ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

20代女性です。2年ほど前に退職してから自分の精神が健康なのかずっと気になっています。

退職理由は人間関係や拘束時間の長さ、元々希望していた職種と似ていて労働環境が同じ厳しさなら、好きな事で苦労する方が良いと思い、この仕事のスキルを生かした転職を希望しての事でした。私は人より要領が悪いので自分に余裕が無い事が多く、人付き合いもともと苦手で、仕事が段取り良く進められない事や劣等感から人間関係に壁を作っていたと思います。

退職直後は一人のときに勝手に涙が出て来たり、体に症状が現れ入院したり、その後やりたい事があるのにずっと沈んだ感覚が続いており、何社か派遣登録してフリーターを続け、抜け出したいにも関わらず、あまり人に関わりたくない、友達に誘われてもいつも気乗りせず心から楽しめない、バイトで話が理解できず些細な事に後で激しく落ち込むと言う事がよく有り、これで転職できるか全く自信が無いです。求人を見ては数少ない募集を見つけ、病気が再発しないか、次もまた失敗するかもしれないと躊躇しバイトに甘んじています。
ネガティブ思考なので自分でも鬱の境目がわからず、あるHPの判定テストを受けてみるとその傾向があると出ますが、病院選びを失敗し鬱ではないのにそう診断されるのじゃないかとか、薬を服用し続けることにも不安があり、未だに診察を受けたことはありません。鬱ではなくただ甘えているだけと思ったり、ある時は落ち込みが激しく何故にこんなに精神が弱くなってしまったんだろうと自分でも情けなくなる時があります。似た経験をお持ちの方、克服された方、なにかご意見をお願いします。また、千葉県(北西)でどこか良い心療内科をご存知の方がいましたら、教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も実は鬱(多分)の経験があります。


顎関節症で20代後半から歯科矯正をするハメになり、矯正器具を付けているとチョットした食べ物を口に入れるだけで痛くて食べることができませんでした。母はそんなことは理解できず(自分に経験がないこと、忘れてしまったことは想像すらしようとしない)食べない私に怒鳴りつけたりしました。
どんなものが口に入るのか・・・そんなことを考えれくれたら良かったのですが、食べなかったために身体は勿論痩せていくし、記憶も曖昧になり、人間不信になり、夜独りぼっちになると涙が出てきました。当然、人間関係も変になりました。
その後は何とか食事も出来るようになりましたが、鬱を引きずって生活をしていたこと、仕事も激務になったことで、ある日突然キレてしまい事業主とケンカの末事務所を飛び出してしまいました。
暫くの間、仕事をすることが怖かったです。辞めた次の日からペンを持つことが出来なくなり、現在もまだ後遺症が残っています。
私が本当に立ち直ることが出来たのは現在の上司に巡りあった事です。仕事することに自信がなかった私をほぼ無理やりに入社させてくれたり、決算、税法、社会保険などの知識があっても鬱だから小さくなっていた私をサポートしながら前へ押し出してくれたり、失敗してもホローをしてくれたり、病気になっても見放さないでくれたり・・・だからこそ今はその人のために一生懸命勉強して前へ行くことが出来るようになった気がします。
他人に出会うこと、これは運命と勇気なのかなぁと最近思うようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き有難うございます。

「ーーー夜独りぼっちになると涙が出てきました。当然、人間関係も変になりました。」
少し事情は異なるようですが読んでいて涙が出そうでした。体の事で精神が弱くなる事は本当に辛いですね。
周囲の人は経験していないので見守るしかできず理解
は難しい、自分も迷惑をかけたくないので立ち直りたいと思っていても心の問題はどうする事も出来ませんでした。
入院後、目指していた事を仕事が出来なくて諦める前に体の為に挑戦すら諦めるということを自分の中でなかなか処理できませんでした。

「私が本当に立ち直ることが出来たのは現在の上司に巡りあった事です。」
「他人に出会うこと、これは運命と勇気なのかなぁと最近思うようになりました」

colin_mayさんが本当に羨ましいです。心が弱っても飛び込んで行けた事もこの人の為に頑張ろうという人に出会えた事もです。

「仕事することに自信がなかった私をほぼ無理やりに入社させてくれたり」
捜そうとしてもなかなか見つからなそうですね。
一貫性のある経験の積み重ねもきっと受け入れられた理由ですよね。私はこれから未経験の職種に行きたいのですが
どこに行ってもその時々にもっと良い方法があったかもしれないのに克服できなかった事が同じトラブルを招きそうで怖いと感じています。

いつか進むぞ!と思えたときにcolin_mayさんの言葉を思い出します。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/02 00:13

#2、補足です。



「自分の心の内を話すのは苦手」、それは誰でも同じです。
悩みや迷いを思う存分話せれば、その事だけで、話した本人の気は軽くなるのですが、かといって、誰にでも話せるものではないし、どう話せば分かってくれるだろうかとよけい迷うというか、焦るというか、そんな気持ちも湧いてくるし。
でも、その点、経験の深いカウンセラーさんなら、こちらが何を話そうかななどと考えなくとも、上手に話を引き出すというか、誘導するというか、してくれるはずです。
そうして約30分~1時間ほど、いろいろ聞かれたり、それに答えたりして、それを何回か繰り返すうちに、話している本人が、「ああそうか」「ああそうだったのか」と何かに気づく、少しは気が軽くなったり、ちょっぴり自信が持てたり、こうしてみようかなと思えたりするようになっていく という感じです。

#4さんがおっしゃるような、病院に行って「うつ病です」などといきなり言う様な先生や、ろくに話も聞かずに「はい、ではこのお薬。これは気持ちを楽にするお薬で、これは気持ちを明るくするお薬。それにこれはよく眠れるためのお薬。お大事に。」などと処方箋を書くことを仕事にしているような先生なら、さっさと転院なさい。
どちらかというと、有名医科大学の付属病院などですと、重症の患者さんが多いせいか、やや上記のようなきらいがあるようですが、でも大多数の心療内科のクリニックでは、いきなり「あなたは鬱病です。」なんて、通告しないはずです。
そもそも、「鬱的兆候」と、「鬱的症状」と、「鬱的病状」と、「鬱病」とは、みんな違いますから、そんなに軽々しく「あなたは鬱病です」などと診断出来ないし、もし診断するのでしたら、それは適切なお医者さんではないでしょう。
それなら逆に、小さい町の中のクリニックなら良いかとなると、それはそれで、良い先生も、そうでない先生も、玉石混淆のように感じます。
特にカウンセリングは、時間がかかる割合に、先生側から見れば収入にならないのか(??この部分は無視してください、私の単なる勘ぐりですから。事実は全く知りませんので。)、良いカウンセラーと連絡を取り合って、カウンセラーさんのほうに関しても保険が使えるようにして、診てくださる先生は、なかなか見つけにくい気がします。

心療内科の先生ご自身が、問診の中でカウンセリングの要素も入れて接してくだされば最高ですが、先生は一人の患者さんに割ける時間が少なく、そこまで十分にはなかなか期待できないのが実情のようです。
出来れば口コミで、どなたか経験された方からご紹介いただけると良いのですが……… 。

蛇足だったかも、知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみませんでした。
「蛇足だったかも、知れません。」
とんでもないです。気にかけていただいてありがとうございます。
「経験の深いカウンセラーさんなら、こちらが何を話そうかななどと考えなくとも、上手に話を引き出すというか、誘導するというか、してくれるはずです。」
そうなんですね。少し安心しました。
自分が鬱かどうか気にしだしたらなんだか泣きたくなることが多くなり、ますます気分がどんよりして、これはまずいやっぱり自分を偽らず話をしてみたいと思いました。ですが、不安定な生活をしている為金銭的な余裕が無いのでまず地域保健福祉課と言う所を利用してみようかなと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/02/10 00:41

こんにちは。

自分への要求が高く、無理しすぎてウツになりかけた女です。私は病院にいかずに復活しましたが、今思うことは本当に病院にいかなくて良かったということです。病院に行って「うつ病です」なんていわれたら長引いていただろうなって思うのです。

体験してみて思うのはうつ病は「自分を大事にしないこと」の連続でなる病気です。「自分いじめ」の病気なんです。

私は自分いじめのサインに気づいて幸い医者に行くほどにはなりませんでした。大事なのはうつ病かどうかの診断ではなく、快適に生きていくことです。質問者さまが今、辛いのであれば、うつ病かうつ病でないかにかかわらず、自分を見直すことが必要です。

人間生きていれば、憂鬱なことも落ち込むこともあります。でもたいていの人間はそこで自分を励ましてあげるわけです。「いいじゃない、つぎ試験に落ちても自分は許してあげる」というふうに。
ところがうつ病になる人はそこで自分のしりをひっぱたきます。「何してんだ、こんなじゃ人間として失格だ、自分は甘えている、もっとちゃんとしなきゃ。明日から一日10時間勉強だ」というふうにそこでますます自分をいじめてしまう。せっかく体や心が「落ち込む、辛い」というサインを出しているのに。

そのサインを無視し続けるとうつ病になってしまうわけです。
質問者様は辛かったのでしょう。以前の職場が。ちゃんと自分の辛かったことをケアしましたか?まだひきずっているのではないでしょうか。自分は甘えているだなんて思わずに、自分の心の叫びに耳を傾けてあげてください。自分にウソをついてはいけませんよ。辛いときは辛い。その訴えを「甘えている」の一言で片付けてはあなたがかわいそう。
人間は自分を無視したり、ウソをついて生きられないんです。自分を無視し続けるとうつ病になってしまします。次また失敗しても自分を許してあげましょうよ。

この回答への補足

お礼が遅くなってしまいましたが、回答頂きありがとうございました。
自分に厳しかったとか要求を高く設定しすぎたとは言えないかもしれません。できなかったことへの後悔が強かったと思います。
自分のサインを見逃していた事や自分の体を労わっていなかったこと、あの時こう接してあげたかったとか、自分のあの態度は最悪だったと言う事が全て退職した後しばらく自己嫌悪の津波ように自分に押し寄せてきてしまい、自分の体の一番弱い所であり仕事でも健康である事が当たり前な部分に支障をきたしてしまいました。何度も自分を見直し、負けたまま諦める事になったことが更に引きずってしまう原因になったと思います。この職を失って他になにをすれば良いのか(何がしたいか、何ができるか)解からず迷いつづけています。
年齢的にも若さでなんとかできなくなって来てますし、焦ってきているので次は失敗したくないとも思って慎重になっています。
失敗を恐れずなんとか気力を取り戻し勇気を持って次に進みたいという気持ちだけは持っています。

補足日時:2006/02/05 23:17
    • good
    • 0

鬱なのか甘えなのかは、つまるところ、医師が判断するものでしょう(医師以外が決めつけるのは、たしか法律的に問題があったはず)。



というわけで、いちど診察を受けてみてはいかがでしょうか。
鬱でないなら鬱でない、鬱なら鬱と、きちんと見きわめてくれることでしょう。

千葉県の心療内科については、私は詳しくないので、ありきたりな回答かもしれませんが、地域の保健所に相談してみることをおすすめします。

参考URL:http://www.pref.chiba.jp/dailylife/lifeinfo/heal …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
「鬱なのか甘えなのかは、つまるところ、医師が判断するものでしょう(医師以外が決めつけるのは、たしか法律的に問題があったはず)。」

確かにどちらかを答えたら医者以外の診断ですね。誰にも相談せず限界に来ていたのでおかしな質問をしてしまいました。すみませんでした。

url参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/03 01:09

wabisukekoさん、今晩は。



ずいぶんお悩みになっておいでで、さぞおつらいことと、お察しいたします。

お話を読ませていただいて、お勧めしたいと思いましたのは、カウンセリングもお願いできるような心療内科を、一度受診されてはどうだろうかということです。

今のお気持ちが、ご自身の生来の性格に起因しているのか、それとも最近の状況から鬱的症状があらわれているのだろうかということは、あまりお考えにならなくても良いのではないでしょうか。

薬を飲むのは心配だとお考えなのはよく分かりますし、差し当たり今の段階ですぐにお薬は必要がないように感じられます。

むしろ、カウンセリングという形で、いろいろ考えてしまわれるお気持ちを、きちんとした第三者に受け止めてもらいながら、ご自身の頭の整理というか、気がつかなかったことに気づかせてくれるような機会を持たれることが、差し当たりまず、望ましいように思われます。

カウンセリングは、自由診療になるケースが多く、そうすると1時間弱くらいの受診が、1万円位のお値段になってしまうのですが、心療内科の先生の管理下でカウンセリングを受けるという形にできると健康保険の適用が可能らしく、そうすると一部負担で済みますので、そんな点も含めて、ホームページなりで、お探しになってみてはいかがでしょうか。

何かのきっかけで、何かに対して今よりフランクになれるとか、何かに対して今より自信が持てるようになるとか、そういったことに思いがけず出会えたときに、今のお気持ちは、嘘のように一気にカラリと、晴れます。

お薬は、たぶんその転換の、お膳立ての手助け、縁の下の力持ちになってはくれも、直接の原動力、主役には、なってくれないでしょう。

それをかなえて下さるような良い心療内科の先生と、カウンセリングの先生の組み合わせを、お近くでご紹介できればいいのですが、あいにく都内の事例しか、承知しておりません。

その上、お薬との相性以上に、カウンセリングの先生との相性は、その効果に対して決定的な要素を持つように思います。
カウンセリングは、お薬の選択のようには単純には行かず、誰かにとってはとても良い先生だとしても、それが誰にとっても必ず良い先生だとはいえないはずです。
結局は直接カウンセリングの先生に一度お目にかかって、さてそれならこの先、あらためてまた、この先生とじっくり話してみようかな と思えるかどうか、そのあたりがキーポイントのように思います。

お医者さんには失礼かも知れませんが、患者の側から見れば、合う合わないで次の所に代えることも許されるサービスの一つと思いますので、カウンセリングを受けることを念頭に置いて、気楽に一度、心療内科を訪ねてごらんになることを、お勧めしたいと思います。

カウンセリングは、直接その場で何かを教えてくれたり直してくれるという感じではなく、一体これで効き目があるのだろうかと、まだるっこしいようにお感じになるかも知れません。
それこそ時間を掛けて、ゆっくりと、何かに気づかせてくれるという感じですので、あまり焦らずにお受けになってみて下さい。

でも、何にもましてカウンセラーに対する信頼感が必要ですので、実際お受けになってしっくり来ないような方でしたら、ご縁がなかったと思って、他をお探しになると良いと思います。

GOOで、千葉で、検索したら、下記のURLが出てきましたので、ご参考になるかどうか分かりませんが、付記いたします。

参考URL:http://search.machi.goo.ne.jp/search?locd=Lo6&pc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「カウンセリングもお願いできるような心療内科をーー」
心療内科について何も知らなかったので丁寧にお教え頂いて感謝します。

「誰かにとってはとても良い先生だとしても、それが誰にとっても必ず良い先生だとはいえないはずです。」
やはり良い心療内科は?では無く自分に合った先生のいる心療内科を捜すべきなんですね。URL参考にさせて頂きます。

自分の心の内を話す事が苦手なので少し緊張しますが一度受診してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/03 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング