私は今、大学のある授業で中国の近現代史をやっています。もともと、地理や歴史はとても苦手で、どうやってこれをクリアしていけばいいのか悩んでいます。授業にテキストはなく(市販の参考文献は教えられましたが・・・)、先生が話した事を自分でメモしテストに備えなければなりません。(その先生は黒板にはほとんど書かれません)。どのような勉強方法が効果的かどなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

追記します。


日本の大学生の1年間に読む書籍は約3冊、米国の大学生では約150冊と言われています。。。。先日、TVを見ていると宇多田ヒカルがコロンビア大学ではある授業のために週に4冊程度の本を読む必要があったと言ってました。。。

知識を詰め込むだけの教育は問題あると、ゆとり教育だとか何とか言われていますが、現在の日本の教育の問題は知識を深めるための教育システムがないということだと思います。中学生で週2冊、高校生で週5冊、大学生では週10冊の本を読まないと次のステップに進めないような教育システムにすればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに今の大学は変な部分がたくさんあると感じます。学生もですが、先生も、そのシステムもです。要領がよく卒業できるというパターンもあるでしょう。それで世の中に出ていった学生が社会人となり、今の世の中を構成している部分もなくはないのでは・・・とも思います。

そして、勉強方法、ありがとうございました。参考にさせていただきます。ただ、この科目は自分の専門でもなく、必修でとっているもので、他のものと両立するにはかなりキツそうです・・・。とほほ・・・。でも、頑張ります。

お礼日時:2002/01/12 22:53

歴史の勉強方法はとにかく資料を読んで内容を自分の中で整理することに始まると思います。

歴史書というのはとにかく書いた人によって内容は異なります。それらの内容を自分の中で整理して矛盾のない歴史を探っていくことが重要です。そのためにはある書籍をまず読破して、その書籍の著者が参照した書籍を全て読んでいく。まずはこれを繰り返していくうちに著者の信憑性が判断できるようになってきます。その上で更に書籍、資料(図書館など)を読破し、自分の中で整理できればあなたの歴史観が生まれるはずです。。。まずはその先生の指示された本、その本の著者が参照した本を読破されることをお奨めします。。。まちがっても1,2冊の本を読んでその内容を歴史的な事実だなんて考えないでください。。。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q終戦直後の公立小学校、中学校の歴史、地理の授業について。

終戦直後、歴史、地理の授業では墨を塗った教科書を使用したそうですが、具体的にどういう部分が削除されたのですか?。
又、歴史と地理の授業が一時期なくなったことがありますか?。もしそうだとするとその期間はどの位ですか。

Aベストアンサー

http://homepage2.nifty.com/kazu1970/page071.html
こちらのサイトによると、「軍国主義的な表現の箇所に墨を塗らせた」と書かれていますね。
また他に見たサイトでは「GHQに都合の悪い箇所」というように書かれているところもありました。

http://www.ma.megafit.net/~kamui-ko/page3.html
またこちらのサイトの年表の昭和20年の所に、期間は分かりませんが「修身 日本歴史 地理の授業禁止」と書かれています。

それから地理についてですが、戦前は朝鮮半島、台湾なども日本領でしたので、国内で一番高い山など、そういったランク付けがもちろん朝鮮・台湾などの地域も含まれていました。
ですが敗戦によって日本領の範囲が変わったので、ランク付けも変更になり、そういった部分に墨を塗ったと聞いたことがあります。

Q高校の日本史の授業で昭和を教えますか?

高校の日本史の授業で昭和を教えますか?
日本史の授業は縄文、弥生、古墳と古い順に教えていくのですが、三学期末までにどこまで進みますか?
昭和の前半部分までやりますか?
また、大学入試で昭和の問題がでますか?
自分のときは、日本史が高校3年生のときだったので、大正までしかすすまなかったと記憶しています。

Aベストアンサー

私の高校では2年時と3年時の日本史の授業が連結していたので(2年時と同じメンバーでその続きから)昭和はもちろん平成・その当時の内閣や政策についてまでやりました。
ですが、全国的には質問者様のように大正までで終わる高校も多いみたいで受験では浪人生が古代より大正・昭和(近代日本史)の方が得点率が高いのに対して、現役生は近代日本史ではなかなか得点できない傾向にあると聞いたコトがあります。

Q紙が無い時代どうやって先生は生徒に授業してた

馬車のようなので大量の木の板を持ち運んでいたんですか。
それとも巨大な保管倉庫の近くに教室を作ってたんですか。
本がなかった時代どうやって授業や学問ができていたのかだいたいでいいので教えてください。

Aベストアンサー

中国では紀元前150年くらいと推定される紙が出土しています。
文献では、紀元前100年前後です。それまで、竹を焼いて青みを消した
竹簡に記録しています下。(それ以後数百年は使われていたようです)

紙はかなり高価なものであり、一般人が簡単に使うようになったのは、
ここ150年くらいのことです。
日本では明治時代に尋常小学校ができましたが、そこでは筆記には
紙ではなく、石版を使っていました。今の黒板のようなもので、
書いては消して使っていました。
江戸時代でも紙はありましたが、個人が筆記するようなものではなかったです。
今の価格の500~5000倍の価格だったと思います。

