みなさん、教えて下さい。この度、デジタルビデオカメラを購入しようと考えています。そこで、早速家電量販店に行き、候補を二つにしぼってきました。
その候補というのは、(1)ソニー DCR-PC120 (2)ソニー DCR-PC9です。
ですが、この二つの違い(HP、カタログ等で調べても)がよくわかりません。素人ですので、詳しいかたがいらっしゃいましたら、教えて下さい。よろしくお願いいたします。
私が使用する主な機会は、断然動画が中心です。その撮った映像をテレビ等のモニターに映し出して、家族や友人と楽しむのが、主な目的です。その映像をビデオテープに録画したいとも考えています。また、子供の寝顔等も撮りたいです。パソコンに接続する機会は、あまり無いとは思うのですが、静止画等を撮って、パソコンに取り入れることもあるかもしれません。
なお、デジカメは、フジフィルムの「Fine Pix 40i」を使用しています。
みなさん、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は最近ソニーのDCR-PC120を購入したものです。

購入目的は
・今まで使用していたビデオカメラ(ソニー)が4年経ち、ガタがきたこと。
・デジカメを持ってないので、1台で兼用したいこと。コンパクトであること。
です。ビデオの媒体はミニDVと呼ばれているもので、1本あたり60分または90分まで録画可能で画質が良く、もちろんVHSビデオへのダビング・編集が可能です。このビデオは別売のアクセサリーキット(定価29000円)が必要で、バッテリ(2時間)、充電器、メモリーステック(16MB)などがあります。このメモリーステックがデジカメとして使用し、静止画および最大1分程度の動画撮影が可能です。パソコンへの接続はこれまた別売の接続ケーブル(9800円)か、メモリーステックUSB接続(6800円)があります。使い方として私が気にいっているのは、ビデオとして撮ったミニDVから、好きな部分をメモリーステックへ静止画・動画をコピーできます。動画はMPG形式のファイルに変換されるので、パソコン上で動画を楽しめます(画質は悪いですが)。
以上、いろいろ記載しましたが、購入予算に余裕があればPC120の方をおすすめします。ただ、フジのデジカメを持っておられるので、静止画はフジ、動画はソニーと切り分けるのであれば、PC9でも構わないと思います。
    • good
    • 0

Q/価格が安く店頭に並んでいました。

このPC110というのと、PC120という商品の違いは、どういう点なのでしょうか?

A/これは、すでに製造中止された旧製品です。
PC5とPC110という機種がPC120とPC9の一世代前のデジタルビデオカメラとなります。
違いは、画素数(107万画素・・・内動画69万画素)と、ノイズリダクション精度が違います。
PC120の方が性能は上ですが・・・違いが実際に分かるかどうかは見る人の感性によってことなります。並べれば、あまりこういう眼が得意でない方でも多少の違いが分かるはずです。

これも、価格を考えて場合によっては購入するか検討されても良いかも・・・・ただし、価格差があまりないなら買いではありません。(ちなみに、PC110は一昨年の秋あたりに定価235000円で登場した商品です)
    • good
    • 0

単刀直入に答えますと、大きな違いはCCD画素ですね。


PC120はMegaピクセルCCDを利用しており、高解像度な撮影能力を誇ります。動画97万画素、静止画133万画素で動画は97万画素をダウンミックスし30万画素前後のDV方式に変換します。

対して、PC9は68万画素CCDで、ダウンミックス処理するはずです。(もしくは、動画録画は30万画素のみ有効かも)
これが、大きな違いですね。

これがどのような違いをもたらすかが大事です。
前者は元画像の大きさが大きいため、少々ノイズが合ってもダウン処理を施す際に、ノイズが目立たなくなります。
ファインピックスをご利用なら写真を拡大縮小したことはありますか?拡大すると画質が荒くなります。縮小するとノイズが目立たなくなり綺麗に見えます。
これを当てると97万画素CCDの方が優れた解像力を誇ることになります。

