最近よく、「優しさ」について考えることがあります。
何を優しさというのか?とか、どうすれば優しくなれるのか?などいろいろ考えるのですが、なにかしっくりこない感じがしています。

そこで、皆さんが読んで、「優しさ」のついて考えさせられたり、優しさというものに少触れることができた本を皆さんに紹介していただきたいと思います。
漫画・小説などなど、ジャンルは問いませんので、ご回答よろしくお願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

小説だと、よしもとばなな



『海のふた』
『虹』

など。

角度を変えて考えたいなら、一般向けの心理学の本の中から何か選んでみては?
内容は覚えていませんが、やさしさの病理、精神病理?という感じの本があったと思います。
『甘えの構造』というのは超有名な本。
よしもとばななさんの小説とは全然傾向は違いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よしもとばななさんですか・・・初めて聞く作家さんです。
少し調べたところ、面白い本なんだなぁと思いましたので、探してみたいと思います。

心理学の本も読んだことあるのですが、よく分からなかったんですよね(笑)小説や漫画のほうが、心に来るものがあるんじゃないかなと思ったので・・・でも「甘えの構造」っていうのには少し興味があるので、読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/05 15:52

斉藤 政喜 「犬連れバックパッカー」


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101004 …
タイトルの通り犬を連れたバックパッカーのノンフィクションです、優しさについては大きく表に出ていませんが
旅の話である事、犬と言う存在がある事で様々な人が
小さな優しさを見せてくれます。
真っ向からの「優しさとは何か?」という問いは無いですが、人と人(+犬)の触れ合いから見えるちょっとした
「優しさ」を教えてくれるはずです。
    • good
    • 0

最後まで押し通せなかったらやさしさではない


途中でくじけるなら悪人になればいい
やさしさは根性です
(ビートたけし)

出典:
http://www3.ocn.ne.jp/~suteki/meigen.htm

権力や立場の強さをもっている人が、自分より弱い立場の
者に対して、権力を行使しないことを「優しい」と言います。

小林正観「究極の損得勘定」(宝来社)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいことばですね!こういう視点からの「優しさ」は考えたこともありませんでした。
また1つ勉強になりました!!ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/06 16:12

No.5です。



えっ!ばななさん知りませんか!?
吉本ばなな ですよ。

途中でペンネームを平仮名に改名したのです。
『虹』はまだ吉本ばなな名義かもしれませんが、
同一人物です。

読んだことはなくても、名前くらいは聞いたことあるかと思いましたが…
私も有名な『アムリタ』は読んでないんですけれども。

質問者さんはだいぶ若い方なのでしょうか?
ばななさんは『キッチン』、『TSUGUMI』などが有名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有名な方なんですか・・・?知りませんでした(><)

僕は15歳の中学生です。浅はかな知識しかないもので・・・

お礼日時:2006/02/06 16:10

#1です。



追加ですが、別の方も書いているのですが土田世紀さんのマンガはなかなか良いと思います。
最近映画化しました、
「同じ月を見ている」
は、友人にも思い人にも果てしなく優しい主人公の心を描き出してます。
参考になるかと思います。オススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます!!

これも調べてみたところ、とても考えさせられる内容だとわかりました。今度マンガ喫茶に行くつもりなので、探して読みたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/06 16:14

No.3です。


リンク先、ブラウザのバグと出てしまうかもしれません。すみません。
ご興味がおありでしたら、Amazonで名前検索をしてみてください。
    • good
    • 0

ひとつは、稲見一良作品。

冒険小説系です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
「ダックコール」の中の「密猟志願」というのは、初老の男と少年の心の交流を描いた作品です。私の中では、短編ベスト1です。

もうひとつは、原りょう作品。ハードボイルドです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …|466280:7|466284:7/qid=1139038714/sr=3-1/ref=sr_3_10_1/249-5105048-5786753

「優しいということの意味」というのは、私はこのふたりの作品からすごく影響を受けています。

あ、あと漫画では、土田世紀さんのいくつかの作品で、それを感じました。漫画で泣いたのは土田世紀さんだけです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0

少しジャンルが違うかもしれません。



「光とともに…」(戸部けいこさん・著)
ドラマにもなりましたね。
主人公は自閉症児の光君ですが、お母さんの目線で書かれています。
自閉症という、理解されにくいであろう障害を、優しく書かれています。
読み終わると、自然に考え方が変わっていますよ。

(参考URL貼っておきます。アマゾンです)

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4253104 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この本はだいぶ有名ですよね。小説もドラマも見たことはないのですが、こういう何かの病気の方を主人公にしたものはたくさん読んできているので一度詠んでみたいなと思っていました。
友達でこの本を持っているといっていた人がいるので、早速借りたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/05 15:48

