円において、長さ3の弦ABを考える。長い方の弦ABの上に点Pをとり、∠APB=xとする。
また、sinx=3/4,cosx=√7/4とする。

(1)AP=BPである時、APの長さを求めよ。

という問いで、どのようにしたらよいか分かりません。多分、AP=BP=x
とおいてとくと思うのですが・・・すいません、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>長い方の弦ABの上に点Pをとり、∠APB=xとする。


これ、「長い方の"弧"AB」の間違いじゃないですか。
それから、、「∠APB=xとする」としてるのに、「AP=BP=x」なんて、同じxを使っちゃいけません。

その上でヒントを。
・AP=BPですから、△PABは二等辺三角形です。つまり、∠PAB=∠PBA=θとおけます。
・あと、sinx=3/4,cosx=√7/4から cosθを求めましょう。
(θをxで表して、変形すれば…。)
・PからABに垂線を下ろしてその点をCとします。するとACの長さは?
・cosθとACから、APは計算できます。
    • good
    • 0

PからABに垂線を下ろしてその点をCとすれば、


三角形APCっていうのが、できますね。

この3角形についてわかる事を考えて、
それから○○の定理を使えば、、、、、
APの長さがわかるでしょう。

続きは自分で考えましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報