次の連体節で、種類、用法の違うものがひとつあります。それはどれか、またなぜ違うかをわかりやすく教えてください!!
a.{今年入学してきた}学生はみんな元気がいい。
b.{戦争を体験した}祖父が、貴重な話を聞かせてくれた。
c.{子供を産んだあとでも働く}女性が増えている。
d.{政府の決定に反対する}人々が広場を埋めている。
日本語学なのですが、よくわかりません。だれか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も答はbだと思います。


ranxさんと同じ理由じですが、別の言葉で説明してみたいと思います。

a,c,dは、学生,女性,人々のうち、{今年入学してきた}学生,
{子供を産んだ後でも働く}女性,{政府の決定に反対する}人々に
「限定」している。

bは、祖父について{戦争を体験した}という「修飾」をしている。
(「祖父は戦争を体験したのが、彼が貴重な話を聞かせてくた。」の意。)

もしbが「二人の祖父のうち、戦争を体験した方」という意味だとすれば、
これは間違いになりますが、前後の文脈がなくbの文章を読んだ場合は、
この意味ではなくて、上に書いたような意味に取るのが普通だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーなんかよくわかりました。
ありがとうございますー。

お礼日時:2002/01/10 23:16

ご免なさい。



用法で考えたら、確かに「ranx」さんの仰るように、aのようですね。
訂正して、誤ります。ご免なさい、混乱させましたね。

また、「ranx」さん、間違いをご指摘くださり有難う御座います。
    • good
    • 0

Oji_sanさんのおっしゃっていることは述語の性質の違いであって、


連帯節の用法とは関係がないように思います。
例えば、aの場合で、
「今年入学してきた学生はみな昭和生まれだ。」
という言い方をしても、連帯節の用法としては同じですよね。
「学生」という語について説明を加えている(bの用法)ではなく、
多くの学生の中から「今年入学してきた」者を限定しているわけです。
    • good
    • 0

ウーん、「ranx」さんと違って、Aになってしまいました。


「祖父」は、具体的に存在します。
「女性」も、具体的に存在します。
「人々」も、具体的に存在します。
ですが、「学生」だけは、「みんな」として抽象的です。
つまり、「祖父」が語っているのですし、「女性」は統計資料が示しているし、「人々」が広場を埋めている実態が在るのでしょう。
でも、「学生」は、元気な学生の事実が半分以下でも、印象としてみんなと感じてしまえば、表せる言葉です。

結論は、実体を伴わないのは「学生」しかない事になります。

この回答への補足

えーどっちですかあー!!!

補足日時:2002/01/08 14:41
    • good
    • 0

bですね。


今年の入学ではない学生・子供を産んだあと働かない女性・政府の決定に賛成する人々
はたぶん存在することが前提されています。
しかし、戦争を体験しない祖父の存在は前提されていません。
(もう一人の祖父がそのような人だったとしても)
つまり、bだけが同格なのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング