1病院の正社員
給与・就業管理、一般事務(会計・給与・社会保険・労災)実務経験3年以上要、資格年齢不問
2大手損保会社のグループ会社からの派遣スタッフ
総務まわりの仕事や簡単な社会保険手続・入力業務・電話・小口現金・ファイリング発送業務等、OA基本操作要、資格年齢不問

応募するか迷ってます。

1
・正社員。病院経理経験5年有。総務的な経験を積める。
・組合がある
・不完全燃焼で病院を退職した自分を克服できるかもしれない(逆効果の可能性もあるが)

・同業種退職者である(他に比べ横の繋がりが深いか?)
・退職理由や応募理由が上手くまとめ切れない
 (マイナス点が圧倒的に多いと心得てますがカバーするのが難しいです)
・5年経験有だが1・2年の経験者レベルと思ってる上、他は未経験に近い
・求人内容等(就業管理・労災)から男性或いは高レベル者か将来それを想定した求人か?
・院長と総務課長の名字が同じな為、親族会社の可能性があり馴染めないか?

2
・小口現金や入力は経験有りで社保実務の経験も積めるチャンス
・不採用でも派遣登録した事で将来的に僅かでも他の紹介の可能性が残る

・即戦力が求められる派遣で内容に未経験がある事は問題外か不採用の可能性
・派遣元が損保会社の子会社の為、業界未経験では今後の可能性も低いか?

各長所短所は上記ですがそれ以前の大問題に、
5年近い契約社員を含む短期単発の経歴と34歳未婚女性という点があります。

正社員に限らず派遣さえも門前払いの危機ですが踏ん張る他ありません。
雇用形態に迷い続けている事と、
今回の求人内容、自分の履歴を考えると行き詰ってしまってます。

どちらも可能性はないでしょうか。
恥ずかしく情けない状況ですが、ご意見他、今後の為にも突破する心構え・攻め方等もお願いできたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

非常に大きな節目を前に、ややネガティブになり、取り越し苦労もされたようですが、徐々に冷静、客観的になられて良かったです。


退職理由は、定められた枠の中で定型的な仕事をすることからの脱皮。
転職理由は、これまでの経験を活かして、より堅実に、効率的な仕事にチャレンジしたいというニュアンスではないでしょうか。
風土・体質は、自分で経営していても思うにまかせないものですし、先入観、懸念を持つより、日々、最善を尽くして仕事に取り組む中で、周りとのコミュニケーションを深め、人との絆を通じて、出来るだけ居心地の良い環境を築いていくことです。
5年以上・・・というのも、ありがたい話ですし、予測できないことをあれこれ考慮していると、前向きにチャレンジするパワーをそがれてしまいます。出産のチャンスが巡ってきたら、仕事とは次元の違う話で、迷ったり、悩んだりすることもないでしょう。
おせっかいなこととは思いつつ、これもご縁と受け止め、もう一度投稿します。公私共に充実した日々を過ごされるようお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おせっかいだなんてそんなことありません。嬉しいです。本当に(この求人に限らず)就活の壁が突破できず行き詰ってますので。

>風土・体質は、…

私は人見知りが激しく、適度に仕事の手を抜いたり雑談したりという事が下手で、でも慣れてしまうと自分より相手・周囲を第一に考えて行動してしまう位、細く長く信頼をえる方だとは自分で言うのもどうかと思いますがそう思っています。
表に出るより陰の支えになりたいというか。友人関係は狭く深く付き合う方です。相手があることなので深くにも限度がありますが。

なので、派遣を経験してどうもこの働き方は向いていないと思う時と、
仕事のスキル的に(アシスタント程度しかできないので)派遣が向いていると思う時と実は両方あり、余計悩んでしまいます。
正社員から離れてしまっている事から、正社員に未練を残し望んでいながら(失敗はできないという不安に加えて)無意識に気の重さもどこかで持ってしまっているかもしれません。
でも、派遣でせっかく慣れた職場を契約終了で離れる時は、たとえ短くても寂しくもあります。

