昔々の戦国時代かと思うんですが、
かなりの大金持ちが
『暗闇で靴を履くときにお金を燃やして明かりを作った』
という話を聞いたのですが、どなたかご存知の方います?
知っているのなら、
・どんな時代
・どんな位
・名前とかわかるかな~???
かなりすごい質問なんですが、知っているかたおしえてくださーーーい!!!
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  これはかなり有名な話ですが、具体的には誰がそうしたのか、はっきりしていないはずです。以下のURL1では、日露戦争に勝利した結果、世に成金が多数出現し、金を持っていることを誇示するため、そういう愚行をしたとして、絵にもなっています。大勢、そういうことをした、真似した人がいたのだと思います。誰が元祖なのか、ちょっと分かりません。時代は明治時代末で、金額は100円程度のはずです。

  また、以下のURL2では、100円札で、それは、現在だと100万円相当だとも出ています。明治政府の産業立国政策で、成金が登場し、馬鹿なことをしたのだとも説明にあります。上に述べたように、そういう愚行をした人は複数いたのでしょう。また流行でもあったのでしょう。元祖は誰であったか、歴史的に確認するのは難しいようにも思います。日本各地で、ここの成金がしたという話が」伝わっている可能性があります。それが、No.1 の方の回答でしょう。(あるいは、誰が元祖かというのも、確認が取れているのかも知れません。個人的には、確認は難しいと思いますが)。
 
  URL1:http://www.tanken.com/nitiro.html
  URL2:http://homepage1.nifty.com/moritake/syakai/rekis …
 
  なお、江戸時代には、「藩札」という紙の紙幣がありましたし、札を燃やしたから明治大正とは必ずしもなりません。また、戦国時代には、ポルトガル人などがやってきて、彼らは靴を履いていたし、靴を日本人に贈ったこともあり、それが江戸時代にも残っていたなどということも可能です。(まあ、そんなことはありませんが。ただ、札なら、藩札は江戸時代には実際ありました。また、フビライは紙幣を造りましたから、鎌倉時代にも、そういうものが伝わっていたかも知れません)。
 

参考URL:http://www.tanken.com/nitiro.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マジですごいっすねー
ほんとに助かります。
おかげで、仕事がスムーズに行きました!!
ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/08 10:40

こんばんわ



>お金をもやして明かりを作った。
お金を燃やす為には、紙である必要性があるので、明治以降の話です。

時は明治後期から大正にかけてですね。
場所は、博多の料亭で、(福岡県の)田川の石炭成金が行いました。
博多では結構有名な話みたいです。

後の田川近辺の方の回答を待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいうれしーーーーよーーー
ありがとうございます。
この先は自分でも探してみたいと思います

お礼日時:2002/01/07 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の三国時代と日本の戦国時代の戦い方の違いを教えてください。

中国の三国時代と日本の戦国時代の戦い方の違いを教えてください。

マニアックなところでも全然おkです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

装備も人数も三国時代・戦国時代ともにその時代で変化していますからね。

Q戦国時代の日本

戦国時代の日本が南北アメリカと同様に攻撃を受けていたら、支配されていたと思いますか。思うか思わないか、また、その立場を取る理由を書きなさい。(300字程度で)

という問題が試験で出るので考えておきなさい、と先生から言われましたがどうしても浮かびません。
完璧な回答までは望んでないので、ヒントとなるような事がわかる方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

日本は島国なので必ず船で上陸しなければいけなかったし戦国時代の日本の火器の量と質は世界一を誇ってたんだよ
ポルトガル・スペイン艦隊も戦争をこなすほど喜望峰やホーン岬を超えて日本へ大艦隊を引き連れてやってこれなかったので無理だというのが定説だ

日本の種子島に初めて来たポルトガルの船、ほら禿が乗ってた船あるだろ?あれだって中国人に案内された上で瀕死の上陸だったんだからそれだけ大艦隊を連れてくるのは難しかったんだよ

Q中国では、春秋から戦国時代にかけて、新たな価値を模索して多くの学者・学派が現れた。 これらを総称して

中国では、春秋から戦国時代にかけて、新たな価値を模索して多くの学者・学派が現れた。
これらを総称してなんというんですか?

Aベストアンサー

諸子百家

Q中国では、春秋から戦国時代にかけて、新たな価値を模索して多くの学者・学派が現れた。これらを総称して何

中国では、春秋から戦国時代にかけて、新たな価値を模索して多くの学者・学派が現れた。これらを総称して何というか
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

諸子百家ですね。

Q天声人語「戦国時代に争いのない日本」

今年の7月か8月の、朝日新聞の天声人語で「戦国時代に争いのない日本は想像できなかった。同じように、戦争のない世界はいつかはできる」といった感じの話がありましたが、その本文を知りたいのです。ご存じの方、お知らせください。

Aベストアンサー

天声人語の7月31日付けの記事ですね、全文を転載するの
は著作権の問題が確実に生じますので、一部を転載します。

物理学者の小沼通二(こぬま・みちじ)さん(81)が言う。
「戦争や核兵器はなくならないと言う人がいる。でも考えて
みて下さい。日本は戦国時代や江戸末期、国内で戦争をして
いましたね。いま国内で戦争が起きる可能性があると思う人
はおよそいないでしょう。地球上だって同じです」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報