大学院2年で、現在修士論文の作成に追われています。
精神的に弱いところがあり、専門医の治療を受けていました。
現在も電車や人混み、緊張する前には薬を常用しています。

自分の提出した論文に訂正が入るくらいはなんでもないのですが、論文のことでいろいろ教授と話をしなければならないのに、話をして怒られてしまうのではないかとそれだけでびくびくしてしまっています。

教授のことはとても尊敬していますが、仕事のことについても自分からは率先してお話をしにいくことはありません。精神的な問題についてはそれとなく伝えているのですが、そのせいで仕事をしていない、あるいは出来ないと思われては不本意ですし、今後の研究生活に差し障りがないかと思っています。

自分のこの性格となんとか付き合って以降と思うのですがどうしたらいいか、本当に迷っています。

どうにかして、この症状と上手く付き合いたいのですが、薬とか自律訓練しか方法がないのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

大抵の方は自分に自信ないなんて表には出さずに暮らしています。

言葉に出したら、他の人に何を言われるか分からず、本当に実力を認めてもらえないかもしれない。そんな恐怖を持っているのです。私は医者をやっていますが、プライベートな時は全くダメです。でも仕事の時にはお喋りになってしまいます。自分の専門だからです。そして何より自分のペースで喋れるからです。あなたは院生で研究をされている。ならばそれは大いにあなたに有利じゃないですか?自分の専門の事をうろたえながらでも話をしても、その内容は例えば就職の面接と違って自分の言葉で話しても、教授には伝わると思います。テレビで話す専門家でも何言ってるか分からない場面はよくあります。彼等はきっと真っ白なんでしょうね。あなたは薬を飲んで、治療も受けている。それが逆にあなた自身の自信を喪失させているように感じます。立派に話す必要はないのです。それぐらいの気持ちで臨んでは如何でしょうか。一人で論文を考えて、自分の脳裏ではすいすいと言えるし、受け答えできるでしょう?それを素直に喜んで、俺もやりゃできるじゃない!って大いに喜ぶ事。先先を考えるんじゃなくて、その一言一言をかみしめてゆっくり考えてしゃべりましょう。他の人のペースにあわせる必要はありません。治療、治療って言葉に振り回されないように。あなたは病気じゃありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
確かに研究や論文が気に没頭しているときは幸せを感じます。
自信を取り戻せるなら、お薬をやめてみます。

お礼日時:2002/01/08 00:42

こんばんわ 


あくまでも私の意見ですので、もしお気に触ることでしたらお許しください。

わたしもあまり人と話すのは苦手で、以前に悩んでいたことがありますが、社会に出て自分の意見を主張できるようになったと思います。
cuedaさんは大学院までいかれて、高度な研究もされて立派な方だと思います。なので精神的な病を克服できる力はお持ちだと思います。

cuedaさんの悩みにお答えできるかどうかわかりませんが
一度、自分の環境を変えてみてはいかがですか?
例えば、自分の服装、髪の色を変えてみるとか、思い切って車を買うとか、単車の免許を取るとか、一人で旅行行くとか、料理学校に通うとか一度自分に変化をつけてみればどうですか?
そうすることで自分が何かときめく物ができると思います。
そして周りの人が、cuedaさんの変化に気付き、自然と周りから話してくれるでしょう。

わたしも以前 女性恐怖症で一言も女性と話しすることができませんでした。
しかし、バイトを始める中で、そして髪の毛を染めた時に一人の女性が話しかけてきました。それ以来、その女性と今日は何を話そうかと胸がときめく毎日だったのを覚えています。

そういう経験から、まず、自分ひとりで新しい変化に挑戦すればいかがですか?多人数とやるより気が楽でしょう。そうすれば、何かが見えてくるはずだと思いますが…

Don't worry!Be happy! 好きな言葉です。

仏教の教えに
これからのことは仏のみぞ知る
今の瞬間を大事にせよ

お役に立てましたら 幸いです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
今は時間に追われる立場ですが、明日の晩は久しぶりにおしゃれでもして、美味しいご飯でも食べに行こうと思います。

今を大事に。この言葉大切にいたします。

お礼日時:2002/01/08 00:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