でも自分に合う環境を探すのではなく、そういう環境を作って居場所を作っていく事が大事だという事に気付かされました。

もう一度書類を下書きしたり、1と2両方で実際自分が仕事する事を想像して、できそうか、信頼できるか、次へつながるか等々再度考えてみて、せめて1つだけでも応募してみようと思います。

でも1の「給与」「就業管理」の仕事内容や「労災」の経験を要する事から、
難しそうというか神経がすり減るというかプレッシャーのかかる重責な仕事か心配になってきてしまいました。

ダメですね。又、気が弱くなっていますね。
頑張ってみます。ありがとうございました。全然おせっかいなんて思っていません^^

お礼日時:2006/02/06 01:52

登記簿は誰でもとれます


管轄する法務局市町村に法務局があるのでそこにいけばOKです。


あとはあなた次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

登記簿申請に申請者の身分証明等の類は必要ないんですね。

2は問い合わせると経験がないとダメのようでした。

本当に日々残る(と言ってもこの2つに悩んでいる今はそれ程求人検索をしていないのですが)1の方に人生かけるか、
派遣登録先を増やして且つ実績つんで、結婚後や育児後等40歳過ぎても、新たに就活や登録するよりは多少(それがたとえ扶養控除内でも)仕事の紹介をもらえる可能性をつくるか、
本当に揺れています。

電話で仕事内容等問い合わせるとやはり給与関係の経験が欲しいようなのですが…
この求人が出てから2週間位になりますが、応募状況は聞きそびれましたがまだ採用が決まった人はいないようです。
応募するのはいいのですが、気がかりなのが「退職した病院へ問合せがされないか」「自分の状況(結婚等の女性に多い理由がない)が変わっていないままでの同業種への応募で、イマイチ、キラリとする退職・応募理由と乏しい短期派遣歴をカバーしきれない」事です。

来院する患者さんや職員の質にも影響すると思うので、
立地が治安が悪いか等調べてみたいと思っているのですが…
(退職した病院は噂では''あっち系''の患者さんや職員(仕事柄近隣の職員が多いので)が多かったらしいです)

親身な皆さんのアドバイスも参考に、今週中には結論出していきたいと思います。応募するなら早くしないといけないとも分かっているつもりなのですが。
正社員なので慎重になりすぎているのでしょうか。

書類作成等についても何か気付いた事があれば、どなたでも又お願いします。

お礼日時:2006/02/07 18:58

ようするにその病院が心配なのですね。


であればある程度探ることができまする

わたしもブラック企業を経験しているし知人は美容院のオーナー
もやったりしています。広い人脈はとても役に立ちます。

さてこの場合はちょっとお金がかかりますが法務局に行きます。
そしてその病院の登記簿をとります。1000円かかります。
そこにいろいろ書いてあります。同じ名字がたくさんあれば同族になります。
人生を左右する転職活動ですから1000円ならランチ代と思えば安いものです。
建物の登記も取れば誰が持っているのか?抵当権は?借金があるのか?とかまでわかります。

あとは実際にその病院に偵察に行くという手があります。
これはふつうの会社ではまずできないことです。
総合案内とかの雰囲気を半日ほど見ていればわかると思います。
もっと探りたければ、混雑する眼科とかに目の調子が悪い。
とかいってかかればより詳しく偵察できます。医師の対応とかまでわかりますからね。

眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科この3つが病院にとって重要な役割を果たしますからね!

