人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

鳥の雛ははじめて見た動くものを母親と思い込む、というのを聞いたことがある気がするのですが、正しいですか。大急ぎなんです、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 ある種の鳥においては、ということですね。


 動物行動学者のコンラート・ローレンツ(1903-1989)が最初に論文で指摘しました。「刷り込み」または「インプリンティング」といいます。どちらかの語で検索してみてください。
 孵化後、雛が「周囲にある、ある程度の大きさで動き、音声を発する物体」を親と認識すること言います。
 「動くもの・ある程度の大きさがあるもの・音声」がポイントです。

 細かくはすべての鳥において起こる現象ではありません。また、刷り込みが行われる種でも条件は様々あります。
 たとえば孵化したあと、どのぐらいの時期が刷り込みがもっとも高いか?(その時期を過ぎると、雛はそれまで適当なものを見たことがなくても刷り込みが薄かったりします。)
覚え直しがきくか?(最初に違うものを親と思い込んでも、本当の親が現れるなど別の刺激が加わると刷り込みなおしがある種があります。)
親の条件はあるか?(たとえばローレンツは、親が大きすぎると認識できない鳥がいるとも指摘しています。適度な大きさと動きがあっても、ちゃんとその鳥の"言葉"を喋って雛に語りかけないとだめな種があるというのも博士が発見したことです。)
 これらは卵から生まれる鳥の、生態に密接に関係しています。

 簡単にですが、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日締め切りのエッセイに一部エピソードとして入れたいと思います。朝起きたらたくさんの回答があり感激しました。夜遅く回答してくださった皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/31 08:43

はい。

正しいです。
「刷込み」または「刻印づけ」と言います。
多くの動物、特に鳥類においてもっとも顕著に認められる学習の一形態で、生後間もない特定期間内に目にした動物や物体が雛に固定的に認識され、以後それを見ると機械的に反応することです。
母親と思い込むというより無意識的に反応してしまうと言ったほうが正しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変助かりました。

お礼日時:2006/01/31 08:37

インプリンティング(刷り込み,刻印づけ)のことですね。


鳥の中でもカモやツルなど渡りをする鳥に典型的に見られる現象で,
孵化後の早い時期に見た動く大きなものを追尾する行動が
長期にわたって維持されることはたしかです。
ただ「母親と思い込む」という表現は勝手に擬人化して言っているだけで,
本当のところは鳥に聞いてみないとわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。エッセイの中に一つのエピソードとして書きたいと思っています。

お礼日時:2006/01/31 08:34

正しいです!


そのことを「刷込み」と言い、辞書にも載っていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「刷り込み」ですね。聞いたことがあるような気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/31 08:12

正しいです。


「刷り込み」と言います。下記をどうぞ。
http://www3.ocn.ne.jp/~aicc/qa/hina.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。面白い習性ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/31 08:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刷り込み(鳥などが、生まれてからの一定の時期に、初めて見た動くものを親

刷り込み(鳥などが、生まれてからの一定の時期に、初めて見た動くものを親と認識するようになり、それは一生変わらないことが多い)について不思議に思ったのですが・・・・
2点あります。

・複数の雛が巣の中にいる場合、雛が最初に見るのは親ではなく別の雛のはずですよね?? どうしてちゃんと「母鳥が親だ」と認識できるのでしょう??
「相手の大きさや声や匂いで見分けているのだ」という答では不十分だと思います。たしかにそういう種もあるでしょうが、人間を親だと思ってついていく種もあるのですから、一概にそうとは言えません。
・・・それとももしかして、別の雛を親だと思いこんでしまう例があるのでしょうか??

・「初めて見た動くもの」が複数ある場合、それらを同時に親だと思うのでしょうか??いくつまでならそれが可能でしょうか??
哺乳類だと(刷り込みかどうかは分かりませんが)父と母、一緒に暮らしていれば祖父母、などなどを同時に親だと思う事は出来ますよね。
また、それを実証しようとした動物実験はありますか??

