私は「行列のできる法律相談所」、「ザ・ジャッジ」などの法律番組をよく見ていたのですが、こういった類の漫画が欲しいです。この2つは本を持っているのですが、何か面白い本を知ってたら教えてください。
出来れば文庫本ではなく、絵の入った漫画タイプで。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「カバチタレ」(モーニング・田島隆)行政書士が主人公のものです。

行政書士の割には弁護士に近い活動をしているので法律漫画として面白いと普通に読めると思います。

「極悪がんぼ」(イブニング・田島隆)上と同じ作者です。こちらは法の裏を掻い潜って生きる事件屋が主人公。法律の良いところ悪いところが良く分かります。

「ホカベン」(イブニング・カワラニサイ)新米弁護士の奮闘記ですね。幼児監禁などシリアスな事件が多いです。

「ざこ検マル潮」(ビックコミック・高田靖彦)
新人検事が主人公です。検察実務における縦社会みたいのがよくわかります。

「検察官キソガワ」(モーニング・鈴木あつむ)
こちらは中堅検事が主人公です。心理描写が巧みで面白いです。専門的な法律用語もわかりやすく解説してくれています。

「弁護士のくず」(ビッグコミックス・井浦秀夫)
中堅弁護士が主人公です。離婚など家事紛争が多いかもしれません。絵は人によって好みが分かれそう。

「家栽の人」(ビックコミック・毛利甚八・魚戸おさむ)
植物好きの裁判官が主人公。法律漫画の先駆けでしょうか。ただ、結構古い漫画なのでハイテク犯罪とかは時代を感じさせます。

「出るトコ出ましょ」(ビックコミック・稲光伸二)
法律事務所でバイトをする女子高生が主人公。法律的要素は少なくバラエティ要素が強いですが、現代の世相を捉えた犯罪や紛争が多いのでそれなりに面白いです。

あと調べたら、「法の庭」とか「島根の弁護士」とか出てきましたが、読んだことないので名前を挙げるだけにしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。結構いっぱいあるんですね。
分かりやすいあらすじをありがとうございます。

お礼日時:2006/02/02 21:53

分野にもよりますが、ナニワ金融道なんかどうでしょう。



いずれにしましても、推理小説感覚でよむとおもしろいですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律番組のジャッジについて

行列の出来る法律相談所をよく見ているのですが、毎回おなじみの4人の弁護士が
それぞれ見解を述べてジャッジを下すのはよく分かるのですが、弁護士も私たちと同じ人間ですから、
1人1人違った意見を持つのは当然なのですが、結論まで違うのが頻繁にあります。
実際に弁護士や裁判にかかわったことがないのですが、法律というのはシロクロはっきりつくものと思っていたのですが、
どうして毎回結論が分かれてしまうのでしょうか?(2対2、1対3によく分かれます。)
バラエティなので、事前にシナリオがあって、わざと激論する仕組みになっているのでしょうか?
それとも4人のジャッジが一致しないほど、本当に微妙な事例ばかりなのでしょうか?

Aベストアンサー

刑事事件であれば、ある一定要件を満たせば必ずクロになり、一定要件を満たさなければシロになります。これは明確です。真ん中というのはあり得ません。
しかし、「行列」などの番組で扱っているのは民事です。民事の場合、個々のケース、内容によって法律の当てはめかた、関係などが異なってきます。ましてや心の問題であることが多いですしね。
例えば慰謝料1000万がMAXだとして、裁判をやれば刑事事件のように1000万か0かということではなく、500万だったり300万だったり10万だったりすることもあるわけです。

こういうのはこれまでの判例とか学説を見ながら、大体の正解を積み上げていく作業になります。

ああいう番組で取り上げるのはシロかクロかはっきりしていない、つまり内容が微妙に変化しただけでどちらにも転がる灰色の問題が多いですから、弁護士の判断もそれぞれの経験からの判断ということになり、分かれることになるのです。

ここの回答者だって、同じ専門家でも見解が分かれることがありますよね。それと同じです。

Qこういった書面に法律的効果はありますか?

現在土地を購入しようとしております。
しかしこの土地問題があります。
この土地の前の私道が狭く車がやっと通れる程度です。
この私道に隣の家の車がはみだしているため現在では車の通行が出来ません。
不動産屋にはこの車の件が片付かないと土地は購入しないと言ったら、
不動産屋は「この土地に車を駐車する際交通の妨げになることは随時行わない」という書面を用意し隣の人が了承してくれればこの書面にサインしてもらいます、とのことでした。
今のところ隣の方はこの件に応じてくれそうな雰囲気らしいのですが、
今後この車の件でいざこざが起きないか心配です。

長くなりましたが上記の不動産屋が用意した書面は法律的効果があるのでしょうか?
将来隣の家と車の件でもめた時、この書類が有効なのでしょうか?

