます、という感じでしょうか。
例:「○○の細胞分裂を観察して……この分裂において……」

 次に「細胞分裂」、これが一番一般的な言葉で、要するに細胞が分裂することですね。(まんまです)

 細胞分裂に、いくつか種類があり、分裂して分...続きを読む

Q深発地震面で起きる地震と、浅いところで起きる地震

こんにちは、学校の宿題でどうしても調べてもわからなかったことがあるので教えて下さい。

問題ですが
日本列島ではプレートの沈み込みに伴う深発地震面(和達・ベニオフ面)での地震のほかに、浅い場所でも地震がよく発生する。浅い地震と深発地震面での地震の違いについて、規模の違いやそれぞれのしくみから説明しなさい  という問題です。

日本では、太平洋側から日本海側にかけて、震源の分布がどんどん深くなっている。それは、深発地震面が大陸プレートの下へ沈み込んだ海洋プレート沿いにあるからだ。また、震源は深発地震面上にある。起こる頻度は少なく規模は小さいことが多い。 
ここまでは自分で調べわかりました。

質問ですが
1、浅いところではどういった理由で地震が起こるのでしょうか?
2、浅いところでの地震の規模は地表からの距離が近いから、大きいということであってますか?
3、いわゆる「海溝型地震」というのは、深発地震面で起こる地震ですが、規模が大きいというのと矛盾していますよね?例外ってことでしょうか。
4、スラブ内地震も深発地震面で起こる地震ですよね?

わかるものだけでいいです。自分なりに調べたのですが、浅いところで起きる地震についての記述がどこにもなく、わかりませんでした。
読みにくい文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

こんにちは、学校の宿題でどうしても調べてもわからなかったことがあるので教えて下さい。

問題ですが
日本列島ではプレートの沈み込みに伴う深発地震面(和達・ベニオフ面)での地震のほかに、浅い場所でも地震がよく発生する。浅い地震と深発地震面での地震の違いについて、規模の違いやそれぞれのしくみから説明しなさい  という問題です。

日本では、太平洋側から日本海側にかけて、震源の分布がどんどん深くなっている。それは、深発地震面が大陸プレートの下へ沈み込んだ海洋プレート沿いにあるか...続きを読む

Aベストアンサー

多少専門に近いことを勉強している者です。
早速私の理解の範疇でご回答します。
1.浅い所でも、プレートどうしの押す力(プレートが沈み込む場所ではたらく)またはプレートどうしが引っ張る力(沈み込むプレートが遠くのプレートを引っ張ることで生じる)によって、岩盤に力がかかっています。その力によって岩盤にひずみが蓄積し、限界に達すると岩石が破壊されて地震が起こります。
ちなみに日本においては、プレートどうしの押す力によって地震が起こります。このタイプの地震は逆断層型になります。6月14日に岩手県で起こった地震も、中国四川省で起こった地震もこのタイプの地震です。
結局深い所で起こる地震も、浅い所で起こる地震もプレートが動いているためにかかってくる力によるものですが、何が違うかというと、深い所で起こる地震はプレートの沈み込む力を直に受けて生じる。浅い所(日本の内陸)で起こる地震はプレートの沈み込む力によって生じた大陸を押す力が、間接的に内陸の地下の岩盤を押し続けることによって生じる。 というようなコトだと思います。
2.「地震の規模」というのは地震そのものの大きさのことです。この場合地震の規模はマグニチュードで表しますね。しかしおそらくpoooioooqさんがココで言っている地震の規模は、観測点(地表で地震を感じた場所)における地震の大きさのことを指しているように思います。それは「震度」の定義に近いと思います。地震の規模は深さがどんなに違おうが、震源からどれだけ遠かろうが、変わりません。しかし震度は震源から遠いほど小さくなり、震源が深いほど小さくなるのが一般的です。例えばマグニチュード7の地震が起こり、その震源の深さが10kmであれば、地表に近いためそのゆれも大きくなります。大体震度6~7程度でしょうか。一方同じマグニチュード7の地震が深さ100kmのところで起こっても、地表から遠いため、あまりゆれが伝わってきません。震度はどれくらいになるか分かりませんが、少なくとも震度6ほどのゆれは起こらないはずです。
つまり、浅い所で起こる地震の規模(マグニチュード)は一概に大きいとは言えません。ただ、規模は小さくても地表に近いために大きい揺れが生じるという事がいえるのです。震源の浅いところで起こったマグニチュード5の地震と、震源の深い所で起こったマグニチュード7の地震では、浅い所で起こった地震のほうが大きな被害をもたらす。という事も充分にありえるというわけです。
もう少し加えますと、むしろ浅いところで起こる地震の規模よりも深い所で起こる地震の規模のほうが大きい場合が多いです。浅い所ではなかなかマグニチュード8クラスの地震は起こりませんが、深い所ではそれなりに起こっています。というわけで↓、
3.の「海溝型地震」の規模が大きいのは、深発地震の規模も大きいので、矛盾していません。
4.深発地震面で起こる地震はプレートの境界部分で起こる地震ですが、スラブ内地震はプレートの内部で起こる地震です。
詳しくは下のURLを参考にしてください。

長々と書きましたが、分かりましたかね?
説明が下手ですみませんが、少しでも力になれれば幸いです。

ちなみにpoooioooqさんは中学生ですか?高校生ですか?
中学生でこのレベルの授業をしているとしたらとても感心です。
嬉しい事です。
高校生でも、宿題にまじめに取り組む姿勢が素晴らしいと思います。
頑張って下さいね。

参考URL:http://www.hinet.bosai.go.jp/about_earthquake/sec5.2.htm

多少専門に近いことを勉強している者です。
早速私の理解の範疇でご回答します。
1.浅い所でも、プレートどうしの押す力(プレートが沈み込む場所ではたらく)またはプレートどうしが引っ張る力(沈み込むプレートが遠くのプレートを引っ張ることで生じる)によって、岩盤に力がかかっています。その力によって岩盤にひずみが蓄積し、限界に達すると岩石が破壊されて地震が起こります。
ちなみに日本においては、プレートどうしの押す力によって地震が起こります。このタイプの地震は逆断層型になります。6...続きを読む

Q力学的エネルギーの保存でレールから出た後は

中学3年生の力学的エネルギーのところの問題なのですが、

Q、図のような摩擦のないなめらかな面を運動する金属球について、次の問に答えない。
ただし、空気の抵抗は考えないものとする。

という問題の枝問題で、
・D点を飛び出した金属球は、この後どのような軌道を描いて進むと考えられるか。
図のア~ウから選びなさい。


解答は「ア」。
解説では
金属球は飛び出した後も運動エネルギーを持っているので、金属球が持っている位置エネルギーはA点での位置エネルギーより小さくなり、A点の高さまで上がらない。

となっていました。力学的エネルギーの保存の法則というのでA点まであがると思っていたのですが、どうやら違うようです。
息子の勉強に付き合って、うまくこなせていたのですがこの問題の説明ができません。
中学生レベルで解説できる方の援助をお願い致します。

Aベストアンサー

難しいことは抜きにして簡単な言葉で。

運動を始めた球は縦方向だけではなく、横方向にも移動エネルギー(解説で言う「運動エネルギー」)が使われているので、高さ(解説で言う「位置エネルギー」)は元の位置よりも少し低くなります。縦方向と横方向の2つのエネルギーを合わせて同一エネルギーになるのがエネルギー保存の法則です。

レールの射出口がが真上方向を向いていれば、同じ高さまで上がります。
解説にある「運動エネルギー」は横方向の移動エネルギーを表したものでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング