アカパンカビを液体培地で培養していると、たまにコンタミで培地が青緑色になることがあります。いったい何にコンタミしているのか不思議でなりません。誰に聞いても知らないというのですが、どなたかご存知ないですか。
 使っている培地はWestergaard培地で、三角フラスコに綿栓をして37℃で振盪培養しています。なお、遠心すると緑色の成分は上清に残ります。
 別に解らないからといって困ることではないのですが、気になるのでご存知の方がいらっしゃいましたら御返事お待ちいたしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

液体培地のようですから培地が変色するとなると、細菌の混入が考えられます。



青~緑なら緑膿菌あたりでしょうか?

これなら、変色した培地を白金耳でとり、鏡検するか、グラム染色、もしくは寒天培地にストリークして培養すればすぐわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
件の培地は取り敢えず4℃で保存してあるので、さっそく
緑膿菌の線で調べてみようと思います。

お礼日時:2000/12/20 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌培養の液体培地

大腸菌で目的タンパク質を発現させる時の液体培地ですが、LB培地のほかに何がありますか?プロトコルに選択培地と書いてあるのですが、やっぱり培地はベクターやコンピテントセルの種類などで変えたほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

以前に大腸菌に作らせた組み替え蛋白の可溶化効率が悪くて困ったことがあります。そのときは、培養温度を25℃に下げたところ少々改善されました。蛋白質の生産が緩やかな方が可溶化効率はよいようです。
可溶化の際にバッファーに界面活性剤を入れておられますでしょうか。TritonやNP-40も試しましたが、オクチルグルコシドが比較的良好でした。

Q細胞培養での細菌のコンタミ

細胞培養の初心者ですが,細菌のコンタミに関して質問です.
0.2マイクロのシリンジディスク型フィルター(ミリポアのMillex-LG,#SLLGH25NS)でろ過した培地のみをインキュベートしたにもかかわらず,細菌らしきものが観察されました.ひょっとするとマイコプラズマでしょうか?しかし,マイコプラズマは顕微鏡下では観察できないですよね?
ちなみに培地には抗生物質(ペニシリン+ストレプトマイシン)を標準濃度で加えております.比較のために5倍濃度も調整しましたが,全然効果がないようです.
原因を探るべく,いろいろと条件比較をしておりますが,どうやら血清が怪しいことがわかりました.血清の添加は液体培地をフィルター滅菌してから加えておりました.通常,血清は滅菌する必要はないと聞いたのですが,分注するときにコンタミしたのでしょうかね?あまり考えられないのですが.
そこで質問です.
Q1.シリンジディスク型フィルターのろ過滅菌の有効性についてコメントしてください.
Q2.細菌に有効な抗生物質(比較的安価なもの)で,いいものがあれば教えてください.いまのところ,アンピシリンとカナマイシンを考えております.
Q3.血清の滅菌について,どのように対処されていますか?ろ過滅菌では目詰まりが酷いと思われますが...

アドバイスをよろしくお願いします.

細胞培養の初心者ですが,細菌のコンタミに関して質問です.
0.2マイクロのシリンジディスク型フィルター(ミリポアのMillex-LG,#SLLGH25NS)でろ過した培地のみをインキュベートしたにもかかわらず,細菌らしきものが観察されました.ひょっとするとマイコプラズマでしょうか?しかし,マイコプラズマは顕微鏡下では観察できないですよね?
ちなみに培地には抗生物質(ペニシリン+ストレプトマイシン)を標準濃度で加えております.比較のために5倍濃度も調整しましたが,全然効果がないようです.
原因を探る...続きを読む

Aベストアンサー

Q1: ディスクの下側(液が出てくる側)さえ滅菌的であれば大丈夫です。また、滅菌した溶液を受けるチューブは滅菌されてますか?

Q2:ゲンタマイシンをお勧めします。P/Sでは耐性菌が生まれやすいですが、ゲンタではまずそのようなことは起こらないといわれています。

Q3:血清を加えた培養液(10%あるいは5%)をフィルター滅菌することをお勧めします。ただし陰圧にしすぎると泡が発生して返ってコンタミの原因になりますのでうまく調節してください。

まず、本当に細菌なのか、細胞のDebrisなのか確認されたら如何でしょうか。細胞種(特に接着系細胞)によってはDebrisが多く観察される場合があります。

Q細胞培養におけるカビのコンタミで困っています

細胞培養のカビのコンタミで悩んでいる修士課程学生です。
カビのコンタミに関して原因や対策を模索しているところですので、何かアドバイスございましたら知恵をお借りしたいと思い、質問させて頂きました。

私が所属するチームでは、全員が細胞培養(ほとんどがヒト癌細胞)を行っています。
この1か月半ほどの間、カビのコンタミに悩まされています。
誰か一人の問題ではなく、ビギナーから培養経験4年目まで様々なメンバーで連続してコンタミに悩んでいる状況です。
チーム内の約7割のメンバーがここ1か月半にコンタミさせました。(いずれも同じカビ)
1週間に1度は誰かがコンタミさせてしまうくらいの頻度です。
これまでに、酵母のコンタミは経験したことがありますが、カビは初めてですし、それも1年に1度あるかないかくらいの頻度でした。

現在悩まされているのは、白い糸状のもので、平板状のマリモのようなコロニーを作ります。
これまで講じた対策は以下の通りです。

・メディウム、トリプシン等のコンタミチェック
・クリーンベンチ内の清掃(70%エタノール)
・CO2インキュベーター内のホルマリン燻蒸


これまでと変化した点としては、昨年秋にラボの引っ越しがあり、昨年夏までとは培養室の環境が変わりました。
新しい部屋での初めての梅雨及び夏を迎えたのですが、例えば空調や換気扇などの性能やメンテナンス状況によって培養室内の換気が悪かったり、カビが蔓延してしまう環境となってしまった場合、いくらクリーンベンチ内で作業していたとしてもコンタミが増加することはあり得るのでしょうか。
(換気扇や空調のメンテナンスは大学側が管理していますが、数ヶ月に1度業者さんが清掃してくださいます)

曖昧な質問となり大変申し訳ありませんが、このような経験が初めてのため、どうして良いか分からない状況です。
何かアドバイスございましたら宜しくお願いいたします。

細胞培養のカビのコンタミで悩んでいる修士課程学生です。
カビのコンタミに関して原因や対策を模索しているところですので、何かアドバイスございましたら知恵をお借りしたいと思い、質問させて頂きました。

私が所属するチームでは、全員が細胞培養(ほとんどがヒト癌細胞)を行っています。
この1か月半ほどの間、カビのコンタミに悩まされています。
誰か一人の問題ではなく、ビギナーから培養経験4年目まで様々なメンバーで連続してコンタミに悩んでいる状況です。
チーム内の約7割のメンバーがここ1か...続きを読む

Aベストアンサー

クリーンベンチ何の塵埃測定をしたらいいですが、
パーティクルカウンターが要りますので、

かび用の培地平板を作成し、クリーンベンチ内で、
開放しておきます。

それで生えてくる様なら、クリーンベンチ内で汚染されています。
それで生えてこないのなら、他の要因で、汚染されているということですね。

実験者は、消毒していますよね。

Q培養細胞のコンタミ

ヒトの培養細胞を知り合いから送ってもらったところコンタミ(たぶん酵母)があり困っています。

コンタミのある細胞は捨てるしかないでしょうか?

あるいはコンタミを除く方法はありますか?

Aベストアンサー

あまり望みがないので捨てることが多いです。もう一度送ってもらえるならそうするほうがいいです。酵母ならファンギゾンなどが除去に使える可能性がありますが、細胞毒性持つよくそのため細胞が変わってしまう可能性もあります。そのほか幾らか違ったしゅるいの培養用のこう真菌剤が売られているようなきがします。必要であればインビトロジェンやロッシュ(GE)で探されてはどうでしょうか。ただ、酵母類はへたすると、インキュベーターないに飛散り、コンタミが絶えないという状況になりやすいのでよく考えた方がいいとおもいます。

参考URL:http://www.invitrogen.co.jp/products/cell_culture/15290001.shtml

Q細胞培養用培地に入れるインスリンの溶解方法

ある細胞の培養に最終9 microg/mL濃度になるようにヒト・インスリン組換体(和光純薬)を添加したいのですが、水に溶けないため困っています。細胞培養用培地添加用インスリンストック溶液の作成方法(溶媒、濃度、保存温度など)を教えて下さい。

Aベストアンサー

もう昔の話で、些か記憶が曖昧ですが、、、、

0.1N程度のNaOHで1mg/mLを調製したと思います。
長期保存の場合は、filtlationして、冷蔵保存です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報