・医師がやりがいを感じる時
・医師の仕事がつらい時
・医師を選んだ理由
・(私たちが仕事を選ぶ時のアドバイス)

返答をお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般病院・大学病院勤務時の記憶をたどって書き込みます。

今から書き込むことは例え開業医となっても変わるところはないと思いますよ…

・患者さんが退院する、治癒して終診となったとき。元気だからこそ参加できた行事等(孫娘の結婚式など)の報告を受けた時…もろもろ。

・みため華やかそうでも雑用に追いまくられてプライベート≒0のこと。私は医者になって最初の5年間は毎年除夜の鐘は当直室で聞いておりました。クリスマスに当直が外れていても担当患者が急変すれば呼ばれます…ちなみにポケットベルを持っていることで収入などにはなんら反映はされませんし私の経験ではポケベル・携帯電話はどんなに仕事でこき使われても全部自腹です。ソレよりも腹立たしいのが医局の論理とか言う不条理に頭を垂れていなければいけないこと。大学では医療者として優秀かどうかよりもどれだけ『我慢できるか』これが大切です←負け惜しみとも言う(苦笑)

・表向きは興味があったから。でも本当の理由は『実態を知らなかったから』だと思います。

・よほど医療に理想がある。さらにちょっとやそっと虐められてもめげないか気にしない性格。さらにさらに経済的なものや社会的なプラスαを求めない方であれば何も問題はありません。頑張って励んでください。
コノどれかでもかける方の場合、どんなに優秀でも茨の道です。他に選択肢があるのであればそちらも考えましょう。一度医者になると免許証を取り上げられるかでもしない限り免許に頼った生活しか出来なくなります。つまりつぶしが利きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 21:23

他の方たちが答えられているので、繰り返しになる事は避けます。

やりがいは大変ありますが、医師の仕事はドラマのように華やかではありません。普通の方が送れる家庭生活も難しい事が多くあります。

内科学会の中で私が所属している内科専門医会があります。この中で一人のすばらしい先生のホームページ(参考URL)があります。この中(マスコミ報道について)で医師の生活を垣間見る事が出来ます。訪れてみてください。

参考URL:http://www2.inter-pro.ne.jp/~ina/
    • good
    • 0

医師を選んだ理由は何でも良いのです。


社会に貢献したいという理由でも後を継ぐためにしょうがなくでも、安定した収入が得れるからでも
社会的地位を得られるからでも、理由に不純も純粋も関係ありません。大切な事は、過程です。生半可な気持ちでは卒業はできても医者にはなれません。いつの間にか、理由は微妙に変わって行くものです。
医師の仕事は報われないものです。保健医療に縛られていて自分の考えを十分に治療に反映させる事ができません。生命を預かる聖職と言われていても、なすすべなく患者さんの死を診さされる。そういう責任と現実の中で悩む。それが医師です。大方の方はそれを忘れようとして、自信とプライドによって自分を固める。その日に助けられなくて、落ち込んで翌日には
新しい患者を診る。そして何とか治してあげたいと思う。挫折と希望。仕事が辛いとき?いつもです。ただ報酬はもらっているけれど、金銭に縛られなく相手から信頼される時(一時ですけれど)は医師になって良かったと思う。他の仕事じゃ味あえないからね。でもそんな事が考えれるようになるのは少なくとも自分で方針をたてて、実際に治療できる3年目以降じゃないと分からない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説家になれるサイトと方法を教えて下さい。

小説家目指してます。
(1)小説サイトで小説家になれますか?
(2)あれば、そのサイトと小説家になれる方法を教えて下さい。
(3)どういうふうに工夫すれば小説家になれますか?書く際のアドバイスを教えて下 さい。ファンタジーものです。

Aベストアンサー

『小説家』って、小説を創作する人のコトです。
小説を沢山書いて、「自分の作品」を持っていれば、誰でも「小説家」ですよ。

質問者さんが「質問文で投稿してる意味」の「小説家」とは、「本が売れてる・プロ小説家」の事なのでしょうか?。
もし「YES」なら、「サイト」や「方法」など「無い」と思った方が無難です。
★『作品が売れて食べて行けないと、プロ小説家じゃ無い』訳ですからネ。
作品が「売れる・売れない」は、試験の「合格・不合格」とは、まるで意味合いが違います。
「プロ小説家」の「免許」や「証明書」が有る訳でも有りません。

>どういうふうに工夫すれば小説家になれますか?

「どっかで読んだような小説だな・・・」
「ダレソレの書いた小説と、少し似てるな・・・」
「元ネタは、★★の小説じゃ無いのか?」
「つまらない、面白くない・・・」
などと思われる小説なら、先ず「駄目」でしょうネ。
つまり、上記の逆を行くのが「工夫」です。

要するに、「独創性」です。
全て、自分で工夫しなきゃイケナイ。
しかし、どんな小説を書いても、
>「つまらない、面白くない・・・」
と受け取る読者は「います」。
肝心な事は、「面白い」と思ってくれる読者を、どれだけ確保出来るかって事ですね。

その為には、先ず自分で読んでも「面白い!」と思うような「ファンタジー小説」を書いてみる事です。
(^^)

むしろ、これから数々の「賞」に応募して、自分の力を試して見るべきでしょうネ。

http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

http://syousetuka.com/en5.html

『小説家』って、小説を創作する人のコトです。
小説を沢山書いて、「自分の作品」を持っていれば、誰でも「小説家」ですよ。

質問者さんが「質問文で投稿してる意味」の「小説家」とは、「本が売れてる・プロ小説家」の事なのでしょうか?。
もし「YES」なら、「サイト」や「方法」など「無い」と思った方が無難です。
★『作品が売れて食べて行けないと、プロ小説家じゃ無い』訳ですからネ。
作品が「売れる・売れない」は、試験の「合格・不合格」とは、まるで意味合いが違います。
「プロ小説家」の「免許」や...続きを読む

Q医師1名のクリニックで、循環器科・消化器科・呼吸器科・内科・小児科・外

医師1名のクリニックで、循環器科・消化器科・呼吸器科・内科・小児科・外科・整形外科 を標榜していますが専門はなんでしょうか?こんなに標榜しても問題は無いのでしょうか?

http://www.agemanagement.net/info-annai.htm

トプページはアンチ・エイジングなんてのも有ります。
http://www.agemanagement.net/antiaging-towa.htm

Aベストアンサー

以前は、あらかじめ規定されている診療科目であれば、どれをいくつ掲げてもいい、ということになっていました。
ですから、とりあえず診療できそうな科目を全部かかげてしまえ!という医療機関が多くありました。
ただ、質問者さんのように、混乱する患者さんが多くいて、2年位前に法律が変わりました。
医療機関は、常勤の医者1名に対し、標榜できる診療科目は2つまで、というふうにかわりました。
ですが、それ以前からある看板に関してはそのままでいい、ということなので、そこの医療機関は2年以上前から多く診療科目を掲げているのでしょう。
最近新しく看板を変えたのに、3つ以上診療科目を掲げていると、医師会に通報すべきこととなります。

あんまりたくさん掲げていると、かえって信用がなくなるような気がするんですが、その医者は何を考えているんでしょうかね・・

Q小説家が先か小説が先か

小説家が先か小説が先か

以前、村上龍さんがインタビューで、小説家と言うのは小説家になるしかないんですと、言っていましたが、話の分かりやすい村上さんにしては、よくわからない発言でした(少なくとも私には)。
小説家というのは、まず、小説家になりたいという気持ちが先にあるのでしょうか?それとも、自分の中にどうしても表現したいことがあって、それを小説という形で表現して行くうちに、小説家が誕生するのでしょうか?村上さんは後者である事を示唆したようにも聞こえるのですが。

Aベストアンサー

No.6ですけど。
「もともと才能のある人がなる」というのではなくて「その道しかない」人がなる(べきだ)という風に読めます。
そこで必死になるから才能とか技能が生じるという考え方でしょう。

だから推論後者の表現主義の方に近い考えと思います。
ですが必ずしもそれが酬われるとは限らない(優れた芸術に結実するとは限らない)というような諦観・客観があるから自嘲とも取れるような表現をしているのだと思います。
事実村上龍さんの作品にも苦闘のみが伝わってくるような失敗作らしき物はあります。

Q医師とはそんなにやりがいがあるのですか?

