中小企業の働き方改革をサポート>>

よく今日の市場について等のネットニュースなどで
本日の相場は日経225先物主導で動いていた。などと書いてあるんですが、これはどういう意味でしょうか?

そもそも、日経225先物は、日経平均が先行して、それに追随してくる指数じゃないんでしょうか?

日経平均に採用されている各銘柄の株価が市場で上げ下げを繰り返して、そのトータルが日経平均の上げ下げですよね。

それに合わせて(追随して)動いていくのが日経225先物指数ではないのでしょうか?

ETFとかも同じだと思うのですが。

先に日経225先物が動いて、後から日経平均が追随するってことはありえないと思うんですが。。

皆さん御指南よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日経平均株価と日経平均先物、『針と糸』、ご指摘のように両者は、


基本的に追随して動きます。また、両者間には裁定取引が働き、
片方が高く、片方が低ければ、高いほうが売られ、低いほうが買われる関係にあります。
”『針と糸』”の関係のように、追随するとのご理解で間違いはありません。
では、どちらが針でどちらが糸か?のご質問と推察します。

先物主導の例として、2004年5月の暴落をご説明します。
外人を中心に、先物主導で暴落しました。
 ・現物株式を大量に保有している者にとって、現物株式を大量に、
  市場に売り注文を出した場合、買い注文が引っ込んでしまい、約定しにくく、
  時間的なロスが起こります。想定していた値段で売る事は不可能です。
  そこで、どんどん日経先物を売り込みます。これでもか、これでもかと
  売って売って売りまくってきます。日経先物と日経平均のギャップは
  どんどん拡大します。おかまいなしです。彼らは、先物で売ると同時に、
  後から現物の売り注文も出してきます。こうすることによって、現物を大量に
  売りに出した時の約定ロス・時間ロスをヘッジしていました。
  また、一部の外人・機関投資家は、現物は売らずに、
  保有株式の評価損をヘッジするため、取り敢えず先物だけを売った投資家もいます。
  これも、先物主導を加速させました。
  これらは逆もあります、大量買付けをしたい時に、一足先に先物を買っておく、
  と言うことです。
  また、注文を受けている証券会社の便乗売買も動きを加速させます。
  一投資家が相場を動かすことはできません、しかし、皆が同じ考えとなり、
  同じ方向に動く時、現物取引でちまちま売買していられる冷静な投資家はいません。
  取り敢えず、先物の売買に走ります。そう、群集心理が、一点に集中した時、
  (我も我も、おらもおらも、あたしも・・・)
  それは先物の動きとなって現れ、後から現物が追随することとなります。
 ・尚、特殊な動きをしますが、日経先物は、日経先物のオプション取引の
  駆け引きとして、仕掛け売買的な売買にも利用されます。
  これは、SQが近づくと始まります。

このように、市場になにかインパクトのある動きが起こる時、一足先に先物に
その動きが現れるのが一般的です。日経平均先物が針、日経平均が糸、
となるケースが多いと考えます。
前回、ライブの時、日経現物と先物に、瞬間的に120~150円??ぐらいのギャップが
あったように記憶しています。

また、現物取引はちまちましすぎ、オプションは難解、先物はマネーゲーマーにとって、
簡単・すばやい・流動性も高いなど、格好の対象物といった面もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

makachinnさん、回答ありがとうございます。

いつもながら今回もとてもとても参考になりました。

読みながら、
(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウンって頷きながら
ゆっくり読ましてもらいました。

個人投資家にはとても考えられない売買をやってるんですよね、大口さん達は。


>日経先物は、日経先物のオプション取引の駆け引きとして、仕掛け売買的な売買にも利用されます。これは、SQが近づくと始まります。

SQ前は色々と荒れるって言いますよね。


>前回、ライブの時、日経現物と先物に、瞬間的に120~150円??ぐらいのギャップがあったように記憶しています。

昨日、イートレのオペレさんと話してたら、先日は先物と日経現物に凄く差が出たんですよ!って言ってました。一応は遅延によるものって言っていましたが、実際はどうなのかわからないそうです。


>現物取引はちまちましすぎ、オプションは難解、先物はマネーゲーマーにとって、簡単・すばやい・流動性も高いなど、格好の対象物といった面もあります。

凄くわかります(^^)
とにかくオプション取引は難解ですよね。。。
頑張って勉強したんですが、ホントにちんぷんちんぷんで。。。なんとなくの見方しかわかりません。

裁定取引とかヘッジとかも意味はわかるんですが、コレも実際ちんぷん×3ぐらいで。。

頑張ってもっとわかるようにしないと(^^)

回答ありがとうございました!!

お礼日時:2006/02/04 01:18

まず先物について こちらを読んで理解して下さい。


http://www.ose.or.jp/futures/doc_punf/pu_sa.pdf

何となく 見えてきませんか

凄く 大きな資金が 動いています。
だから その資金の 流れによって
現物株にも影響が出ます。

また 現物株の 動きに引きずられて
先物が動くときも有ります。

最近の 傾向として 先物の取引枚数が
現物株の 出来高比で大きく成って居ましたので
そんな 表現も多くなってきました。

今は 日経平均と先物は表裏一体と言った感じに
成ってきています。

その間系が 完全に読めれば苦労しないんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mitigusaさん、回答ありがとうございます。

URLじっくり読んでみます。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/04 00:51

NO.2の補足です。

先物と現物の間には、裁定取引があって連動するようです。
 
 マーケットスピードをお持ちでしたら、複合チャートで日経平均先物(期近)と日経平均(ETF)をリアルタイムで監視できます。追随するのが見れますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kuihoudaiさん、補足ありがとうございます。

マケピで比べてみました(^^)

確かに、どちらかに追随してますね。
参考にします。

補足して頂きありがとうございました!

お礼日時:2006/02/04 00:49

 オプション、先物、現物の順に相場の先行きを織り込んで行くようです(去年借りた本で読んだ知識です、たぶん合ってます。

)。
 
 特にオプションは、瞬時に織り込むようです。今日は上がるぞーと思って、コールを買うと、寄付きでほとんど織り込んでいて、寄付きが天井だったという事も多い様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kuihoudaiさん、回答ありがとうございます。

オプション、先物、現物の順ですか。

オプションは見方はわかるんですが、実際にどう参考したらいいかわかりません。。。って結局見方がわかってないやんやん!って感じですが(-"-;A ...

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/04 00:46

225先物ですから、「先物」ですね


限月時点の225指数に関する売買になりますから
「先高」観測があれば、現225に比較して先物の人気が高まる
ということになり、現225に先行してあがるということに
なりますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

KYOSENさん、素早い回答をして頂きありがとうございます。

>現225に先行してあがるということに
なりますね

なるほどです(^^)
回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/02/04 00:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経平均株価と日経先物の価格差について

2013年2月14日の日経平均株価は11000円くらいで、日経先物はその夜11300円くらいまで上がりました。このまま円安が続くと、どんどん値差が開いて行ってしまうと思うのですが、どのようにお互いの値差を縮めるのでしょうか。2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?

Aベストアンサー

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が日経先物よりも高くなったら日経平均の採用銘柄を(全て対象として日経平均への寄与度に応じて←少しやっかいなので括弧書き^^;)売って、日経先物を買えば、SQで「確実に」利益になります。日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。

「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。

そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。(これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります)

そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。(2月14日夜間もそうだったんですね)
で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。
ご質問者が指摘されるような「2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?」というような作用は一切なく、日本時間でも日経平均が上がると予想されれば、日経先物は9時からドンドンと上昇することもありますし、そんな時は日経平均はいつまでも決まらないこともあります。

少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。

さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が...続きを読む

Q日経225平均と日経先物の関係について

先週 木曜日 金曜日 SQの関係で 先物と現物との関係が株価に影響したとよく指摘されてきました。

最近いつも マーケットスピードで 先物の指数を注意しながら取引しているのですが  ここ1週間ザラ場は 先物の指数を 30回程度見ましたが いつも 日経平均が 例 -100円の場合 先物 3月は - 130円 6月 - 150円 とか ひどいときには 日経と 先物が 70円以上も離れているときがありました。

そのときは 先物と現物での開きが大きいほど 大体ではありますが 日経平均225も下がってきました。

ですので 先物と現物での開き 先物が現物より70円以上とかマイナスになっているときは 現物が下がると判断してもいいのでしょうか?

