男女の失業率を比べると、男性のほうが高く、女性のほうが低いのはどうしてなんですか?理由(原因)が知りたいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

発表される「失業」の定義ですが、「1週間の就労時間が1時間未満の者」なのです。

これでは、大半のパート・アルバイトの方は「就労者」となってしまい、失業していないことになります。

女性のほうが、パート等で「フルタイムでなくても、週1時間以上働いている」方の比率が高いので、男女逆転現象が起こっているのだと思います。
「正社員」で比較すると、この結果はもっと変わるでしょう。

本当に職を求めていながら職につけずフリーターとして働いている人を「失業者」としてカウントすると、日本の失業率は5%ではすまないと思います。

しかし、現実的でない失業率調査ですよね、「週1時間働いたら、それは失業者とみなさない」なんて...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます!
大変気になっていたので助かります。
私はこの問題はリストラが何か関係があるのではと考えていたのですが、そのようにも考えられるんですね。

お礼日時:2002/01/06 12:35

先の回答の方と意図が重複する部分がありますが


不況により企業が人員の削減を行っており、

質問者の疑問は現在の雇用状態の問題点でもありますので
まとめて見ました。

 1) リストラによる削減は、中高年者を対象として始まり若年者へ至っているが中高年労働者は永年勤務した男性が大多数を占めている。

 2) 雇用枠は若年者から始まり、新卒者がその対象となり、中高年者の採用は極めて少ない。

 3)企業全体の採用人員数が減少を続けている

 4)中途採用者は若年者(平均35歳以下)か女性に限定している企業が多い

 総括して、雇用のミスマッチとよばれています。
      企業が望む人材の層(年齢と経験)と、
      職を求める人々の職歴や年齢が合致しないこ
      とも大きな原因と言われています。
    • good
    • 0

皆さんが回答しているとおり、専業主婦の割合が高いのが最大の理由かと思います。


あと、妊婦(子育て中)も対象からはずれるようです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=126985, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん。女性の社会進出が進んでいるとはいってもやはりまだ専業主婦の割合は高いのですね。子育てをしている人は失業者ではないんですね。それを考えると男性の方が失業率が高い事が納得できるような気がします。

お礼日時:2002/01/06 12:55

失業率の定義として.職安に登録した人を失業者としているためでしょう。


だから.近所のように職安を使用しないで求人活動をしている人は失業者になりません。
海外と比較すると.見かけ上失業者が低くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えぇ!職安に登録している人のみを失業者とみなしているんですか?
それは知りませんでした。回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/01/06 12:49

こんばんは!



先日ニュースで聞いたのですが…。
正社員の雇用は減っていますが、パート・派遣社員等の有期雇用は増えているようですね。
有期雇用は、男性より女性の方が条件的に就業しやすいように思うので、
男性より完全失業状態の人数が少ないのではないでしょうか。
先の回答者の方が仰る理由の他に、そういう側面もあるんじゃないかな?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
上記の条件についてもう少し詳しく知りたいのでできれば誰か教えてください。

お礼日時:2002/01/06 12:46

こんにちは。


 私も、ハローワークに求職者として登録しているのが、男性の割合が多いだけだと思います。男性はほぼ必ず失業すれば登録すると思いますが、女性の場合、主婦になったり、家事手伝いをしたりと、登録しないケースが男性に比して多いように思います。
 以上の理由で、統計の数字上は男性の失業率が高くなっているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。女性の場合は主婦などになって働かない場合があるけど、
男性の場合はそうはいきませんもんね。

お礼日時:2002/01/06 12:41

主婦が多くても主夫がすくないからではないかと。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアジア各国のGDPやジニ係数、失業率の推移を調べているのですが

1990年以降のアジア各国のGDPやジニ係数、失業率の推移を調べているのですが、データがなかなか見つかりません。
データの乗っているサイトなどがありましたら教えていただきたいのですがよろしくおねがいします

Aベストアンサー

ジニ計数は時系列的に集まるかわかりませんが、他の数値は簡単に集まります。
下のURLを片っ端から見てください。

アジア経済研究所はアジアの情報を集めるなら絶対押さえておくべき機関です。
http://d-arch.ide.go.jp/asiadb/

英語では、CIAのワールドファクトブックが定番です。以下は、ジニ計数のページ。
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/fields/2172.html

あとは、wikipediaの解説です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gini_coefficient

ただし、時系列じゃないので、後は自分で探して下さい。
世界銀行のページに、何かあるかもしれません。

Q日本が他の先進国に比べて強盗発生率が低い理由とは?

何故でしょうか。
銃規制がされているという点は大きいと思います。

Aベストアンサー

強盗に限らず、犯罪全般に関して言えることです。両親の教育がそうさせるのです。学校教育ではそのような効果が期待できないのは先進諸国がこれを証明しています。学校でいくら倫理教育を徹底させても両親にそれが欠けていれば全く効果がなりのです。

 では何故両親が高い倫理観を持つようになったかということになるのですが、日本は島国で戦乱の世が殆どなかったためだと考えられます。戦国時代にさえ外国人宣教師が日本の治安がバツグンにいいと故国へ書き送っています。女性が日が暮れてからも平気で独り歩きするのを驚愕の目で見ていたのですよ。

Q1975年に日本は初めて赤字国債を発行した。その当時の失業率は100万人だったそうです。最近

1975年に日本は初めて赤字国債を発行した。

その当時の失業率は100万人だったそうです。

最近の大不況であるリーマンショックのときに仕事が無くてニートという言葉が生まれましたが、リーマンショックのときに日本の失業率はどれくらいだったのでしょうか?

就職氷河期の失業率の推移も知りたいです。教えてください。

Aベストアンサー

失業率は「率」ですから、「人」ではなく「%」で表します。
ニートということばは1999年にイギリスで生まれました。
日本で広まったのは2004年頃と言われています。

詳しい失業率の統計はこちらにあります。
リーマンショックの年(2008年)ではなく、その翌年を見るべきだとは思いますが。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/rireki/gaiyou.htm

ちなみに平成27年(2015年)11月分はこちら。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/

Q熊本県で水道普及率が低いのはどうして?

熊本県で水道普及率が低いのはどうして?
平成20年度 給水人口と水道普及率
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/database/kihon/fukyu.html

熊本県はダントツに低く、普及率85%しかありません。
どうしてでしょうか?
水が豊富なので水道の必要がないのでしょうか。
井戸水とか山水を使っているのでしょうか。

Aベストアンサー

阿蘇山系を水脈とする衛生的に全く問題のない地下水を利用している世帯が
数多くいらっしゃるからです。


まったく水道事業を行っていない自治体さえあります。


http://www.pref.kumamoto.jp/invited/opinion/seisaku_hyoka2/h15/links/15/15-061-01.pdf

参考URL:http://www.pref.kumamoto.jp/invited/opinion/seisaku_hyoka2/h15/links/15/15-061-01.pdf

Q失業率低下の背景

2002年をピークに完全失業率は年々低下しています。これは小泉首相の構造改革が少なからず成功したということでしょうか?
また、なぜ2002年まで失業率上昇に歯止めをかけることができなかったのでしょうか?
失業率の推移に興味を持ちましたが、何ゆえ初心者?のため、理解しがたいです。いろんな要因があるとは思いますが、簡潔に教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>小泉首相の構造改革が少なからず成功したということでしょうか?
成功しておりますね。
No1の指摘している通り
 ニートの問題はありますが。雇用情勢において
 ニートやにフリーターや派遣社員はこの問題は別問題として切り分けた方がいいかもしれません。
  いわゆる格差問題です。
  ※ただ自分は、この格差社会は大賛成の立場です。
   資本主義において格差は当たり前ですからね。

コノ場合は失業率よりも『有効求人倍率』を見た方がいいかもしれません
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20060630/105499/?cd=AdWords
 これは2002年以降良くなっています。
 有効求人倍率の数字上で判断すれば小泉改革は良かったと判断すべきでしょう。

Q海外の公務員が日本と比べ給与が低いのは物価が安いから?

海外の公務員が日本と比べ給与が低いのは物価が安いからといわれたのですが事実ですか? 
アメリカ在住の方に質問です。
食費や教育費や車代や土地や家を立てる費用は日本と比べて安いですか?

Aベストアンサー

 ネット上でアメリカの公務員の俸給表
http://www.opm.gov/oca/05tables/index.asp
http://www.opm.gov/oca/05tables/html/gs.asp
 が見れるのですが、1万6千ドルから11万ドルの合間ということですから、大差なさそうですね。色々聞く感じだと、確かに質問者さんの仰る通りで物価が少し安い分だけ安いような感じもしますが。
 少し前に、日本の一部の市バス運転手の年収が1千万を超えているとかで話題になっていました(最近は相次ぐ給与カットで高給取りは大幅に減っているとの噂)が、アメリカでも公営の通勤鉄道の車掌の給料が10万ドルを超えていたとかでマスコミに叩かれたり、というようなあったと記憶しています。

 生活費については、
家・食費・・・安い
車代・・・ガソリンは税金が安いが、ちょっとした買い物でも結構遠出しなくてはいけないので結構しんどい。中古車は高め。
学費・・・大学が結構高い
 という感じでしょうか。
 あと、保険の有無によってもかわりますが、医療費が無茶苦茶高いです。

 ネット上でアメリカの公務員の俸給表
http://www.opm.gov/oca/05tables/index.asp
http://www.opm.gov/oca/05tables/html/gs.asp
 が見れるのですが、1万6千ドルから11万ドルの合間ということですから、大差なさそうですね。色々聞く感じだと、確かに質問者さんの仰る通りで物価が少し安い分だけ安いような感じもしますが。
 少し前に、日本の一部の市バス運転手の年収が1千万を超えているとかで話題になっていました(最近は相次ぐ給与カットで高給取りは大幅に減っているとの噂)が、アメリカでも公営...続きを読む

Qウズベキスタンの驚異的な失業率

ウズベキスタンの失業率が低いのは何故でしょうか?

 以前日本で失業率が3%を超えそうだってニュースで見たなぁと思い失業率を調べてみました。実は4%台を推移していて、以前見たニュースはどうやら10数年前だったようです。ついでに世界の失業率を見てみると、ウズベキスタン・ベラルーシ・タイの3カ国は1%にも満たないようです。


Wikipedia、ウズベキスタンの項目によると20年を超す独裁政権下、反政府デモの鎮圧では一説に500名の犠牲者を出し、国民の約40%が1日2ドル未満で暮らす貧困層で、一人当たりのGDPは世界平均の20%にも満たないようですが、2011年の世界の失業率ランキング(世界経済のネタ帳)では失業率が0.20%と驚異的な数字です。外務省ホームページの2009年の数字でも1.0%となっていました。

 ベラルーシでも経済危機に陥り外貨準備が底をついた状況らしいのですが、これらの国では何故失業率が低いのでしょうか?

Aベストアンサー

韓国も失業率が低いのですが、統計の取り方にマジックがあります。
韓国の場合、新卒の50%が就職できない状態が続いておりますが、これは一度も業に就いたことがないので「失業」にならないという理屈で、失業統計に可算されません。
過去10数年分の新卒無職者が街にあふれているのに、失業率が低いのです。

ウズベキスタンやベラルーシ、そしてタイは、農業が盛んな国ですから、農家の息子、娘は就職できなくても農業に従事していることにする(=失業ではない)など、お国ごとの政策があるとおもいますので、数字だけで比べてはいけないですね。

Q日本人に比べて外国人は(欧米人やアジア人も)どうしてサングラスをするの

日本人に比べて外国人は(欧米人やアジア人も)どうしてサングラスをするのでしょうか?