かなり責任ある仕事です。
技術をみにつけるのも一苦労です。

おまけに、昼夜問わず病院に縛られていますし、

患者さんには必ず治してもらえるというように思われがちです。(インフォームドなんとか?必要)
医療ミスは訴えられますし、

他にも沢山面白そうなことがありますのに、一人前の医師になるには他のやりたいことは後回しに10年以上学ぶ必要あります。


どこにそんなに遣り甲斐があるのですか?

沢山病が治せることが嬉しいんですか?

ありがとうございます。と患者さんに言ってもらえるからですか?

人に頼りにされる存在になれるからですか?

手術って楽しいんですか?

医師の醍醐味は外からはわかりません。


僕に教えて下さい。

Aベストアンサー

内科医です。
医師としての仕事は大変ですが、やりがいは少ないながらあると思っています。
私がやりがいを感じるのは、患者さんがよくなって退院していく時の笑顔です。
しかし内科という科の性質上、よくならない患者さんも沢山います。そもそも完治する病気というのは非常に少なく、また人は必ず死にます。こちらのモチベーションを失わせるような出来事もあります。
最近、医療崩壊の報道をよく目にしますがその兆候はかなり前からでていました。「立ち去り型サボタージュ」と呼ばれる勤務医の逃避の根底にあるのは勤務医のモチベーションの低下です。
私を含め多くの勤務医は、なんとか「やりがい」を見つけモチベーションを保とうとしていますが、医師というのはなかなか「やりがい」を見つけにくい仕事だと思っています。こう言った事を書くと個人ブログや掲示板では「じゃあ、辞めれば?」というコメントが付きますが、もうすでに沢山の医師が前線から逃避しています。医療崩壊の対策について色々報道されていますが既に周回遅れの印象です。
そういった意味では質問者様の質問は的を射ていますね。

Q小説家になるにはIQが高くなくてはダメ?

僕は小説家を目指しているのですが
通信制の高校卒で大学にも行っていません

小説家は学歴なんて関係ない、と良くQ&Aで見ますが
実際中卒で作家をやってる人でもIQはものすごく高いと聞きます

最初から僕みたいな人間は小説家を目指していいものなのか
そんなことも分かりません

ネットにあるIQテストみたいなやつでは普通だったのですが
小説家と言うのはIQが高くなくてはなれないものなんでしょうか?

Aベストアンサー

たぶん、書きたいもの(ジャンル)にもよりますが、
IQ数値よりも、想像力(空想力)のほうが必要だと思います!
あと、たくさんの本や新聞、雑誌を読んだり、人と会うことです。

たとえば、月9程度のショボい恋愛モノならば、
ホント、そこいらの人間でも妄想力だけで書けると思いますが、
重いテーマを扱うならば、端々まで資料を読んでみないと書けないし。

想像を文章にする力だって、いることはいりますが、
つたない文章でも、読む人を惹きつけられたら良いんですもん。

IQなんて、そんな気にしなくても大丈夫ですよ!
まずは書いてみたらいいんです。なんでもいいから書いてみて下さい!

私は元・ライターですが、小説家にもなりたかったものの、
いかんせん想像力がまったく無く、事実を述べるほう専門でした。
ちなみにIQは高くなく、学校も地元で有数のアホ学校卒です。
でも作品を発表するたび、少ない読者さんが賛否両論してくれるのが、
本当に楽しかったですよ(^-^)。

頑張ってみてくださいね!

Q医師会館の勤務医師の給料

医師会館に救急診療所が設置されている場合、勤務している医師の給与は、医師会が支払うのでしょうか?

医師会と医師の関係、休日診療のこと、輪番制のこと、救急搬送のこと、一般人にとって謎だらけです~(T.T)

Aベストアンサー

 こんばんは。

>医師会館に救急診療所が設置されている場合、勤務している医師の給与は、医師会が支払うのでしょうか?

 これは二通りあります。
・医師会が会としてやっている場合
 医師会から手当が出ます。
・行政が医師会に委託している場合
 当然、行政から委託料が医師会に支払われ、そこから医師に手当が支払われます。

>医師会と医師の関係
 いわば、医師(主に個人経営者ですね)の職能団体ですね。行政などを初めとする団体と医師の協議の窓口になる団体です。
 例えば、予防接種を開業医に委託する場合、個々の医院と行政が契約していては大変ですよね、ですから医師会と行政が契約して、個々の医師は、予防接種の代金を医師会に請求して、医師会がまとめて行政に請求するわけですね。

>休日診療のこと
 大抵は、自治体が運営しています。休日夜間の急病の外来を担当しています。

>輪番制のこと
 正式には、「病院群輪番制度」と言うですが、夜間の診療を担当する病院をあらかじめ決めておくものです。順番に担当していく事から「輪番制」と呼ばれています。

>救急搬送のこと
 あらかじめ救急指定病院として、指定を受けている病院です。指定には、一定の基準があります。
 簡単に言えば、救急車を呼んだ時に連れて行ってくれる病院です。

 こんばんは。

>医師会館に救急診療所が設置されている場合、勤務している医師の給与は、医師会が支払うのでしょうか?

 これは二通りあります。
・医師会が会としてやっている場合
 医師会から手当が出ます。
・行政が医師会に委託している場合
 当然、行政から委託料が医師会に支払われ、そこから医師に手当が支払われます。

>医師会と医師の関係
 いわば、医師(主に個人経営者ですね)の職能団体ですね。行政などを初めとする団体と医師の協議の窓口になる団体です。
 例えば、予防接種を...続きを読む

Q小説家とは何歳まで小説を書けるものでしょうか

小説家とは何歳まで小説を書けるものでしょうか。
普通の仕事と同じように、60歳くらいが定年なのでしょうか。
一流の小説家で、70歳を超えても小説が書けた小説家はいるのでしょうか。
何歳くらいまで、小説を書けるのですか。

Aベストアンサー

質は落ちるだろうけど、たいていの作家さんは、
痴呆になるか、病気になるか、死ぬまで書いていると思います。
まぁ、小説を書くというのは、
一種の麻薬みたいなものでしょうから‥やめられないのとちゃいますか。

Q医師と歯科医師の免許取得

医師と歯科医師の免許取得年齢は、最短で何歳ぐらいなのでしょうか。
開業医としてやれるのは、どのくらいの年齢なのでしょうか。

Aベストアンサー

どちらも大学は6年制です。国家試験の受験資格は、いずれも医学部、もしくは歯学部の卒業です(卒業見込み含む)。最終学年の年度末に国家試験(2月)を受験します。これに合格すれば、医師免許、歯科医師免許を習得できます。年齢は、最年少で24歳になります。
その後、医師は2年間、歯科医師は1年以上の臨床研修が義務づけられていますので、開業はその後になります。
ただ、開業をするとなると、医師の場合、これでは経験不足は明らかですので、数年は病院勤務をして経験を積む事が一般的です。歯科医師は、医師に比べると若いうちに開業する方が多いですが、やはり最初は勤務医というのが一般的だと思います。

Q日本語「文学の世界は才能を磨き新たな表現世界を見いだす小説家の営為に応じて無限に広がる」 の「

日本語

「文学の世界は才能を磨き新たな表現世界を見いだす小説家の営為に応じて無限に広がる」
の「小説家の営為に応じて」
の「営為」を違うもっと優しい日本語に変換してください。
あと小説家の営為が、いまひとつしっくりこないです。

Aベストアンサー

「(小説家の)営為」は「(小説家が)才能を磨き新たな表現世界を見いだすこと」を指しています。
この文においては「営為=自己研鑽=よりより表現を目指して為される努力」のような意味に解釈するのが妥当でしょう。

「文学の世界は、才能を磨き新たな表現世界を見いだす小説家の自己研鑽に応じて無限に広がる」

Q医師の方へ質問です。医師になって良かったと思いますか?