ビジネスジャンプコミックス


『銃夢』(ガンム) 木城ゆきと 作

ストーリーや背景は非常にハードです。
ですが、そのテーマは非常にソフトなものです。
人はどうあるべきか、生きるとは、自由とはなにか、と、テーマは重いですが、その根本は実に人間味あふれています。主人公の女の子・ガリィの心の成長を描いていますが、主人公が女性なだけに、ニュアンスの難しいことを女性の観点から描き出そうとしていることはある意味『優しさ』について描いているストーリーと言えると思います。
私はこの物語を読んで、思春期から脱せられない自分の歯がゆい感情から脱することができました。社会に存在する様々な葛藤からです。9巻まであるのですがあっという間に全巻読んでしまいました。

ちなみに続編はそんなに訴えるものはないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事送れて申し訳ありません。

「銃夢」ですか・・はじめて聞くものです。ちょっと調べさせていただきましたが、megumi1さんのおっしゃるとおり、内容が重いというレビューをたくさん見ました。
一度、古本屋さんなどで探してみたいと思います。ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/05 15:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジャンルいろいろですがおススメの本を教えてください

普段Amazonのレビューを参考にしたり書店で見て選んだりしているのですが何だかパッとするものがなくて…。

読みたいもの
・心理学(行動分析学など)
・すっごく怖い話(心霊系や人間の怖さを描いたもの)
・感動するもの(できれば病気の話や恋愛もの以外で)

読んだことがあるもの
・精神分析学や心理学(心の謎を探る会や渋谷昌三さんの本)
・「超」怖い話のシリーズや過去の殺戮や拷問について書かれたもの。
桐生操さんの本が多いです。
リングやらせん、着信アリ等邦画ホラー系はあまり好きではありません。どれも何だか物足りなくて…。
・感動ものや恋愛ものはもともとあまり興味がないのですが大内美代子さんの「沖田総司」が唯一好きな本です。
特に新選組が好きな訳ではなくAmazonで評価が良かったので読んでみただけですが…。

まとまりのない質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

「怖い系」なら実は、「デス・シーン 死体ある風景」が無難にオススメです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%9B%86%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%AD%BB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E5%85%89%E6%99%AF-%E7%84%A1%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%89%88%E2%80%95%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%88%E3%82%8A-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/4807402242
(この回答は削除されちゃうかもなぁ、と思って、回答を分けてみました)

ごく普通の、「死体」の写真集です。
有名どころなのでご存知かもしれませんが…。

きちんと「すばらしいものを後世に残そう」という意思が感じられる点で、人体の不思議展より私にとってはずっと好ましいです。

このあたりになると、アマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」欄が見ごたえのあるものになってきますね。
この欄にでてくる「図説 ○○全書」シリーズも情報量がおおくてオススメです(まぁ、普通に図書館にもある本ですのでご存知かもしれませんが…)。

残酷系や殺戮系にも興味があるとのことでしたので、紹介してみました。
参考になれば幸いです☆

No1です。

「怖い系」なら実は、「デス・シーン 死体ある風景」が無難にオススメです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%9B%86%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%AD%BB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E5%85%89%E6%99%AF-%E7%84%A1%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%89%88%E2%80%95%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%88%E3%82%8A-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3...続きを読む

Q皆さんが感じる「頭のいい人」について 最近、ビジネス関係のトッピクを取り扱った番組、対談動画などを動

皆さんが感じる「頭のいい人」について

最近、ビジネス関係のトッピクを取り扱った番組、対談動画などを動画サイトなどで見ていて、堀江貴文さんや2chの創設者のヒロユキさんの話が聞いていて面白いし、「頭のいい人」なんだろうな〜と感じたました。そこで皆さんにお尋ねしたいのですが、上記のお二方以外に皆さんが「頭がいい、話が面白い」と感じる人を教えていただきたいです。ジャンルはできればビジネス関係で、国内外関係なくお聞きしたいです。また、そういったものがまとめられている媒体でオススメがあれば教えて下さい。よろしくお願いします
(私が挙げたお二方に対する批判、また私のビジネスに関する浅識につきましては自覚しておりますでご遠慮いただきたいです。客観的な意見はお待ちしております)

Aベストアンサー

私も、この2人好きですよ。
私は、NewsPicksのホリエモンのコメント全て読んでいます。
https://newspicks.com/user/100616?ref=index
お薦めです。

ジム・ロジャーズは、ご存知ですか?
世界3大投資家の1人です。
ネットで検索すると貴重で面白いコメントが読めます。

あとは、副島隆彦さんをお薦めします。
書店のビジネスコーナーによく行かれる方の間では有名です。
トランプが大統領になる数か月前から、「次はトランプで決まり!」と言っていました。
副島さんは、アメリカの政治思想分析が専門です。
彼は誰が権力を持っていて、どういう考えをしているのかを、よく分析しています。
その知識から、経済の予測をします。
つまり、政治と経済は切っても切れない関係にあるということです。
副島さんは、「真実を暴いて公表する」が信条です。
マスコミからすれば危険人物です。
書いてはいけないことを戸惑うことなく書きますから。
だから、テレビにも呼ばれません。
以前に、「世界権力者図鑑」という本をシリーズで何冊か出版しました。
こういう本を書けるなんて、さすがだなと思います。
副島隆彦(そえじまたかひこ)の学問道場 - 重たい掲示板
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
ここの右上の空欄に「副島隆彦」と入力すれば、副島さんの書き込みが読めます。
副島さんは、ちょっと変ですが、天才です。