あと防御用として顧問弁護士がいると便利です。
なにかトラブルが起きたとき弁護士の名刺を見せるだけでも全然違います。
医者も持っている人は強力な人脈がありますが、くだらない争いは好みませんからね。

病院も結構厳しいものです。競争ですし、保険点数が削減され、患者数に対して看護師の数
も決められていていろいろ制約があり、結果きちんと患者がきてくれないと倒産する病院もあります。

病院の倒産や医師のリストラなんて聞いたときは、えっ?って思いましたけど実際にあります。
夜勤がいやだから医師のバイトにする。日給10万だから週3日働けば月120万。
難しい手術とかもしないので医療ミスもほとんどしないし眼科はガンがないから安心。
とか医者に聞きました。内科は重病のとき大変なんだよ。
脳外科は難しいし患者があまりこない、眼科と皮膚科は行列ができるほどくるから
点数稼げるんだよ。とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1に関しては病院が心配な事と、自分が特殊なこの同じ業界で''経験者''として務まるか。
2は、派遣元が未経験の損保会社(のグループ会社)という事と派遣なのに未経験の仕事内容がある事、不採用の場合他の紹介の可能性が未経験業界なだけに低いか

という事が心配です。

応募するにあたっては共通して、自分の経歴と年齢と人生設計上多くの事が判断(決断)することができない事が障害になっています。

登記簿なんて誰でも申請すれば発行してくれるものなのでしょうか。
患者の振りして偵察に行く事も考えましたが、時間的余裕がなく(応募するなら早くしなければいけないし)できそうにありません。

明日リセットして再度考えてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/06 01:25

早急に就職したいと仮定すると、両方に応募してください。

どちらも選考が通れば、1を選択するのが妥当でしょう。
キャリア形成は、点でなく線で考えるべきで、自分の専門性の深耕を図ることを念頭に置いた場合、同じ業界での職務拡充を目指すことが基本だからです。社員と派遣社員は、比較できないくらい、全く異質な雇用形態であり、派遣の場合、つなぎ的な勤務期間となり、長期雇用も約束されませんし。次の節目でのアピール度が低くなります。
いま大切なことは、弱気なことを考えず、1での面接に前向きな姿勢で臨むことに最善を尽くすことです。退職や志望理由に困った場合は、補足質問をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり総合的に考えて、1ですよね。

迷ったり、勇気がでない理由は#1~3の方へのお礼にも一部書いたのですが、
今回の病院を最後の職場と信頼できるか、そういう気持ちになれる所か。
最終的には入ってみないと分からないけれど、それでも同族か離職率の高い職場かとか最低限知りたいという点。
(HPは見ましたが、経営的・質的(医師や患者の満足度etc.)な判断はできません)。
ISOや医療機能評価認定は取得してますが、資格とは又別の部分もありますし。

自分サイドの問題は、退職と応募理由、そして5年近いそれも短期単発の派遣歴と年齢。

退職理由は、
家庭に入院者が同じ時期に2人出て心身共に一杯になった。
やり直すなら今(当時)しかないと思った(30歳)。
年数だけを無駄に重ねている様な不安が常に消えなかった(ある意味のんびりした部署だった)。
同族病院ではなかったが、総務を中心とする仲間意識からはずれていた(→人事の事も総務内での結束に院長さえ左右されたり、総務の友人のコネ採用も頻繁でした。私は公募採用でした)

志望理由は、総務的な経験を積める、営利追求に魅力を感じない、正社員、等。

難しいのは病院退職後の履歴です。
派遣で学んだ事はありますが、書面に書くと貧相な経歴です。

正社員の面接で、女性に「年齢高いですが最低5年は勤めて貰いたいのですけどねぇ」と言われた時はショックでした。
ずっと働きたいですが、出産は職を離れないといけない事は確かですし、自分の家庭(=結婚)を持ちたい事が第1希望という甘い考えもある事も事実です。
でも、その時にならないと誰にもわからない事も確かで…

>キャリア形成は、

この考えは変わりません。じっくり腰を落ち着けて働きたいし、色んな所で器用に働けるタイプでもないし。信頼を得るのに(人と馴染むのに)時間がかかるというか。
ただ、唯一経験有といえる経理職も、自身数字が弱く…

とにかく自分でも考えてるのですが、いつも同じ所で止まってしまいます。
聞き合わせとか気にせず、採用されてからの失敗も恐れず、「勇気」「決断」も足りないかもしれません。