以上、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

念書の文面からのみ判断すれば、その効果は疑わしいと考えます。
違約規定(通行を妨げた場合の賠償金やその支払先を明記したもの)も無いため、単なる努力規定となっております。
もちろん裁判までする気であれば、証拠としての価値が多少ある程度でしょう。
素人には多少の心理的効果はあるでしょうが、法を多少知っている者であれば、この程度の念書は紙切れ同然です。
それでもこの土地が欲しく、この問題を事前に解決しておきたいのであれば、あなたと駐車している隣人との間で、公正証書を作成しておくしかないでしょう。「違約した場合には1日○円の賠償金を支払う」といった間接強制契約を違約時執行認諾条項付きで盛り込んだ公正証書にしておけば、かなりの心理的効果が期待できると思われます。
公正証書にしておくことで、万一の違約時には一からの裁判ではなく、条件成就の確認裁判のみで強制的に違約金を強制執行することが可能となります。
ただその隣人側の立場で考えれば、そんな公正証書に同意するとも思えないので、私でしたらそんな囲繞地のよなリスクのある物件を買うのは避けると思います。
購入後はその隣人との付き合いもあるでしょうから、契約交渉や代理契約は不動産会社にさせるべきでしょう。

念書の文面からのみ判断すれば、その効果は疑わしいと考えます。
違約規定(通行を妨げた場合の賠償金やその支払先を明記したもの)も無いため、単なる努力規定となっております。
もちろん裁判までする気であれば、証拠としての価値が多少ある程度でしょう。
素人には多少の心理的効果はあるでしょうが、法を多少知っている者であれば、この程度の念書は紙切れ同然です。
それでもこの土地が欲しく、この問題を事前に解決しておきたいのであれば、あなたと駐車している隣人との間で、公正証書を作成しておく...続きを読む

Q行列の出来る法律相談所

今日の行列の中で、夫が別の女性をレンタルして紹介し、本当の妻を内緒にする男と離婚できるのかというシーンがありましたが、野球延長のため結果がわかりませんでした。それぞれの弁護士の判定と解説を教えてください。

Aベストアンサー

↓番組のホームページがあるようです。                                  ↓判定まで出ています。

参考URL:http://www.ntv.co.jp/horitsu/

Q今日の行列のできる法律相談所で

浮気相手の女性が、直接奥さんに謝りにきて 離婚のトラブルになってしまい、
旦那が浮気相手の女性を訴えられるか?というのがありましたが 訴えられる可能性は20%? との事でした。

そもそも 既婚男性と付き合うことが(奥さんからの)慰謝料請求対象になるのではないんでしょうか?
 それとも上の問題にかぎった事なので、直接謝りに来た事に対しては慰謝料請求にならないって事なんですかね。。
ちょっと気になったので意見を下さる方お願いします。

あと、シンスケのいないあの番組
ちょっとつまらない。。(TへT)

Aベストアンサー

 こんばんは。

>旦那が浮気相手の女性を訴えられるか?というのがありましたが 訴えられる可能性は20%?との事でした。

 旦那さんの不倫が元で離婚した場合、慰謝料を請求できるのは、基本的に奥さんだけです、配偶者(この場合、夫)と不倫相手は慰謝料の支払いについて連帯責任を負います。
 つまり、旦那さんは慰謝料をもらえるどころか、元奥さんに支払わなければなりません。

http://www.rinku.zaq.ne.jp/bkaqx509/kane3.html

参考URL:http://www.rinku.zaq.ne.jp/bkaqx509/kane3.html

Qこういうことって法律違反ですかね?

例えばその地方でしか売ってないローカル雑誌とか地方新聞がありますよね?
定期購読っていうのはよく見るんですけど「自分の読みたい記事だけ欲しい!」って時ないですか?
で、考えたんですけど、毎月会費を納めてもらって、その人が欲しい記事が載ってるローカル雑誌とか地方新聞を売るのって、何か法律に違反しますかね?

Aベストアンサー

コピーではなく現物を売るのだとしたら古物営業法に引っかかります。
古物営業法にいう「古物」とは一度使用された物品や、新品でも使用のために取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品をいい、当然書籍なども含まれます。
古物の売買、交換する営業(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を得なければ営むことができません。

どうしてもやりたいのであれば許可を取ってからにしたほうがいいですよ。そんなに難しくないし。ただ申請に2万円ほどかかりますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報