私も、この2人好きですよ。
私は、NewsPicksのホリエモンのコメント全て読んでいます。
https://newspicks.com/user/100616?ref=index
お薦めです。

ジム・ロジャーズは、ご存知ですか?
世界3大投資家の1人です。
ネットで検索すると貴重で面白いコメントが読めます。

あとは、副島隆彦さんをお薦めします。
書店のビジネスコーナーによく行かれる方の間では有名です。
トランプが大統領になる数か月前から、「次はトランプで決まり!」と言っていました。
副島さんは、アメリカの政治思想分析が専門です。
...続きを読む

Qこの本のジャンルは?

最近本を読むようになりました。

友達などに「どんな本読むの?」とよく聞かれるのですが
料理の本と
「バカの壁」や「幸せになる10の法則」などの本を読むようになりました。
この後者のジャンルは何でしょう?
哲学書?自己啓発書?和書?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「実用書」ではいかがでしょうか。
私は「実用にならない本」が好きなんだなあと実感しました(笑)。

参考URL:http://kotobank.jp/word/%E5%AE%9F%E7%94%A8%E6%9B%B8

Q7つの習慣のジャンル

何年か前にスティーヴン・R・コヴィーの
7つの習慣という本がベストセラーになりましたが、
この本のジャンルは何ですか?

Aベストアンサー

ジャンル分けが難しい本ですが、例えば紀伊国屋書店のオンラインでこの本を
検索して(参考URL参照)、右側にある「■各店在庫案内↓」という部分から
各店の棚位置を見てみると、それぞれのお店で『7つの習慣』がどのような
ジャンル分けをされているかわかると思います。

ちなみに数店の状況を見てみると、

新宿南店:社会科学
新宿本店:ビジネス
大手町店:社会科学
横浜店:社会科学・ビジネス

となっているので「社会科学」とか「ビジネス」あたりが無難なところでは
ないでしょうか?

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9960863867

Q各社ラノベ新人賞のジャンルについてです。

私は以前から温めていた作品があります。
来年から就職活動に入るためこれから新しいものを書くのではなく、渾身の作品をダメもとで送ろうと思っています。

内容的には、
ファンタジー等ではなく現実的な社会で能力を持つ人間との交流や戦いに主人公が関わっていく、ハーレムはなく、主人公とヒロインの恋愛のほか、その他違うキャラ同士の恋愛もある。
いわゆる萌えというものがほとんどなく、シリアス展開が多めな作品です。
講談社や電撃で悩んでいたのですが、講談社は萌えしかない、電撃がいい、電撃は萌え重視など色々な意見があるのですが、萌えがほとんどないシリアスな物はどこの出版社が良いのかアドバイス頂けると助かります。

携帯から質問しているので、書き込みがしにくく続けざまの読みにくい文章になっていますが解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電撃大賞で良いと思う。
http://asciimw.jp/award/taisyo/novel_top.html
メディアワークス文庫は、簡単に言うと大人向けのラノベという立ち位置にあるもので、「萌えがほとんどないシリアスな物」という部分に該当している。
サイト見れば、分かると思うけど「メディアワークス文庫賞」というのがあるでしょう。そういう内容の物は、そっちに入ると思う。
それに、歴代の受賞作品というとこ見れば、大賞や金賞取ってる作品が、メディアワークス文庫から出版もされていることが分かる。
昔は、そういう内容の物も電撃では結構あったけど、メディアワークス文庫が新設されてからというもの、今ではその殆どが本家とは住み分けられてしまっているというだけなので。


どういう感じの作品か知りたいなら、ここの作品を一度何でもいいから読んでみることをオススメ。
http://mwbunko.com/
ここの作品では、ビブリア古書堂の事件手帖、なんかは有名かな。
自分が数冊読んだ限りでは、萌とは程遠い物ばかりだった。

まあ、過去に大賞取った人、本家で活躍している人、どちらにもこっちで書いている人いるし、その辺は気にしなくて良いでしょう。

電撃大賞で良いと思う。
http://asciimw.jp/award/taisyo/novel_top.html
メディアワークス文庫は、簡単に言うと大人向けのラノベという立ち位置にあるもので、「萌えがほとんどないシリアスな物」という部分に該当している。
サイト見れば、分かると思うけど「メディアワークス文庫賞」というのがあるでしょう。そういう内容の物は、そっちに入ると思う。
それに、歴代の受賞作品というとこ見れば、大賞や金賞取ってる作品が、メディアワークス文庫から出版もされていることが分かる。
昔は、そういう内容の物も...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報