ちなみに 先物が 現物より プラスになっているときは 現物もあとを追って上がってきました。 

素人なので 浅はかな判断とは思いますが ご回答よろしくお願いします。
先物につきましては こちらの ほとんどの意見も読み参考にはしましたが なかなか見つかりませんでした。





1 先物がいつも主導で 動き その後に 日経225平均がつられて動くのでしょうか?

先週 木曜日 金曜日 SQの関係で 先物と現物との関係が株価に影響したとよく指摘されてきました。

最近いつも マーケットスピードで 先物の指数を注意しながら取引しているのですが  ここ1週間ザラ場は 先物の指数を 30回程度見ましたが いつも 日経平均が 例 -100円の場合 先物 3月は - 130円 6月 - 150円 とか ひどいときには 日経と 先物が 70円以上も離れているときがありました。

そのときは 先物と現物での開きが大きいほど 大体ではありますが 日経平均225も下がって...続きを読む

Aベストアンサー

裁定取引ってご存知でしょうか?日経平均で言えば、日経平均株価と日経平均株式先物の価格には、SQまでに受取が確定する配当金と、SQ迄に発生する現物購入資金に対する金利から計算される、理論的な価格差が存在します。(そこらへんは参考URLをご覧下さい。)因みに、この価格差は、Bloombergによれば2月10日現在では-4.54円との事です。(下のリンクが生きていればいいんですが。)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90002013&sid=agIrXA51nhmI&refer=jp_world_indices
実際についている価格差は、この理論どおりにはなっておらず、そこで割高な方を売り、割安な方を買う裁定取引が入ってくる訳です。

この理論的な価格差は、現状では、超低金利の為金利の影響はごく僅かですが、SQ迄に発生する配当金の額の影響をかなり受けるので、先物の限月が変わると理論価格差もかなり変わります。更に、実際に裁定取引をする場合は、225銘柄を成行で売買するので、板の厚い薄いの影響も受けます。(直近の値段で見ると、現物が割高、先物割安に見えても、現物を成行で売りに行くと、全ての銘柄が直近の値段で売れる事はまずないので、ある程度理論以上の価格差が必要。)

ですから、現物と先物の価格差が幾らになったら裁定取引が入るか、その価格差をはっきりと決めるのは難しいのですが、いずれにせよ、先物が現物に対して大きく割安になれば、現物売り+先物買いの裁定取引の解消の取引が入ってきて、先物につられて現物が下がります。逆に現物が割安で先物が割高なら、現物買い+先物売りの裁定取引が入ってきて、現物の指数は上がります。

先物が現物を主導するように見える動きの原因は、基本的にはこのような裁定取引です。このような裁定取引の影響は、取引が活発ではない、板の薄い状況だと特に目立ちます。

参考URL:http://www.skc.or.jp/qa/saitei.html

裁定取引ってご存知でしょうか?日経平均で言えば、日経平均株価と日経平均株式先物の価格には、SQまでに受取が確定する配当金と、SQ迄に発生する現物購入資金に対する金利から計算される、理論的な価格差が存在します。(そこらへんは参考URLをご覧下さい。)因みに、この価格差は、Bloombergによれば2月10日現在では-4.54円との事です。(下のリンクが生きていればいいんですが。)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90002013&sid=agIrXA51nhmI&refer=jp_world_indices
実際についている価格差は、この...続きを読む

Q日経平均過去20年分くらいのチャート表を教えてください

ネットで見れるサイトを教えてください

チャート表になっている所が希望です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカのヤフーファイナンスが重宝します。
日経平均の約20年分のチャートもデータも載っていますし。

参考にしてみてください。

参考URL:http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EN225&t=my

Qどうして日経平均と先物OPは連動するのでしょうか?

質問です。最近の市場は先物主導で下落が見られますが、では、どうして日経平均と先物OPは連動するのでしょうか? 先物の仕掛けで現物株が下がる、これはなにかおかしいような気がします。ぜひ、御見解のほどを。

Aベストアンサー

◎日経平均と日経先物とオプションの関係
個別株も日経平均の動きに影響されます。
日経平均は何に影響されるかというとズバリ、先物です。そして先物を上下させてなにが儲かるかというとオプションです。
 そして特に日経平均採用銘柄を購入する場合先物の動きを予測する必要があります。
 まず、日経平均と先物がなぜ連動するかについて説明します。先物裁定取引と呼ばれる取引があり、先物>日経225平均のとき先物を売って225の現物を買い、先物<日経225平均のとき先物を買って225の現物を売りSQ(期日)までの相互の差額が益となる取引があるのでぴったり追従します。これはプログラム取引であり上昇中は先物の上値板が厚く、売れると現物を買います。そこで先物を買い上げれば日経平均があがり、しいては相場全体を上げられるというわけです。オプション取引は、15000、15500、16000、16500円など500円毎に区切りがあり、現在15660円ですが、16000円コールは期日(毎月第2金の日経平均の寄り付きの値段、この日をSQという)日経平均が16500円になると500円、16000円以下は0円というものです。プットは逆に15000円プットが日経平均が14500円で500円、15000円以上は0円というものです。これらオプションは売り出した人がいて16000コールを売った人は16000円以上にするとお金を払う必要があるので16000円以上にさせないため16000円を超えないよう先物で厚い板を16000円の前に立てます。そして日経平均が16000円に近づくと無理やり売り崩します。またオプションはSQまでの間に比例して時間価値があり高いものとなり、どんどん下落するので大体は売り出した人は利益が取れることになります。また16000コールは本日、120から170円だったかの範囲で値が動きましたが、120円で買板を厚くたて、最初に先物で値を崩して120円でコールを買い、その後先物で値を持ち上げて170円で売りに出せばものすごい儲けにあります。このように日経平均を乱高下させることで儲けようとする人がいるので日経平均はかなり上下します。

◎日経平均と日経先物とオプションの関係
個別株も日経平均の動きに影響されます。
日経平均は何に影響されるかというとズバリ、先物です。そして先物を上下させてなにが儲かるかというとオプションです。
 そして特に日経平均採用銘柄を購入する場合先物の動きを予測する必要があります。
 まず、日経平均と先物がなぜ連動するかについて説明します。先物裁定取引と呼ばれる取引があり、先物>日経225平均のとき先物を売って225の現物を買い、先物<日経225平均のとき先物を買って225の現物を売りSQ(期日)...続きを読む

Q日経先物や日経平均を追いかけて動く銘柄

日経平均のあとを平行して追っていくような、都合のよい銘柄ってないでしょうか?

もしあったら、その銘柄の動きを予測できますよね。

景気に敏感な小売業とか、証券かな~とも思って探したところ、大手デパート系は、むしろ日経先物より先に動いてる????
小型銘柄は、かってにあっちこっち。

昼休みに日経先物が下げたら、後場寄付で成り行きウリするってのは、初心者の甘い考えですか? 
(コワイので、まだやってません) ^^;

Aベストアンサー

あちゃー、また誤発注をしてしてしまった。
アドちん:6857でごわした。

アドちんが日経平均先物より先に方向転換する時、アドちんの先走った動きが、
裁定取引によるものか否かを見極めるのがコツでごわす。

日経225は、195の大型株と30の中型株で構成されています、この中型株の中に、
日経平均に影響力の高い銘柄が多いような気がします。
4704 トレンド
6762 TDK
6857 アドちん
6971 京セラ
8035 東エレク
8252 クレディセゾン
9737 CSKHD
9983 ユニクロ

では、では、失礼しました、本物の誤発注でなくて良かった^^

Qなぜにどの株も日経225先物に連動してしまうのですか?

