最新閲覧日:

損益分岐点分析には、下記に列挙した仮定があるそうですか。その理由を教えてください。

(1)販売価格はその活動水準において不変
(2)Sales mixは一定に維持すれている。
(3)原材料、労務費および製造間接費の操業度単位当たりの金額は、一定である。
(4)生産性と能率性は一定である。
(5)操業度が原価を変動させる唯一の要素である。
(6)操業度はすべての仮定が妥当である適切な範囲におけるものである。

A 回答 (1件)

適切ではない回答であるかもしれませんが、他に回答を書かれる方がいらっしゃいませんので記載いたします。



損益分岐点は過去のデータを元に未来を予測するものです。前期までのデータを使用して今期以降どの位の売上が上がれば黒字になるかという基準を算定したものです。従って、前期までのデータと異なる部分があればその部分を補正して計算する必要があります。このため、列挙なされた仮定が必要なのだと理解しております。

全般的にはこうですが、それぞれに対して細かい説明をということではご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 11:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報