利用規約の変更について

アルバイトで「交通費全額支給」という職場の場合、最高額は月何万円くらい出るでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

国税庁のページですが


http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/ge …
となっています。

「所得税法施行令第20条の2各号に非課税限度額として規定されている額に達するまでの金額」
とは
(非課税とされる通勤手当)
第二十条の二
法第九条第一項第五号 (非課税所得)に規定する政令で定めるものは、次の各号に掲げる通勤手当(これに類するものを含む。)の区分に応じ当該各号に定める金額に相当する部分とする。

一  通勤のため交通機関又は有料の道路を利用し、かつ、その運賃又は料金(以下この条において「運賃等」という。)を負担することを常例とする者(第四号に規定する者を除く。)が受ける通勤手当(これに類する手当を含む。以下この条において同じ。) その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法による運賃等の額(一月当たりの金額が十万円を超えるときは、一月当たり十万円)

二  通勤のため自転車その他の交通用具を使用することを常例とする者(その通勤の距離が片道二キロメートル未満である者及び第四号に規定する者を除く。)が受ける通勤手当 次に掲げる場合の区分に応じそれぞれ次に定める金額(ハからヘまでの場合において、一月当たりの金額が十万円を超えるときは、一月当たり十万円)
イ その通勤の距離が片道十キロメートル未満である場合 一月当たり四千百円
ロ その通勤の距離が片道十キロメートル以上十五キロメートル未満である場合 一月当たり六千五百円
ハ その通勤の距離が片道十五キロメートル以上二十五キロメートル未満である場合 一月当たり一万千三百円(その者が通勤のため交通機関を利用したとしたならば負担することとなるべき運賃等で、その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法によるものの額に相当する金額(以下この号において「運賃相当額」という。)が一月当たり一万千三百円を超えるときは、当該運賃相当額)
ニ その通勤の距離が片道二十五キロメートル以上三十五キロメートル未満である場合 一月当たり一万六千百円(その運賃相当額が一月当たり一万六千百円を超えるときは、当該運賃相当額)
ホ その通勤の距離が片道三十五キロメートル以上四十五キロメートル未満である場合 一月当たり二万九百円(その運賃相当額が一月当たり二万九百円を超えるときは、当該運賃相当額)
ヘ その通勤の距離が片道四十五キロメートル以上である場合 一月当たり二万四千五百円(その運賃相当額が一月当たり二万四千五百円を超えるときは、当該運賃相当額)

三  通勤のため交通機関を利用することを常例とする者(第一号に掲げる通勤手当の支給を受ける者及び次号に規定する者を除く。)が受ける通勤用定期乗車券(これに類する乗車券を含む。以下この条において同じ。) その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法による定期乗車券の価額(一月当たりの金額が十万円を超えるときは、一月当たり十万円)

四  通勤のため交通機関又は有料の道路を利用するほか、併せて自転車その他の交通用具を使用することを常例とする者(当該交通用具を使用する距離が片道二キロメートル未満である者を除く。)が受ける通勤手当又は通勤用定期乗車券 その者の通勤に係る運賃、時間、距離等の事情に照らし最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路及び方法による運賃等の額又は定期乗車券の価額と当該交通用具を使用する距離につき第二号イからヘまでの規定に準じて計算した金額との合計額(一月当たりの金額が十万円を超えるときは、一月当たり十万円)
    • good
    • 0

書き忘れたので、補足します。


会社の規定によると思いますが、月額10万円までは非課税なので、
おそらく月10万円を超えることはないと思います。
    • good
    • 0

会社で定められた規定によりますので、会社によって違います。


就労先に聞いて確認した方が良いです。
    • good
    • 0

公共の交通機関を利用する場合には、月10万円だったと思います。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルバイトで交通費オーバーする場合

アルバイトで交通費オーバーする場合

現在アルバイトを探している主婦です。
面接に後日行くのですが、交通費が制限されており
1か月に2000円程度オーバーしてしまします。
私自身はこんな時代だし、多少のオーバーは仕方ないと
思ってオーバー分は自分負担で構わないし了承して面接にも
後日行くのですが、やはり採用は難しくなってしまうと思いますか?
一応、近隣の方歓迎と書いてあったのですが、私自身も、乗換があるから
交通費が高くなってしまい、通勤時間的には、ドアーTOドアで30分程度なのですが・・・

Aベストアンサー

通勤時間で遅れるケースがあるからね。交通費負担に関しては全く関係ないでしょう。
途中でやめないように 辞める場合はあらかじめ言ってください 

それと仕事がんばる事 そうすれば辞められたら具合悪いから
交通費は無理でも時給アップ・・・とかなるとうれしいね。

まあ毎日の訓練 バイトも手を抜かない その積み重ねが社員になった時生きてくるから

交通時間ははっきり言ってください。たぶん交通費に関しては言ってこないはず

通勤費は○○円しか出ませんので了承してください。
場合によっては交通経路 時間を書いてくださいと用紙を配る時もありますが
それは労災とかの申請をする場合ですから気にしない

笑顔で面接に行きましょうね。落ちた場合はあなたの責任じゃないよ。
私を選ばない店長さんの責任だね。(笑)

それぐらいの気持ちをもってね

Qアルバイトの交通費について

自分は大学生です。
今アルバイトをしているんですが交通費は103万円の扶養家族の範囲内になるんでしょうか?
もしバイト代が100万円だとして交通費が4万円ある場合は含めると104万円になるんでがどうなんでしょうか?
交通費が全額支給されるのでできれば全額ほしいのですが103万円を越えるとまずいのでどなたかご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

非課税限度内の交通費は収入から除外してかまいません。
ただここで気をつけなければならないのは、交通費が給与明細上別項目になっているかと言うことです。
別項目なら問題がないのですが、アルバイトなどによくある交通費込みの時給という場合は課税対象になりますので注意が必要です。
例えば時給800円で100時間労働で交通費別で6000円の場合は
明細で

(給与)80000円
(交通費)6000円

と言う場合なら、仮に12ヶ月同じ金額とすれば

80000(円)×12(ヶ月)=960000円

となり103万以下ですが。
これが交通費込みの時給860円で100時間労働で交通費は6000円の場合は明細で

(給与)86000円

だった場合は、86000円の中に6000円分の交通費が含まれているので

86000(円)-6000(円・交通費)=80000(円)

80000(円)×12(ヶ月)=960000円

とはなりません。

86000(円)×12(ヶ月)=1032000円

となり103万を超えて質問者の方自身に所得税が掛かりますし、当然扶養も外れることになります。
ですから交通費が時給とは別に支給され別項目なのか時給に含まれるかで、103万の微妙なラインいる場合は大きな差になってしまいますので気を付けてください。

非課税限度内の交通費は収入から除外してかまいません。
ただここで気をつけなければならないのは、交通費が給与明細上別項目になっているかと言うことです。
別項目なら問題がないのですが、アルバイトなどによくある交通費込みの時給という場合は課税対象になりますので注意が必要です。
例えば時給800円で100時間労働で交通費別で6000円の場合は
明細で

(給与)80000円
(交通費)6000円

と言う場合なら、仮に12ヶ月同じ金額とすれば

80000(円)×12(ヶ月)=96...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報