どなたか御存知の方がおられましたらお助け下さい。意見でも大歓迎です。
宜しくお願いします。

刷り込み(鳥などが、生まれてからの一定の時期に、初めて見た動くものを親と認識するようになり、それは一生変わらないことが多い)について不思議に思ったのですが・・・・
2点あります。

・複数の雛が巣の中にいる場合、雛が最初に見るのは親ではなく別の雛のはずですよね?? どうしてちゃんと「母鳥が親だ」と認識できるのでしょう??
「相手の大きさや声や匂いで見分けているのだ」という答では不十分だと思います。たしかにそういう種もあるでしょうが、人間を親だと思ってついていく種もあるのですから、一概...続きを読む

Aベストアンサー

鳥の刷り込みは見た瞬間に完成するのではありません。
刷り込みの研究はニワトリで詳しく行われていますが、ヒヨコの運動投資量と刷り込みの強さに正の相関があることが知られています。
つまり、いっぱい走って追いかけるとよく覚える。
また、ひよこの鳴き声に反応する物体をよく覚えることも知られています。
これは社会的なコミュニケーションが重要であることを示しています。
さらに、刷り込みはいったん成立すると変更が聞かないと思われていますが、そういうわけでもありません。
いったん人工的なおもちゃに刷り込まれても、おもちゃとニワトリの剥製の二者択一を何日か繰り返すと、次第に剥製に好みがシフトすることが知られています。
つまり、ヒヨコは生得的に(どの程度かは不明ですが)親の形を知っているのです。

まとめますと、雛ははじめから親に刷り込まれやすくできており、なおかつ親とコミュニケーションを行うことにより、より強力に覚えるようになるのです。
最適な対象(親)がいないときは他のものに刷り込まれます。
養鶏場のヒヨコの孵化場ではヒヨコがお互いに刷り込まれていますよ。

哺乳類の赤ちゃんの刷り込みについてはあまり詳しくありませんが、有名なところでは、神戸の王子動物園のカバ茶目子の話がありますね。
茶目子が赤ちゃんを産んだとき、はじめにそばにいた雄に触れてしまったため茶目子を母親とみなさず、結局死んでしまったそうです。

鳥の刷り込みは見た瞬間に完成するのではありません。
刷り込みの研究はニワトリで詳しく行われていますが、ヒヨコの運動投資量と刷り込みの強さに正の相関があることが知られています。
つまり、いっぱい走って追いかけるとよく覚える。
また、ひよこの鳴き声に反応する物体をよく覚えることも知られています。
これは社会的なコミュニケーションが重要であることを示しています。
さらに、刷り込みはいったん成立すると変更が聞かないと思われていますが、そういうわけでもありません。
いったん人工的なおもち...続きを読む

Q鶏はオスもメスも鳴く?

卵目当てに鶏を飼おうかと思ってるのですが、
「コケコッコー!!!」
と、鳴くのはオスですかメスですか?

Aベストアンサー

子供の頃鶏を飼ってました。メスばかり5羽。
ひよこの頃ダンボールで飼っていて、朝鳴くと嫌だからと箱の上から古いバスタオルをかけていたら、日が落ちると必ずダンボールに入る癖がついて、しかも母が毎晩タオルをかけたもので、朝起きている奴らを見た記憶がありません…。
残飯を沢山与えていたら、立派に育ち、毎朝一つずつ(計5個)卵を産んでくれましたが、多すぎて消費し切れませんでした。
おいしい卵がとれるといいですね。
でも最初の卵には注意してください。うちでは微妙にいつ生まれたのか分からないまま食べて腹をくだしました。

Qうちの鶏(烏骨鶏)が懐きすぎの気がします

鶏(烏骨鶏)ってこんなものでしょうか?

少し生まれた時期の違う二羽かっています。一羽は中雛からかっていますが、手にのり、あとをくっついてあるきます。よく私の手から食べますが、決して痛く突っつかないようにしてます。もしくは、そんなものな考えるわけでもなくそんなもなのなのか。

昨日あまりに暑くてうだって横になったら、烏骨鶏もいっしょにきて飼い主の顔と首のあたりに自分の首を載せて寝ました。糞の落としものが臭くて目が覚めました。
エサや果物や野菜をあげると、ウホー!!ウホー!!と喜びます。

ちなみに、一羽はメス確実なのですが、もう一羽はメスかオスかわかりません。朝に鳴くのですが、(メスのほうはまだ小雛です)だとしたらオスなのでしょうか?

