プリンターを買おうと思い、私なりに色々調べたんですが、実際にお使いになられている方、教えて下さい。
プリンターのカラーインクは「一体型タンク」と「独立タンク」どちらが実用的なのでしょうか?教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

◆Naka◆


では、私は「一体型支持」の意見をば…
例えば、エプ●ン対キヤ●ンなどを考えていらっしゃるわけですね。
両方とも使ったことがありますが、実は「一体型」の方が経済的だったりします。
例えば6色タンクが独立ですと、1000円×6で全部で6000円ですが、一体型6色タンクが1500円とか1800円だったりするわけです。もちろんインク容量等の問題もあって、単純には比較できませんが…

そうすると、少々ムダ(使い切らずに捨ててしまうことになるインク)があっても、結局安上がりになるんです。
もう一つ、インクって必ず予備を買っておくものですよね?? でも独立インクタンクだと、何色もの予備を買っておかなくてはいけないのが面倒だし、出費も結構痛いです。 (^^;)
というわけで、私は「一体型」の方が好きです。

でも、みなさんのおっしゃることも道理です。
特に景色ばかり印刷される人はシアン系の色が、人物ばかり印刷される人はマゼンタ系の色が早めになくなる傾向があります。(もちろんモノによりけりですが)
ですから、偏った印刷をする人は、独立タンクの方をオススメしたいと思います。
写真、イラストからビジネス文書まで、いろいろなモノを印刷される人は、「一体型」の方が多分出費は抑えられると思います。
ただ、少しでも「ムダが出る」のを嫌がる(環境問題等)方は、一体型はやめましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそうそうなんです!エプソン対キャノン。流石Nakaさん!いつもお世話になっております。(前回も回答して頂いたので)経済的な面でリアルなお値段の事を教えて下さったのはNakaさんだけだったので大変参考になりました。
今のところ文書等を主に印刷したいのですが、いずれは
写真印刷もしたいので、一体型の方がいいのかな~
と思いました。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/16 17:25

その他(AV機器)でのご質問ですが、パソコン用のインクジェットプリンターという前提で答えれば良いのでしょうか?(私はAV機器としてのビデオプリンターは昇華型しか見た事も使った事も無いので……)



この際なのでエプソンとキャノンという事で書きます。

エプソンのカラリオはロール紙が使えたり縁なしプリントが出来たり耐久性の高いインクであったり、そもそも「写真画質」の元祖です。
つまり、カラリオシリーズはほとんど写真に特化しているのではないかと思います。(写真はきれいだが文字印刷はキャノンに負けるというのは定説になっているようですし…)
ビジネス文章のカラー印刷などと違い、カラー写真印刷は年賀状の印刷のように同じ写真を大量印刷するような場面でなければ一体型タンクでもほぼ均一にインクは減っていきます。

となると、写真以外の物を沢山印刷したい人は文字がシャープでしかも用途的にインクが均一に減らないのですからキャノンのワンダーBJが向いている事になります。
私が思うワンダーBJのもう一つの特徴は、インクヘッドも消耗品と考えている事です。
カラリオはインクヘッドが詰まってしまうとユーザー自身ではどうにもならなくなってしまいますが、ワンダーBJのインクヘッドはユーザーが簡単に交換可能です。(ちなみに私的印象ですが、カラリオは機械自体使い捨てるように設計してあるように見えます。)
5ヶ月放置したらインクが出なくなった方がおられますが、取説などにも記載されていたと思うのですが、放置して良いのは3ヶ月までのはずです。


「一体型タンク」と「独立タンク」という題目から離れましたが、特定の商品毎の特徴を差し置いてそれだけを論ずるのは意味が無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キャノンとエプソン、それぞれのいい所・苦手なところを教えて下さってありがとうございます。
そうですね。それぞれ商品の特徴があるし、人それぞれの印刷量や印刷の種類にもよりますよね。初心者が大変失礼致しました。有難うございました。

お礼日時:2000/12/16 17:33

私が思うに、、、



 どっちもどっちだと思います。
どのくらい印刷されますでしょうか?

