ちょっと困ってます。もってる資料が少なすぎて&専門用語が理解不能でノーザンブロッティングがいまいちよくわかりません。教えてください。もしくは詳しく(わかりやすく)説明してくれているサイトを紹介してくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

sonorinさんの説明で十分なのですが、おまけ的なコメントです。


もともと、DNAをメンブレンに転写してハイブリダイゼーションによりブロッティングする手法を開発したのがサザン(Southern)さんという人だったため、その逆のRNAを検出する方法がノーザンブロッティングと命名されました。一種のシャレです。
ついでながら、蛋白質をメンブレンに転写して抗体で検出するのがウェスタンブロッティング、蛋白-蛋白相互作用に基づいて蛋白質を検出するのがファーウェスタンブロッティングといいます。
    • good
    • 0

DNAを抽出し、制限酵素で特定のサイズに断片化したものをアガロースゲルにて電気泳動して分離し、それをメンブレンに転写して目的のDNAを検出するのが「サザンブロッティング」。


mRNAについて、同じように電気泳動したものをメンブレンに転写して検出するものが「ノーザンブロッティング」です。
(簡単に説明したサイトはこちら)
1)http://www.jp.amershambiosciences.com/products/k …
2)http://www.jp.amershambiosciences.com/products/k …
※1)の方が詳細です。

mRNA、northern blotting、hybridization等のキーワードで検索したら、たくさんhitしてきますし、もしもっと詳細にということであれば、ご自分の納得できるサイトをもう一度探してみてください。

参考URL:http://www.jp.amershambiosciences.com/products/k …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか

MRIとCTは原理に違いがあるとのことですが、
両者の原理で共通なのは何でしょうか。
MRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか。

Aベストアンサー

コンピューターで信号を処理する以外はほとんど同じところがありません。同じように輪の中に入って検査するので勘違いされがちですが、CTは放射線を体に当てて検査をします。あくまでもレントゲンの3次元版といったところです。MRIは輪から数テラバイトの磁気が発生しておりその磁気で原子核にエネルギーを与えて磁場を与えその磁場の変化を見て検査をします。

Q転写にかんする用語説明

アクチベーターとエンハンサーについてです。

アクチベーターとはプロモーターに転写開始因子を導入しやすくするタンパク質。
エンハンサーとはプロモーターの上流・下流から働く配列で、基本転写因子を導入しやすくする配列。

であってますか?エンハンサーはどのようにしてプロモーターに因子を集めるのでしょうか?またアクチベーターはエンハンサーに因子を集めるようなことはしないのでしょうか?

あと、メディエーターはRNAポリメラーゼに転写活性・抑制の効果を伝えるポリメラーゼのサブユニットなのでしょうか?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

Activatorとは一般に転写活性を調節し転写量を増大させるDNA結合タンパクの総称です。大抵の場合、DNAとRNAポリメラーゼに結合し橋渡し的な役割をすることで、RNAポリメラーゼの転写活性を活性化=activateします。因みに、転写開始因子という言葉は余り使わないように思います。

Enhancerとは転写量を促進=enhanceする配列のことです。対象の遺伝子の上流にある場合もありますし下流にある場合もあります。遠い場合も近い場合もあります。単なる配列ですから、enhancerそのものが何らかのはたらきをするというよりも、そこに結合したタンパクが何らか役割を果たすという表現の方が妥当です。そして、その結合タンパクは結果的に転写量を増大させるのですから、それらは定義上activatorです。したがってenhancerにacitvatorが因子を集めるというのは一般的におかしい表現です。

MediatorはRNAポリメラーゼに結合はしますが、それを以てポリメラーゼのサブユニットとは呼びません。先ほどのactivatorと、RNAポリメラーゼの間に入る仲介役のように考えればよいかと思います。

Activatorとは一般に転写活性を調節し転写量を増大させるDNA結合タンパクの総称です。大抵の場合、DNAとRNAポリメラーゼに結合し橋渡し的な役割をすることで、RNAポリメラーゼの転写活性を活性化=activateします。因みに、転写開始因子という言葉は余り使わないように思います。

Enhancerとは転写量を促進=enhanceする配列のことです。対象の遺伝子の上流にある場合もありますし下流にある場合もあります。遠い場合も近い場合もあります。単なる配列ですから、enhancerそのものが何らかのはたらきをするという...続きを読む

QMRIでのRFパルスについて

MRIでの原理的なことなんですが,均一な磁場でRFパルス(90度パルス)をかけると磁化方向が90度傾くのはなぜなんですか。

Aベストアンサー

RFパルスというのは(短時間だけ)回転する磁場と同じです。その回転周波数がスピンのラーモア歳差周波数と同じ場合(これが共鳴条件)、回転磁場とスピンは互いに止まっていることになります。この時スピンは、静磁場中の場合と同様に、この”回転磁場にも”ラーモア歳差運動します。これにより、スピンを自在に傾けることが可能となります。つまり、適当な時間でパルスを止めると90°傾いた状態にも、45°や180°傾いた状態にもできます。

スピンの状態は、α状態(低エネルギー;s=1/2)とβ状態(高エネルギー;s=-1/2)の波動関数の線形結合で表されるので、スピンの向きの変化にはエネルギー変化を伴っています。変化したエネルギー状態が、再び熱平衡状態に戻る過程が、緩和過程(T1)です。

QRT-PCRとノーザンブロッティング

こんにちは.
生物学実験を始めて1ヶ月の素人です.