なぜにどの株も日経225先物に連動してしまうのですか?

そして日経225先物に出来高の多い株は最速スピードで反応してるように見え
出来高の少ない株には若干の遅れで反応してるように見えます
実際にソウなのでしょうか?

Aベストアンサー

誰でも儲けた訳です。
大口の投資家は、先物とオプション取引を組合わせた売買をしてます。
裁定取引がある以上は離れていると、現物と先物価格差を使った取引で儲けられます。

今は9月が主要な取引ですが、現物と先物は20円程度開いているのが
正常な状態。
先物の価格には9月中間配当の権利分がなどが折込まれて約20円高い。

これが接近したり離れたりはしますが、殆ど同じ動きをします。

Q株を買うと何故下がるのでしょうか?

株式取引初心者の者です。最近取引していて疑問に感じるのですが、株を購入直後にいつも、誰かに見られているような感じで必ず、下がるのですがこれは何故でしょうか?本当に誰かに見られているような感じで、買った後に下がります。板?とかを誰かがチェックしているのでしょうか?すみませんどなかかおわかりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。

もしかして、移動平均線を使いゴールデンクロス買い・デッドクロス売り、またはボリンジャーバンドで平均マイナス2シグマ買い・平均プラス2シグマ売り、または遅行線が雲に突入したらウンヌン、等々をしていますか?もしそうなら、貴方の「誰かに見られている」と感じるのは自然です。貴方が感じている謎は、大抵の人が初期に感じるモノです。でも見方を変えれば直ぐに解決しますよ。

米国株式市場では、動いているお金の9割が期間投資家の金です。素人の金は1割くらいです。また日本市場では、7割くらいが海外からのお金です。海外からの素人ではなく、海外の機関投資家です。ようするに、100人のトレーダーのうち、90人はプロという事になります。

貴方は当然に上がる株を買おうとします。「この株、上がるんじゃないかな?」と思い、オンラインで買い注文を出します。すると買いボタンを押して1秒後には買いが完了します。何処かの誰かから貴方が買うということは、何処かの誰かは貴方に売っているわけです。貴方の取引相手は、常に貴方とは反対の行動をしています。貴方が買うとき、相手は売っています。つまり、貴方が上がると思って買う株を、相手は下がると思って売っているのです。

その相手が誰かは知り得ませんが、トレーダーの9割はプロなのですから、貴方の取引相手も9割の確率でプロでしょう。プロが貴方とは反対の事を考えているということになります。素人がゴールデンクロスで買いに入る事をプロは知っていますので、彼らは売りを仕掛ける。ニーチェは「底知れぬ無知の深遠を覗き込むとき、その深遠もまた貴方を見つめている」と言いますが、将に「貴方がチャートを覗き込むときに、プロは貴方の行為を見つめている」のです。ウォーレンバフェット氏は「ゲームが始まって15分が経つのにカモが見つからない時は、おそらく貴方がカモなのだ」と言っていますが、チャートを使う限り貴方はカモかも。

テクニカル指標は使えない。これが結論です。

こんにちわ。

もしかして、移動平均線を使いゴールデンクロス買い・デッドクロス売り、またはボリンジャーバンドで平均マイナス2シグマ買い・平均プラス2シグマ売り、または遅行線が雲に突入したらウンヌン、等々をしていますか?もしそうなら、貴方の「誰かに見られている」と感じるのは自然です。貴方が感じている謎は、大抵の人が初期に感じるモノです。でも見方を変えれば直ぐに解決しますよ。

米国株式市場では、動いているお金の9割が期間投資家の金です。素人の金は1割くらいです。また日本市場では、7割...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報