イギリスのメル友から、"Colour Purple"という映画を見たかと聞かれ、
もし見ていなければ、とても良かったので是非見るようにと言われました。
この映画について詳しくご存知の方是非教えて下さい。
日本で公開されたのか、そうだとすれば日本での題名、又誰が出ているのか等を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私もピンと来なかったくちです。



ちなみにこれはアリス・ウォーカーというアメリカの有名な黒人女性作家の小説が元になっています。スピルバーグは確かこれを読んで感動して映画化権を取ったと言います。
原作を読んでみると、映画化に当たってスピルバーグがなんか勘違いしたのかな、という印象を持ちました。(重要なテーマがすっぽり抜け落ちているような、ゆがめてあるような)
A・ウォーカーは「白人男性優位の社会の中で黒人女性であること」の痛みや喪失、そして自己の回復や癒しをテーマとした素晴らしい作品を多く書いています。
とくにこの「カラーパープル」の姉妹編ともいえる「悦び(喜びかな?)の秘密」は圧倒的名著ですので、一読されることをおすすめします。

で映画の方ですが、ウーピー・ゴールドバーグをこの世に出し、かつ黒人映画がまだメジャーでなかった時代の作品ですので、よく見ると今の大物黒人俳優達が出演していたりして、その点はなかなか面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても、詳しくありがとうございました。
お薦めの、「よろこびの秘密」是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2002/01/08 21:20

 ずいぶん昔に見た映画なんですが、とても印象に残っている映画です。

見たきっかけは、スピルバーグだったからです。
 「カラーパープル」と言う題名で、人種差別の映画だと言う事は、見る前からわかっていましたが、見てみると、白人の黒人に対する人種差別と言うより、黒人社会の、女性に対する差別と言う感じでした。でも実際は、ウーピーゴールドバーグの演じる女性が受ける差別(・・と言うより虐待って言う感じですが・・。)が本筋で、そんな生活から、自立してゆく姿を描いていたような気がします。
 黒人女性の中でも、強くて、男性に屈しない女性や、美しくて自立している女性など、周りの人たちもいろいろで、そう言う人たちに支えられながら、立ち上がる姿は壮快でした。
 昔に見た映画なので、内容に記憶違いがあるかも知れませんが、いい映画だったと思っていたので、一度ご覧になってください。おすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございました。
是非、レンタルビデオを借りて、見てみたいと思います。
ハンカチ2枚くらいいるでしょうか?

お礼日時:2002/01/08 21:22

監督スティーヴン・スピルバーグ


主演ウーピー・ゴールドバーグ
スピルバーグの初のシリアス物といってもいいでしょう。
アカデミーにノミネートされながらも一つも取れなかったことでも彼には忘れられないはず。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005H …

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0088939
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報どうもありがとうございました。
とてもお詳しいようなので、又何かわからない時は
宜しくお願いします。

お礼日時:2002/01/08 21:17

 こん晩わ,miki101さん。



 私は,去年の年末にこのサイトに登録した,miki10です。なんとなく親近感がありましたので,あまり自信はないのですが,とりあえず,筆(?)を取りました。

 スピルバーグのカラーパープルは,callhiroさんがおっしゃっているように主演がウーピー・ゴールドバーグで,要は人種差別に苦しむ黒人を主人公にした話でした。
 公開当時,人間の本質あるいは,人にとって最も尊いものは人と人との絆であるとたいったようなテーマで,ちょっとした話題になったように覚えています。
見た人によっては,涙なくしては見られないという人もいましたが,私個人としては,あまりピンとくる作品ではありませんでした。
 やはり,スピルバーグは,SFが本籍なのではないでしょうか!?(スピルバーグファンには怒られるかもしれません。ごめんなさい。先に謝っておきます。)
 ちなみに,ちまたのレンタルビデオ屋でも借りられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

miki10さん
本当に、1字違いでびっくりです。
とりあえず、これも何かの縁なので、一度是非、この映画を
見てみたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/08 21:13

原題見てすぐに、スピルバーグ監督の「カラーパープル」の事だと思いました。


実際の原題は「THE COLOR PURPLE」なので、もしかしたら違う可能性がありますが
多分誤差でしょう(笑)
1985年の映画ですね。

僕は見てないので感想とかはかけませんが、評判は良い映画だったと思います。
(見てないなら書くなって?)
僕の知ってる範囲の出演者ではダニーグローバーとウーピーゴールドバーグです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく、回答を頂き、本当にありがとうございました。
そのイギリスのメル友は、4回見て4回とも泣いたそうなので、
是非、私も泣いてみたいと思います。
ただ、最初から期待しすぎると、裏切られる事が多いので、
ちょっと控えめにしておきます。
初めての質問で、こんなに信頼のおける回答をすぐにもらえて
今後も大いに利用させていただきます。

お礼日時:2002/01/08 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラマの原作のような本(ミステリー・サスペンス)

アンフェア、ケイゾク、QUIZ、あなたの隣に誰かいる、リミット、のようなTVドラマの原作本や類似する本を教えて頂きたいのですが。
ミステリーやサスペンス系が大好きで、映画やドラマを見てたのですがやはり本で読んだ方が自分の中での描写が広がり最近は読書の日々です。
和洋問いませんので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

辻真先氏の作品のいくつかが、昔「土曜ワイド劇場」で小野寺昭と川島なお美&石川ひとみ主演でシリーズでドラマ化されていました。
http://sb-p.jp/oishi/dowai/series/konyakulist.html
辻氏はNHKのテレビ番組の制作に関わっていたり、アニメの脚本も書かれていた方です。
こういう経歴からか小説には必ず笑える描写があるなど、読者を飽きさせない工夫がしてあります。
私は辻氏の作品のあとがきが面白くて好きです。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%C4%D4%BF%BF%C0%E8

東野圭吾作品も映画やドラマ化していますね。
個人的には、東野氏の作品はどれも映像化されておかしくない内容だなと思います。
でも「眠りの森」のドラマ(これも土ワイ。ドラマはタイトルが微妙に違う。)はあんまり面白くなかった。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%C5%EC%CC%EE%B7%BD%B8%E3

No.2さんが名前を挙げている岡嶋二人氏の作品も、映像化できそうな感じのするものが多いです(特に「そして扉が閉ざされた」「99%の誘拐」など。)。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%B2%AC%C5%E8%C6%F3%BF%CD

辻真先氏の作品のいくつかが、昔「土曜ワイド劇場」で小野寺昭と川島なお美&石川ひとみ主演でシリーズでドラマ化されていました。
http://sb-p.jp/oishi/dowai/series/konyakulist.html
辻氏はNHKのテレビ番組の制作に関わっていたり、アニメの脚本も書かれていた方です。
こういう経歴からか小説には必ず笑える描写があるなど、読者を飽きさせない工夫がしてあります。
私は辻氏の作品のあとがきが面白くて好きです。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%C4%D4%BF%BF%C0%E8

東野圭吾作品...続きを読む

Q映画をよく見るようになりまして、ふと最近、昔見た映画を見たくなりまして

映画をよく見るようになりまして、ふと最近、昔見た映画を見たくなりまして映画名が分からず困っています。内容も薄っすらとしか覚えていなく、覚えてるいるのは

・仕事ばかりやっている主人公をリフレッシュさせようと「 規模が馬鹿デカいドッキリ 」を行っていた洋画(コメディ映画ではなく、死人(もちろんドッキリです)がでるような映画です。)

としか覚えてないのです。
分かることはこれ位しかないのですが、どなたか分かる人がいらっしゃったら教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

マイケル・ダグラス主演、デビッド・フィンチャー監督の『ゲーム』(1997)でしょうか。

Qケイゾクの登場人物で。

こんばんは。質問の内容がここで良いのか分からないのですが、
彼が「ケイゾクに出てる(?)マナベってかわいいよね」って言っており、
とても気になって調べたのですが、ケイゾクのHPはほとんど閉鎖?されていて
見れませんでした。
どなたかケイゾクのマナベ役が誰だったか知ってる方いますか?
知っている方がいたら教えてください!!

Aベストアンサー

確かに、No.1,2さんの言う通り、マナベという人物はケイゾクには
いなかったような.。
「マナベ」というトコか「ケイゾク」というトコ、どちらかが微妙に間違われてるかも?

ちなみに
柴田純/中谷美紀
木戸彩/鈴木紗里菜
大沢麻衣子/西尾まり
今井夏紀/峯村リエ
(敬称略)
らへんがメインで出てた女性陣です。もしかしてゲスト????

Qイギリス映画におけるイギリス社会

イギリス映画を通してイギリス社会を学んでいます。エッセイで、戦後の2つの異なる年代を舞台にしたイギリス映画を選び、それぞれの映画における、イギリス社会の描写を比較し論じるという課題があるのですが、一つは80年代のサッチャー政権下におけるイギリス社会問題を扱った2006年の「This is England」を選びました。しかし比較するもう一つの映画を決めれずにいます。ガイリッチーの「Lock, stock and two smoking barrels」、ダニーボイルの「trainspotting」、ケンローチの「Kes」、はたまた、60年代のキッチンシンクシネマ(Saturday night and sunday morningなど)や、フリーシネマ、スウィンギンロンドン、など、どれを選べばよいのか迷っています。お勧めの作品がありましたら、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

イギリスの社会のこと自体はたいして詳しくないのですが、イギリス映画を語る上のムーブメントで”怒れる若者たち=Angry Young Men”というのがあります。
もともとは1950年代に登場した、社会に反抗した若い世代を取りあげた戯曲や小説から来ているのですが、これが映画にも波及し、イギリス映画史に残る傑作群を生み出しました。
主な作品は
「土曜の夜と日曜の朝」(キッチンシンクシネマというのがよくわかりませんが、怒れる若者たちの代表作です)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16103

「長距離ランナーの孤独」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14736

「蜜の味」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22902

「if もしも‥‥」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2027

といった作品があります。ただ日本では未DVD化の作品が多いのですが。

DVDで鑑賞しやすいものだと社会派のケンローチ作品がいいんじゃないかと思います。
子供が主人公の「ケス」よりも近年の社会事情を背景にした「この自由な世界で」はどうでしょうか?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330796

がらっと違ったものでは冷戦下のスパイものなんてのも面白いかも?
007シリーズはかなり娯楽的な要素を盛り込んでいますが、同時代のスパイものでハリーパーマーシリーズというのがあります。こちらはわりとリアルに作られています。
国際諜報局
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=7772

パーマーの危機脱出
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17620

10億ドルの頭脳
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10488


社会風俗的なものだと
スィンギングロンドンや、その少し前のモッズ世代を描いた
「ナック」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16656
「アルフィー」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1489
「欲望」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=24266
あるいはビートルズの映画などもいいかもしれません。

ごくごく一般的な人間にスポットを充てたものだと恋愛ものですが
「逢びき」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=298
「フォローミー」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19932
といった作品が有名です。
この2本はイギリス映画界が生んだ世界的巨匠デビッド・リーンとキャロル・リード作品で、どちらもサーの称号を与えられた監督として知られています。

イギリスの社会のこと自体はたいして詳しくないのですが、イギリス映画を語る上のムーブメントで”怒れる若者たち=Angry Young Men”というのがあります。
もともとは1950年代に登場した、社会に反抗した若い世代を取りあげた戯曲や小説から来ているのですが、これが映画にも波及し、イギリス映画史に残る傑作群を生み出しました。
主な作品は
「土曜の夜と日曜の朝」(キッチンシンクシネマというのがよくわかりませんが、怒れる若者たちの代表作です)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16103

「...続きを読む

Qケイゾクについて

最近ケイゾクという昔のドラマを、シリーズ、映画、特別編全て見たのですが


朝倉って一体何だったのですか?

ケイゾクを見た人の考察を知りたいです。

Aベストアンサー

超能力的な力を持つサイコパスであり、連続殺人犯です。

Q昔見た映画の題名が知りたいです

20年ほど前にテレビで見た映画の題名が知りたいです。
当時岐阜に住んでおり、土曜日の午後3時前後に古い映画を
よく放送していたのを見たような記憶があるので、映画自体はもっと古いかもしれません。

覚えているのは、
・物語の最初の方で豪華な洋館で数人の子供たちがかくれんぼをして遊んでいる。
(今思うとかくれんぼに見せかけて一人の子をいじめていたのかも??)
・その後話は一気に数年後に飛び、それぞれ大きくなった子達が殺人鬼に襲われ一人づつ殺されていく。
(多分前半でいじめられていた子供が復讐している??)

情報が少ないですが、何かわかる方いらっしゃいましたら教えていただけるとうれしいです。

それではよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最初の方で何処かの古い建物でかくれんぼというか、
途中から一人の女の子が他の子供達に追い詰められる様な形になって転落死してしまい、
数年後に残された兄弟(?)の一人が復讐をするお話なのですが・・

・「プロムナイト」('80年・カナダ)
にとても似ている様な気がしたのですけど如何でしょうか。
私も昔に何度か地上波で放送されていたのを見たのですけど、
最近はあまり放送される機会がないのか見かけなくなってしまいました。。

以下のURLで大まかながらストーリーが紹介されていますので御確認下さい。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11311/story.html

Qドラマ、ケイゾクについて

同様の質問がありましたら申し訳ありません。

SPECも話題になっていますし、昔あっていたケイゾクというドラマを改めてレンタルし見返してみようかなあと思ったのですが、当時の私はまだ小学生だったため「怖いドラマ」という記憶しかありません…。

そこでお伺いしたいのですが、ケイゾクは面白いでしょうか?また、何年経っていても支障なく見れますか?
この作品をご覧になったことのある方是非是非教えて下さい。

Aベストアンサー

まさにSPECよりケイゾク世代ですが、今みても全然支障ないと思います。面白いですよー!

内容的にはSPECのほう現代っぽく、ケイゾクのほうがオカルトっぽさもありオチも曖昧さが残る感じはありますが、個人的にはケイゾクのほうが断然好きですね。
中谷美紀さんと渡部篤郎さんのコンビがとにかく絶妙で、私の中ではSPECペアはこのコンビに勝てないです。
大人になってからみれば、怖いってことはほとんどないんじゃないでしょうか。

Q昔見た映画の題名を知りたいです。

昔テレビで見た映画の題名がわからないので、わかる方がいたら教えて頂きたいです。 
見たといっても、他のチャンネルと平行して見ていたため、ストーリー展開もつかめていないのですが、わかっている限りお話しします。 
私が見たのは、多分8年程前で、時間帯は深夜でした。チャンネルは、日本テレビだったような、NHKだったような、あやふやな感じです。 
洋画ですが、どこの国の映画かはわかりません。英語だったか、フランス語だったかも覚えていません。
映像からすると、そんなに古い映画ではないようですが、時代背景は、現代ではなくて古い時代です。みんながドレスと背広を着ているような時代??でした。 
舞台は田舎で、どこまでも緑が続くような、草原が映っていました(私が見ていた時はずっとそうでした)。
私が見た場面は、中年の紳士が田舎の邸宅を訪問すると、豪華なドレスを着た若い女性が階段の上からおりてくる(見下ろす感じで、その紳士を嫌っている感じ)というものでした。
私の印象では、別居中の、年の離れた夫婦、という感じでした。
ただ、この女性には、恋人らしき人(?)がいて、深刻に何か相談したりしていたようでした。
そして、ある時この女性は、その中年の夫らしき人を、殺してしまったのか、ただ死体を発見しただけなのかわからないのですが(その部分見てませんでした)、とにかく両手も服も血まみれの状態で、その恋人らしき人に会いに行って、泣きつくというか、かなり取り乱した感じで、事情を話します。
その後女性は、恋人の協力のもと、その土地から逃亡して行ったようでした。その後どうなったのかはわかりません。 
しかも、この三人の関係は全部予測で、間違っている可能性もあります。
こんなに細かくてあやふやな、少ない情報で申し訳ないですが、もしお心当たりのある方がいたら、教えて頂けると嬉しいです。

昔テレビで見た映画の題名がわからないので、わかる方がいたら教えて頂きたいです。 
見たといっても、他のチャンネルと平行して見ていたため、ストーリー展開もつかめていないのですが、わかっている限りお話しします。 
私が見たのは、多分8年程前で、時間帯は深夜でした。チャンネルは、日本テレビだったような、NHKだったような、あやふやな感じです。 
洋画ですが、どこの国の映画かはわかりません。英語だったか、フランス語だったかも覚えていません。
映像からすると、そんなに古い映画ではないよ...続きを読む

Aベストアンサー

ナスターシャ・キンスキー主演の「テス」ではないでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=xvGZ5XXPCSM&feature=related

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9

Qケイゾクの特別編での疑問(ネタバレ)

ケイゾク特別編では最後に真山がさされ、
そのあとのシーンで木戸が墓参りするシーンが
ありますが、
あれは誰の墓なのでしょう?
映画では真山は生きてます。

Aベストアンサー

 お邪魔します♪ご質問に副う回答にはならないと思いますが参加させていただきます。。
 私は「金田一少年の事件簿」以来、堤幸彦監督(演出家)の大ファンです。そして「ケイゾク」は一番好きな作品です★(←そんなことはどうでもいい。)

 質問についてですが、私も当初「あら?死んじゃったの??」ってあっけにとられた瞬間ありました。彩が墓前で手を合わせているところを端で斑目が見つめている演出でしたから、真山を好きだった彩が墓前にいるということは真山の死につながるように示唆されているようにも思えますよね(^~^;)
 でも、ここは「堤ワールド」です。。製作者側は特別編と製作中の映画編をつなげる意志があったかどうかだと思います。
 同じ疑問はドラマと特別編の間にも当てはまりませんでしょうか?最終話前で死んだかと思われた彩・壷坂はみごとあっけらかんと軽傷に終わっています(苦笑)それに柴田もあの状況で一命を取り留めています。
 この時点でやはり製作者側が視聴者に「ありえない!」と思われても特別編の期待に応えたのではと思えます。
 なので、特別編から映画へのつながりも真山の死?から真山復帰と単純に「なんだ死んでなかったんじゃん!」っていうだけのこと。。
 私は堤さんの演出の「ハズシ」の効いたところとか矛盾するシーンも単純なようで奇抜な演出やカメラワークで「味」に変えてしまうところが大好きです。なので、真っ向から「ここはどうしてこうなるの??」みたいな疑問はちょっとキツイ様な気がします。。そしたら私も聞きたいこといっぱいですモン(^_^)
 長々と言っておきながら結局ダイレクトな回答に至っていないこと、本当にすみません(汗)ただ参加したかった意思丸見え(=_=;)ゴメンナサイ(謝)なんか久しぶりに語っちゃいました(死)では、失礼します=Э

 お邪魔します♪ご質問に副う回答にはならないと思いますが参加させていただきます。。
 私は「金田一少年の事件簿」以来、堤幸彦監督(演出家)の大ファンです。そして「ケイゾク」は一番好きな作品です★(←そんなことはどうでもいい。)

 質問についてですが、私も当初「あら?死んじゃったの??」ってあっけにとられた瞬間ありました。彩が墓前で手を合わせているところを端で斑目が見つめている演出でしたから、真山を好きだった彩が墓前にいるということは真山の死につながるように示唆されているよう...続きを読む

Qもう一度見たい映画です。題名がわかりません!

もうだいぶ前なのですが、深夜放送していた映画です。洋画なのですが、5人(確か・・・)の孤児が捨て子の赤ちゃん?を、みな力を合わせて育てるといった映画だったと思います。記憶に残っている場面が、孤児の子供達が捨て子の赤ちゃんを囲み、屋根裏部屋?で「これからどうしよう・・・」と話し合っている場面です(あやふやな記憶です)とても古いものだと思います。どなたかご存知ないでしょうか・・・。

Aベストアンサー

自信はないのですが、とりあえず類似した設定の
作品を御紹介致します。

 5人の孤児→12人の修道士
 
と育てる側が若干違っておりますが
片田舎の修道院に(男性ばかり)男の子の赤ちゃん
(マルセリーノ坊や)が捨てられて、12人の修道士が検討した末、育てる事にする映画が
スペイン映画で非常に有名な
【汚れなき悪戯(1955/スペイン)】
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD12696/story.html?flash=1

 で更にこの作品をリメイクした作品に
【マルセリーノ・パーネ ヴィーノ (1991/伊)】
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD30392/story.html?flash=1

という作品があります。

ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報