カテゴリが合っているかどうかわかりませんが・・・・
聴導犬ってベストを着ていると思うのですが、あの色はなぜオレンジ色なのですか?
他にも決まっていることなどあるのでしょうか?
教えて下さい。

A 回答 (2件)

聴覚障害者は、見ただけでは障害のあることが判らないことが多く、聴導犬の仕事に特別なハーネスは不要なため、聴導犬と判りにくいことがよくあります。



ですので、聴導犬は目印としてオレンジ色のリードと首輪、またはベストを着けています。

アメリカではオレンジ色のベストを着用させることによって、公共施設やレストランなどへ、聴導犬を同行させることができます。

アメリカで決められたことを、そのまま日本で導入しているので、オレンジ色のベストになったのではないでしょうか?

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~hearingd/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HPみました。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/22 08:39

聴導犬は目印のためにオレンジ色のリードと首輪、又は「日本聴導犬協会」と書かれたベストを着けています。


この色の由来はわかりませんが、アメリカでは法的に認められているベストだそうです。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。色の由来って特になさそうですね。

お礼日時:2002/01/22 08:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聴導犬、介助犬の歴史について

こんばんは。Laz04と申します。

課題で補助犬について調べることにしたのですが、
盲導犬はたくさん資料が見つかりましたが、
聴導犬、介助犬についてなかなか調べることができません。

聴導犬、介助犬の歴史(世界・日本ともに)をご存知の方、
いらっしゃいましたら、教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ

聴導犬、介助犬の歴史
http://www.hearingdog.or.jp/arimamoto/hojokenkouza2.htm

聴導犬の歴史
http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10050/hear.html

介助犬の歴史(アメリカ)
http://www.geocities.jp/mhdgm704/amerikanorekisi.htm

介助犬の歴史(日本)
http://www.geocities.jp/mhdgm704/nihonnorekisi.htm

こんなところでしょうか。
お役にたちますでしょうか?

Q盲導犬、介助犬、聴導犬の受け入れについて

ホテル関係者です。2003年10月より補助犬の受け入れをするようになったのですが。お客様の受け入れは通常どうりのサービス+αとして行うのですが、一緒に来た補助犬をどのように対応したら良いのかわからないので教えていただきたいのですが…食事、排泄、またこういうものがあったらいいという貸出品等はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

全日本補助犬パートナーの会&全日本補助犬育成の会というところで相談を受け付けています。サイト内に補助犬相談室というカテがあります。
尋ねてみたらいかがでしょうか?

参考URL:http://www.adjapan.net/

Q聴導犬について

カテゴリが合っているかどうかわかりませんが・・・・
聴導犬ってベストを着ていると思うのですが、あの色はなぜオレンジ色なのですか?
他にも決まっていることなどあるのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

聴覚障害者は、見ただけでは障害のあることが判らないことが多く、聴導犬の仕事に特別なハーネスは不要なため、聴導犬と判りにくいことがよくあります。

ですので、聴導犬は目印としてオレンジ色のリードと首輪、またはベストを着けています。

アメリカではオレンジ色のベストを着用させることによって、公共施設やレストランなどへ、聴導犬を同行させることができます。

アメリカで決められたことを、そのまま日本で導入しているので、オレンジ色のベストになったのではないでしょうか?

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~hearingd/

Qある介護施設(ベストライフ)を二週間で退職しました。給料は入りますか?

ある介護施設(ベストライフ)を二週間で退職しました。給料は入りますか?

Aベストアンサー

どのような退職理由か知りませんが少なくとも雇用契約はしてあるんですよね?
まさか雇用契約すらしてなければ2週間ボランティアで来てもらってたとかって言われたとしても
物的証拠が無いので厳しいです。

っで雇用契約しているのであれば働いていた時間給分はもらえます

Q聴導犬を訓練する施設について

日本には聴導犬を訓練する施設はどれくらいあるのでしょうか?
検索等しても個別の団体は見つかりますが、総合ページのようなものは見つかりませんでした…。
どなたかお願いします!!!!

