2型と同様、高脂血症や動脈硬化を合併することも多いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 1型糖尿病は、膵臓のインスリンを分泌する細胞が破壊されていることにより起こります。

2型よりも重いと考えて、頑張って下さい。ブドウ糖をうまく処理できませんから、高脂血症や動脈硬化を合併するリスクは高いです。
 合併症で注意すべきものは、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などです。大事なことは血糖値のコントロールです。糖尿病専門の医師に管理してもらうことを勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分は患者ではないです。病態生化学の過去問であったんで。(笑)

お礼日時:2002/01/09 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足の動脈硬化で足が痛い

私の義理の父は、最近足の動脈硬化で足の血管の血流が悪くなって足が動かそうとすると非常に痛いそうです。
私も高血圧ですし、年もとっているので、この際、家内にその原因など聞いて参考にしたいのですが、嫌がって教えてくれません。義理の父は糖尿病が少しあったので、それが原因だったのと聞いたら、糖尿病が原因かそれ以外の動脈硬化かこの間検査したら糖尿病が原因ではなかったそうです。義理の父も年なので(83歳位)、血管の手術など出来ないようです。
原因は何なのでしょうか。
私の予防としては、焼肉は駄目ということでしょうか。最近焼肉が食べたくなったのですが。また、うなぎやマグロのトロなどは大丈夫なのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この手のアドバイスは 専門家にちゃんと聞くべきと思いますが、
自分の体が心配なら 自分自身の健康データーを書かないと
アドバイス出来ないと思います。
たとえば 血圧も高く コレステロールが高いなら 食事制限すべきとか 栄養士の方でも 有る程度の判断が出来ると思いますが??
御自分が糖尿の気があるとか、足がしびれるとかの状況も書かれたほうが良いと思います。

この際 義理の父は 切り離しましょう!!!

Q動脈硬化の治し方は?

主人(55歳)が高血圧で悩んでいます。
動脈硬化も進んでいるようで、血圧測定時の腕帯の圧迫で筋上の内出血をしてしまいます。

降圧剤を飲めば下がりますが、医師に「高血圧は治らないから一生薬が必要」と言われました。

本当に高血圧は治らないのでしょうか?
動脈硬化が治れば血圧も下がると思うのですけど?
動脈だって皮膚と変わらないと思います。
皮膚に出来た傷などが治るのですから動脈だって正常に出来ると思ってしまいます。

以前、「脳神経細胞はいったん破壊されたら再生しない」と言われていましたが、最近そうではないと判明したそうです。
人間は結構回復力があるのではないでしょうか?

薬に頼らず動脈硬化を改善された方、血圧が下がったという方、その方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

【血圧測定時の腕帯の圧迫で筋上の内出血をしてしまいます。】
▲この症状は動脈硬化と全く関係ありません。何か他の原因がありませんか?

【「高血圧は治らないから一生薬が必要」】
▲ヤブ医者の出現です。高血圧は治ります。けれども、そのための本人の努力が大変なのです。正しく言い直せば「高血圧は簡単には治らないから一生薬が必要」といことです。

▲体重を標準体重に維持し、酒やタバコも全くやめ、塩分を厳重に控え(「控え目」ではありません)、食事のカロリーや内容を管理し(概ね精進料理のような内容となります)、ストレスから遠ざかり(仕事はやめたりすることになるでしょう)、節制をして過ごせば高血圧は必ずといってよいほど治ります。

▲それらの内容は決して不可能ではないのですが、今現在の仕事や生活と両立するものではないでしょう。「今の生活パターンをやめたくない」と考えるのならば「高血圧を治すのは無理」である方々がほとんどなのです。

【動脈だって皮膚と変わらないと思います。皮膚に出来た傷などが治るのですから動脈だって正常に出来ると思ってしまいます。】
▲少しずつ治る可能性があります。でも、残念ながら動脈硬化した部分は石のように硬くなっていますので、上に書いた仙人のような生活を始めたとしても、動脈硬化が治るには動脈硬化ができるのにかかった時間と同じくらいの時間、50年くらいかかるでしょう。寿命が間に合わない、といったほうが正しい表現かもしれません。

【「脳神経細胞はいったん破壊されたら再生しない」と言われていましたが、最近そうではないと判明したそうです。】
▲再生します。でも量がとっても少ないのです。老化により一日何千という単位で脳細胞は死滅します。小さい脳梗塞でも何万という細胞が死にます。再生能力が一日数十個では、いくら「再生した!」とリキんでみてもしかたないですね。

【薬に頼らず動脈硬化を改善された方、血圧が下がったという方、その方法を教えて下さい。】
▲上に書いたようなことを、有能な医師と管理栄養士の指導で行ってください。必ず血圧は下がります。今の生活や仕事、娯楽を維持したまま血圧だけを下げる、という都合のよい方法はありません。

だから、みんな血圧の薬を飲んでいるのです。

【血圧測定時の腕帯の圧迫で筋上の内出血をしてしまいます。】
▲この症状は動脈硬化と全く関係ありません。何か他の原因がありませんか?

【「高血圧は治らないから一生薬が必要」】
▲ヤブ医者の出現です。高血圧は治ります。けれども、そのための本人の努力が大変なのです。正しく言い直せば「高血圧は簡単には治らないから一生薬が必要」といことです。

▲体重を標準体重に維持し、酒やタバコも全くやめ、塩分を厳重に控え(「控え目」ではありません)、食事のカロリーや内容を管理し(概ね精進料理のよ...続きを読む

Q血圧と動脈硬化の関係

主人が高血圧で病院に行ってきました。
医師の説明で納得できないものがありました。
「動脈硬化は高血圧の結果できるもので、動脈硬化だから高血圧になると言うわけではない」と言われました。
今までの知識では、食生活などの生活習慣から血管内壁にコレステロールが付着し、血管内が細くなるために血管内圧が高くなる..また、血管の柔軟性が失われるので拡張・収縮がうまくいかなくなる..と思っていましたから、「???」という感じです。

このことが納得できなければ、医師に対して信頼感を持つことが出来ません。

それから、続けて何回か測定すると、数値が20~30違うことが度々ありますが、何故ですか?
朝と夜では違うのは分かりますが、ほんの数分内にこれだけ違うのではどれが本当の数値なのかわかりません。

分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

No1のbagus3です。
「回答に対するお礼」ありがとうございました。

私は145:95くらいの状態を何年も放っておいたので
心臓に負担がかかり、少し大きくなってしまいました。一年前から内科に通い毎日薬を飲んで正常血圧を
保っていますが、心臓や血管がもとに戻るかどうかは
知らないんです。

日本には4000万人の高血圧症の人がいて
その半分しか自分が高血圧だと知らなくて
そのまた半分しか治療してなくて
さらにその半分しか治療の効果が出ていないそうです。

最近ダイエットをして体重を2kg減らしたら
血圧が下がったので、今は少し弱い薬に
変えてもらっています。夏を乗り切って
涼しくなったら、もっと減量して治療しなくても
いいようにしたいもんです。

Q温泉が糖尿、動脈硬化に効く理由

温泉が糖尿、動脈硬化に効く理由

温泉に効能というのがよく書いてありますね。
外傷や疲れ、打撲など外的要因なら効くのは何となくわかるのですが、内臓系で湯種を特定して効能が書かれている、ということは、どのような理屈(因果関係)なのでしょうか?

たとえば 硫黄泉 だと 糖尿病・動脈硬化・高血圧 となっています。
(飲泉ではなく、入浴泉での効用となっています)

温熱効果や温泉での開放感(精神的)での効果なら、全ての病気に効くとなります。

過去も同じような質問をしている(科学やライフ)のも見ましたが、まともに回答してるものがありませんでした。

どなたか、一応の因果関係(簡単で結構です)で硫黄泉が糖尿病に効くのを説明していただければ助かります。もしくは参考サイト紹介。

Aベストアンサー

まともに回答している物が無いというか、まともな理屈が無いので…

現在の温泉で示されている効能は、環境庁自然保護局長通知(昭和57年環自施第227号)「温泉の一般的禁忌症泉質別禁忌症と適応症」が基になっています。
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/kinteki.html

この通知にて炭酸水素塩泉や硫黄泉が飲用で、硫黄泉が浴用で糖尿病の適応症が示されています。

しかし、別にこれは医学的根拠があるわけではなく(ある物もありますが)、過去の経験則や言い伝えなどを基に策定されており、硫黄泉が糖尿病に効くメカニズムは解明されてません。
と言うか、科学的観点からすると効果があるかも定かではありません。

Q動脈硬化の末期症状

先日、私の叔母(71歳、太っている、高血圧)が胸が苦しくなり救急車で運ばれました。
呼吸も荒く、ひどい頭痛とめまいもあったようです。
嘔吐はありませんでした。

病院でMRIなど受けたようですが、頭も心臓も血管のつまりなどは見つからなかったそうです。
過呼吸だろうと言われたそうです。

ただ、大動脈のところが動脈硬化がひどいと言われたそうです。

動脈硬化の末期とも言われ、老夫婦二人だけの生活は無理でしょう、とも言われたそうです。

現在も入院中ですが、発熱もあり、頭痛も訴えていますが、頭は冷やしてはいけないと言われ耐えていました。

特に治療法はないと医者から言われたようですが、叔母が苦しんでいるのが不憫でなりません。

何かいい方法はないでしょうか?別の病院でも結果は同じでしょうか?

Aベストアンサー

現代医学はあくまで部分の医学です。部分の治療をするものです。氷山の一角を見つけて、部分的に効く薬と部分的手術が主な手段です。
しかも科別に分かれていますから、氷山があちこちに点在したり、隠れ氷山があるのが人体の病気ですから、そうなると、専門外はわれ関せずです。患者さんは何処に行って診てもらったらよいか、いつも困ります。
特に動脈硬化となると、体全体の総合結果が集まってなるものですから、あちこち適当に歩き回り、降圧剤、薬、食事、運動、カロリーと聞き飽きた曖昧表現で適当に過しているうちに、結局みなさんのようになってしまうわけです。
 部分だけ見ていてもダメなが、健康なのです。もちろん薬も効くとは限りません。悪化する人も聞くでしょう。前置きはこれだけにします。 説明すれば切りがありませんので、回答一覧の、次の項目を参照して下さい(他人回答も入っていますので間違えないように)。
質問がありまあしたらお答えします。
 私の科学的知識の観点(URL 本音で語る科学と健康の著者)からみて自分も最良の健康法として実行しています。これは、そのまま薬よりも優れた病気治療法でもありますので紹介するものです。さしあたって3つほど紹介します。大腸、痔、間食、・・の質問に関係なく読んでください。
 薬剤を使わず細胞たちに根本から治してもらう曖昧でない具体的総合治療法です。(参考・・現代医学では理解できないものとしている、全く門外の免疫力による療法で、甲田博士が50年かけて発見したものです、3食主義と美食に洗脳された人には実行できません。青汁も玄米食もこの博士の真似です)。
22頁
06/04/12 服薬と食事・・・・(100Kg→59Kg、体脂肪53%→22%,
血圧最大138~149mmHg 最低 80~85mmHgの治癒者手記
糖尿で危うく失明寸前者手記)

22頁 
06/04/12 なぜ「ぢ」になるのですか?若い人でもなるのはなぜ?
06/04/10 間食について他すべて共通

現代医学はあくまで部分の医学です。部分の治療をするものです。氷山の一角を見つけて、部分的に効く薬と部分的手術が主な手段です。
しかも科別に分かれていますから、氷山があちこちに点在したり、隠れ氷山があるのが人体の病気ですから、そうなると、専門外はわれ関せずです。患者さんは何処に行って診てもらったらよいか、いつも困ります。
特に動脈硬化となると、体全体の総合結果が集まってなるものですから、あちこち適当に歩き回り、降圧剤、薬、食事、運動、カロリーと聞き飽きた曖昧表現で適当に過し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報