 カラー印刷が多いのであれば独立タンクの方が
たしかに経済的でしょう。なくなった色だけを
交換するわけですから。

 しかし、そんなにカラー印刷をしないのであれば、
独立タンクの方が、インクの減りが遅く、(各色のインク要領が多いので)ヘッド(紙とインクの接点)が乾燥して(?)ダメになります。乾燥が直接の原因ではないかも知れないけど、5ヶ月くらい印刷をしなかったら、うまく印刷がされませんでした。(僕がそうでした)

 あんまり、たいした回答にはなっていませんが、そんなにカラー印刷をされることがないのであれば、一体型タンクの方がスペアを買うときなど、なにかと便利だと思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jidaidreamさん有難うございました!独立タンクと一体型の両方の利点が分かったような気がします。全然たいした回答なんかでは無いですよ~。大変助かりました。有難うございました。

お礼日時:2000/12/16 17:15

私は一体型のインクカートリッジを使用したことがないので一体型のメリットは解らないのですが、個人的にはどう考えても一体型にはメリットを感じません。

もし一体型のほうが画質的に優れていると言うのであれば、これはどうにも反論のしようがありません。

ちなみに独立タンクで4色タイプと6色タイプがありますが、もし、デジカメなどの写真画像を印刷するのであれば絶対6色タイプのほうがいいです。←これは経験上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Youyouさんのご意見教えてくださって有難うございます。
独立タンクと一体型タンクにばっかりこだわっていたので
4色タイプと6色タイプがあるなんて存じませんでした。実際に買う際に是非参考にしたいと思います。本当に有難うございました。

お礼日時:2000/12/16 17:09

 インクジェットプリンタのことですね。



 最近のカラープリンタは 黒 と シアン マゼンダ イエロー の 4色(6色のもあります)をかけあわせて印刷しています。

 さて「一体型タンク」は上記の4色 あるいは 黒以外のカラー3色が一体となっており、例えばシアンのインクがなくなったら、他のインクが残っていてもインクを交換しなくてはならず、不経済だといえます。

 一方、「独立タンク」では、シアンインクがなくなっても、シアンインクのみを交換すればよいので、きわめて経済的といえます。

 こういったことや、プリンタの解像度(印刷の細さ)、予算、対応用紙サイズなどを考慮して買われたらいかかでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。どちらのカタログを見ても凄く
良い様に書かれていて迷い、実際に使われている方の
ご意見をお聞きしたかったのです。
とても参考になりました。ありがとうがざいました。

お礼日時:2000/12/15 22:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンターのインクについて

先日の私の質問は、EPSON EP774AにLCLM50等のインクが装着されていますが、この機種にLCLM70Lを取り付けることが可能か知りたいのです、また、広告のLCLM50等のインクは適合するのか知りたいのです。
なお、同時に広告に掲載されている、ヒューレットパッカードのインクは、同社のB110aに装着可能かしりたいのです。
また、パソコンのメモリーについてですが、古い機種なのでノーブランドの安いもので動作可能の物を
教えて欲しかったのです。
SONYの VAIO VGC-LA71DBです。
以前にもLENOVOのメモりー増設の時親切に教えていただき大変助かりました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)EPSON EP774AにLCLM70Lを取り付けること→不可能です
2)広告のLCLM50等のインクは適合するのか→どの広告ですか?
3)同時に広告に掲載されている、ヒューレットパッカードのインク→どの広告ですか?
4)古い機種なのでノーブランドの安いもので動作可能の
  →いっぱいありますのでショップで確認して下さい。相性問題があったりもします。

Q安価な超望遠ズームレンズの実用性は?

