ネットで検索をかけたのですが、見つからないのでご存知の方がおられたら教えてください。知っている物だけで結構です。1つでも結構です。自分も図書館でも調べます。お願いします。
1.実験医学の父と呼ばれた人。
2.筋弛緩薬サクシニルコリンを合成した人
3.クラーレを前麻酔に使用した人
4.副腎髄質の水溶性エキスから有効税分を抽出し、アドレナリンと命名した人
5.ノルアドレナリンが神経終末の小胞に貯蔵され、刺激により開口分泌されることを証明した人。
6.医療の根本は愛であると言った錬金術師
7.夢分析の創始者
8.プロプラノロールの発見者

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

2.筋弛緩薬サクシニルコリンを・・・


諏訪邦夫先生の「電子版麻酔学教科書(参考URL)>筋弛緩と筋弛緩薬>
絶好のチャンスを逃したのではない話」で、1906年の原著論文について
わかりやすく解説されています。蛇足ですが、化学の分野では化合物名を
「字訳」で仮名書きするルールがあり、succinyl はスクシニルと表記します。

3.クラーレを前麻酔に・・・
同じサイトの「筋弛緩と筋弛緩薬>クラーレを自己投与した勇敢な話>
クラーレには中枢作用はない」で、1947年の原著論文について解説されています。
臨床使用は少し前から行われていたそうで、カエルの筋肉でクラーレの作用点を
解明したベルナール(minxsさん#3)にも触れられています。

4.副腎髄質の水溶性エキスから有効税分を・・・
「高峰譲吉の生涯(朝日新聞社)」 の書評↓がお手軽でしょうか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022597 …
高峰とAbelの先陣争いの経緯は、こちら↓が面白く読めそうです。
青朱白玄 http://www.246.ne.jp/~ktym/ >からむこらむ>その103

5.ノルアドレナリンが神経終末の小胞に貯蔵され・・・
青朱白玄 http://www.246.ne.jp/~ktym/ >からむこらむ>その104
はいかがでしょうか? 4~5については、「NEW薬理学3版 (南江堂)」
カテコラミンの冒頭コラムにも記述があります。

参考URL:http://pathy.med.nagoya-u.ac.jp/ksap/ksap.html
    • good
    • 0

私は5に関して。



 「生化学辞典 第3版」(東京化学同人)によると,オイラ-(-ケルピン)だそうです。

 オイラ-(-ケルピン) Euler(-Chelpin), Ulf Svante von 1905.2.7~1987.3.10 スウェ-デンの生理学者。1939 年~ カロリンスカ研究所教授。1934 年 プロスタグランジン発見。1940 年 牛の交感神経幹からノルアドレナリンを発見。これがインパルスにより交感神経末端から放出される化学伝達物質であること,ノルアドレナリンは神経末端に顆粒として貯蔵されること,神経刺激により遊離されたのち再び吸収されることなどを明らかにした。これらの業績により,1970 年度ノ-ベル医学生理学賞を受賞。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお世話になってます。ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/08 19:44

ご質問の1番は現代か古代かで違うのですが


現代実験医学ならベルナールClaude Bernard(1813-1878)で
古代実験医学ならガレンGelenus( AD130~201年)かと思います。
4番は有名です。高峰譲吉です。
懐かしいなあ。レポート頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。助かりました。

お礼日時:2002/01/08 19:46

8に関して、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「病気の発症メカニズムに基づく創薬」

ご参考まで。

参考URL:http://www.jpma.or.jp/05note/kk40/chap02/q02_76. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお世話になってます。こんなHPあるとは知りませんでした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/08 19:47

7.夢分析の創始者 について


心理学のほうであったら、確か、フロイト(Sigmund Freud)だったと思います。
オーストラリアの精神科医で、精神分析学の創始者と言われています。
「夢の解釈」?だったかな?

詳しくは、また調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/08 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋外貯蔵所で貯蔵可能なものは?

危険物試験の勉強をしているものです。わからない部分があったので教えていただければと思います。

屋外貯蔵所で貯蔵可能なものとして、あるサイトの解答などからは
「第二類の硫黄・引火性固体(引火点が21度以上のもの)と、第四類の第二石油類・第三石油類・第四石油類・動植物油類」
と書いてあったのですが、私がこの前買った問題集のなかでの解答には上記のものに加えて
「第四類の第一石油類(引火点が0℃以上のものに限る)、アルコール類」
が含まれていました。
ですのでこの問題集ではエチルアルコールも屋外貯蔵所で貯蔵できるとの見解になっているのですが…どちらが正しいのでしょうか?
教えてください。よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

危険物の規制に関する政令第二条-7では
「屋外の場所において第二類の危険物のうち硫黄、硫黄のみを含有するもの若しくは引火性固体(引火点が零度以上のものに限る。)又は第四類の危険物のうち第一石油類(引火点が零度以上のものに限る。)、アルコール類、第二石油類、第三石油類、第四石油類若しくは動植物油類を貯蔵し、又は取り扱う貯蔵所(以下「屋外貯蔵所」という。)」
と規定されていますので、アルコール類は貯蔵できます。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34SE306.html#1000000000000000000000000000000000000000000000000200000000000000000000000000000
直接、リンク先にいけない場合は、こちらから五十音索引の「き」からNo.19の「危険物の規制に関する政令(昭和三十四年九月二十六日政令第三百六号)」に進んでください。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

Qエピネフリン(アドレナリン)をPH13(K2HPO4-KOHバッファー

エピネフリン(アドレナリン)をPH13(K2HPO4-KOHバッファー)に溶かしたら、褐色になりました。
エピネフリンがアルカリに不安定であることは調べてわかったのですが、具体的に構造はどのように変化しているのでしょうか?