補足欄に書くべきなのに続けて書いてしまい申し訳ありません。

精神的には復活しかけなのですが、生活の基本が安定しないのでとにかく次の段階へ自分をすすめたいです。

色々助言いただき本当に救われました。
何とか打開していきたいです。

お礼日時:2006/02/05 20:54

No.1の追伸です。



結果がちゃんと出ていなかったかもしれませんね。

是非両方、応募してみてください。

No.2のご指摘のように、正社員vs.派遣の観点や年齢的なことから見れば、1の方に利があるかもしれませんが、
医療機関の特異性をご存知の貴方であれば、しかも同族系なら余計に敬遠しがちになる気持ちは大いに頷けます。
普通の民間では考えられない特異な人種が多く、一般の社会的常識とかけ離れていることもよくありますよね。
でもそこは仕事ですから、大人の態度でドライに割り切ることで対処する事も必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>普通の民間では考えられない特異な人種が多く、一般の社会的常識とかけ離れていることもよくありますよね。

医師である院長と総務(≒専門職ではない)の人間が同姓って、やはり同族の可能性大でしょうか。事前に調べる方法なんて無いですよね…

同族でなくても病院は専門職の集まりなので、
(これは民間企業ではない教育業界も似ているかもしれませんが、やはり比にならないと思います)
実際は本当に入ってみないと分かりません。病院という点から立地も意外に関係しますし。

皆さんの回答を読んでお礼を書いていても迷います。
1の結果がでる前に2に採用が決まっても違う意味で迷うだろうし。

>でもそこは仕事ですから、大人の態度でドライに割り切ることで対処する事も必要です。

勤務していた病院では、初めての就職だったのでこの点が未熟だったと今頃気付いています。
よく言えば純粋すぎた、悪く言えば''井の中の蛙''というか頑張りすぎたというか。
今回の病院は組合があるので、多少職員としても組織としても歯止めはかけられているかとも思いたいのですが、退職した病院も組合あったし。
でも今回の様に医療法人ではなかったから(準公的病院でした)、少しはそういう望みあるかな、甘いかな。

上場企業での人事経験のある方の助言は本当に助かります。なかなか逆の立場の意見を聞ける機会もないし、説得力を感じるし、たとえ今後自分にとって厳しい意見が投稿されても前向きに受け止められるという部分もあります。
2度も丁寧に助言くださり、モチベーションも維持しようと頑張れます。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/05 19:49

経験と安定性ほ考え私なら1です。



同族とかそういうのはどこでもあります。
最終的には自分で起業しかありません。
病院なので休日が不安定になるかもしれませんけどね。

2は派遣なので使い捨てです。
それにたいした仕事内容ではありませんし、34歳でスキルを付けたい。
とかいっても採用されません。
それに一般的に事務や総務系の仕事の場合若い方が好まれます。
年齢不問と言うことは離職率が高いブラック企業の可能性もあります。
大手だから安心!ということはありません。
給料も安くて済むし、なにより若いほうが周りにとって気分もいいです。
小口現金ですので経理のような間違うと大損害を与える仕事でもなさそうですし。

倍率から見た面では2です。
正社員になりたい人たちがたくさんきます。
そして病院という、倒産はまずないだろうという安心があります。
だから倍率はとても高いでしょう。以前受けた病院内システム担当は採用1に対して
応募者200名以上でした。
だから簡単に採用されることを望むのであれば2です。
どこかしら派遣される可能性は1より遙かに高いです。
でも将来性はありません。
だから1を優先して受け2を後回しにすべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>病院という、倒産はまずないだろうという安心があります。

客観的にはそう見られますよね。退職理由を上手くまとめられない理由がここにあります。このご時世に結婚もしていないのに何故辞めたんだって思いますよね。

大手企業に派遣され精神的に辛い思いも経験しました。
不本意ではあったけれど、短期や単発で色々な所へ派遣され、派遣の実態や実際勤務して肌でプラスもマイナスも感じる事ができたのは、ある意味いい勉強になりました。

