すみません、何回も・・・「SSI」ってなんですか?全然分からないこと多すぎ・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Server Side Includeの略です。

SSIとはHTML文書の中にWWWサーバで処理する項目の命令やデータを埋め込み、WWWサーバによる処理結果をHTML画面に表示することです。
    • good
    • 0

どうやら、lucasさんは初心者のようで、JavaScriptやCCI&SSIに興味をもたれているようですね。


ただ、こういうことはやはり専門書を頼った方がいいですよ。
私も最初は入門&サンプル書を頼りました。まずはそこからが無難だと思います。

私の場合、秀和システムからでている「だれでもカンタン」シリーズで学びました。今もまだあるかわかりませんが、CD-ROM付属で、サンプル集が入っているのでとても役立ちました。
    • good
    • 0

SSIはサーバーサイドインクルードの略です。



これも、まずサーバーで処理されて、その結果が
クライアントのブラウザに流れてくるものです。
その点ではCGIと同義です。

SSIはHTMLファイルの中に、コメントとして産め込まれまして、
「#」から始まるコマンドの総称です。

CGIと決定的に異なる点は「サーバーによって置きかえられる」という点です。
つまり、HTMLファイルを見ているクライアントにはSSIが
使われたかどうかなんて解らない、という点です。

SSIの使われ方としては、以下のものが有効です。

・テキストファイルの表示
<!-- #include file="表示したいテキストファイル" -->
と書くと、このコメント部分がサーバーに置きかえられ
表示したいテキストに置きかえられます。

・CGIや、サーバー上のプログラムの実行
<!-- #exec cmd="実行したいコマンド" -->
ファイルの一覧だけをクライアントに見せたい場合などに
使用されます。

<!-- #datetime -->
現在時刻に置き換わります。

とまぁ、私のサイトなんかでも、CGIでいちいち書くのが面倒な場合に
活用しています。

ただし、CGIと同じくセキュリティ上の危険が大きいので
禁止・使えなくしてあるサーバーも多いです。
    • good
    • 0

えっとですね、CGIの説明を踏まえた上で聞いて下さい。


さっき、CGIのほうで、HTMLでは毎回同じ物しか表示できないといいました。
CGIは違う物を表示させることができるといいました。
で、SSIはこの中間かな?
CGIは違う物を表示できますが、それはCGIファイルの中でだけです。HTMLの中身を変えるわけではありません。
SSIでは、HTMLでの表示を書き換えることができるんです。
たとえば、アスセスカウンター。
CGIだけでは、HTMLから、画像として呼び出すような使い方しかできません。
が、SSIを併用すれば、HTMLの中でSSIがCGIカウンターを呼び出し、CGIが計算、その結果をSSIがHTMLに書き出し、結果、HTMLにカウント数をテキストで表示する、ということが可能になってきます。

ああ、なんかわけわからん説明になってきた・・・。
だれか、もっと分かりやすく、そして正しく説明してあげてください(苦笑)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報