タイトルどおりになのですが。損害保険料率の求め方が
わかりません。どなたか求め方を教えてください。
しかし本を読みながらやってもまったく理解できず
いつまでたっても解けません。ですので簡単に教えていただけないでしょうか?

可能なら例をあげて解きながら説明していただけると助かります。
一応例をあげておきます。
事例 火災保険
対象件数1000戸  1個の保険金額1000万円
火災発生率 0,3%  1000戸で3件発生
損傷度80%    3件の平均損害額800万円
総損害額  2400万円

なにぶん素人な者でして例題もこれで答えが導き出せるかわかりません。
もしだめなようならご指摘のほどをよろしくお願いします。
または例題を無視しちゃってください。

最後に、可能なら公式的なこたえでなく理屈的な答えを
求めています。
わかりにくくわがままな質問ですみません。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問の意味が保険の資格試験かなにかであれば、お答えします。


「収支相当の原則」というのがありまして、
簡単にいうと入って来る保険料と出ていく保険金が同じになるとういうことです。
損害保険の料率は保険金額1000円に対していくらかということになります。

料率をAとすると例では

入ってくる保険料は
1000(人)×1000万円(保険金額)×A(料率)÷1000(1000円当たりで計算するため)
となります。

支払う保険金額は
3(件)×800万円(損害額)
となります

これが=になります。
したがってAは2.4になるはずですが、これで理解できたでしょうか?

この回答への補足

お答えありがとうございます。
僕は学生でして保険論という授業をとっています。
それで今度のテストにこの計算問題が出るらしいのですが、
どうしても解らなくて、質問させていただいた次第であります。

自分はテキストを持ってまして、そのテキストに載っていた
例題なんですが実は答えも載っていましてそれでも解らなくて
質問させていただいたのですが、自分のテキストでは

純保険料率が0.24になってい
対1000円  2円40銭
純保険料が2万4000円
になっています。
hoken24さんの説明はわかりやすく
理解できたのですが、このちがいにちょっと
とまどっています。おそらく計算の仕方のちがいだとは思うのですが
よろしかったらお答えお願いします。

さらに申し訳ないのですがお聞きします。
この上の答えに付加保険料がつくと営業保険料になるのですか?

この付加保険料がテキストでは1戸あたり1万6千円
になっているのですがこれは求め方とかあるのでしょうか?

さらに申し訳ないのですが営業保険料率は修正するもの
なのですか?

お手数ですがよろしかったら
お答えおねがいします。
失礼します。

補足日時:2002/01/09 01:33
    • good
    • 0

学問としての保険はわかりませんが、


この部分は一致しています。

対1000円(保険金額にたいして)  2円40銭
純保険料が2万4000円 (保険金額1000万円に対して)
になっています。

純保険料率が0.24になってい
この部分はテキストに式があると思います。

付加保険料は実務では事業費(保険会社・代理店の経費+利益)ですが、
問題作成上1契約あたり1万6千円としたのでしょう。
対1000円  1円60銭 (付加保険料分)

最終的には
対1000円  4円00銭

営業保険料の修正についてはわかりませんが、料率は銭までの単位ですから
四捨五入はします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hoken24さんすばやい解答ありがとうございます。
ありがたいかぎりです。

hoken24さんのおかげで自分が何を解りたいのか
というのとその答えもわかりました。
自分は問題作成上の設定の部分と計算して導き出す
部分のちがいがわからなかったようで
その答えもわかりました。

すばやく正確な解答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/09 13:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【火災保険】保障額と損害認定について

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2810486.html
【火災保険の評価額について】

の続きで、質問させて頂きます。
保険について素人ですので、とんちんかんな質問でしたら申し訳ありません。

始めに損保(東京海上日動)が出した評価額(保障額)は、2800万円でした。
高すぎると思ったので、ヘルプデスクに計算根拠を確認し、再度保障額を算出してもらうと、
同条件で、適正評価額(保障額)は、2250万円でした。
なぜ、こんなに差が出たのか不明だったのですが、とりあえず2250万円に変えての契約も可能ということでした。

そこでふと思ったのですが、鉄筋コンクリート住宅一戸建の場合、
保険会社がどの程度の損害を、全焼とか半焼とか見分けるのか、明確な規定もわからないのですが
多分に、「全焼」や「建替え費用がだしてもらえる70%以上の損害」をすることは、少ないのでは、と思いました。
それで、保険会社が高めの評価額を出してきたのかなぁ、と。