私は今、社会人なのですが、医学部へ行きたいと考えているものです。

ずばり、医師になって良かったと思いますか?

最近、本格的に医師という職について調べ、医学部への入学方法を模索しています。その過程でわかったのが、医師というものは自分が思っているよりもはるかに大変なものであるということです。患者さんの命を預かるプレッシャー、気を緩めることのできない当直、研修医時代の過酷さ、死を看取ること、医局に縛られる人事、等等、大変なことばかりです。(もちろん、その分、やりがいといもの、患者さんを救えた時の嬉しさなども格別かと思いますが。)

それでも、医師になって良かったと思いますか?生まれ変わったとしても医師になりたいものですか? ご意見を聞かせてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

初めまして。

社会人から医師を目指そうと考えられていると拝見し、頑張っていただきたいと考えています。
私は、社会人受験ではありませんでしたが、
高校時代は文系で、元々は全く違う方面に
進もうと思っていました。
ある事がきっかけで(些細なことです)
医師を目指すようになりました。
国立に入ったとはいえ、生活したり、
教材を購入したりするのも大変で、
他の学生さんのように、「いわゆる」学生生活を謳歌することはできませんでしたが
(ものは考えようですね)
とても充実した大学生活でしたし、
いま、医師になって、よかったと思っています。
他の方の回答にあるように、
もう一度医師を目指すか、という問いかけには、
はっきりとNOといいます。
辛いからではなく、他の可能性もあるだろう、
という、自分に対するある意味での「評価」でしょうか。
私は、医師という職業は、他の職業について、
その道で実力が発揮できるぐらいの方がなれば、
ますますおもしろいものだと思います。
社会経験が、医療の中で(どう関わるかは別として)
必ず役に立つと思います。
人と人とのつきあい、それも、生きてゆく中で
もっとも濃厚な人付き合いをしなければならないので、
かかるストレスは甚大です。
そのため、特に社会人から目指される方は、
相当の覚悟をしなければならないと思います。
若い医師に比べれば、不利な点は沢山ありますから。
(そういった話は、ほかの方の回答を待ちましょう(^^))


また、現実の話をさせていただければ、
こんなに大変な仕事も、まあなかなかないです(笑)
はっきり言って頭脳以上に体力がものを言う職業です。
そして常に緊張感を伴います。
相当タフでないと、なかなかつとまらない仕事でもあります。
それでも、やってみる価値があると思われるなら、
頑張ってみてください。

一方で、収入面や、社会的地位に関しては、
お調べになっているでしょうが、
過去と今では全く違います。
食べていけないことはないですが、
仕事に見合った収入ではありませんし、
今時医師は社会的ステータスでもありません。
そういったことを望まれている場合は
(そんなことはないでしょうが)やめておいた方が
得策です。


この仕事をして、大切なことは、
医療・医学だけでなく、様々なことに興味や関心を持って
取り組んでいただきたいと言うことです。
以前、ある方が「生とは?」質問してくださったことに対し、
私が回答した内容のURLを下に記載しておりますので、
よろしければ参考にしてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1194219

初めまして。

社会人から医師を目指そうと考えられていると拝見し、頑張っていただきたいと考えています。
私は、社会人受験ではありませんでしたが、
高校時代は文系で、元々は全く違う方面に
進もうと思っていました。
ある事がきっかけで(些細なことです)
医師を目指すようになりました。
国立に入ったとはいえ、生活したり、
教材を購入したりするのも大変で、
他の学生さんのように、「いわゆる」学生生活を謳歌することはできませんでしたが
(ものは考えようですね)
とても充実した大学生...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報