オスのわりには、父性本能があるのですが。。

はじめ小さなほうをいじめてたのですが、その度にしかると、やめるようになり、寒いときなど自分のお腹のなかに入れてました。

小さなほうは、よく大きいオスかメスかわからないほうのくちばしについたものを食べます。
これらはよくあることですか?

また、以上の拙い情報ですが、大きいほうがオスかメスかご意見お願いします。メスでもなくことがあるとすると、体つきは極めてメスらしい気がします。

よろしくお願いします。

鶏(烏骨鶏)ってこんなものでしょうか?

少し生まれた時期の違う二羽かっています。一羽は中雛からかっていますが、手にのり、あとをくっついてあるきます。よく私の手から食べますが、決して痛く突っつかないようにしてます。もしくは、そんなものな考えるわけでもなくそんなもなのなのか。

昨日あまりに暑くてうだって横になったら、烏骨鶏もいっしょにきて飼い主の顔と首のあたりに自分の首を載せて寝ました。糞の落としものが臭くて目が覚めました。
エサや果物や野菜をあげると、ウホー!!ウホー!!と喜び...続きを読む

Aベストアンサー

 子供の頃、お祭りで買ってきた白色レグホンを何羽も(年はちがう)育てましたが、おおむねお書きのように、「親だと思って」慕いました。

 買い始めた時期にもよるでしょうが、おおむね「鳥」は始めて見たものを親だと思ってついて歩きます。刷り込みというヤツですね。

 白色レグホンは、「三歩歩くと叱られたことを忘れる」と言われるほどバカな鳥らしいのですが、すっかり大人になって巨大になっても、呼ぶと来ました。

 がーっと走ってきて、私の足の小指にかぶりと噛みついていました。

 噛みつくだけで(歯はない)、クチバシで突かなかったので傷がついたことはなかったので、おもしろがってやっていましたが、どうも虫だ(私が虫を見つけて呼んだ)と思うらしいですね。

 ヒナの時から、餌の支度ができると呼んでいましたので。

 さて本題。

 朝鳴くなら、雄でしょう。

 雄がいないと、雌も時を告げる場合があるそうですが、どちらかというなら、雄の可能性が高いです、やっぱり。

 鶏冠の具合はどうなんですかねぇ。

 チャボを何つがいか飼ったこともありますが、みんな雌がヒナを暖め雄がヒナを暖めるのは見た記憶がありません。

 でも、雄に、(雌やヒナに見えないようにして)米や虫、西瓜などを与えると大声で鳴いて雌をよび、雌はヒナと一緒に走ってきて、ヒナが米や虫や西瓜をついばみ、雄と雌は黙ってそれを見ていました(何度も実験した)ので、雄にヒナに対する愛情がないわけではないと思うのですけどね。

 (雌が食べないのはヒナが小さいときのみ。雄はヒナが居てもいなくても雌が食べている間食べない)

 ですから、ヒナを暖めるおとなの雌がいないなら、雄が暖めても不思議はないんじゃないかな。

 ヒナが親のクチバシをつつくのは、餌が欲しい時に、吐きもどしてもらうときによくやりますよね。鶏類だと吐き戻してもらう必要はないでしょうが、その名残かなぁ、親が食べているものは安全ですから。

 あるいは「あそぼ」のサインか。どっちにしても、大きいほうの雌雄判定の役にはたちません。
 
 結論(どこが)、やはり「雄」説に一票。
 

 子供の頃、お祭りで買ってきた白色レグホンを何羽も(年はちがう)育てましたが、おおむねお書きのように、「親だと思って」慕いました。

 買い始めた時期にもよるでしょうが、おおむね「鳥」は始めて見たものを親だと思ってついて歩きます。刷り込みというヤツですね。

 白色レグホンは、「三歩歩くと叱られたことを忘れる」と言われるほどバカな鳥らしいのですが、すっかり大人になって巨大になっても、呼ぶと来ました。

 がーっと走ってきて、私の足の小指にかぶりと噛みついていました。

 噛みつく...続きを読む

Q抱きしめたときに勃起したあそこが当たったら

自分には、今、付き合って3ヶ月になる彼女がいます。
まだ、肉体関係はありません。
よく、キスはよくするのですが、そのとき
あそこは思いっきり勃起しています。
キスしているとき、彼女がかわいくてかわいくて、
ぎゅっと抱きしめたくなるのですが、
もしそうすると、勃起したあそこが彼女のおなかに
あたりそうなので、抱きしめられずにいます。
女の子は、まだえっちしていない彼氏に
抱きしめられたときに、勃起したあそこがあたるのは
嫌ですか?
抱きしめるときは、勃起していることがバレないように、
ちょっと腰をひいてだきしめるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

