昨年の11月、12月に行われた国債入札状況を調べたいのですが、
どうやって調べれば良いか教えてください。
やっぱり図書館かどこかで日経新聞を2ヶ月分調べないと駄目でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

図書館 新聞」に関するQ&A: 図書館の新聞

A 回答 (2件)

国債の入札状況で何らかのレポートをお書きになられるならば、ご注意された方が良いものがあります。



国債で期間が10年のものだけ一部シンジケード団引受がある関係から引受手数料0.63円を貰うことができます。従って、これ以外の債券と同じ条件にするためには落札の平均価格あるいは最低価格から0.63円を引く必要があると思います。

ご質問者にとって全く必要のない情報かもしれませんが、この欄をご覧になられる他の方にも役立つと思い記載させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
yohsshiさん前にも私の質問に答えてくださいましたよね?
ホントいつもありがとうございます!!
実は、yohsshiさんが言われたようにレポートがでてるんです。
内容は、
『12月に行われた国債の入札状況を新聞記事などを用いてレポートしなさい。』
というものなんですけど、入札結果を書くだけでいいのか、なにを書いたらいいのかわからず、
今まで手をつけられずにいたのですが、提出日が来週の火曜日までなんです。 やばーい(>_<)
しかも、月曜日は成人式なので実際にできる日は、土日だけなんです。
もう、本当にあっせっています。 
もしよろしければ、新しくもう一度質問をいれておくので、
そこにどういうことをレポートにまとめればいいのか教えていただけるとうれしいです。
yohsshiさんよろしくお願いします!

お礼日時:2002/01/12 18:04

「国債の入札結果・発行条件」これではだめでしょうか。


参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/1c010.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとございます。
さっそくURLをチェックしてみました!
これって財務省のホームページですよね?!
国債の入札結果が全部のってて
日経新聞を探し回る手間がはぶけました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/07 16:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロイターの国債増発がインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル安になった、という記事について

 初歩的な質問かもしれませんが教えて下さい。
 
 ロイターの記事で、「国債増発によるインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル売りの色彩が濃くなり、ドル/円は95円台に下落した。」という記事がありましたが、国債の増発がインフレリスクになって、その事を警戒してドル安になった、という意味がわかりません。

 少し調べましたが、よくわかりませんでした。

 どなたかわかる方がいたら、教えて下さい。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FRBが長期国債を買い支えることで長期金利が低下。目下、日米金利差が縮小したことから、円に対してドルが売られています。
また、国債増発の一方でFRBが長期国債の買い支えることは、大量の資金供給を意味しますから、将来的なインフレ期待が生まれることになります。インフレは通貨の価値下落を意味しますから、ドル安になるというわけです。

Q国債の入札状況のレポートについて 。 

『12月に行われた国債の入札状況を新聞記事などを用いてレポートしなさい。』
という課題が出たのですが、入札結果を書けばいいのか、何を書いていいのか
よくわかりません。 どういうことを書いてまとめればいいのか、アドバイスください。 お願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい、土日祝はこちらを見ていないことが多いので、レポートに間に合わないかもしれませんが、一応ポイントを書きますね。(最初からストレートな質問の方が良かったですね)

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/nyusatu/2001/resul061.htm
これは年末に行われた3年割引国債の入札結果ですが、
注目していただきたいのは、<価格競争入札について>の<応募額>と<募入決定額>です。
<応募額>1兆7,122億円、<募入決定額>893億円
ここで応札倍率を計算します。応札倍率=応募額÷募入決定額=19(倍)
この応札倍率が多ければ多いほど、債券を購入する需要が多いという基準です。
他のものも比較で計算なされると良いと思いますが、特にこの3年割引国債の購入需要が強かったと思われます。(私の記憶においては過去最高水準)

購入需要が多かった理由(推定)
1.11月末にMMFが元本割れし、MMFなどの債券投資信託から預貯金に大量の資金移動が発生した。この預貯金を受け入れた銀行などが運用の必要に迫られて購入に動いた
2.ペイオフ解禁を控えて大口預金者(例えば地方自治体)には預金を比較的短期の国債に移す需要があります。期間2年の国債も対象ですが、価格が100円より上で償還時に損が発生することと利回りが約0.07%と預金金利との比較して差が少ないことからこれよりも少し期間の長い3年を好んだ

上記は新聞記事に完全に載っているものではありませんが、私が3年割引国債の入札結果が出た時に新聞記者の取材に答えた内容です。

ごめんなさい、土日祝はこちらを見ていないことが多いので、レポートに間に合わないかもしれませんが、一応ポイントを書きますね。(最初からストレートな質問の方が良かったですね)

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/nyusatu/2001/resul061.htm
これは年末に行われた3年割引国債の入札結果ですが、
注目していただきたいのは、<価格競争入札について>の<応募額>と<募入決定額>です。
<応募額>1兆7,122億円、<募入決定額>893億円
ここで応札倍率を計算します。応札倍率=応募額÷募...続きを読む

Q銀行の、国債の価格低下リスクって、満期保有でもあるんですか?

新聞で、バーゼル3では銀行の国債保有が規制されかねないと出ていました。

国債の価格低下が、時価評価したときの資産価値低下(損失発生)に繋がる。なので、国債保有のリスクを規制していく、というような説明がなされていました。

ところで、銀行が余資を国債で運用するとき、売買目的ではなくて、年間ベースの利回りを参考に、満期保有目的でするのではないのですか?

なんとなくそう思っていたもので、時価評価したときの資産価値の目減りという部分が納得できません。

どなたか、わかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

国債は銀行の運用先の一つではないでしょうか?
つまり企業に融資して利子を受け取るのと同じレベルで

国債購入時より景気が良くなり金利が上昇した時、国債を債券市場で売ってキャッシュを得て企業などに融資することになったら損金が出るとかありませんか?
つまり国債の(表面)金利より融資の金利が高くなるとすれば換金すると思います。

個人国債ではないので満期までということはないと思います。(全部売るとはないでしょうが)

Q米国債の入札日は毎月~日とか決まって無いのですか?

 教えて下さい。
米国債の入札日の予定を知りたいです。
いろいろ調べましたが、毎月第何の何曜日とか
決まって無いのでしょうか?

 指標発表と重なると意外と大きく動く事がありますので
憶えておきたいと思っております。
もし、決まっていないのなら今年度分の入札日カレンダーでも
結構ですので教えて下さい。

 あと、入札時間は
夏時間21:30(日本時間)
冬時間22:30(日本時間)
で良いのでしょうか?

リンク等あれば教えて下さい。
よろしく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

   http://www.treasurydirect.gov/indiv/products/prod_auctions_glance.htm

   view upcoming auctionsで決定した日がわかります。
   また、press releaseやtentative scheduleなどいろいろリンクを確認してください。

Q任意団体の国債購入リスクについて

マンションの積立金資金運用で
国債購入を検討しています。

取引銀行によれば
元本割れのリスクがある商品で
取扱件数もとても少ないとのことです。
ゆうちょ銀行に聞いても
任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。

満期を迎えた場合でも、状況によっては
元金を割ることがあるのでしょうか?

ご教示を何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>取扱件数もとても少ないとのことです。
ウチのマンションでも定期預金を勧められました。
>ゆうちょ銀行に聞いても
>任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。
へぇ~。そうなの。ウチのマンションの理事長に聞いてみようかしら?

>満期を迎えた場合でも、状況によっては
>元金を割ることがあるのでしょうか?
私が個人で国債購入のために電話でゆうちょ銀行に問合せた時は、担当の方が「アイルランドがデフォルトした時は、そんなこともありましたが、日本はデフォルトしないと思いますよ」というお応えでしたけど…お宅さまの取引銀行さまは日本がデフォルトするとお考えなのかもしれませんね。

…日本がデフォルトしないためにも国債を買って、納税に励むしかないように思います。

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>...続きを読む

Q日経新聞に毎日載っている「新発10年国債利回り」はどうやって求めるの?

日経新聞に毎日載っている「新発10年国債利回り」はどうやって求めるんでしょうか?応募者利回り(間違ってる!?)の式から求めるのでは!?と思っているんですが...よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>日経新聞に毎日載っている「新発10年国債利回り」はどうやって求めるんでしょうか?
国債の入札日の前日に、財務省から入札参加者に希望条件のヒアリングが行なわれます。各社の希望を聞いた上で入札当日に財務省が発行利率(クーポン)と償還日を決定します。
入札結果の発表後から新発債は業者間で売買されます。3時時点での業者間で売買されている利回り(債券は価格ではなく利回りで売買されます)が、新聞に載っている「新発10年国債利回り」です。
次回入札の行なわれる約1ヶ月後まではこの銘柄の利回りが掲載されます。

>10年国債は、毎月新発で発行されるのですよね?
2年、5年、10年国債は毎月発行されますが、年末年始などスケジュールが混む月は翌月にずれ込む事はあります。また、リオープンと言って同回号の国債を発行日をずらして翌月も発行することはあります。

>その新発で発行されたものを金融機関の間で、取引し、需要と供給の関係で利回りがきまってくるのでしょうか?
その理解でよろしいかと思います。

>その金融機関の利回りを参考に新たに発行される債券の利回りを財務省が決める、というように理解してよろしいのでしょうか?
上記のように、財務省が決めるのは利回りではなく利率と償還日です。その条件の下で市場参加者が利回りを決めるのです。

>日経新聞に毎日載っている「新発10年国債利回り」はどうやって求めるんでしょうか?
国債の入札日の前日に、財務省から入札参加者に希望条件のヒアリングが行なわれます。各社の希望を聞いた上で入札当日に財務省が発行利率(クーポン)と償還日を決定します。
入札結果の発表後から新発債は業者間で売買されます。3時時点での業者間で売買されている利回り(債券は価格ではなく利回りで売買されます)が、新聞に載っている「新発10年国債利回り」です。
次回入札の行なわれる約1ヶ月後まではこの銘柄の利回...続きを読む

Q日本の金融機関が日本国債を売るリスク

日本国債は、約9割が日本の金融機関が持っているので、暴落することはないという意見が多いです。ふと思ったのですが、日本の金融機関は日本国債を投げ売りしないという前提があるようですが、日本の将来に危機を覚え、日本の金融機関が自分の銀行を守るために、日本国債を投げ売りすることはあるでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金利は0.8%前後です。

それで、本題の長期国債が投げ売りされる話ですが、償還期限を迎えれば国債は元本が支払われるので、満期目的で保有していれば、一見、国債価格の下落では損しないように見えます。
しかし、日本は国債に時価会計を適用しているため、長期金利が上昇した分だけ含み損が拡大します。
大中規模の金融機関の資産は国債だけじゃありませんので、そこまで深刻ではありませんが、国債を多く抱えてる地方の小規模な金融機関は、含み損の拡大で債務超過に陥る可能性が出てきます。

つまり、金融機関が金利上昇による含み損を嫌って、長期国債を売却する可能性は十分考えられるという理屈です。

まあ、だからって、デフレ不況のままで良いわけがありませんし、金融機関が国債を投げ売りしても、日銀が買い取れば大して問題ないのですが、もともと日本が「国債に時価会計を適用している」事が根本的な原因なので、ここは欧州諸国に習って、国債(満期目的)に簿価会計を適用したら良いだけだと思います。

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金...続きを読む

Q個人向国債と通常の国債の違いって?

個人向国債と今までの通常の国債の違いって何でしょう。
金利が個人向国債の方が低いですよね、だったら通常の国債買った方がいいような気がするんですが。
購入単位が違うんでしょうか。
仮に300万くらい投資する場合どっちがお得なんでしょうか。


一応、馴染みの銀行員に聞いたのですが、よくわからないとのこと。個人向国債のことも「元本保証」と言ってるくらいだから、あてにならなくてここで聞きました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人向け国債は
No3さんがおっしゃってくださっているように
中途換金は財務省が買い取ってくれるので、
市場で売却するよりも、価格の変動が少ないし、
( インフレの場合、国債価格は市場では暴落しますよね )
売れない心配が無いので、( もしものときも換金できるので )
投資経験の乏しい一般の人は利用しやすいと思います。

それに、変動10年は、長期金利の0.8%引きの金利を、毎年見直してつけてくれるため、
投資のことがよく分からない、私たち初心者にしても、安心できます。
( 金利変動等を逐次チェックして、他の金融商品に乗り換えを検討したりする必要が無い )

まーやり手の方が運用するなら
通常国債でしょうけれど
そうでない私たちにしてみれば、ずいぶん安心設計されていると思います。

正確でないところがありましたらごめんなさい。
私は、6/9に個人向け国債変動10年を購入するつもりでおります。

Q国債(日本)のリスクって?

ゆうちょ銀行のページを見たら、「国債は、元本と利子の支払いを日本国政府が行なうため、安全性の高い商品ですが、日本国の信用状況などの悪化などにより損失が生じるおそれがあります。」とありました。

償還金額の項で「額面金額100円につき100円」とあるのですが、国債は元本保証ではないということでしょうか?

また損害(元本割れする)となる場合、具体的にはどうなるのでしょうか?
要するに政府に踏み倒されるということですか?

外国債ならレートの違い等で元本割れが生じる可能性があるのはわかるのですが…

Aベストアンサー

 まず、国債一般について考えます。
 国債は国の借金ですから返済の原資は、国民が払う税金(か、資産を売却して得られるお金)です。日本国の歳出が異常に膨らむか、税収が異常に減少すれば、借金返済にまわすお金がなくなります。これが、「日本国の信用状況などの悪化」に該当します。
 次に、個人向け国債と通常の国債に分けて考える必要があります。 個人向け国債の場合、満期前の換金は、国が国債を買い取ることで行われます。その場合、手数料はかかりますが、券面額で買い取ってくれます。
 通常の国債の場合、満期前の換金は、市場を通じて行います。従いまして、発行金利<市中金利の場合、券面額以下でないと売買は成立しません。また、日本の先行きが懸念されるようになると(つまり、借金を返せなくなるかもしれない、とみんなが思うようになると)、券面額以下でないと買ってくれません。これも「日本国の信用状況などの悪化」の一時例です。

Q国債の価格はどこで調べるのですか?

利付国庫債券の価格の変動の情報はどこで調べたらよいのでしょうか?

経済新聞などに載っていると聞きましたが、できたらネットで情報を得たいのです。

Aベストアンサー

参考URLのブルームバーグの情報ではどうでしょうか?

参考URL:http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報