後は、本体の重量の違い、CCDの違いによる感度の違い。などがあります。
簡単に言えば、pc9は低価格を歌った商品で、PC120は高性能・高画質を歌った商品となります。PC120の方が画質向上のためや全体の機能性が向上しています。

後は、価格や用途を検討されてご自身で良い方を選ぶだけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、誠にありがとうございます。なるほど、大きな違いは、画素数ですね。今日、再度家電量販店に行きまして見ていましたら、PC110という、商品がさらに、価格が安く店頭に並んでいました。このPC110というのと、PC120という商品の違いは、どういう点なのでしょうか?もしよろしければ、再度教えて下さい。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/01/07 21:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベイトリールについてですが、10カルコン101DCと08メタマグDCの

ベイトリールについてですが、10カルコン101DCと08メタマグDCのどちらか迷ってます、、、現在すごく古いベイト使ってるのですが最新の物に変え買えるようと思ってます。

ロッドはダイコーのサイラスとカリスマスティックで6から6.8f位でラインは8~14lbくらいです。主に3/16~1/ 2 ozくらいのルアーです(大体5から10gのシャッド、Sクランク,ポッパー、ペンシル、ミノーが多いです)。

ライトリグも今後ベイトで使っていきたいと思っています。

ネットでは巻きごこちはカルコン、手返しは軽さも合ってメタマグ、どちらも良くとても悩んでます。。。

近くの釣具屋では最新のがSPで軽量モード付いて、フィネスには合うからこちらのが良いと言われました。持ってるかた最新のDCの恩恵はいい感じですか??(腕もあると思いますがセイラミノーとか余裕で投げれるならこちらがいいですが。。。)

この2台持ってる方、使ったある事のある方、詳しい方、この2つではどちらがおすすめでしょうか?ご教授ください!!
よろしくお願い致します!!

来週に買うと思います!!

Aベストアンサー

その使うルアーを見ると100DCがいいかと思います。

100DCは軽いルアーも投げれる用に作ってあります。

メタMgDCは軽いルアーはあまりむいていません。

あとは、見た目、巻き心地などの好みだと思います。

Q海の防波堤等からのライトタックル等での釣りが出来る所は?

お聞きしたいのですが、海で防波堤等からライトタックルで(バス用やトラウト用)等でミニワーム(生餌でもいいのですが)を付けて、小物の魚を釣りに行きたいのですが、どなたか良い所を、釣れる所(釣りが出来るところ)をご存知の方いましたら、教えて下さい。これから、暖かくなり行きたいのですが・・・。ちなみに、私は茨城県南部に住んでいます。あまり遠く無い所がいいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鹿嶋港が近くて良いと思います。
港公園や魚釣り園などで、シーバスロッドでよく遊んでますがけっこう色々釣れますよ。
私の場合は餌で探ったり、玉浮きでやったり。
港公園などはオキアミや赤イソメで根を攻めると、ギンポやアイナメがつれます。
ただし柵があるので辛いですけど。

参考URL:http://harudanji.cool.ne.jp/tizu/haru.kasima.tuzu.htm

QメタマグDCに

メタマグDCにZPIコンプリートハンドル(PT80-SH)メタマグ他用は付きますか?

Aベストアンサー

質問にあるリール2種(メタマグDCと旧メタニウムmg)を所有しておりますが、見たところおそらく装着はできないような気がします。

QDCブレーキって

すいません、使っておられる方がいたら気を悪くなさらないでください。
DCブレーキを知人に借りて試してみたんですが(アンタレスDC)そこまでの腕ではないからなのかもしれないですが、使った感じメーカーの言うほど飛距離に遠心との差を感じられませんでした。
ベイトフィネスブームで軽いルアーを投げられるようにブレーキ設定を細かく、誰が使ってもバックラが少ないように機械化を進めただけっていう感じがしたんですけどDC「ブレーキ」っていうぐらいだから飛距離を伸ばすためじゃなくてあくまでブレーキっていうことなんでしょうか?
購入を考えていたのでちょっとガッカリしてしまったんですが、DCにして「買っただけの効果はあった」と実感されるほど飛距離に関して満足された方ってどのくらいいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