なにかやましい事をいつも考えているのでそれを悟られないためにサングラスをかけて
目を隠しているのでしょうか?

Aベストアンサー

碧眼って、色素が薄いので、日本人の黒目よりまぶしいのです。
大リーグの選手で目の下に黒いシールを貼っているの見たことありませんか?
あれはサングラスができないので、頬の反射を防いでいるのです。それだけでも効果があります。

アジア人を指しているのは、タイ人とかフィリピン人とかインド人ですよね?
南国なので、赤道に近く陽射しが強いのです。

地球の傾きは23.4度らしいですが、進化の過程で、肌の色や髪の色や目の色が変わるほどに緯度により光線量が違うのです。
ヨーロッパやカナダ、ニュージランドなどに行ってみれば、陽射しの強さと色の違いがわかりますよ。北海道でもだいぶ違いますけどね。

白人は、陽射しが出るとサングラスをかけ、室内に入るとすぐ外します。

中国人だけは、目線を隠すためにサングラスをする文化があった名残があります。

Q失業率が下がった理由

ここ5年で言うと失業率は2009年に急激に悪化しました。しかし2010年以降明らかな回復傾向が見られます。

一方で就業者数は、2009年にやや大きく減り、2012年まで微減、2013年から微増という動きです。

ピークである1997年の6557万人から200万人落ち込んでいるので、そこを考慮するとほぼ横ばいといってもいい程度の増減ともいえると思います。

日本の人口・就業者・失業率の推移 - 世界経済のネタ帳
http://ecodb.net/country/JP/imf_persons.html


就業者数はほぼ横ばい、むしろ2009-2012年にかけては微減していたのに、失業率は低下し改善している。一方、2013年以降は就業者数は微増しているのに、失業率の改善は2012年までの回復傾向と変わらない。

就業者数は大して増えていないのに、なぜ失業率が低下するのでしょうか。就業者数の変化と失業率の変化が伴っておらず意味がよく分かりません。
この現象の理由を教えてください。

もしかすると、働くことをあきらめた人が増えているので失業率が減っているように見えるだけなのでしょうか?

よろしくお願いします。

ここ5年で言うと失業率は2009年に急激に悪化しました。しかし2010年以降明らかな回復傾向が見られます。

一方で就業者数は、2009年にやや大きく減り、2012年まで微減、2013年から微増という動きです。

ピークである1997年の6557万人から200万人落ち込んでいるので、そこを考慮するとほぼ横ばいといってもいい程度の増減ともいえると思います。

日本の人口・就業者・失業率の推移 - 世界経済のネタ帳
http://ecodb.net/country/JP/imf_persons.html


就業者数はほぼ横ばい、むしろ2009-2012年にかけては微減し...続きを読む

Aベストアンサー

労働人口が減って、分母が小さくなったから、パーセンテージが下がっているだけです。
少子高齢化で労働人口は減る一方です。
就業者増の大部分は、非正規社員です。正規の社員は減っています。
働かなければ喰って行けないから、やむなく派遣ででも働きます。
過重労働低賃金でも、やむを得ず働かされている人達が、統計数値を支えています。

Q若年層失業率

ヨーロッパでも若年層失業率は高いと聞きましたが、これはどういった理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

no.4さん同感です

日本の場合、ニートもそうですが、「専業主婦」や「家事手伝い」という逃げ道もあります。日本ほど、遊んでいる労働人口「専業主婦」の多い国はない、と聞いた事があります。

外国では、終業してない人の比率と出してる事があるので、一見、日本の方が失率が低いように見えても実際は、就業意欲のない人が多いだけなんですよね。

北欧なんかでは、「専業主婦」に会った事がありません。皆働いてますよ、当たり前のように。だから、働きたい人が多いので、失業率もあがってしまうのではないでしょうか?
あとは、子供ができて一時的に仕事を辞めたとして、その間失業者と見なされるから、若い人の方が失業者が多い事になってしまうとか。


人気Q&Aランキング