先日,RT-PCRとノーザンブロッティングの定量性について
議論している人を見かけました.
どちらもmRNAの発現量を見る方法としては一般的だと
思うのですが,定量性が優れているのはどちらなのでしょうか?
ただの好みの問題なのでしょうか?
また,それぞれの長所,短所はどのようなものなのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃればご教授ください.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

Northern blotは定量実験には向いていません。サンプル量をそろえた条件で目的のバンドの濃さの比較でどちらが多いか少ないか、すごく多いかやや多いかくらいの半定量的なことを言う程度です。
なぜなら、Northernでは量の多さと、メンブレンに結合する量、結合したRNA量とハイブリするプローブ量(メンブレンに固定された自由度の低いRNAがすべて等しくプローブと会合するとは限らない)、そしてハイブリしたプローブ量とシグナルの強度(フィルムに感光したバンドの濃さ、化学発光の強度など)の関係が直線的ではなく、量依存的に変化する範囲(Latitude)も狭いからです。

RT-PCRでは、半定量的な方法から、厳密なコピー数の測定までいろいろな精度のやり方がありますが、ひとくちに言って、溶液中の反応であるので上記のNorthernでおこるような影響がないので定量性は高いです。

Northernはどのような種類の転写産物がどのような相対量で存在するかという定性的な実験には今日でも非常に有効です。RT-PCRだと、たとえばひとつの遺伝子から複数のsplice isoformが存在するとき、注意して実験をデザインしないと何を見ているのかわからなくなるという危険があります(つまりNorthernで転写産物の種類を把握しておく必要がある)。
実験としては互いに相補的といえると思います。

Northern blotは定量実験には向いていません。サンプル量をそろえた条件で目的のバンドの濃さの比較でどちらが多いか少ないか、すごく多いかやや多いかくらいの半定量的なことを言う程度です。
なぜなら、Northernでは量の多さと、メンブレンに結合する量、結合したRNA量とハイブリするプローブ量(メンブレンに固定された自由度の低いRNAがすべて等しくプローブと会合するとは限らない)、そしてハイブリしたプローブ量とシグナルの強度(フィルムに感光したバンドの濃さ、化学発光の強度など)の関係が直線的で...続きを読む

QMRIを受ける時の注意

母親が右半身をしびれを訴えて、病院に行きました。
大事には至りませんですが、医者よりMRI検査を勧められましたが、数年前に肩に金属が入っているためにこの病院のMRIはできないと言われました。

MRIの性質上、金属があると、磁界の影響を受けるというのは分かりますが、今の医学の進歩を考えれば、体内に入った金属に影響を受けないようなMRI装置はあると思います。

今回は単に、受診した病院のMRIが古いだけなのでしょうか?それともMRIの性質上どこの病院でも同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのようなものです。

電子レンジに金属を入れてしまうと、火花が出たり、その付近の食物が焼け焦げたりします。
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon_kurashi_kagaku28_microwave_metal.html

下記リンクを読みますと
「体内に金属がある人は検査ができない可能性があります。医師に申し出てください。」
とか
「体内に金属クリップがある場合でも、最近使われている非磁性体のクリップであれば検査を受けられます。」
という、ソフトな書き方がされていますが、

私が思うに、
電子レンジに比べてエネルギーの大小はあるものの、電磁波を使っている点は似ていますから、
お母様の体において、金属に熱が発生し、その付近の細胞が火傷のような状態になってしまうような予感がします。

つまり、
その部位に殆ど電磁波を当てないような検査をするしかなさそうです。

http://www.fureaihosp.or.jp/minano/comedical%20folda/X-RAY/mrigif.html

http://www.yhanet.jp/hitachi-totsuka/mri.html

http://www.hitachi-medical.co.jp/gen/5.html

http://www.hosp.niigata.niigata.jp/shimin_hosp/bumon/x_ray_gijyutu.htm

http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/deprad/MRI.html

http://www.hosp.go.jp/~skyoto/bumon/mri.htm

http://www.okamoto-hp.or.jp/oka2/XP/xp/mr/mr3.HTM


下記サイトには、
「(CTは)MRIと違って、検査のスピードが速く、体内に金属があっても問題がない」
という書き方がされています。
http://www.rr.iij4u.or.jp/~kanchan/lungca.htm


残念ながら、
「金属が入っていても大丈夫(である可能性があります)」
という肯定的な書き方をしているサイトは、1個も見つけられませんでしたし、装置構成も全て似たり寄ったりです。

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのような...続きを読む

Qシカ科、もしくはシラオジカ科で体毛が白い種、もしくは冬毛が白くなる種は?

タイトルの通りですが、シカやトナカイなどの類の中で体毛が常時白い種や冬毛のみ白くなる種というのは存在するのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

ダマシカ(シカ科)は年中白いです。ちょっと黄土色っぽいダマシカもいますが、だいたいは白っぽいです。

私が知っているのはダマシカだけです。あんまり役に立たなくてすみません。

QMRIを借りたい

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、B整形外科を受診し、今もお世話になっています。
B整形外科に通いだしてからはA整形外科を利用しておりません。
B整形外科には背骨のMRI画像があるのを伝えておりません。
B整形外科から子宮のMRI画像の提出をいわれています。

私が思っているのは、
腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?

どうか、ひとつでもいいので、回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少なくとも質問者さんが整形外科医に見せても意味がないと判断するのはいかがなものかと思います。


>腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
これもB整形外科医が判断することです。質問者さんが「A整形外科に**年前撮影した背骨のMRIがある」ことを申し出て判断してもらってください。

>腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
それはB整形外科医が判断することです。子宮のMRIでも骨盤部の骨はうつっており、それで判断することも出来るかもしれません。

>子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?
質問者さんが信頼を失うことになるだけでしょう。「この人は嘘をつく、隠し事をする」という先入観を植え付けることになるでしょうね。

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少な...続きを読む

Qノーザンブロッティングのプローブ

ノーザンブロッティングの際のプローブについて教えて下さい。
当然、プローブにはRNAかDNAを使う事になりますが、両者の違いが分かりません。
単純に、ハイブリダイズ効率の違いかなと考えています。
出来れば、DNAプローブを使いたいので、皆さんの経験をお聞かせください。
標識にはDIGを使おうと考えています。

Aベストアンサー

ノザンプローブはDNAでもRNAでも、どちらでもいいです。プラスミドの状態ですでに手もとにあるのなら、制限酵素で消化してゲルから切り出し、RandomPrimed法で標識したDNAプローブでいいでしょう。

RNAプローブのほうが厳密にいうと高級かもしれません。なぜなら、上記のランダムプライム法でつくったプローブは、センス鎖のほうは無駄になりますね。ハイブリできるのは、RNAと相補的な配列だけですから。おなじく、RNAプローブをつくるということは、アンチセンス鎖という、本当に自分が必要なものだけをプローブとしてつくっているという意味で、いいストラテジーといえます。無駄なプローブが混入した状態で実験を行うということは、ノイズを上げる可能性があると言えます。また、RNAプローブは、RNAですから分解されやすく、扱いや実験操作に多少の熟練を要求します。DNAプローブの法が簡単です。こういう点からも、RNAプローブのほうが、高級と言えると思います。

まあ、普通にDNAプローブでいいと思いますよ。自分もノザンするときは、よほどそうしたい事情がないかぎり、DNAプローブを使います。

あと、DIGの件ですが、非常に注意したほうがいいと思います。うまくいかないのです。前のかたも回答してくださっている通り、なぜかDIGでノザンはうまくいかないんです。自分も経験があります。このことは、野村慎太郎先生の書いたプロトコル本、「脱アイソトープ実験マニュアル」に載っています。もし、大学のかたであれば生協ででも立ち読みしてみてください。かならず置いてあるぐらいの有名な本です。

ノザンプローブはDNAでもRNAでも、どちらでもいいです。プラスミドの状態ですでに手もとにあるのなら、制限酵素で消化してゲルから切り出し、RandomPrimed法で標識したDNAプローブでいいでしょう。

RNAプローブのほうが厳密にいうと高級かもしれません。なぜなら、上記のランダムプライム法でつくったプローブは、センス鎖のほうは無駄になりますね。ハイブリできるのは、RNAと相補的な配列だけですから。おなじく、RNAプローブをつくるということは、アンチセンス鎖という、本...続きを読む

Q肩にMRI

3月の事だったと思われますが3回目の膝をやってからMRIを今度こそ撮らねばと強く思いました
そして3月に決行したのですが一番安いところでしょうと思い問い合わせをしている中でふと肩の事がかすめたので膝にMRIなら肩にMRIでわ?と思いついでに聞いたところ『肩にMRIする人なんて聞いたことないです』と普通は、しないよって感じで言われてしまいました
以前肩のレントゲンを撮ったのですがわからなかったのでMRIを撮ればと思ったのですが
おかしい人のレッテルを貼られた感じです
肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?
レントゲンで写らないならMRIでわ?
無知なので教えてください

Aベストアンサー

>肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?

いいえおかしくありませんよ。例えば腱板損傷と言われるものでは、MRIが非常に有効な診断ツールになります。他には超音波なども使うことがあります。


ご参考になれば幸いです。

Q生物基礎の質問です。腎臓の、ネフロンと腎小体の違いがいまいちわかりません。

生物基礎の質問です。腎臓の、ネフロンと腎小体の違いがいまいちわかりません。

Aベストアンサー

腎小体はネフロンの一部です。
腎小体、糸球体、尿細管などの部品が組み合わさって一つのネフロンが形作られます。
ちょっと難香椎かもしれませんが以下のリンクを読んでみてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8E%E5%B0%8F%E4%BD%93
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3


人気Q&Aランキング