・医師がやりがいを感じる時
・医師の仕事がつらい時
・医師を選んだ理由
・(私たちが仕事を選ぶ時のアドバイス)

返答をお願いします

A 回答 (3件)

他の方たちが答えられているので、繰り返しになる事は避けます。

やりがいは大変ありますが、医師の仕事はドラマのように華やかではありません。普通の方が送れる家庭生活も難しい事が多くあります。

内科学会の中で私が所属している内科専門医会があります。この中で一人のすばらしい先生のホームページ(参考URL)があります。この中(マスコミ報道について)で医師の生活を垣間見る事が出来ます。訪れてみてください。

参考URL:http://www2.inter-pro.ne.jp/~ina/
    • good
    • 0

医師を選んだ理由は何でも良いのです。


社会に貢献したいという理由でも後を継ぐためにしょうがなくでも、安定した収入が得れるからでも
社会的地位を得られるからでも、理由に不純も純粋も関係ありません。大切な事は、過程です。生半可な気持ちでは卒業はできても医者にはなれません。いつの間にか、理由は微妙に変わって行くものです。
医師の仕事は報われないものです。保健医療に縛られていて自分の考えを十分に治療に反映させる事ができません。生命を預かる聖職と言われていても、なすすべなく患者さんの死を診さされる。そういう責任と現実の中で悩む。それが医師です。大方の方はそれを忘れようとして、自信とプライドによって自分を固める。その日に助けられなくて、落ち込んで翌日には
新しい患者を診る。そして何とか治してあげたいと思う。挫折と希望。仕事が辛いとき?いつもです。ただ報酬はもらっているけれど、金銭に縛られなく相手から信頼される時(一時ですけれど)は医師になって良かったと思う。他の仕事じゃ味あえないからね。でもそんな事が考えれるようになるのは少なくとも自分で方針をたてて、実際に治療できる3年目以降じゃないと分からない。
    • good
    • 0

一般病院・大学病院勤務時の記憶をたどって書き込みます。

今から書き込むことは例え開業医となっても変わるところはないと思いますよ…

・患者さんが退院する、治癒して終診となったとき。元気だからこそ参加できた行事等(孫娘の結婚式など)の報告を受けた時…もろもろ。

・みため華やかそうでも雑用に追いまくられてプライベート≒0のこと。私は医者になって最初の5年間は毎年除夜の鐘は当直室で聞いておりました。クリスマスに当直が外れていても担当患者が急変すれば呼ばれます…ちなみにポケットベルを持っていることで収入などにはなんら反映はされませんし私の経験ではポケベル・携帯電話はどんなに仕事でこき使われても全部自腹です。ソレよりも腹立たしいのが医局の論理とか言う不条理に頭を垂れていなければいけないこと。大学では医療者として優秀かどうかよりもどれだけ『我慢できるか』これが大切です←負け惜しみとも言う(苦笑)

・表向きは興味があったから。でも本当の理由は『実態を知らなかったから』だと思います。

・よほど医療に理想がある。さらにちょっとやそっと虐められてもめげないか気にしない性格。さらにさらに経済的なものや社会的なプラスαを求めない方であれば何も問題はありません。頑張って励んでください。
コノどれかでもかける方の場合、どんなに優秀でも茨の道です。他に選択肢があるのであればそちらも考えましょう。一度医者になると免許証を取り上げられるかでもしない限り免許に頼った生活しか出来なくなります。つまりつぶしが利きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 21:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