ならば、2800万まで保障してもらえるのであれば、何かあった時の割合も太くなるので
ケチらずに、いっぱいまで掛けた方がいいのか
それとも、コンクリート住宅の損害認定とかにこだわらずに
2250万円で充分なのか、悩んでいます。

もちろん、考え方によって変わってくることはわかりますが・・・
上手に説明できずに申し訳ありません。

鉄筋コンクリート住宅は、実際のところ、どのくらい焼けたら全焼とか
規定はありますか?
念の為にやっぱり2800万は、保険料かけすぎるでしょうか?
保険料の違いは、だいたい9万円ぐらいです。

よいご助言がありましたら、どうぞ、よろしくお願いいたします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2810486.html
【火災保険の評価額について】

の続きで、質問させて頂きます。
保険について素人ですので、とんちんかんな質問でしたら申し訳ありません。

始めに損保(東京海上日動)が出した評価額(保障額)は、2800万円でした。
高すぎると思ったので、ヘルプデスクに計算根拠を確認し、再度保障額を算出してもらうと、
同条件で、適正評価額(保障額)は、2250万円でした。
なぜ、こんなに差が出たのか不明だったのですが、とりあえず2250万円に変えての契約も可能と...続きを読む

Aベストアンサー

建物は個別に使用状況や痛みの状況が異なりますので、一概に高い低いは
云えませんが、先日回答のように、2800万円はちょっと高いですね。

保険料節約のためにも、2250万円でも良いのでは?
完全に全焼の場合、残ったコンクリート部分がどれだけそのまま使用
出来るかは、その時になってみないと判断は不可能です。

Q火災保険(地震保険)の評価額と契約額の決め方

現在居住中で自己所有のマンションの火災保険(建物対象)の見直しを検討中です。
現在の保険:時価額契約で火災1000万(地震500万)を
新しく新価(再調達額)契約で、出来れば2000万円くらいにしたいと考えています。

いろいろ調べたのですが、評価額の決め方についていまひとつはっきりしません。
建物について、新価方式で数社から見積もりをとると、(1500~2000万)と評価額に
ばらつきがあります。

保険会社のサイトなどをみると、
契約額が評価額より低いと一部保険とみなされて実際の支払いが減額されるとあり、
逆に、契約額が評価額より多い場合は実際の支払いは評価額が上限となるので
保険料が損することになる。
とのことです。
更に、最終的に評価額が決定するのは実際に罹災した時点であるとも聞きました。
また、地震保険は最高で火災保険の50%までしか加入できないとのことでした。

そこで質問です。契約を新価方式で行うとして、
1.保険会社の評価額が例えば1500万だとしてその額で契約し、
実際の罹災時の評価額が2000万であった場合、一部保険とみなされて
減額されてしまうのでしょうか。
たぶんおよそ1500万×(1500万/2000万)=1125万 では?

2.保険会社の評価額が例えば1500万だとしてその額で契約し、
実際の罹災時の評価額1000万であった場合、1000万しか
支払われないのでしょうか。

3.罹災時に決められる額とは、どのように決定されるのでしょうか
いったい誰が決めるのですか。それとも実際の再取得額なのでしょうか。
(実損?)

4.地震罹災の場合も火災保険と同額になるような保険はないのでしょうか。


以上、よろしくお願いします

現在居住中で自己所有のマンションの火災保険(建物対象)の見直しを検討中です。
現在の保険:時価額契約で火災1000万(地震500万)を
新しく新価(再調達額)契約で、出来れば2000万円くらいにしたいと考えています。

いろいろ調べたのですが、評価額の決め方についていまひとつはっきりしません。
建物について、新価方式で数社から見積もりをとると、(1500~2000万)と評価額に
ばらつきがあります。

保険会社のサイトなどをみると、
契約額が評価額より低いと一部保険とみなされて実際の支払いが...続きを読む

Aベストアンサー

私は数社の基準を知るわけではありませんので、
特約名や支払い基準に若干の違いがあるかもしれません。
しかし、現在保険会社ごとに商品の特約は殆ど同じと思われますので、
それを踏まえた上で代理店か保険会社に確認をして頂ければと思います。

私の勤務する保険会社では、以下の支払基準が存在します。
支払基準は全損時の対応と思ってください。

(1)時価評価特約
羅災時に保険目的の評価が的確かを評価し、
再調達価額を調査した上で、
その再調達価額に減価償却を行った評価額分をお支払します。

2000万で建築した建物が実際に減価償却を行うと1000万円ということもあり、超過保険の可能性が一番高いです。
現在では古い評価方法であり、
お客様からクレームも多いので、
保険会社としてお勧めはしていません。
(昔ながらの代理店ではこの評価方法が主流のところもあります)

(2)価額協定特約

お客様と再調達価額を「協定」する特約です。
羅災時には保険金額相当をお支払いします。
再調達義務や、保険会社による羅災時の再評価はありません。

(3)新価特約

建て直しを前提にした特約です。
羅災時には、お客様が建て直した建物の再調達額を、
保険金額の範囲内でお支払いします。
「建て直しをしなければならないこと」
「建て直し時の必要金額が必ずしも理論上の評価額と一致しないこと」
などから、クレームが発生する場合があります。
工場など、特殊な物件以外にはお勧めしない特約です。


これらの特約内容はひょっとしたら他社では若干の違いがあるかもしれませんが、
基本的には保険会社ごとにあまり差はないと思います。
保険会社としてもお客様からのクレームは避けたいですから、
価額協定特約に似たものは必ずあるはずです。

総括して、「全損時には契約時に協定した評価額を全額支払う」
という特約を付帯すれば、
地震など一部の場合を除き、
羅災時に保険金支払額の心配をしなくて済みます。

一度代理店や保険会社に照会をしてみて下さい。

私は数社の基準を知るわけではありませんので、
特約名や支払い基準に若干の違いがあるかもしれません。
しかし、現在保険会社ごとに商品の特約は殆ど同じと思われますので、
それを踏まえた上で代理店か保険会社に確認をして頂ければと思います。

私の勤務する保険会社では、以下の支払基準が存在します。
支払基準は全損時の対応と思ってください。

(1)時価評価特約
羅災時に保険目的の評価が的確かを評価し、
再調達価額を調査した上で、
その再調達価額に減価償却を行った評価額分をお支払します...続きを読む

Q休業損害保障の金額と実際の損害額に開きがある場合について

現在、弁護士を通して保険会社と休業損害の金額について話をしているのですが、
保険会社が提示してきた金額について、まったく納得がいきません。

保険会社が提示してきた金額は、当サイトやインターネットを検索する事で
発見できる計算方法である

事故直前3ヶ月の合計÷90×欠勤数

で導き出される金額で間違いないのですが、この金額では本来出勤して
得られた筈の給与の半分ほどにしかなりません。

更に、欠勤をしている間にも、家賃等最低限必要な給与はいただいていたのですが
(社長の厚意によるものです)それも差し引かれてしまいますので、実際には
本来期待できた筈の給与の五分の一程度になってしまいました。

このような場合、実際に受け取れていない金額の全額とまではいいませんが、
三分の二、せめて半分くらいでも受け取る事ができるようにする事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

計算方法が違っているのです。

そもそも仮定だらけを並べられると、答えるほうも、こたえる気が無くなります。
ほんのわずかな仮定でも、それが影響してまるっきり違う内容になるのですから。

今回の計算方法は、その計算方法自体が間違っているのです。

計算したいのですが、半日勤務を2回繋げて1日になっていたり、何処まで連続で休んでいてどのように半日欠勤したのかなどが細かく判らなければ、回答しようが無い部分もあるのです。


基本的な部分だけを記載しておきます。
連続して休業を行っている場合は、土日も休業として計算を行ないます。
連続しなくなると、土日は算定からから外されます。

1ヶ月丸々休むと、(3ヶ月前の給与金額/90)*30日になるので、1か月分はそのまま支給される事になるんですよ。
減額されません。

さらに、この間、源泉徴収で引かれる、雇用保険の本人負担分、所得税などが引かれません。
つまり、計算上で行くと丸々休んでいれば手元に残る金額は、給料以上になるのです。

これが、過去3ヶ月給料を実出勤日数で割るのではなく、90日と言う暦日で割る理由です。

あとは、状況が分かりませんので、これ以上の内容の回答は出来ません。

計算方法が違っているのです。

そもそも仮定だらけを並べられると、答えるほうも、こたえる気が無くなります。
ほんのわずかな仮定でも、それが影響してまるっきり違う内容になるのですから。

今回の計算方法は、その計算方法自体が間違っているのです。

計算したいのですが、半日勤務を2回繋げて1日になっていたり、何処まで連続で休んでいてどのように半日欠勤したのかなどが細かく判らなければ、回答しようが無い部分もあるのです。


基本的な部分だけを記載しておきます。
連続して休業を行...続きを読む

Q新築戸建の火災保険について

銀行から火災保険は強制ではないと言われてたのに、
支店担当者から入らないと金消契約できないといわれ
てしまい、あせっています。

すでに金消契約が来週末に迫っているのでとりあえず
で共済かなにかに入って、引っ越してからゆっくり勉
強してきちんとしたのにはいろうと思ったのですが、
新築のときに入らないと損することや後に入ると○○
ができないなど不利なことがありますか?

また短期で入るのにお勧め保険がありましたら教えて
ください。共済がいいと聞くのですが、共済にもいろ
いろあってどこに資料請求してよいやらという感じで
す。

経験者の方や詳しい方がいらしたら教えて頂きたくよ
ろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.強制かどうかという点について
保険は契約者の意思で掛けるものですから、銀行に強制力はありません。ただ、債権保全のために、債務者が契約した建物の火災保険の保険金請求権に、債権者(=銀行)が質権を設定するという方法が従来とられてきました。(保険金請求権に質権を設定するという意味は、保険金が支払われる事故が発生した時に、債権者に保険金請求の優先権があると理解していただければいいです)
ただ、住宅ローンでは質権設定をしない銀行が最近は増えてきているのが現状です。

2.新築の時に入らないと損すること、不利なことについて。
まったくありません。
ただし、建物の引渡しを受けた時点から、質問者様が実質所有し管理するわけですから、もし火災等の事故があった場合は何も補償してもらえず、銀行の借入金だけが残るという状態になります。
したがって、少なくとも引渡しの時点では火災保険にご契約されていることをおすすめします。(銀行が質権設定する場合には、融資手続き上金消契約の時点で契約加入を求められるのは仕方がないでしょうね)

3.短期で入るのに有利な保険について
火災保険は短期ではいると割高になる仕組みになっています。(最近は月割で計算する商品もありますが・・)
むしろ2年以上の長期で掛けたほうが有利になっていますので、ご検討されてはいかがでしょう。
銀行が取り扱っている保険は時価ベースとのことですが、何かの間違いではないかと思います。基本的には新価ベースになっているはずですし、長期の契約に対応するため、5年ごとに自動的に支払い限度額をアップさせる仕組みの商品もあります。銀行の窓口での説明でよく理解できない場合は直接保険会社に電話して確認されればいいでしょう。(問い合わせ窓口は銀行で確認されれば教えてくれるはずです)
なお、他の回答者もおっしゃっておられるように、銀行取扱いの住宅ローンに係る火災保険は割引が適用されていますので、一般で入るより保険料面では多少有利になっています。(半分以下ということはないと思いますが・・)
共済については、あまりかかわりがありませんのでよくわかりません。

いずれにしても今からでも間に合いますので、銀行窓口、保険会社、損害保険代理店等から充分ご説明をお受けになった上で、最初からきっちりとしたご契約をされたほうがいいと思います。

1.強制かどうかという点について
保険は契約者の意思で掛けるものですから、銀行に強制力はありません。ただ、債権保全のために、債務者が契約した建物の火災保険の保険金請求権に、債権者(=銀行)が質権を設定するという方法が従来とられてきました。(保険金請求権に質権を設定するという意味は、保険金が支払われる事故が発生した時に、債権者に保険金請求の優先権があると理解していただければいいです)
ただ、住宅ローンでは質権設定をしない銀行が最近は増えてきているのが現状です。

2.新築の...続きを読む

Q火災保険の損害査定の仲裁

マンションの階下の火災により自己所有の部屋に煤が室内に入り、床張りカーペットに細かい煤が入りました。
2日ほど換気しても部屋の空気は気分が悪くなるほど悪化した状態が改善しません。
火災保険会社が損害鑑定人を連れて損害査定をしたところ、ハウスクリーニング代の支払いとのことでした。
部屋の空気が悪いのはカーペットに入り込んだ煤が原因で、カーペットに入り込んだ煤は掃除機で取り除けないと思われます。
したがって、カーペットの張替えを損害として請求したいのですが、保険会社への請求交渉はどのようにすべきでしょうか。
また、交通事故紛争処理センターのような第三者的仲裁機関があれば紹介願います

Aベストアンサー

残念ですが、このようなケースでは損害が確認できませんので、張り替えは認められないでしょう。質問者の方も「取り除けないと思われます」という言い方になってますよね。立証できない感じ方の差だとすれば、賠償請求は難しいです。ハウスクリーニング代が普通だと思います。日本の賠償制度は被害者に立証責任があるということになってますから、被害を被ると何かしら「損?」をすることになります。変だとは常々思っているのですがね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報