お正月の初夢です。
もし、ロシアと日本が北方領土の解決のため、日本でも、ロシアでもない、新しい国を作る事に同意した場合、どんな国が作れるのでしょうか?
市場経済を導入するにしても、市場経済の暴走を止めるために、ハイエクの指摘する法律の整備によって、理想的な経済体制を持つ国が作れるでしょうか?
ユートピアのような国を作ることは可能だと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

エーと、チョット誤解があるので訂正です。


「「北方民族経済圏」の中で自分だけ儲ける夢を見るのは慎みましょう(笑)」とお礼に在りますが、そおゆうことではありません。
日本においても、ロシアにおいても、先住北方民族は、消滅の道をたどっています。
独自の文化を持ち、独自の発展を遂げ、日本民族の祖先の一部をなす先住民族をこのまま絶やしてはいけないと考え、「経済」的な部分だけでも確保したいとの想いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼致しました。
ついつい自分の器に合わせて他人を判断してしまう悪い癖が出てしまいました。自分だけ儲けたい私の本心を正月早々全国にばらしてしまいとんでもない年になりそうです。
重ねて有難うございました。

お礼日時:2002/01/06 17:44

 それって確か、前の世紀の変わり目にも同じことが言われたいたような気がします。

(・∀・)

 すなわちそれがいわゆる、満州国です。

 まもっとも当時はまだ国家としてどうこうとまでは言われず、帝政ロシアの南進政策と明治日本の国防上の必要とがせめぎ合って非武装地帯を作ろうだの日本は朝鮮ロシアは満州で分け合おうだのイロイロと論じられたようです。

 しかし結局折り合いなどつくはずもなく、本来の地主(あえてここではそういうことにしておく)である清国を無視して両国は戦争状態となります。 これが1904年に始まった日露戦争です。

 その後40年、満州国は王道楽土ユートピアと宣伝され、ある意味本当にそうでもあったのですが、軍事的平衡の破綻とともにソ連に蹂躙され崩壊、一転地獄となってしまいました。

 こうした歴史の事実を見る限り、大国エゴの緩衝策としての非武装地帯を作り、そこを発展させるというのは無理だと思います。

 よって私の結論は、朝鮮のごとく無人の野に近い非武装地帯をつくるのが精一杯であり、経済的価値の高い地域を作ることはできないし、そうするとむしろ破綻を呼ぶことになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KAMOCHAさんご回答有難うございます。

満州がユートピアを目指していたとは知りませんでした。
経済的価値の高い地域を作るとかえって問題が起こることは、悲しい現実ですね。
夢の中にも戦争の不安が付きまとうようでは、今世紀も戦争にはじまり戦争で終わるのかもしれませんね。
KAMOCHAさんに今年よいことがありますよう、私の偶像崇拝物である上皿天秤においのりしました。

市場経済の未来はどうなったんだ(笑)

お礼日時:2002/01/06 17:36

「shu_s」さん、好きです「そこ! 夢なんだから、とやかく言わないように(笑)。

」こういうの。

そうですね、夢ですね。
でしたら、「北方民族経済圏」を夢見たいですね。
北海道の先住民族と、ロシア極東の先住民族の共通文化圏を、経済特別区として独立させたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こらこら、質問者の夢の中で勝手に盛り上がらないで下さいな(笑)「北方民族経済圏」の中で自分だけ儲ける夢を見るのは慎みましょう(笑)

Oji-san良い夢を見てください。有難うございました。

お礼日時:2002/01/06 17:19

もし可能だとしたら、昔の『香港』のような形態ではないでしょうか?



日本がロシアから租借(←日本は固有の領土だといい続けると思うのでコノ部分が最大のネックでしょう)という形で国防はロシアに任せる。ロシアと日本の間でだけ租税の減免を行いいわば『自由貿易地域』とする…そして韓国や中国を巻き込んで経済圏確立の試金石とする…

もし成功すれば北米・EUに匹敵する経済圏が出来るかもしれませんね…

そこ! 夢なんだから、とやかく言わないように(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

いいですねぇ、これぐらいの夢があれば日本の経済も浮かばれるかもしれませんね。

shu-sさんの夢が今年実現するよう、神田?のうそ鳥に今お祈りしておきました。

お礼日時:2002/01/06 17:08

回答になるかどうか分かりませんが・・・



今で言う在日韓国人の様な存在のロシア人が増えるかもしれません(笑

国家的基盤がロシアになるか日本になるかにもよると思いますが、
北朝鮮の侵略とかも考えられたりしますから、国防面でも配慮せねばなりません。
領土が分散していて人口的にも十分な軍備が難しいでしょうし、
面積に対して海に面する領域が多く、艦船による侵略に備えるため、
軍事費がやたらかかるでしょう・・。

さらに、その新国家の日本への侵略という事も考えると、安全保障上
日本側が新国家の成立を認めないため北方領土はあくまで日本領と
主張するでしょう。何せ北方領土を獲られたら、今まで以上に
北から日本に侵略しやすくなりますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

怖い話ですねぇ、でも確かに「理想の新国家」が存在してしまったら、他の理想でない国の国民が、「理想の新国家」と協力して革命を起こす可能性は大きいですね。

今年が、miDumoさんにとって良い年でありますよう夢の中でお祈りします。

お礼日時:2002/01/06 17:01

無理(ユートピア)でしょう。



理由
ロシア・日本・中国これらの国にとって、海洋資源・海底資源などは、信じられない位のお金を生み出します。
残念ながら、自国のみの利益しか追求しない、今の国というシステムがある以上、可能性は低い(無い)と言わざるをえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

やはり自分の利益が大切な人間の作った組織が国ですから、こういう結論になるのでしょうね、でも昔の人は国家に対して良くも悪くも夢を持っていたような気がするのですが。
Oji_sanにとって良い年となるようお祈りいたします。

お礼日時:2002/01/06 16:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中

【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている)と言われて批判されていますが、日本は行政の役割分担がバラバラで各省庁が自分たちの都合が良い政策を打ち出して足並みが揃っていませんよね。

年金問題と非正規労働者問題、法人税の減税政策批判と雇用問題など福祉と雇用の担当部署どころか所管が違うので官政経済をやりたくても管轄が違うので各省庁のロードマップがバラバラで各省庁の政策の足かせというか間逆の政策を打ち出して足の引っ張り合いをしている状態です。

所轄の担当行政が違う各省庁が足並みを揃える政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?

今の日本の官庁の仕組みでは日本経済を良く出来ない気がしてなりません。

どうすれば各省庁が同じロードマップにのって未来に向けた1本の筋が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている
 それを『護送船団方式』と言います
  しかしバブル崩壊とともにその政策はかなり崩壊してます
 詳しくはwikiを
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B7%E9%80%81%E8%88%B9%E5%9B%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

>足並みが揃っていませんよね。
 それを『縦割り行政』と言います

>政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?
 何度も改革を行い改善しております
 最も古く大きな物は『中央省庁再編』が有名です

詳しくはwikiを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%9C%81%E5%BA%81%E5%86%8D%E7%B7%A8

 いつも思うが質問者の知識は非常に古い

Q市場経済と非市場経済の違い

質問させていただきます。
市場経済と非市場経済、すなわち慣習経済・指令経済の違いは何でしょうか?

財と価値の交換方法の違いでしょうか?それともただ、市場経済が発達する以前の経済様式が、慣習、指令経済だっただけでしょうか?

Aベストアンサー

以下を参照してください。

http://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/2dd87626325ba51b78f16e95459e5461

Q市場経済から計画経済への移行の可能性

大学の授業で、「なぜ近年、計画経済から市場経済へ移行する国が世界で増えているのか」、「市場経済から計画経済への移行はありえるか?」という内容で課題を出されました。まだこの授業を受けるのは2回目なので経済についてあまり知識がないのです。特に後者の質問について、良いアドバイスがある方、または参考になるホームページをご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

授業で取り上げている課題は、必ずしも社会主義と資本主義の対比ではなく、近年の諸外国が経済運営を市場経済主義に移行していることのに対する命題化と思います。
近年のこの傾向ある考えられる原因は:
1:ソ連、中国等の社会主義国が行った計画経済が自由主義国に比べ自国の国民の生活を豊かに出来なかったこと。
2:米国が自国の国益上対外諸国にグローバルスタンダードとして市場に任せる経済運営を要求してきたこと。
3:計画経済は国の政府が計画を立てそれを国民に強制させるため、立案者の能力的限界と、国民の自主的な能力の発揮が阻害されてしまうため国全体に無駄が生じること。

又、『市場経済から計画経済への移行はありえるのか』とのご質問ですが、それはありえると思います。
市場のメカニズムに任せた経済運営が国民の貧富の差を広げ大多数の国民を不幸にさせた場合、政府も大幅な計画経済的経済運営に切り替えざる終えないと思います。ロシア革命も中国共産革命もそれ以前は市場に任せた経済運営をしていた国で起こった出来事です。
歴史はいつか繰り返されるのではないでか。

Q資本主義市場経済と社会主義計画経済の違いって??

資本主義市場経済と社会主義計画経済の違いって市場メカニズムとか技術革新とかいう観点から考えてなんでしょうか。困っています。お願いします。。

Aベストアンサー

[資本主義市場経済と社会主義計画経済]を市場メカニズムとか技術革新とかいう観点からということですね。
基本的思想は、
「自由」→[資本主義市場経済」
「平等」→「社会主義計画経済]
[資本主義市場経済」のメカニズムで重要なものは「技術革新」です。
新しい「技術革新」に投資家を募って資本を集め、商品を作って事業を行い
そこで得た利潤を分配し、また再投資していくというメカニズムです。
ここでは、自由がキーワードです。自由な発想が技術革新を生みますから。
「社会主義計画経済]、別名と統制経済といいます。計画した分だけ作る
ということですね。配給するシステムだと思えばわかりやすいですね。
貧富の差をなくするという概念「平等」からきています。
この平等と言う概念には、革新がもっとも合わない言葉なのです。
人が自由な発想をすると、平等ではなく「不平等」が生じるからです。
ということで、経済メカニズムはまったく異なるといえますね。
現代では、政府の公共事業などが社会主義的な事業になります。
民間の事業が資本主義的事業ですね。
参考まで

[資本主義市場経済と社会主義計画経済]を市場メカニズムとか技術革新とかいう観点からということですね。
基本的思想は、
「自由」→[資本主義市場経済」
「平等」→「社会主義計画経済]
[資本主義市場経済」のメカニズムで重要なものは「技術革新」です。
新しい「技術革新」に投資家を募って資本を集め、商品を作って事業を行い
そこで得た利潤を分配し、また再投資していくというメカニズムです。
ここでは、自由がキーワードです。自由な発想が技術革新を生みますから。
「社会主義計画経済]、別名と統...続きを読む

Q資本主義経済と市場経済の違い

よく社会評論などの本では、「今の日本は資本主義社会なので~」
などと書いてあるのですが、経済学の本などを読むと、すべての商
品が市場で取引されるのだからこの社会の経済体制は市場経済だと
いうことが書いてあります。

経済の側面から見ると「市場経済」が正しいような気がするのです
が、しかし、「資本主義」も経済体制について言っているのですよ
ね?

両者(資本主義と市場経済)は結局、同じ意味なのでしょうか?
だったら、用語を統一した方が分かりやすいと思うのですが、やは
り違う用語を使っているということは、意味が違うのでしょうか?

各々の用語の正確な意味を教えていただけたら有難いです。
それと、結局、今の日本は、経済の側面から言ったら「何経済社会」
と言うのが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

おそらくほとんど同じ意味なのでは?
またそう解釈してほとんど困ることはないのではと思います。
「市場経済」はちょっと意味合いが弱いような気がします。ロシアなんかもともと共産主義の国でしたが、市場原理が導入されてきて、「市場経済が発達してきた」とか言いますよね。中国なんか国家体制が「共産主義」なのですが、経済は市場原理が導入されて「市場経済」です。

「資本主義」は国家体制までも意味しているような気がします。中国は共産主義で「資本主義」ではないけど、「市場経済」です。

日本は、「市場経済」で「資本主義」とみられますけど、国による規制がまだまだあるし、ちょっと前までは銀行の護送船団方式といっていましたので、本来の「資本主義」ではないかもしれません。

どちらも純粋な形ではなかなかないですよね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報