福岡市営地下鉄(空港線)はJR筑肥線(姪浜~筑前前原)まで乗り入れていますが福岡市営地下鉄の車両にJR防護無線アンテナがついている車両と、JR防護無線アンテナがついていない車両があるというふうに書いてありましたがJR防護無線アンテナってなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 防護無線は事故・運転上の支障等があった際に、一定距離内にある他列車に対して停止を命ずる保安装置です。


 一旦発報(ボタンを押す)されると、他列車では防護無線機から『ピピピピピ』という大きい警報音が鳴り響きます。この際、他列車の乗務員はすぐに停止の措置をとらなければなりません(防護無線機の実物は参考URL上段を。発報例としては参考URL下段をどうぞ)。
 昭和37年に常磐線三河島駅で起きた三河島事故(下り貨物列車が脱線したところに下り電車が衝突し、更に上り電車が突っ込んだ三重衝突事故。死者160名)を教訓に設置されたものです。
 防護無線のアンテナはその信号をやり取りするためのものです。JR線を走る列車についてはほとんど装備されています(乗り入れするものも含む)。
 ですから、普通に考えればアンテナがついている車両がJRへの乗り入れ可能な車両でついていないものが乗り入れ不可の車両ということになります。

参考URL:http://www.interq.or.jp/world/ef63/tetudou/train …
    • good
    • 0

すでに他の方から回答されていますが


乗務員さんが事故や問題が発生した場合にボタンを押して周りの列車(1Km圏内)に無線にて信号を発報し危険を知らせます。受信したほかの列車は無条件で停車しなければなりません。おかげで人身事故時などで列車が止まると、関係ない線区の列車も止まってしまいます。忙しいときとかかなりガッデムってかんじですよね

又、関東では大地震などの兆候が見られたとき(広域にて初期微動が検知された時)に関東一円にこの信号を発報しすべての列車を停車させるシステムでも利用されているようです。東京タワーとかから出します。

この防護無線はJR各社共通で使用しています。
JR他社からの乗り入れ、もしくは他会社からの乗り入れ列車にはみんなついているみたいですね。(一部イベント車両や特殊車両を除く)
これを使用するためのアンテナです。
    • good
    • 0

防護無線とは各列車に積まれていて、もし事故などで本線上で停止しなければ ならないときにこの無線を発射します。

すると、その無線を受信した全ての 列車は停止し、2重衝突事故を避ける仕組みになっています。
そのためのアンテナですね。

今ではデジタル化されている物が多いです。
(以前いたずらが相次いだため)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の大阪市営地下鉄車両のシートについて

こんにちは。oodaikoです。
昔の、少なくとも20年くらい前の話ですが、鉄道ファン誌で地下鉄特集をやったとき
大阪市営地下鉄の紹介記事の中で、
「なお10系(60系だったかな)に採用されたスプリングのないシートは
乗り心地もさることながら汗を吸わないので夏場は気持ちが悪い」
と書かれていました。当時は(もちろん今も)国鉄私鉄ロングシートクロスシートを
問わずモケット張りのスプリングシートしか見たことがなかったため、これはどんな
シートなのだろうと思っていました。
ずっと後になって大阪へ出張した機会に地下鉄にも乗りましたが、どの車両も普通の
モケット張りシートでした。
特集記事で批判されていたこのシートはどんなものだったのでしょうか。
バスには今でも時々あるビニールレザー張りのものだったのでしょうか。それとも
スプリングがないということはプラスチックを整形したベンチシートのようなものだった
のでしょうか。現在見かけないのはやはり評判が悪くて普通のシートに交換されたからでしょうか。
当時、そのシートを見たことのある方や事情をご存知の方、回答をお願いします。
またそのシートのようすが良くわかるような写真のあるサイトを御紹介いただいても結構です。

こんにちは。oodaikoです。
昔の、少なくとも20年くらい前の話ですが、鉄道ファン誌で地下鉄特集をやったとき
大阪市営地下鉄の紹介記事の中で、
「なお10系(60系だったかな)に採用されたスプリングのないシートは
乗り心地もさることながら汗を吸わないので夏場は気持ちが悪い」
と書かれていました。当時は(もちろん今も)国鉄私鉄ロングシートクロスシートを
問わずモケット張りのスプリングシートしか見たことがなかったため、これはどんな
シートなのだろうと思っていました。
ずっと後にな...続きを読む

Aベストアンサー

私も小学校低学年の頃まではこのシートをよく利用しました。1981~2年ごろまで残っていたように思います。
「スプリングのないシート」というのは、皮張り(レザーのような高級なものではなく、駅の待合室や、明治時代の2等車あたりに使われているような感じの皮)で、強化プラスチックの上に打ちつけられている、といった構造で、まさに「プラスチックを整形したベンチシート」のようなものでした。
なお、採用されたのは初期の30系と60系でして、10系は登場当時からモケット張りです。30系でも後半に登場した車両はモケット張りです。
やはり評判が悪く、1970年代後半からモケット張りのものに順次取りかえられました。

QJR尼崎駅から東西線に乗り入れる車両について

最近、よくJR宝塚線(福知山線?)を利用します。
尼崎駅で東海道線(神戸線?)に乗り換えるのですが、電源車(って言うのかな?)についているパンダグラフが1車両に2つあり宝塚線を尼崎駅まで来る時は、そのうちの一つだけ(宝塚駅より)しか利用していないのですが、尼崎駅で「ガシャン」と音がして、もう一つのパンダグラフも架線に伸びます。
これは、何故もう一つも利用するのでしょうか?地下線を走ることと関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

東西線の地下区間は、架線が通常のぶら下がっている銅線ではなく、剛体架線といって金属の棒なんです。
普通の銅線であれば、多少電車が揺れても一緒にくっついで揺れてくれるのですが、固定されている硬い金属ですとパンタグラフが上下に揺れると簡単に離れてしまいます。
加速中や減速中にこれが起こると、いきなり通電が途切れて機器にダメージを与えかねません。
そこでパンタグラフを二つ上げて、どっちかが離れても電気の供給が止まらないようにしているんです。

Q福岡市営地下鉄

福岡市営地下鉄空港線・箱崎線 共に使っている車両を教えてください。

Aベストアンサー

 私もお世話になっています。

 下記のURLは参考にならないでしょうか。

参考URL:http://isweb15.infoseek.co.jp/area/m_mitoma/subway/type.htm

Q福岡市営地下鉄の・・・

福岡市営地下鉄のHPでhttp://subway.city.fukuoka.jp/station/time/13m1.html
このページがあるんですけど
一番したの接続とはどういう意味ですか?

Aベストアンサー

 直通ではなく乗り換えになるということですね。
 電車は筑前前原止まりですが、筑前前原始発の西唐津行き電車に接続しますよという意味です。参考URLを見ていただければおわかりいただけるかと。

参考URL:http://ekikara.jp/time.cgi?line121&page=3

Q東京大手私鉄で、西武新宿線だけなぜ地下鉄に乗り入れしてないか

東京・JR山手線の各駅基点私鉄大手の路線で、長い編成の私鉄で、西武新宿線だけ地下鉄に乗り入れていませんが、なぜなんでしょう。

小田急本線=営団千代田線

京王新線=都営新宿線

東急東横線=営団日比谷線・営団13号線(予定)

東急田園都市線=営団半蔵門線

東急目黒線=営団南北線・都営三田線

京浜急行=都営浅草線

京成本線・北総・公団線=都営浅草線

東武伊勢崎線=営団日比谷線・営団半蔵門線

東武東上線=営団有楽町線・営団13号線(予定)

西武池袋線=営団有楽町線・営団13号線(予定)
(西武有楽町線経由)

以上、京王井の頭線・東急池上線など以外乗り入れてますが、どうかお願いします。

Aベストアンサー

ほとんどの鉄道会社は、昔(今も同じ)の
終着駅では不満で、より都心部への延長を望んでいました。
しかし、当時の運輸省の方針で、山手線の内側は
地下鉄会社が受け持ち、直通運転するという
形に制限されることになり、
今の乗り入れ全盛に至っています。

しかし、西武新宿線の場合、もともと延長を望んでは
いませんでした。
というのは、当時の新宿駅の構造が今と違っていて
たとえば、京王線と西武新宿はとても近かったのと
新宿より延長するにしても、
ちょっと延長するぐらいではメリットが無かったからです。

このため、西武新宿と地下鉄を接続するという
事もかんがえられず、今に至っています。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報