gaugau-hoさんの彼女の立場と全く同じ経験を過去にしましたよ~。
まだエッチしてない時で、キスのときに・・・という。
その時の気持ちは、なんかうれしくて、なんかちょっとはずかしいって感じでした。
(へんな話ですが)あとでその感覚を思い出しちゃったりしましたけど・・・
でも決してイヤな気分はしなかったですよ★
むしろ嬉しい、そして、そんな彼がなんかかわいいって感じです。
安心して、ぎゅーーって抱きしめてあげてください!
ちなみに私はそのことについて、口に出して触れてほしくはないです。なんか私もはずかしいから。

Q鶏にたべさせてはいけないもの

さきほどの質問失礼しました

調べていたら、ニンニクをたべさせたらいいとか、唐辛子がいいとかいろいろ書いていますが、ここ烏骨鶏を買ったファームでも、残飯や麺類などなんでも食べさせてください食べてはダメはものは特にありません、など聞いたのですが、別の立場では、

ニンニク
玉ねぎ
ネギ
チョコレート

などは絶対食べさせてはいけないとの記述が、、

買った時の言葉を鵜呑みにして、ネギを与えてしまったことがあります。

今の烏骨鶏が具合がわるいのがそのせいなら、悔やまれますが、、

もしネギを食べてしまった場合、それで具合が悪くなった場合はなにかできることはあるのでしょうか?

また、

上の食べてはいけないものの説は正しいのか、また、他に絶対鳥に食べさせてはいけないものあれば教えてください。

Aベストアンサー

質問者さまのもう一つのご質問にも 回答しております。

セキセイインコのサイトで恐縮なのですが、食べて良いもの・良くないものに詳しいサイトですので、ご覧下さい。基本的に、鳥一般の話と考えていいかと思います (「悩ましいものは与えない」 が無難に思います)。

インコに与えて良い・大丈夫な食べ物 (BudgeriGarden ~セキセイインコの庭~)
http://budgerigarden.web.fc2.com/good_f.html

インコに与えてはいけない・良くない食べ物 (BudgeriGarden ~セキセイインコの庭~)
http://budgerigarden.web.fc2.com/bad_f.html

>ニンニク
>玉ねぎ
>ネギ
> チョコレート

上記引用サイトにもありますが、「上の食べてはいけないものの説」 は正しいと思います。また、「唐辛子がいい」 も正しいです。唐辛子は栄養価が高く、また、鳥は 辛味成分であるカプサイシンの味 (厳密には 痛み) を感じない (カプサイシンの受容体が無いことによる) ため、ニワトリには理想的です。養鶏家の方で、実際に与えているという話も よくあります。^ ^

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

どうかお大事になさってください。

質問者さまのもう一つのご質問にも 回答しております。

セキセイインコのサイトで恐縮なのですが、食べて良いもの・良くないものに詳しいサイトですので、ご覧下さい。基本的に、鳥一般の話と考えていいかと思います (「悩ましいものは与えない」 が無難に思います)。

インコに与えて良い・大丈夫な食べ物 (BudgeriGarden ~セキセイインコの庭~)
http://budgerigarden.web.fc2.com/good_f.html

インコに与えてはいけない・良くない食べ物 (BudgeriGarden ~セキセイインコの庭~)
http://budgerigarden...続きを読む

Q手術や入院での医師や看護婦への謝礼について教えてください

総合病院の壁には、「患者さんや家族からの付け届けは受け取りません」と書いてありますが、どこにも本音と建前がありますよね。質問検索では、弁護士さんへの謝礼という項目は読ませていただき、医療現場も難問と話題になっていましたが、その医療現場でのやりとりについては分からなかったので、どなたかご回答をお願いします。
子どもが3年ほど前に総合病院の小児科に入院した時は「ああ、やっぱり持っていって良かった」と感じました。近所のかかりつけの個人医院では当たり前のように受け取ってくれます。この秋別の総合病院に高校生の子どもがお世話になり2回の手術と2回の入院をしました。まだ同じ科に長期の休みに入院と手術でお世話になることになっています。退院時に「お菓子を皆さんで食べてください」と持っていったのですが「婦長にしかられるから」と受けつけてくれませんでした。差し入れですと無理やり置いてきましたが、実の所、どうなんでしょうか?担当医(2人もいる!)にはまだ何も渡してないのですが、今後も手術を受けることになっているので、やはり何かしたほうがいいのではないかと思っています。難しい症例なのに受診途中から担当医が替わり、かえって若い医師になりました。上下関係が厳しく難問は若い医師に押し付ける例もあると聞きますと、尚更何か形に表したほうがいいのでは?と悩んでしまいます。地域や病院や科によっても違うとは思いますが、
色々な方のご意見を伺えたらと思っております。お願いいたします。

総合病院の壁には、「患者さんや家族からの付け届けは受け取りません」と書いてありますが、どこにも本音と建前がありますよね。質問検索では、弁護士さんへの謝礼という項目は読ませていただき、医療現場も難問と話題になっていましたが、その医療現場でのやりとりについては分からなかったので、どなたかご回答をお願いします。
子どもが3年ほど前に総合病院の小児科に入院した時は「ああ、やっぱり持っていって良かった」と感じました。近所のかかりつけの個人医院では当たり前のように受け取ってくれます。...続きを読む

Aベストアンサー

私は以前、読売新聞の「医療ルネサンス」というコーナーで、このような病院・医師・看護婦に対する患者側の個人的な謝礼品・謝礼金の授受問題を扱ったのを読みました。
内容は、mariefmqさんのようにご家族に患者をかかえる人が経験として謝礼の品物・金額を渡した経緯・感想、受け取った経験のある医師・ない医師の意見、病院側の見解等、多数掲載されていました。
共通するのは患者またはその家族側で色々と想像してしまい、何か謝礼をしなければ診察に影響するという不安感です。
でもコメントを読む限りでは、医師側で診察の差別をするつもりはなくとも、患者側からほとんど強引に「どうぞ」と渡され、普段からきちんとした意見のない人は受け取るし、ある人は受け取らないように思えました。
またmariefmqさんも経験のあるように、病院側できちんと方針があれば断られる場合もあります。

医師だって人の子ですから、お礼だと言われて持たされれば受け取ってしまうこともあるでしょう。またそれだけの医療をほどこしたと思い、医師としての技術に自信も持ってその見返りを要求する人だっているかもしれません。でもそのようにしてしまうのは患者にも責任があるんです。辛い病気を治してくれた医師や看護婦に感謝の念を持つのはとても素晴らしいことですし、そのお礼をしたいと思うのも当然でしょう。でもそれだって限度というものがあると思います。あまりにも最近の風潮ではお礼をしなければ歴然とした患者の差別化があるように「思わされ」ています。

私は今のままでは医師としての立場に慢心してると思うし、勘違いをしていると思います。患者側だって当然の権利である医療に安心して受診できないのを「しょうがない」として謝礼をするのもおかしいと思います。
mariefmqさんも、通常の医療費を支払う以外にお礼をしなければいけない病院・医師を冷静に第三者の目で見てみて下さい。このような人達を信用できるでしょうか。医師にとっては医療とは仕事です。その仕事を何かの見返りがなければ出来ないし、しないというのはおかしいとは思いませんか?