Aベストアンサー

勘違いをしていました。
同じくYahooのカテゴリー これの方が良いです。
ホーム > 自然科学と技術 > 生物学 > 動物学 > 動物、昆虫、ペット > 哺乳類 > 犬 > ワーキング・ドッグ >

Qパイオニア 助聴器 フェミミについて

私は少し難聴気味で、居酒屋などの騒がしいところで会話するのに、聞き取れなく困っています。
「フェミミ」http://www.pioneer.co.jp/topec/product/accessory/femimi/
に付いて、ネットで知り、評判が良さそうなので関心があのですが、お聞きしたいことがありあす。

この機械は、人の声のみを拡大するものですが、ファミレスや居酒屋などでは、人の会話が騒音になっているので、その騒音も拡大してしまいそうですが、効果があるのでしょうか?
メーカーに問い合わせると、効果があるといいますが、何故効果があるか説明もなく、信じきれない状況です。

誰か、使っている方、その辺、どうなのか教えて下さい。m(_ _)m

また、マイク付きイヤホーンを使う、トランシーバーを使うのも友人間ではいいのではと考えていますが、何か面白い方法があったら、教えて下さい♪

Aベストアンサー

補足をかなり詳しく書いて下さいまして、ほんとうにありがとうございます。
より適切にアドバイスをさしあげられると思います。

さて。
補足を拝見したかぎりでは、どうやら典型的な感音性難聴のようですね。
感音性難聴は「音そのもの」は比較的よく聴き取れるのですが、こと「言葉」になると、聴こえていても聴き取れない(=言われている内容を理解できない)という状態になるのです。
そうそう。コンサートなどに出かけると、もっとよくわかりますよ。
インストゥルメンタル(演奏だけ)なら問題がないのに、一度ボーカルが入ってしまうと、歌詞がなかなかわからなくなってしまったりするのです。
そのような経験はないですか?

こもった声が聴きづらい、というのも、これまた感音性難聴の典型的な特徴。
広いホールでの講演などが聴きづらい、というのも同様です(実は、かなりこもってしまうか、あるいは、逆に拡散していってしまうせいです。)。

周りが騒がしいと聴き分けがむずかしくなる、というのも、やはり感音性難聴の特徴です。
これは、感音性難聴によってダイナミックレンジがとても狭くなってしまうためです。
ダイナミックレンジというのは、「音を余裕を持って聴く分けられる幅」のこと。幅の広さは「どの高さの音まで聴き取れるか」というものさしによって数値化できます。
腕のいい耳鼻科医か補聴器屋さんで算出してくれますが、聴力のdB値以上にものをいうのが、このダイナミックレンジです。

スーパーサウンドハンターは超指向性望遠マイクというもので、ねらった音だけを遠くからキャッチしてくれます。
指向性の切り替えもできますよ。周りの音も一緒に拾うか、それとも狙った音だけを拾うか、2つを切り替えることができるのです。
後者にすると、ほんとうに雑音が激減しますよ。補聴器の代わりとしても十分使えるほど強力です。
感音性難聴でしたら、フェミミよりもスーパーサウンドハンターのほうを強くおすすめしたいと思います。
なお、イヤホンは、必ずステレオ形式になっているものを選んで下さいね(製品に付属していると思いますが)。
片耳だけしかないものですと、聴こえがアンバランスになってしまって、かえってとても聴きづらくなってしまいます。
余談ですが、補聴器も全くそのとおりで、できるだけ両耳につける(注:片側がそれほど聴こえが悪くない場合でも。)と、劇的な効果があります。

前回紹介させていただいたケータイメールの利用ですが、あの方法は、ろう者はほとんど使わないです。
というのは、ろう者にとっては手話よりも優れた手段ではないから。手話に勝るものはないんですよね。
それに加えて、ろう者は文字の使用を苦手にする人が多いのです。生まれつき聴こえない人が大半なので、その障害ゆえに、言葉をうまく使いこなせないんですよ。
話し言葉だけではなく、書き言葉も。両者は連繋していますから、話し言葉と書き言葉とが結びついてゆきにくい(=聴こえないため)以上、どうしても書き言葉にも苦労を伴ってしまうんです。
逆に、難聴者や中途失聴者の場合には、少なくとも「聴こえ」は残っていますから、言葉を理解する能力に欠けることはありません。話し言葉も書き言葉もよく理解できるわけですね。
ですから、難聴者や中途失聴者にとっては、手話ではなく、むしろ文字を使ったコミュニケーションのほうがベターです。
そういった違いがあるので、「聴覚障害者」として十把ひとからげにしてはいけませんし、それぞれの聴こえの違いに応じて対応方法を区別してゆく、ということが大切になってくると思いますよ。

そのほか、ワールドパイオニア社のサイトをぜひごらんになってみて下さい(参考URL)。
聴覚障害者専門グッズを扱っている稀有な存在の会社で、関係者の間では非常に有名です。
ここに問い合わせていただくと、さらに有益な情報が得られると思います(グッズをたくさん紹介した本なども売っています)。

参考URL:http://www.wp1.co.jp/

補足をかなり詳しく書いて下さいまして、ほんとうにありがとうございます。
より適切にアドバイスをさしあげられると思います。

さて。
補足を拝見したかぎりでは、どうやら典型的な感音性難聴のようですね。
感音性難聴は「音そのもの」は比較的よく聴き取れるのですが、こと「言葉」になると、聴こえていても聴き取れない(=言われている内容を理解できない)という状態になるのです。
そうそう。コンサートなどに出かけると、もっとよくわかりますよ。
インストゥルメンタル(演奏だけ)なら問題がな...続きを読む

Q盲導犬・聴導犬は本当にHappy?

(「福祉」のカテゴリーの方が適当かもしれませんが)

誰も犬の意見は聴けないことは解かっています。
それに,100人・100匹,誰にでもHappyな世界なんてあるわけないことも。

「お前だって自分が生きて行くために生き物を食べているだろう」的なレベルのことはどうぞお書きにならないで下さいね。
でも,からだの不自由な人の人生のために「利用」されているとしか思えない盲導犬・聴導犬達のTV番組などを見るととても心が痛みます。

訓練士は「反射的にやっているから犬は辛いとは思っていない」などと自己弁護(?)もどきを言っていますが…。

障害者が家族として愛情を注いであげればそれでよしとする?
捨て犬が命拾いしたんだからそれでよしとする?

いろんなご意見があると思いますが,私にとっては
障害者の方達の「利便」より,犬が「快適」だと思える状況の方が大事なのです。(反論もあるでしょうが…)

漠然とした質問ですが,みなさんの思われることを聞かせて下さい。

Aベストアンサー

幸せというのは互いに信頼関係にあることがポイントです。盲導犬が訓練の末に人間を助けるのだとしても、人間と犬の間に深い信頼がないと盲導犬として役に立ちません。

犬が不幸であるとしたら、サーカスのライオンが鞭でたたかれながら言うことを聞くみたいに、もっと険しい表情になると思います。盲導犬の顔はどれを見てもやさしいです。買主に利用されているというようりも、信頼されているということが分かっているからです。

信頼され、誉められて生きるということがどんなにすばらしいか。人間だって同じです。犬と人間は共生できていると思います。

名古屋の繁華街に主人を交通事故から守ろうとしてみずから足を無くした盲導犬の銅像があります。皆さん感動して、自然と犬の像をなでていきます。

今夜(6月16日)の夜9時過ぎからNHKで盲導犬の一生のドラマが始まります。互いに利用したり利用されたりではなく、愛情をもって接することの大切さ、すばらしさを語ってくれるのではないかと楽しみにしています。

Q中途失聴者の悩み

中途失聴者です。日頃の苦労話など話合えるサイトを探しています。ご存知の方、または参加されている方がみえましたら、どのような情報でもけっこうですので、ご紹介ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このサイトはいかがでしょうか?

http://www.geocities.jp/mumps_deafness/

掲示板
http://6716.teacup.com/munpusu_nantyou/bbs

あまり詳しくないのでよろしければどぞ。

Q補助犬法という法律で盲導犬や聴導犬の受け入れが義務付けられていて拒否できない…うーん、教えて下さい❓

http://news.goo.ne.jp/article/kahoku/region/kahoku-01_20161203_13019.html

このニュース報道に、ちょっと待てよ、と直感しましたので、教えて下さい。

盲導犬4頭を断った航空会社がケシカラン的に報道されていることに、チョットなぁ感を…。

なら例えば、10頭や20頭の盲導犬や聴導犬を伴った障害者の方々が、たまたまでも実際に発生してしまっても、航空会社や飲食店やらは、お断りする(もちろん丁寧に説明した上で)ことできずに、全くもって拒否することできないのですか❓
例えば、小さな飲食店なんかだと、4頭連れで入られたら物理的にも営業的にも大問題になってしまうんではないでしょうか❓