私はアンタレスDC7LVにてLモード、DC最弱で1オンスのシンカーを投げる練習を続けています。飛距離は70m弱なのでマダマダひよっこです(目標80m)。このセッティングだからブレーキが全く効いていないというのは誤りでそれなりに効いています。

DCの特筆すべき利点は投げたときのバックラッシュをかなり抑えてくれることです。そのため躊躇無く竿を振ることができます(手首を異様に利かせた投げ方はやはりバックラッシュします)。つまりDCはバックラッシュを抑えた投げ方ならバックラッシュはしないが、DC無しなら同じ投げ方でもバックラッシュする時の飛距離の差を稼いでくれるものと思っていただいて間違いは無いです。

質問者さんが差を感じられないというはある意味当然で「バックラッシュを抑えた投げ方ならバックラッシュはしないがその更に先の次元にはDCを信じて振り切ることができていないから到達していない」と思います。

神のごときサミングでバックラッシュを抑制できる人以外はDCはあっても邪魔になるどころかアングラーを助けてくれる装置と思いますよ。

逆に2g程度の超軽量ルアーはDCをMモードにして投げた方がよく飛びます。この辺が不思議なところですが。

私はアンタレスDC7LVにてLモード、DC最弱で1オンスのシンカーを投げる練習を続けています。飛距離は70m弱なのでマダマダひよっこです(目標80m)。このセッティングだからブレーキが全く効いていないというのは誤りでそれなりに効いています。

DCの特筆すべき利点は投げたときのバックラッシュをかなり抑えてくれることです。そのため躊躇無く竿を振ることができます(手首を異様に利かせた投げ方はやはりバックラッシュします)。つまりDCはバックラッシュを抑えた投げ方ならバックラッシュはしないが、DC無しな...続きを読む

QメタマグDCのメンテナンスに関して

こんにちは。メタニウムMgDCについての質問をさせていただきます。

ベイトリールではスプール軸受けベアリングに古いオイルや汚れが溜まっていくのは不可避であると思います。07メタマグなど、通常のベイトリールではF-0パーツクリーナーを吹き付けて汚れごと綿棒に吸わせていますが、MgDCのほうではブレーキシステム側のベアリングは取れませんし、シマノに問い合わせてみたところ、パーツクリーナーの使用も避けたほうがよいとの回答をいただきました。(コイル部につくと良くないそうですが…)コイル部を観察してみると、樹脂コーティングされているようなので樹脂を痛めないタイプのF-0クリーナーならば仮にベアリングに吹き付ける際飛び散ってしまっても良いような気がするのですが、いかがでしょうか?また、コイルのコーティング部にオイルが付くのは良くないのでしょうか?もし良くないのであれば、オイルが付いた際の対処法等も教えていただけると幸いです。長文にて失礼しました。

Aベストアンサー

はじめまして。
自分もメタニウムDC購入しました。

ブレーキ側のベアリングですが、自分の場合、綿棒にて軽く掃除した後にオイルを一滴たらす程度です。
その際、余分なオイルは綿棒にしみこませるようにしています。

コイルへの付着については、樹脂コーティングは施されているようなので樹脂を痛めないものであれば多少の付着は大丈夫のような気もしますが、できるならば避けたいですね。
でもしばらくすると蒸発(パーツクリーナー)すると思うので、もし気になるようであれば綿棒にしみこませてみてはどうでしょうか?

スプレー式のオイル等を使用する場合、どうしても飛び散ってしまうので、他の箇所に一吹きした後にノズル先に多少残っているオイルを使用しています。
そうすればオイルのコイルへの付着は防げるかと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報