Aベストアンサー

キノンメチド(添付図)を経由して、さらに他のモノに変化した(壊れた)と考えるのがリーズナブルではないでしょうか?

Qアドレナリンを世界に最初に抽出したのは誰?

アドレナリンを世界に最初に抽出したのは誰?ウィキペディア日本語版では高峰譲吉が世界最初に抽出したとありますが、英語版では 1895 by Napoleon Cybulski とあります。
どちらが正しいの?

Aベストアンサー

冗談半分に申せば、
アドレナリンは日本語なので高峰譲吉先生が世界最初でしょう。でもパブリシティーが低かったので欧米での認知は低かった。
エピネフリンはNapoleon Cybulski先生が見つけられてパブリシティーが高いので日本以外ではエピネフリンとして通用しています。

QL3 is absent, a bond, -(C1-C4)アルキル.......

化学式に関する翻訳をしている文系出身者です(ご容赦のほど!)。化学式でこのbondは「価標」でよろしいでしょうか?それと、absentは専門的にはなんと表現すべきなのでしょうか。「欠落」とか「不在」とか?

Aベストアンサー

ご質問のような表現は化学的にはやや不自然ですが、広範囲の
化合物郡をひとつの概念に包含させるための記述手法として、
特許の請求項(claim)で繁用されます。

> ...wherein,
> R1is H, C1-C6 alkyl, phenyl(C1-C6)alkyl, or....と延々と続いて
> L2 is absent, a bond, -(C1-C4)alkyl-o-, -N(R10)C))-, ...

式中、R1は水素原子、炭素数1から6のアルキル基、
フェニル置換された炭素数1から6のアルキル基、または
xxxであり(を表し)、L2は存在しないか、単結合、炭素数1から4の
アルキル-O-、-N(R10)C))-、...

というところでしょうか?
「-o-」は2価の酸素を示す大文字の「-O-」の誤記かと拝察します。
alkylは本来は1価の基であり、両端に『価標』があるのは化学的に
不自然な表記ですから、「-O-」は訳さず化学式のままにするのが
無難でしょう。

お書きの部分だけ拝見すると、「L2 is absent」と「L2 is a bond」
は同義に思われ、「-N(R10)C))-」はカッコの位置と炭素を示す「C」
の価数も奇異です。formula全体では整合しているのでしょうが、
質問者様は何らかの守秘義務負っておられるでしょうから、この場で
これ以上の開示はお薦めしかねます。

ご質問のような表現は化学的にはやや不自然ですが、広範囲の
化合物郡をひとつの概念に包含させるための記述手法として、
特許の請求項(claim)で繁用されます。

> ...wherein,
> R1is H, C1-C6 alkyl, phenyl(C1-C6)alkyl, or....と延々と続いて
> L2 is absent, a bond, -(C1-C4)alkyl-o-, -N(R10)C))-, ...

式中、R1は水素原子、炭素数1から6のアルキル基、
フェニル置換された炭素数1から6のアルキル基、または
xxxであり(を表し)、L2は存在しないか、単結合、炭素数1から4の
アルキル-O-...続きを読む

Q二酸化鉛の貯蔵方法

本日甲種危険物の試験を受けました。
少し不安なところがありましたので、質問させてください。

二酸化鉛は日光に対しては安定なのでしょうか?

おそらく貯蔵・管理について聞いていると思われるのですが、私の持っている参考書等には載っていなかったので回答が分からず不安です。

どなたか回答のほうをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

> この場合は全く影響がないわけではないので誤りになりますか?

ご提示のあったMSDSでも酸化剤となっていること、Wikipediaを見ても塩酸中の
塩化物イオンを塩素に酸化する旨の記述があることから、二酸化鉛が酸化剤
であることは間違いないと思います;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%9B

酸化性のある金属酸化物となると、単品に光を当てた場合、光分解を起こして
酸素を発生する、という可能性は否定できません。
(「酸素側の電子が励起して鉛側に移り、結合切断→生じた酸素原子が別の
 酸素原子と結合→酸素を遊離(気化)」、と)

推測するに、「国際化学物質~」での保管上の注意が銀塩と鉛塩とで違うのは、
光分解を「する/しない」ではなく「しやすい/(比較的)しにくい」で切り分けていて、
一方試薬メーカーでは、自社製品の品質問題になるという事情から、より厳しい
方向での管理を求める必要があるためそう記述している、
ということではないでしょうか。


従って、『「極めて」安定』という記述がされていたのであれば、dai44さんの
ご推測通り、「誤り」と考えてよいのではないかと思います。

No.2です。

> この場合は全く影響がないわけではないので誤りになりますか?

ご提示のあったMSDSでも酸化剤となっていること、Wikipediaを見ても塩酸中の
塩化物イオンを塩素に酸化する旨の記述があることから、二酸化鉛が酸化剤
であることは間違いないと思います;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%9B

酸化性のある金属酸化物となると、単品に光を当てた場合、光分解を起こして
酸素を発生する、という可能性は否定できません。
(「酸素側の電子が励起して鉛側に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報