どうなっているんでしょうか❓教えて下さいませんか。
そもそも、こんなことを法律でもってワザワザ縛らなければならないということに違和感というか情けなさを感じてしまうんですがねぇ。

Aベストアンサー

基本的には、拒否できないと思いますが、
そこは、例にもありますように、お店の規模から考えて
物理的に無理な場合は、断れると思います。
今回の航空会社のケースは、物理的に可能だったではないのでしょうか。

人の価値観が最近は、あまりにも多様化して
法律でワザワザ縛らないと、判断がばらばらになってしまったと思います。
それと、ひと昔前は、公共の場へ出る事を控えていた人たちが
社会進出がでてきており、それに社会が対応しきれていないと思います。

それは受けいる側、進出する側がどちらもだと思います。

Q転院先・・・どうするのがベストだと思いますか?

母が脳出血で倒れて、9ヶ月目に入りました。右半身が麻痺の状態になっています。

今はリハビリが充実している病院に入院していますが、転院を勧められています。
リハビリをしてももうこれ以上はよくならない、という見解からと、
この病院に転院してから3ヶ月以上経つので、
病院にとっても不利益であることなどから、転院を勧められています。

ま、それはいいとして・・・

今度の転院先なんですが、
やはり、リハビリの充実したところに入れたいって思っています。
それはなぜかというと、やはり、著しく向上しているように思うからです。
そこで、とある病院を見つけたんです。そこは毎日リハビリをしてくれるそうなんです。
ほとんどの老健施設は、週2回しかリハビリをしてくれないのに、
そこは毎日してくれるそうなんです。

でも、場所が遠い・・・

私の妹は、今現在、毎日仕事の帰りに母の病院に通っています。
でも、この病院に変われば、仕事帰りに毎日行くことはできなくなるんです。

私は市外に住んでいて車で片道2時間くらいかかりますが、専業主婦ですから
週に2度ほどは行くことができます。


妹は、
「毎日行ってあげないと母が寂しがる」って言いますが
母は、意識はあるものの、言葉もあまり出ることはなく、
痴呆ではありませんが、いろいろなことがわからない状態です。


リハビリで、少しでも身体を動かしてもらう方が
今後のためにもいいって思うのですが・・だいたい、ここにずっといるわけじゃないんです。
また3ヶ月経ったら、どうせすぐ転院なんです。


だったら、
リハビリを毎日してくれるところに3ヶ月でも入れてあげるほうが
母のためにはいいって思うんですが・・
妹は、毎日行ってあげられないから、それは母がかわいそう、といって
聞き入れません。
妹としては、自分が会社帰りに寄る事が出来る、
近くの老健施設がいいって思っているんです。


どちらがいいって思いますか?


毎日病院に行って、母に顔を見せてあげる方がいいですか?

それとも、週に一度くらいの訪問だけで、後は病院に任せて
リハビリを毎日してもらうほうがいいですか?


私は、リハビリをしてもらいたいのです。

妹の気持ちもわかるのですが、どうすればいいかわかりません。



アドバイスをよろしくお願いいたします。

母が脳出血で倒れて、9ヶ月目に入りました。右半身が麻痺の状態になっています。

今はリハビリが充実している病院に入院していますが、転院を勧められています。
リハビリをしてももうこれ以上はよくならない、という見解からと、
この病院に転院してから3ヶ月以上経つので、
病院にとっても不利益であることなどから、転院を勧められています。

ま、それはいいとして・・・

今度の転院先なんですが、
やはり、リハビリの充実したところに入れたいって思っています。
それはなぜかというと、やはり、著しく向...続きを読む

Aベストアンサー

お母様のお歳が判らないのですが
書かれてる内容からそれなりのお歳なのでは?と思います。
>著しく向上しているように思うからです。
ご質問者様の気持ちも判りますが、障害に対して「慣れてきた」から上記のように思われるのでは無いでしょうか?
出来れば毎日会話が無くても「居てくれる」が大事かと思いますよ。
なので私は妹様のご意見に賛成。
もしかしたらリハビリ目的で週1回の面会なら「痴呆症」が出るかも知れません。
病院の職員は妹様と同じ事は行えませんので・・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報