2は、年齢と経験的に難しいですかね。小口現金はいいけれど社会保険手続もありますし。まさか子供の遣いみたく、中身分からず提出するだけなんて事はないだろうし、それなら社保実務の経験を積む事にならないし。(社保の経験を積む事にこだわっている訳ではありませんが、次につながらないというか…)

同族って、今回は特に総務の求人だからためらいます。
総務って部署に馴染めなかったら難しいし、この病院で''失敗''したら更に履歴に傷つくし。

1も2も総務的な仕事が含まれるし、年齢的にはそうでなくても厳しい事は変わらないので、
何とか、攻め方を見出していきたいのですが…。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/05 19:27

上場企業で実務担当部門の管理職で、中途採用や新卒採用に関わることもあります。


また自分自身も転職経験があります。

良く自己分析、状況分析されていますね。
結論から言えば、前向きにチェレンジするしかないと思います。
貴方のご指摘のように、各々一長一短がありますが、
すべて満足することはあり得ませんよね。
確かに厳しい現実はありますが、
自分から自分の可能性や選択肢を狭めることは無用です。

こういう採用には正直、運、不運もつきものです。
これは決してなぐさめとかいう問題ではなく、実際、面接にはある意味、お見合い的要素があります。面接官の好みや相性の問題もあります。

話すスピードは、気持ちゆっくり目で、
相手の質問は最後まで耳を傾けて、質問した内容にきちんと回答するよう心がけて下さい。

緊張して話すことだけで精一杯で、聞く態度や姿勢がしっかりしていないと、印象が悪くなります。

年齢的に今後、どんなライフプランを考えているかは
質問される可能性はあるかもしれないので、事前に考えをまとめておく必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後の部分は自分でも最も大切且つ、必須項目だと思っています。
ただ、よく自己分析や状況分析できていると言って頂けるまでには達しておらず、自己分析が未熟です。

転職活動しながらこんな事を言うと、甘ったれるなとか、そんなのでは無理だと、言われること覚悟で言うと、
やはり自分の家庭を持つ(=結婚)が第1希望ではあります。
ただ、何かの形で働きたい事も全くの事実です。
だからこそ雇用形態選択や転職活動にも影響が出て、短期単発派遣が長引いた一因にも違いないのですが。

正直日々揺れます。
社会情勢を考えるとフルタイムの共働きでないと経済的・将来(老後)的に難しいから、腹をくくって頑張らないとと思う自分と、
(ONとOFFの切り替えが下手なので)仕事をOFFに持ち込まずにすむ程度の仕事しか無理だ・割り切ってやるしかないと思う自分です。
又、このまま未婚だとすれば、正規雇用に迷わず飛び込みますが。

正社員で可能性があるのは企業経験が無いに等しい以上企業より病院との思いはあります。
でも、病院を様々な理由で退職せざるをえなかった自分が、横のつながりの深いこの業界で悪印象を与える事は必至です。辞めた病院へ問合せがいく事も今の自分が恥ずかしく、して欲しくありません。

何故同じ業界(病院)へ応募したのか、なぜ辞めたのか。
5年近い短期単発派遣歴は何故か、それでどんな経験を積んだのか。

正直精神面が鍛えられた、視野を広めた、仕事の難しさと有り難さを身を持って経験した、位しか言えません。取得した資格も最低レベルの簿記3級と旧MOUS一般(W・E)。おまけに数字に弱い。

新卒や20代のアピール・履歴書ですよね。
同年代は主婦か育児中か中堅として充実している方が9割ですよね。

自己分析するにつれ、マイナス思考に陥ります。
企業や仕事の様々な事が見え、勇気が出ていない面も認めます。
明日、とりあえず電話して雰囲気つかんで、それによって応募するか詰めてみたいと思います。

お礼日時:2006/02/05 19:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング