12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

現在、行政書士を目指して勉強をはじめようと考えています。
大学も辞めて、専門学校と親がやってる店の手伝いに専念しようと思い、通う学校を2つまで絞りました。
けれど、どうしてもどちらがいいのか決めかねています。

一つはLEC高田馬場校です。
説明会にも行ってきました。
雰囲気もよく、勉強しやすい空間ができている印象をうけました。
ただ、問題なのは、高田馬場校は全てビデオによる授業だということです。
今まで、大人数でビデオの授業を受けるなんて経験したことないので、不安を抱いています。
また、講師が校舎にいないということは、勉強の悩みや不安に対するカウンセリング等は相談できないのかなと不安です。

もう一つは早稲田セミナーです。
ここは、コースによって説明会の日程もバラバラだったため、まだ説明会には行ってません。
そのため、どんなところかまったくわからない状態です。

他の方の質問を閲覧しても、やはりこの2校をオススメしている方が多いようです。
どちらも近所なので、かなり悩んでいます。
印象で言えば、パンフレットの読みやすさからLECなのですが…。
どうか、アドバイスよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

行政書士に関しては、私の場合、クレアールアカデミーを通信で利用しました。


十分対応可能な講義内容でした。
他に問題集を購入して勉強したせいもありますが・・・。
司法書士など、隅から隅までというような資格を除いて、基本的には私はクレアールアカデミーに好意を抱いています。
LECも早稲田セミナーも隅から隅までという学習社なので、行政書士のように基礎を押さえれば合格できるような資格の場合は、他の学習社でもよいのではないかと思います。
ただ、二つに絞ったのであれば、どちらかと言うと、LECをお勧めします。
司法書士の勉強をしていたとき、質問に関してもとても丁寧に答えていただくことができましたよ。
参考にしていただければ幸いです。
ご健闘をお祈りしております。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!!
クールアカデミーというところもあるんですね。
知らなかったです。
とても参考になる意見ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/08 00:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士と行政書士の違いって

現在、司法書士もしくは行政書士のように法律の仕事しないと考えています。
まったくの初心者なのですが、司法書士と行政書士の違いって何ですか?
また、どのようにしてなるのですか?
必要な学歴などありますか?
最後に、収入はどのようになりますか?

色々、質問づくしですみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

主な違い
行政書士(総務省管轄)
他人から依頼を受け、官公署(国の機関・都道府県庁・市区役所・警察署・etc)へ許認可などの申請の手続きの代理・代行及び、その書類の作成。(車庫証明・建設業許可など)
行政書士になるには、行政書士試験に合格するか、公認会計士・税理士・弁護士のどれかになっている人。又は一定の公務員OB。

司法書士(法務省管轄)
他人から依頼を受け、裁判所・法務局に提出する裁判絡みの書類の作成・手続き代行、及び登記関係の仕事。
また、司法書士になった後に受験できる、ある試験に合格すると簡易裁判所で弁護ができます。
司法書士になるには司法書士試験に合格。又は一定の公務員OB。

行政書士・司法書士共に学歴は必要ありません。
ちなみに私は、高卒ですが行政書士試験に合格しました。
収入は開業すればその人次第です。どこかの事務所に勤務になると司法書士はそこそこの収入ですが、行政書士は厳しいです。

下記に各書士の団体のサイトを紹介します。(いずれも公的な団体です)
日本司法書士会連合会↓
http://www.shiho-shoshi.or.jp/
日本行政書士会連合会↓
http://www.gyosei.or.jp/

主な違い
行政書士(総務省管轄)
他人から依頼を受け、官公署(国の機関・都道府県庁・市区役所・警察署・etc)へ許認可などの申請の手続きの代理・代行及び、その書類の作成。(車庫証明・建設業許可など)
行政書士になるには、行政書士試験に合格するか、公認会計士・税理士・弁護士のどれかになっている人。又は一定の公務員OB。

司法書士(法務省管轄)
他人から依頼を受け、裁判所・法務局に提出する裁判絡みの書類の作成・手続き代行、及び登記関係の仕事。
また、司法書士になった後に受験でき...続きを読む

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q行政書士と行政書士有資格者の違い

とある者が言っていた事なのですが。

「行政書士=行政書士有資格者
行政書士登録していない者=行政書士試験合格者 」

であり、行政書士登録していない者が「行政書士有資格者」又は「行政書士の有資格者」を標榜した場合、行政書士法の標榜規制に反し、違法であるとその者は言っておりました。

これは、「行政書士という資格」と、「行政書士になるための資格」が別々のものだという解釈だと思います。

行政書士会連合会に電話をかけると、電話対応の事務員が同じ事を話していました。

かくいう私も、行政書士試験の合格者ですが、早稲田セミナーから出版されている「success」という雑誌で行政書士と行政書士有資格者の名称が使い分けられている点や、登録していない者がインターネット上で「行政書士有資格者」と名乗っている事から、「行政書士有資格者」=「行政書士になるための資格を有している者」(行政書士法2条各号の者)を指しているのだと認識しています。

しかし、他の行政書士に聞けば以下の見解でした。私は、こちらの行政書士の論理展開が正しい帰結であり、説得力があるように思えます。
行政書士法2条の規定を見れば、行政書士有資格者=行政書士試験合格者でも構わない。一号~六号までは全て有資格者です。
法上は「行政書士」はその「登録者」を指します。つまり行政書士業務を現に行えるものをさします。
ちなみに19条の2はいわゆる名称独占規定で、その禁止するのはその名称を使用すること全般に及ぶので、「19条の2」の守備範囲は「2条」にある内容と必ずしも一致するものではないということです。
この条文の趣旨は「行政書士」業務ができない状態の者が「行政書士」等紛らわしい名称を使用することによる混乱を防ぐというものです。
ここで本件における事例を振り返ってみますが、有資格者という表現そのものは法上も別に誤りというわけでもないので使えないというわけではないかと思います。
「なる資格=試験合格者等」と「働ける資格=行政書士」は別ですがこういう「資格」という単語を使った区別自体、法令にもありませんし、処罰されるかどうかは個々具体的にその悪質性等を判断して決定されることなので、2条による有資格者を名乗っても直ちに違法とは言えないということでした。
ちなみに行政書士法コンメンタールでも試験合格者を有資格者と表現しているのだそうです。

別に、標榜など個人的にはどちらでもいいと思うのですが、気になってしまったので。お分かりの方いらっしゃいましたら、是非ともご識見をお伺いしたいのです。私は前者二人が解釈を誤っており、後者行政書士が正しい事を申していると考えます。

とある者が言っていた事なのですが。

「行政書士=行政書士有資格者
行政書士登録していない者=行政書士試験合格者 」

であり、行政書士登録していない者が「行政書士有資格者」又は「行政書士の有資格者」を標榜した場合、行政書士法の標榜規制に反し、違法であるとその者は言っておりました。

これは、「行政書士という資格」と、「行政書士になるための資格」が別々のものだという解釈だと思います。

行政書士会連合会に電話をかけると、電話対応の事務員が同じ事を話していました。

かく...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。行政書士のことは詳しくないのですが、社会保険業務士について多少の知識があります。もともと行政書士から分かれ出たものだけに法律も良く似ているようですので、ご参考まで私見を申し述べます。法律家でもありませんが、あしからずご了承ください。

 ご質問文中の後段にある司法書士さんのご意見どおりだと感じました。社労士仲間でもごく普通に、国家試験に合格しているが登録していない人のことを有資格者と呼んでいます。

 厳密には社労士の場合は合格だけでは登録できず、2年以上の実務経験かその代替手段としての公的研修である「事務指定講習」の終了が必要なのですが、実際に求人情報や社労士限定のセミナーの参加募集を見ても、有資格者に合格年度などを求めていることはありますが、実務研修に触れているものは見たことがありません。

 有資格者というのは条文上の「資格を有する者」としか解釈しようがなく、あきらかに、社労士業界での有資格者は、合格者かつ未登録者のことを指して使っています。

 手続きの順番が時間的に必ず「合格→登録」となるため、その間隙にいる人のことを指しているわけで使うに便利だし、普及しているので誤解を招く心配もなく、他の表現も聞きません。

 もっとも、ご引用の見解のうち「働ける資格=行政書士」というところだけは賛成しかねます。確かに世間一般では行政書士や社会保険労務士は資格の名称としてよく使われます。

 しかし基本的に法律では、法定の業務を行うことを認められた「人」のことを指しているはずで、たとえば19条の「行政書士又は行政書士法人でない者」という表現や、全般に主語と述語の関係を見れば明らかだと思います。

 すなわち、行政書士資格は行政書士になるための必要条件の一つにすぎないという扱いのはずです。「なる資格=試験合格者等」の方はそのとおりだと思います。

 引用のご意見の中で、「有資格者を名乗っても直ちに違法とは言えない」における「ただちに」というのは重要なポイントだと思います。行政書士と名乗って金を稼いではいけないわけですが、19条と19条の2は、金を稼ぐだけ、名乗るだけ、どちらも禁止していますね。

 これだけ厳しいのは顧客の利益を損なったり、業界や制度の信用を損なわれては困るから当然ですが、19条の2で「紛らわしい名称」も禁じられていることが、違法と主張する論拠になっているのですよね、きっと。

 社労士仲間で有資格者という呼び名が普通に使われているのは、詳しいもの同士なので誤解が生じないですから、別に法的な問題などないわけです。

 他方で、一般の人は登録制度など知る由もなく、資格があればその仕事ができると受け止められかねないですので(本来、必要条件なのに、必要十分だと誤解されやすい)、法の趣旨からすれば慎重に考える人がいても仕方がないような気もします。少なくとも素人さんに対しての言動は慎重であるべきなのでしょうね。

 でもやはり、誰に向かって、どのような環境で有資格者という言葉が使われているのかにより、個別に判断されるべき事柄なのですから、即刻違法というのは賛成しかねます。まさに、直ちに違法とは言えない、と考えました。

 こんにちは。行政書士のことは詳しくないのですが、社会保険業務士について多少の知識があります。もともと行政書士から分かれ出たものだけに法律も良く似ているようですので、ご参考まで私見を申し述べます。法律家でもありませんが、あしからずご了承ください。

 ご質問文中の後段にある司法書士さんのご意見どおりだと感じました。社労士仲間でもごく普通に、国家試験に合格しているが登録していない人のことを有資格者と呼んでいます。

 厳密には社労士の場合は合格だけでは登録できず、2年以上の...続きを読む

Q公務員を目指すか行政書士を目指すか

現在ある大学の法学部に在学している1年生です
タイトルの通りどちらを目指すか迷っています
 
 ちなみに公務員で目指すなら、地方上級で市役所のほうに進みたいと思ってます。知識の方は高校でもほとんど勉強しなかったため偏差値など学力に関しては非常に低いので(偏差値35~40くらい)不安はありますが大学の方で教養対策の授業などがあるのでそれ+努力(かなりのものを要すると思われる)でなんとかなるのか。ほとんど無知な自分でも間に合うのか?
 
 行政書士とで迷っているのはこれも資格対策の授業があり、さらに法学部ですから行政書士に関係する講義なんかも数多く受けると思うのです。こちらの学力に関してもまだ前期が終わったばかりなのでこれからといったところでしょうか。
 
 勉強していて感じたことは法律の勉強でいえば民法が楽しく講義も受けられました、先生の教え方もうまかったのだと思います。

 公務員の教養の勉強も資格対策の授業などでしました、家や図書室で勉強していて「楽しい」感じるのは法律科目です、今まであまり関わらなかったのでやはり新鮮だと感じたのだと思います。
 しかし、教養に関しても文章理解の難しい問題を的確に解けた時なんかはうれしかったりしました。

現在の状況は、どちらを目指すにしても教養が必要なので公務員試験対策の一般教養・知識の授業を受けてます

以上をふまえ

(1)公務員試験ではもちろん行政書士試験でも一般教養が必要みたいなのですがそれは具体的にどれくらいなのでしょうか?

(2)公務員を目指すか行政書士を目指すか、回答者様はどちらがオススメなのか(理由をつけて)

(3)アドバイスなどあればお願いします

 給与や合格率など、色々ネットサーフィンで色々と調べたりはしましたが、この思いを直接書いて少しでも多くの意見をいただいたうえで決めたい。そう思いました。

些細なことでもいいので宜しくお願いいたしますm(_)m

現在ある大学の法学部に在学している1年生です
タイトルの通りどちらを目指すか迷っています
 
 ちなみに公務員で目指すなら、地方上級で市役所のほうに進みたいと思ってます。知識の方は高校でもほとんど勉強しなかったため偏差値など学力に関しては非常に低いので(偏差値35~40くらい)不安はありますが大学の方で教養対策の授業などがあるのでそれ+努力(かなりのものを要すると思われる)でなんとかなるのか。ほとんど無知な自分でも間に合うのか?
 
 行政書士とで迷っているのはこれも資格対...続きを読む

Aベストアンサー

公務員がよろしいかと思います。

私も行政書士を目指していましたが、その収入の低さから資格取得をやめました。
確かに行政書士として忙しく仕事をしている方もいますが、行政書士の肩書きだけでは生活していけないことが多いようです。

私の身近で行政書士の資格を持っている方は、他にも弁護士、司法書士、税理士などの資格を持っており、行政書士だけというのはあまり見たことがありません。(あくまで私見ですが)

また、ある税理士さんが言っていたのですが、行政書士の仕事は弁護士と税理士でカバーできるため、あえて行政書士に仕事を頼むことはしないそうです。
実際、会社の建設業の許可申請等の手続きは、その会社の顧問税理士が行なっています。
(代書業務が多く出るのは一般的には会社なので、どうしてもそうゆう流れになるんでしょう。)
(また、法律相談だと弁護士に依頼しますし。)

これは、税理士は行政書士の資格を取得しなくても、法律上、行政書士の業務を行うことができるためです。
弁護士、司法書士については確認していませんので、この点について一度確認した方がよろしいかと思います。

あと行政書士の求人ですが、皆無といっていいほどでしょう。
ただ単に私が探せなかっただけかもしれないのですが・・・。
あと、収入ですが、行政書士としてトップの位置にいれば別ですが、かなり低く、社会人1年生の年収以下のようです。

行政書士業務は、法律家としては弁護士には及ばず、代書業務では税理士がそれを行なっているのが実情と分かりました。

行政書士の資格を取ったならば、さらにその上の、司法書士、税理士くらいの資格は取らないと生活していくのは難しいのが分かり、私は資格取得をあきらめました。

公務員がよろしいかと思います。

私も行政書士を目指していましたが、その収入の低さから資格取得をやめました。
確かに行政書士として忙しく仕事をしている方もいますが、行政書士の肩書きだけでは生活していけないことが多いようです。

私の身近で行政書士の資格を持っている方は、他にも弁護士、司法書士、税理士などの資格を持っており、行政書士だけというのはあまり見たことがありません。(あくまで私見ですが)

また、ある税理士さんが言っていたのですが、行政書士の仕事は弁護士と税理士でカ...続きを読む

Q行政書士試験 過去問 H13-10より

行政書士試験 過去問 H13-10より

2.供託官が供託金払戻請求を理由がないとして却下した行為は行政処分であり、これを不服とする場合の訴訟形式は行政事件訴訟の方法によるべきである。


「審査請求」はできないのでしょうか??

Aベストアンサー

出来ます(供託法第1条の4、供託官の処分を不当とする者は監督法務局又は地方法務局の長に審査請求が出来る。)


問題の意図は、民法上の契約でも、公権力の行使として行政処分になることがある、
弁済供託における供託金取戻請求に対する供託官の却下 は公権力の行使にあたる、
っていう最高裁判例を理解しているかを問う問題。

審査請求と行政事件訴訟のどちらかを選ぶかどうかは別の話。

Q司法書士 早稲田セミナーとLECは?予備校?

司法書士の予備校に通おうと思っています。

早稲田セミナーとLECはどっちが評判いいですか??

他にも教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちわ。
早稲田セミナーとLEC、どちらの予備校にも通ったことがある
司法書士受験生です。
(両者とも大阪です。)

両者の違いですが、以下の4つに分けてお答えします。
(1)雰囲気
(2)値段
(3)事務の対応
(4)先生

ます(1)雰囲気ですが、
Wセミナーは、受講生の割合が社会人が多く、年配の方の姿も見られるため、落ち着いた感じがあります。
一方、LECは大学生が多い印象ですね、和気藹々とした雰囲気で、Wセミナーよりにぎやかな感じです。

(2)値段ですが、
WセミナーのほうがLECより、自分が見た所、5000円~1万円程度
安いですね。もちろんコースにもよりますが。

(3)事務の対応、
Wセミナーの方が対応が丁寧な気がします。
例えば、書店などで、模試やコースを申し込んだ場合、
Wセミナーは受講票を送付してくれるのですが、LECは窓口まで
取りに行かなくてはなりません。
また、LECは受講票を配布する場所と、模試の会場が異なっていたり、結構ややこしいんですよ。

(4)先生、
これは、質問者様の相性による所が大きいので、無料ガイダンスを聞きに行くことをオススメします。
事前に聞いておかずに、適当に先生を選ぶと後悔するやもしれません。
(あと、その際にテキストについてもチェック)
私としては、Wセミナーの竹下先生が非常に分かりやすいのでお勧めです。

以上です。
どちらも、大阪校の話で、私の印象ですから、実際に足を運ばれるのがよいのではないでしょうか。
参考になれば幸いです。

こんにちわ。
早稲田セミナーとLEC、どちらの予備校にも通ったことがある
司法書士受験生です。
(両者とも大阪です。)

両者の違いですが、以下の4つに分けてお答えします。
(1)雰囲気
(2)値段
(3)事務の対応
(4)先生

ます(1)雰囲気ですが、
Wセミナーは、受講生の割合が社会人が多く、年配の方の姿も見られるため、落ち着いた感じがあります。
一方、LECは大学生が多い印象ですね、和気藹々とした雰囲気で、Wセミナーよりにぎやかな感じです。

(2)値段ですが、
WセミナーのほうがLEC...続きを読む

Q行政書士は法律家?

いろいろな行政書士の先生のHPで免税軽油使用者証交付申請の業務があります。これは、税理士業務ではないのでしょうか?

税理士会連合会では税理士の独占業務、行政書士会では行政書士業務といわれました。なぜ、立場によって異なるのでしょう。行政書士側は根拠も検討中、それでいて行政書士業務と言い張っています。その割に一部の行政書士会のHPから業務が減りました。

行政書士は法律家ではないのでしょうか?
行政書士会連合会は法律家の団体ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 免税軽油使用者証の交付申請は、軽油引取税という税金が免税され
> る用途に使用する機械等を使用するので、それを認めてくださいと
> いう行政文書だと思われます。

ANo.3さんの回答は正しいと思われます。
それに、一部の税務書類の作成は、行政書士または行政書士法人が業務にすることが税理士法第51条の2に規定されています。

税理士法第51条の2
(行政書士または行政書士法人が行う税務書類の作成)
「行政書士または行政書士法人は、それぞれ行政書士または行政書士法人の名称を用いて、他人の求めに応じ、ゴルフ場利用税、自動車税、軽自動車税、自動車取得税、事業所税その他政令で定める租税に関し税務書類の作成を業として行うことができる。」

> 行政書士は法律家ではないのでしょうか?

これは色々論議がありますが、法律家は次の分類ができると一般的にはされています。
法曹(弁護士、検察官、裁判官)、準法曹(司法書士)、隣接法律実務家(公証人、弁理士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、土地家屋調査士、不動産鑑定士など)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 - 法曹
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E6%9B%B9

No.1さん
> 行政書士は、独立行政法人と言いまして
そんなことは言いません。
いつから行政書士は「国立大学」を運営できるようになったでしょうかね。。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 - 独立行政法人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%B3%95%E4%BA%BA

> 免税軽油使用者証の交付申請は、軽油引取税という税金が免税され
> る用途に使用する機械等を使用するので、それを認めてくださいと
> いう行政文書だと思われます。

ANo.3さんの回答は正しいと思われます。
それに、一部の税務書類の作成は、行政書士または行政書士法人が業務にすることが税理士法第51条の2に規定されています。

税理士法第51条の2
(行政書士または行政書士法人が行う税務書類の作成)
「行政書士または行政書士法人は、それぞれ行政書士または行政書士法人の名称を用いて、他人の求...続きを読む

Q行政書士の勉強をWEB通信で検討しています。LEC か TAC で迷っ

行政書士の勉強をWEB通信で検討しています。LEC か TAC で迷っています。以前、TACで簿記の勉強をし、教材・説明ともとても分かりやすかったのですが。法律系に関しては、LECの方がいいのかと思い考えています。行政書士の勉強をこちらの学校で受けたことがある方、また評判など聞かせていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

WEB通信を始めたのがLECの方が早いためか、WEB通信の操
作性の点でLECが個人的に使いやすいように思います。

また、資格試験の勉強は「予備校」云々というより教える「先生」
により相性があります。

その点LECの2010年目標のWEBセミナーでは、二人の看板
講師の授業を受講できるのでおすすめです。

もちろん、TACも大手校ですので間違いはありませんが、あくま
で個人的な意見として参考にされてください。

ちなみに、私は決してLECの関係者ではないのでその点ご安心を。

Q行政書士事務所を開業

行政書士事務所を開業しようと考えています。
開業2~3ヶ月は今の勤務先で勤務しながら、業務を行おうと考えていますが、この場合でも、個人事業主となって税務署への開業届を提出しなければいけないのでしょうか?

今の勤めも辞めて、完全に行政書士業務のみになった時から開業届を提出しないといけないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実質的な収入があろうとなかろうと個人事業主の届け出を行う必要があります。
具体的には行政書士の登録が完了した日を開業日とするのが通例ですからその日から1か月以内と定められています。

Q行政書士-LECか伊藤塾の通信カセットどちらにするか迷ってます

行政書士の勉強をしようと思っています。
LECか伊藤塾の通信カセットで勉強しようと考えていますが、どちらにしようか迷っています。活用されたことがある方の感想を伺いたいです。
また、どちらも試験対策用ということで、合格後、実践には役に立たないのですか?、勉強された期間はどれくらいでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 自分も今勉強中の身なんですが、カセットのほうはよく分かんないけどLECの方は一回体験で行ったことがあります。
 内容はすごく分かりやすく、悩んでたことが一発で解決しました。(ちなみに今年で受験二回目です。去年はCD付の通信教育でがんばってみました)
 結局講座は受けなかったんですけど、お金と時間が都合つかなかっただけで、最短で確実に受かりたかったら、LECのほうが良いかも。
 あと試験と実務についてはどの本みても、かけ離れてるみたいですね。しかも行政書士試験の本はたくさんあるのに、実務書はなかなか見当たらない。ちなみに下の参考URLの丸山さんっていう人のHP&本は結構おもしろいので一度見てみては?

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~ciw18250/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報