最新閲覧日:

言葉の意味や概念の本質に関して、ソフィストとソクラテスの考え方の違いは?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

ソフィストはいろんな世界を見てきて旅をして、「こりゃいろんな考え方の人が居るから、物事は一つには決められないな」と考えました。

これが相対主義です。
それに対してソクラテスは、「いやそんなことはない、きちんと順を追って考えれば、誰にでも同じことを納得させられるはずだし、そういうものが真理に当たるはずだ」と考えました。この点で他のソフィストより一歩ぬきんでていたのです。
言葉の意味としては
ソフィスト…説得をする方法(しばしば扇動的)
ソクラテス…全員に説得ができる方法、そしてそれよりも、人に左右されず真理を導き出せる方法
概念の本質に関しては
ソフィスト…人間がたくさん居て考え方が違うから無い。
ソクラテス…皆が納得できる考えが、そして誰からも左右されない考えが本質に当たる。
と言うところではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2006/02/01 16:40

ソフィストというのはたくさんいたのでその質問は無意味だ。

だいたいソークラテースだってソフィストだよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/02 13:07

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