自分のお店を開く時の心構えとは? >>

株についての質問です。
よく株で、借金まみれになったなどの話を聞きますが、
株ってどういう仕組みなんでしょうか?
例えば50万分の株を買ったら、
どんなに下がっても、
0円つまり、
借金などという事態にはならないと思うのですが、
どうなんでしょうか?
素人質問ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

信用取引という取引方法を使うと、実際の資金の約3倍の資金量で株取引が可能になります。


100万円持っていれば300万円分の株が買えるわけです。
オーバーしている200万円に対しては証券会社から若干の金利を取られます。

300万円分の取引ができるわけですから、例えばその会社が粉飾決算などで上場廃止になった場合、最大で300万円の損となります。
ですが口座には100万円しか入っていない・・・

つまり借金を背負うことになるわけです。

消費者金融などからお金を借りて株取引をすることと大差はないのですから信用取引には十分気をつけましょう。
    • good
    • 0

皆さんが言っている信用取引です。

株を買うお金を借金したというのは、除外ですから。

100万円を株で7000万円に増やしたが、ライブドアショックで、借金を負ったという人のブログがあります。7000万円でライブドアを信用の全力買いしたのだそうで、数千万円の借金になったとか。
    • good
    • 0

現物取引なら、あなたの考えている通りです。


買った値段以上に損をすることはありません。

信用取引の場合には信用買いと信用売りがあります。
・信用買いなら最大で3倍程度の損の可能性or無限大の利益の可能性

・信用売りなら損が無限大に広がる可能性or最大で3倍の利益の可能性

このような仕組みになっています。信用買いなら、買ったものが上がり続ける限りは利益が増えつづけます。

逆に信用売りというのは、下がることで利益になる仕組みですから、上がったら上がるだけ損失が広がるということになるのです。

たとえば50万円の保証金で150万円分の株を「信用売り」して、その日に250万円分まで上がってしまえば、100万円の損失が出てしまうことになります。
    • good
    • 0

借金にも二種類あります。



一つは、株を買いたくて、借金までして株を買ったギャンブラータイプ。
儲けが出なければ、借金まみれです。
これは、通常の株取引の時に借金まみれになります。

そして、この逆の時に借金になってしまうのが、信用取引(空売りとも言われる)での借金タイプ。

これは、証券会社に株を借りて取引を行うタイプの株取引です。

仕組みとしては
まず、L社の株が800円で売られている時、株を証券会社から借りる。この時、お金は手数料以外は払わず、期間内に株をそのまま返せば良い。
 で、この一株800円の株をすぐさま売って現金にしちゃう。この時点で、800円が手元にあることになる。
 次に、L会社が不利な状況に陥り、株が大暴落。一株300円まで下がってしまう。この時、この300円の株を買う。
 買った株を証券会社に返して、取引終了。
 株を買い取る時に使った300円を引いた、500円が利益になる。


 上記説明で分かったでしょうか?
 とりあえず、これは儲けた話ですが、もちろん逆もあります。

 そして、この信用取引は、定められた期間内にちゃんと借りた株を返さなければならないため、その場合、借金をしてでも返す必要があり、これで借金まみれになってしまいます。
    • good
    • 0

2通りあります



50万円の現金があれば普通は50万円分しか買えませんが、
信用取引というものが別途あります。

50万円の現金担保
50万円で買った株を担保にして
新たに株を買ったり売ったりする仕組みです

信用で買った場合はその株が値上がりすれば何の問題も
ありませんが、買値より下回った場合、追証として不足額
を穴埋めしないといけません。

信用で売った場合も同様の事が言えます。

また、担保株も下がったら、担保価値が下がってしまうわけで
仮に1株50万円で株を買ったとして(ありえませんが)
1株40万円に下がったとしますと、その株の担保価値も
下がるので、これも穴埋めしないといけなくなります。

今回のLDショックも
「LD株の信用買い」
「LD株を担保として他の株を買った」
このような場合の穴埋めするために借金まみれになったと
考えられます
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が株で借金を重ねてます

自宅の預金から50万渡し、自由に株取引を許していました。
その数年後、カード会社からきた明細を何気なく開けてみたら、キャッシングが200万と。
それが一回目の発覚でした。(実は問い詰めたら他でも借入れしてました。)

そして昨日、ある所に5年程預けておいたお金100万が
通帳に振り込まれたと数ヶ月前に手紙が来たので、主人の借金にあてようかとおろしに行ったら、無かったんです・・・

昨夜は修羅場となりました。

前置きが長くなりましたが、
主人曰く、借金を返す為には、投資するお金(元金?)が必要だと。
私が株がわからないばかりに、だまされている気持ちになります。

株って余裕資金がなくても、皆さんやっているものなんですか?
私が夫に確認しておかなければならない事はどんな事なのでしょう?
借金がかさむだけの様な気がして、不安です。
200万程のお金は引き出せる額としてあるのを確認しましたが、
今迄の500万位?のお金はどこに?

妻として、株を勉強しないと、対等に夫に詰め寄れなく、悔しい気持ちでいっぱいです。
我が家に泥棒がいるとしか思えません。

(1)株を続けてもうけたお金で返していくか、
(2)株をやめさせて、借金を返していく方がいいのか、
どちらが賢明だと思いますか?

夫は(1)だと言い切り、私は(2)で返していって欲しいのですが・・・

自宅の預金から50万渡し、自由に株取引を許していました。
その数年後、カード会社からきた明細を何気なく開けてみたら、キャッシングが200万と。
それが一回目の発覚でした。(実は問い詰めたら他でも借入れしてました。)

そして昨日、ある所に5年程預けておいたお金100万が
通帳に振り込まれたと数ヶ月前に手紙が来たので、主人の借金にあてようかとおろしに行ったら、無かったんです・・・

昨夜は修羅場となりました。

前置きが長くなりましたが、
主人曰く、借金を返す為には、投資す...続きを読む

Aベストアンサー

 再びNO.7です。
ご主人は冷静沈着なタイプということですが、それはあくまで普段の姿であって、少なくとも株取引を行う際には冷静さを失っていると思います。お金が絡むと冷静さを失うタイプは多いです。普段、おとなしく冷静に見えて、お金にもきちんとした人がパチンコや競馬となると、急に金遣いが荒くなることはよくあります。
 本当に冷静さを保っている人であれば、キャッシングして株を買うなど破滅への近道だとわかっていて、そのような手段は決して取りません。ましてや独り者ではないのです。守るべき家族があり、普通ならそれがブレーキの役割を果たします。ご主人も大の大人なので、頭ではそのことはわかっていると思うのです(わかっていないのなら、ただのバカということになってしまいます)
 でも株価が乱高下するのを目の辺りにした時に、理性が飛んでしまって感情で動いてしまうのだと思います。
 こういうタイプは株価が上がったら上がったで、「今は儲ける絶好の機会なのだから、思い切って大金をつぎ込もう」という思考に陥りがちです。「多少株価が上がったから、この辺で切り上げてもう株からは足を洗おう」という考えには至りません。どういう時に株の世界から退場するかというと、自己破産しないといけなくなるほど追い込まれた時です。過去のバブル崩壊やライブドア事件などを見れば、借金を重ねてまで株をしていた人の末路というのは自ずと頭に浮かぶと思います。
 12月まで待っても「待て、今やっとちょっと戻したんだからこれからなんだよ。今やめるなんてもったいない」と言い出しますよ。
 株をやってもいい条件は、よほどの才能(株価の動向を掴むのが上手い、または企業分析を行う才能に長けている)に恵まれているか、または余裕資金で株を買い、全体に借金はしないというルールを生涯守っていける人だけです。残念ながらご主人は両方の条件に当てはまっていません。できるだけ早くやめさせた方がいいでしょう。でなければ、今度はここで「自己破産について」ってタイトルで相談をしないといけなくなるかもしれません。

 再びNO.7です。
ご主人は冷静沈着なタイプということですが、それはあくまで普段の姿であって、少なくとも株取引を行う際には冷静さを失っていると思います。お金が絡むと冷静さを失うタイプは多いです。普段、おとなしく冷静に見えて、お金にもきちんとした人がパチンコや競馬となると、急に金遣いが荒くなることはよくあります。
 本当に冷静さを保っている人であれば、キャッシングして株を買うなど破滅への近道だとわかっていて、そのような手段は決して取りません。ましてや独り者ではないのです。守る...続きを読む

Q株で借金ってどういうことですか?

株での借金について質問です。

先日、兄から200万あったら貸してほしいと言われました。
そんな大金をなぜと聞いたら、株で失敗して借金し、また株で取り戻そうとして、複数の金融機関からお金を借りてしまったそうです。

株は、自分のお金で買うもので、損はするかもしれませんが借金することもあるのでしょうか?
株にまったく無知ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現物取引という方法であれば、
手持ちのお金で株を買う。
その会社が倒産したとしても0円になるだけですので借金はしません。

株で借金するパターンは、信用取引という方法。
証券会社から、株を借りて その株を売り買いする事。
つまり、最終的には「返す」という約束している。
株を借りた時点と返す時点の差額が儲け又は損になる。

例えば、
借りる前の手持ちのお金が0円

1株1万円の株を証券会社から借りる。
1株売る。
株価9000円になる。
返す期限になったので仕方なく、株を返すために買い戻す。

手持ちのお金 -1000円

ということになります。
かなり大雑把に説明しましたが、大体こんなかんじです。


もしくは、
もともと手持ちが0円だったのに、金融機関から金を借りて株をはじめたのかもしれません。
その場合は、どんな取引方法でも失敗すれば借金だけがのこります。

初期資産として金融機関から金を借りるってのはやってはいけないことですね。
痛い目みたにもかかわらず、まだ目が覚めてないようです。
その200万も株につぎ込むことになると思いますので、貸すのはやめといたほうがいいですよ。
自己破産を薦めたほうがいいです。

現物取引という方法であれば、
手持ちのお金で株を買う。
その会社が倒産したとしても0円になるだけですので借金はしません。

株で借金するパターンは、信用取引という方法。
証券会社から、株を借りて その株を売り買いする事。
つまり、最終的には「返す」という約束している。
株を借りた時点と返す時点の差額が儲け又は損になる。

例えば、
借りる前の手持ちのお金が0円

1株1万円の株を証券会社から借りる。
1株売る。
株価9000円になる。
返す期限になったので仕方なく、株を返すために買...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報