江戸時代以前の学問は基本的には口伝です。
教えてもらった法はその場でそれを理解し、理解すれば記録をしなくても
忘れないものです。
今の学生はノートをとることは熱心ですが、話を理解するということが
どれだけ重要なのかわかっていません。本来、授業には紙などは要らないのです。

Qセンター選択教科 世界史or日本史

こんにちは
僕は文型の高校二年です。

現在世界史B、日本史Bを履修しているんですが、
来年度センターで使う教科を選択しなければなりません。

センターは歴史どちらかと現代社会で受験をします。

ここからが本題なんですが、
日本史と世界史の選択に悩んでいます。

今の時点では模試や校内実力考査ではほとんど点数に差はありません。
(日本史は江戸初期 世界史は百年戦争あたりまで)
調べた限り世界史の方がセンターで高得点を取りやすいとのことでした。

興味は日本史≧世界史です。

日本史
・文化(特に建造物)が覚えずらい
・漢字が覚えずらい

世界史
・時代が掴みずらい

この様な状況です。
どなたかアドバイスをいただけると幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、質問者さんと同じく高2です。
私も今日本史か世界史どちらをとるか選択を迫られている状態です。
通っている高校の世界史担当の先生が言っていたことなのですが
「二つの教科の点数にあまり差がないのなら、好き嫌いで選べ」とのこと
「世界史はよっぽど好きな人でないと無理」らしいです。
まず、質問者さんが言うように
浅く広く学ぶ故、時代と場所を行ったりきたりするので
全体の流れが把握し辛いことや、
同じような名前が多く間違えやすいこと。
場所の名前なのか人の名前なのか分かり辛いことがデメリットらしいです。
その点日本史は
小学校から学んでるからか取っ付きやすく
時代の流れも把握しやすい。
漢字もあるし、内容も深いが逆に日本史の時代背景が見えてきて
おもしろくなると言っていました。
質問者さんの興味が世界史よりも日本史よりのようですので
私は日本史をとるとこをオススメします。
ご参考になれば幸いです。

Q世界史 or 日本史

高2の者です。
大学入試のセンターと二次試験で世界史か日本史のどちらかを選択するのですが、迷っています。(公民は倫理にしました)
今学校の授業でどちらも習っていて、3年の時にどっちをとるかをもうすぐ提出しなければいけません。
どちらも同じくらい好きなんです。英語が好きで、国際的なことを学びたいと思っているので世界史にしようかと思ったのですが、
定期テストでは、世界史が平均点+10点で、日本史が+20~30 なので世界史をとるのが心配です。
小学校中学校と日本史は学んできたので、高得点をとるという意味では日本史のほうがいいのでしょうか…

Aベストアンサー

将来的なことを見据えると、世界史がよろしいと思います。
まず受験を考えると、暗記力がとことん問われる日本史より、理解力も必要な世界史の方が勉強しやすく、センター試験時に他の受験生と差をつけやすい。(日本史・世界史がともに平均点70であったとしても、日本史は70点前後に受験生が集中するのに対し、世界史は上位と下位の差が大きいのが特徴です)

次に将来性です。
世界史は国際系の学問では必須です。
グローバリゼーションのことを勉強するとします。いつから、どこから始まったのか?一般的には欧州が大航海時代を経て海外領土を確保するようになってからだと言われます。ではなぜこの時代に?イスラムの影響・宗教改革の影響・ルネサンスの影響・・・一方で既に中国を中心とした国際化がこの時期進んでいたともされます。それは何?・・・疑問は果てしなく続きます。このような疑問の連鎖はある程度、世界史を勉強することでとめることが出来るでしょう。
経済学では、まずスミス・マルサス・リカード・マルクスなどの名前は知っておく必要があるでしょう(細かい主張は必要となったら)

また、一般の世界では、個人的経験ですが中国人に「康熙帝」と書いてこの人は有名かと聞いたら、よく知っているなと驚かれて話が盛り上がったり、ポーランド人に知っているポーランド人を聞かれた時に「コシューシコ」と答えたら喜ばれたりしました。
世界史を勉強することで得られる、地理の知識も役に立つでしょう。

さて、日本史の必要性ですが・・・
日本史で必要な基礎的な知識は、中学レベルで十分です。
よく、自分の国のことを理解してからといわれますが、果たして高校の教科書でどれほど役に立つものでしょうか?ほぼ事実に沿って用語が並べられそれを覚えていくだけです。
現在海外で暮らしていますが、外国人が日本人に対して聞きたいのは正確で細かい知識ではなく(外国人が「コシャマインってだれ?」とか「前九年の役って何?」とか聞いてくるでしょうか?)、あなたの自国に対する理解や認識です。例えば歴史観であり自然観であり。(もちろん人によって説明や見方が違うのも彼らは承知です)。それは細かな日本史を勉強して出来るというよりは、ある程度(それをもって中学レベルで十分としました)の知識を総合的につないでいく作業でしょう。

将来的なことを見据えると、世界史がよろしいと思います。
まず受験を考えると、暗記力がとことん問われる日本史より、理解力も必要な世界史の方が勉強しやすく、センター試験時に他の受験生と差をつけやすい。(日本史・世界史がともに平均点70であったとしても、日本史は70点前後に受験生が集中するのに対し、世界史は上位と下位の差が大きいのが特徴です)

次に将来性です。
世界史は国際系の学問では必須です。
グローバリゼーションのことを勉強するとします。いつから、どこから始まったのか?一般...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報