江戸期の子育てを植物の育て方に例えるとどのようになりますか?

A 回答 (1件)

一言でいえば「あさがおに釣べとられて貰い水」


自然に任せて育てることだと思います。
現代人は、あさがおのつるが伸びて、釣べの方向に向かっているなと思ったらすぐつるを引っ張って向きを変えさせます。子供の意思は二の次になります。基準は子供ではなく親の思い(希望)であり世間なのです。江戸時代にも世間体を気にしたようですが、それは見栄ではなく、人様に迷惑をかけないという市民意識だったと思われます。

日の当てすぎ、水のやり過ぎ、肥料のやり過ぎ、これらは植物の声を聞かず思い込みでやるのが原因です。子育てと植物の育て方はよく似ていると思います。分かってはいても実行は難しいですが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報