私は以前、読売新聞の「医療ルネサンス」というコーナーで、このような病院・医師・看護婦に対する患者側の個人的な謝礼品・謝礼金の授受問題を扱ったのを読みました。
内容は、mariefmqさんのようにご家族に患者をかかえる人が経験として謝礼の品物・金額を渡した経緯・感想、受け取った経験のある医師・ない医師の意見、病院側の見解等、多数掲載されていました。
共通するのは患者またはその家族側で色々と想像してしまい、何か謝礼をしなければ診察に影響するという不安感です。
でもコメントを読む限りで...続きを読む

Q1トンは何リットルでしょう。

恥ずかしい話ですが、単位をすっかり忘れてしまいました。1トンは何リットルでしょうか。
こういう単位の細かなことをまとめてあるサイトがあれば教えてください。
小2の子供に聞かれて悩んでます。

Aベストアンサー

こんばんは。

少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。

「トン」は「質量」の単位です。先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。
かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて
いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。

小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、
回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため)
わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、
やはり、ここは、一言念を押しておいた方が良いと思い、投稿しました。

水なら、1トンの水は1000リットルの体積を示します。
(温度・圧力の条件でわずかに変化しますが)

質量1トンの水は、
地球上なら「1トンの重さ」( =1トン重?・1tw ? )を示しますが、
月とか、宇宙船の中とか、場所が変化すればその重さは大きく変化します。
でも、水そのものがどれだけあるか、という「質量」は変化しません。
体積も、圧力とか温度とかで多少は変化するのでしょうが、
まあ、常識的な温度・圧力のもとでは、
月だろうが宇宙船の中だろうが、だいたい1000リットルです。

では。

こんばんは。

少々気になったので、一つだけアドバイスさせて頂きます。

「トン」は「質量」の単位です。先ほど岩波の理化学辞典でも確認しました。
かなり多くの回答者の皆さまが、「重さ」あるいは「重量」と答えて
いらっしゃいますが、これは本当は間違っています。

小学校2年生のお子さまに教えるのに、「質量」は少し難しい概念ですので、
回答者の皆さまの中には、そのあたりの事情から、(わかりやすさのため)
わざと混同した回答を寄せている方もいらっしゃるかも知れませんが、
やはり...続きを読む

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q軟骨にピアスをあけようと思っているんですが、どのくらい痛いですか?

今度、軟骨にピアスをあけようと思っています。

ですが、最近あけた友達が痛くて頭がガンガンする…とか、以前あけたことのある子は、完治するまで2年くらいかかったし、1年くらいは痛かった…など言っているので、そんなに痛いものかと。少し不安に思い出した次第です。

経験のある方、素直な意見をお聞かせ頂けると嬉しいです!

Aベストアンサー

私は3月に開けました。

私が開けてもらった病院では耳たぶに開けるより痛いです、と言われました。痛さは人それぞれだと思いますけど、私は耳たぶに開けるのと同じくらいでしたねー。

そうでなくて、開けた後にどれくらいの期間痛みはあるかということでしたら(^_^;)、私はつい最近痛みがなくなりましたよ。だから7ヶ月くらいかかったことになりますね。それまでにファーストピアスを外さなければならなかった時期もあったりして、大変なことになっていたりもしたんですが、最近になってやっと落ち着いてきました。

軟骨は体のどこに開けたホールよりもホールが完成するのが遅いらしいので、お友達が2年かかったとおっしゃるのも、私がやっと落ち着いてきたのも当然かなぁと思います。私もまだまだだと思うので、太目のボディピアスを入れっぱなしにしています。

やっと痛みが取れたな…って思ってもピアスを替えるときに失敗するとしこりがすぐにできますし、ちょっと扱いが難しい部位ではあるなぁ…と思っています。ピアスのつけ方も難しかったり(私だけ?)しますし。

あと、気をつけないといけないことを一つだけ。開けてからの話になりますが、軟骨は耳たぶよりもくっつきやすいみたいです。知り合いが軟骨に開けたピアスを放っておいたら、軟骨とくっついてしまって取れなくなりました(+_+)。結局病院で引っ張って取ってもらったようですが、そういうこともあるので開けたら耳たぶに開いたもの以上にくるくる回してあげてくださいね。

私は3月に開けました。

私が開けてもらった病院では耳たぶに開けるより痛いです、と言われました。痛さは人それぞれだと思いますけど、私は耳たぶに開けるのと同じくらいでしたねー。

そうでなくて、開けた後にどれくらいの期間痛みはあるかということでしたら(^_^;)、私はつい最近痛みがなくなりましたよ。だから7ヶ月くらいかかったことになりますね。それまでにファーストピアスを外さなければならなかった時期もあったりして、大変なことになっていたりもしたんですが、最近になってやっと落ち着いてき...続きを読む


人気Q&Aランキング