井上靖の小説「氷壁」がNHKでドラマ化されています。興味があって原作を読んでいますが、登山家の死が登山具のザイルが切れたことによって引き起こされたということになっています。ドラマでは登山具の会社で作られたカラビナが原因のようになっています。私の母が、小説が書かれた当時にはザイルが切れるということが話題となったようなことを言っていましたが、昭和32年当時には、実際まだザイルについての研究が進んでいなかったのでしょうか。また井上靖は登山についてのそのような知識があったのでしょうか。カテゴリがここでいいかわからないのですが・・。

A 回答 (4件)

いわゆるナイロンザイル事件です。


検索エンジンで「ナイロンザイル」を検索してください。

当時麻のザイルからナイロンザイルに変わったころの話しです。製造元および製造元の息のかかった大学教授まで、縦方向の引っ張りには強いナイロンザイルも横方向の鋭角にはたやすく切れることをみとめなかったどころか、事件後の実験データも捏造していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。当時の事件やドラマの設定がわかりとても感激しました。井上靖も偉大な作家だとわかり、他の作品も読みたくなりました!

お礼日時:2006/02/02 21:53

no.2


「山岳」ではなく「岳人」でした。
訂正します。
    • good
    • 0
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。新聞記者を経験した井上靖ならではの作品ということもわかり、この事件を現代にアレンジしたNHKのドラマにも感心しました!良かったです!

お礼日時:2006/02/02 21:56

no.1


補足
ナイロンザイルについて、公開実験が行われ、
公開実験は鋭角90度に対して、2Rの削りをいれ60キログラムのものを落としてナイロンザイルは切れないというものでした。
しかし、2Rの削りをいれなければ、60キログラムのものが1メートルも落下すれば簡単に切断されるのです。
公開実験にうそがあったことは、昭和43,4ごろの雑誌「山と渓谷」「山岳」にでていたように記憶しています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報