スリービーチ社製の安価な超望遠ズームレンズ、(SUPER BIG 900E、BIG808ZE等)を使っておられる方に伺います。画質や、明るさ等、実用的かどうか教えてください。又ズームのスムーズさなども。対象は、野鳥および天体の観察および撮影です。

Aベストアンサー

BIG60DAを使用しています。

超々望遠になるので飛んでいる鳥だと視野に入れるだけで大変です。
天体観測では超々望遠であることと暗すぎるので写真を撮るのには向いていません。赤道儀でもあれば別でしょう。スリービーチの超々望遠レンズ並みの天体望遠鏡はありますが望遠鏡の場合は接眼レンズを直接除くのでカメラのファインダーよりは見やすいですね。確か天体望遠鏡の接眼レンズを取り付けられるアダプターもあったはずです。

ピントリング・ズームリングの動きはスムーズですが、人によっては重く感じるでしょう。私は別に気になりません。

Qオリンパス E-620の実用本

最近、オリンパスのデジタル一眼E-620を購入しました。

でも、マニュアルが不親切で、説明が書かれていなかったり(説明になっていなかったり)、
で活用方法の分からない機能があります。

もう少し、実際の活用方法まで説明してくれる市販本があればいいのだけれど、
どなたか御存じの方はいませんか?


ちなみに、分からなかったのは、マクロ機能です。
カメラ上部のモードダイアルにマクロというモードがあり、マニュアルを見ると、
「被写体に近接した撮影をしたいときに使用します」
としか書いてなく、一体、普通のモードとどのような相違点があるのかが分かりません。
マクロレンズを使わなくてもマクロ撮影ができるのか、
マクロレンズを使うときに設定するモードなのか、
効能が分かりません。

Aベストアンサー

マクロモードは、お任せ撮影モードの一種。
つまり、細かな設定はカメラ任せ設定になります。
具体には、絞りは、開放になります。
勿論、マクロレンズでなくても通常のレンズでも最短撮影距離付近で使う事で効果を発揮します。

ただ、基本はカメラ任せですから、記録方法(RAWは不可など)・ISO感度・WB・測光方式など意のままにならない部分があり、基本さえ学べば、卒業したい機能で、お任せモードに頼らない方が、最初は失敗しても上達の早道です。

解説本は、大抵、そこまで具体な事は書いていません。メーカー提供の資料やカタログみたいなものに、プロの作例や解説をちょろっと。高い割には、大して役には立ちません。

Q実際の焦点距離

wikipediaによると
>焦点距離(しょうてんきょり)は、光学系の主点から焦点までの距離である。
とあります。
しかし、レンズ全長が焦点距離よりも短く、フランジバッグを足すと主点の位置がレンズ先端を超えてしまうレンズがあります。
例えば、焦点距離300mmのレンズは撮像素子から30cm先に主点があるはずですが、キヤノンを例にとるとカタログに掲載されている300mmのレンズは全て全長が30cmよりも短く、主点の位置がレンズを超えた先にある事になります。
焦点距離とは実際にはどのような計算に基づいてなされているのでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E7%82%B9

http://www.isoji.jp/documents/niceshot_03_02.html

Aベストアンサー

高校の物理だと思いますが、凹レンズの焦点というのを思い出してください。
凹レンズには光の集まる焦点は実際は無いわけですが、作図してレンズの反対側の光線の延長線上にある「焦点」を焦点と考えて計算できます。

でこの実際は短い「長焦点レンズ」というのは凹レンズをカメラ側に一枚入れた「テレフォト」と言われるタイプで、その凹レンズの働きで主点がレンズより先に来るのです。
http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=4814
http://www.oldlens.com/lens%20kyoushitsu02.html

レンズは収差などを補正するために何枚ものレンズで構成されていますが、テレフォトは一枚の凸レンズの働きの一群と、一枚の凹レンズの働きの一群を組み合わせているということです。(通常のレンズは凸レンズ一枚分)

Qインクジェットプリントの表面保護

額(フレーム)/ラミネート/を除くプリント表面保護の方法をご存知ないですか?
8μmのシールドを試してみましたが、鑑賞用としては不可でした。
液体シールドというものを聞いたことがありますが、詳しい方がおられましたら何卒アドバイスをお願いいたします。

プリントサイズはA4以上です。
また近代インターナショナル扱いのコンドールスプレー(グロスタイプ)を使用された方がおられましたら、ご感想をお聞かせください。

Aベストアンサー

トリパブという定着剤がそこそこいいと聞いてます。

HPによると、トリパブ‘C’がインクジェットプリントには適しているとのこと。
主に耐水目的らしいですが、退色も遅くなるという書き込みをまま見かけます。

http://www.tripub.co.jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報