最新閲覧日:

結婚を考えている彼の実家は食肉卸業を営んでおり、と殺から肉屋へ卸すまでを行っています。うちの家族からは ト殺をする人をよりにもよって何で選ぶんだ。と
言われ、絶対別れろと聞く耳をもたれません。彼の人柄はこの際どうでもよく、その行為自体を許せないのです。
正直、私はと殺について、そこまでアレルギーはありませんでした。えた非人という問題にまでなってしまうとは思いませんでした。
同じような環境にいる人、率直な意見を教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (22件中1~10件)

と殺して下さる方がいるからお肉をありがたく頂くことができる。



とさつ業の方は動物を殺すのが好きなのではない。需要により人が、動物様を頂く、その食のあり方と尊い使命に仕事をなさってくれている。

仮にこの世にお肉がなかったら、御両親はどうおもうか?
という点と、

お肉が頂けてありがたい。と生命への感謝の気持ちをもって食にかかわっている事の大切さについて、教える必要があると思います。

御両親とはいえ、まだこの世で知らない事もあるのです。

御両親は肉を一切食べないのでしょうか?

自分は手を汚すことなくパックに入ったその肉は、とさつ業の方がお仕事をしてくださったから食べれるのではないのでしょうか?

子供が親に教えてあげるということも 世の中にはあるのですから、参考なる文献 とさつ業の尊さを 物語る資料をウェブで探して、自分なりの意見をまとめ、御両親に教えてあげましょう。
    • good
    • 10

一言で言えば、職業に貴賤なしです。

あらゆる職業は、必要だから存在します。犯罪行為でなければ、全ての職業は必要です。必要でない職業は、消え失せます。世の中の道理と思います。
    • good
    • 5

兎に角古い質問ですが一応。


井沢 元彦という作家が、日本人は古来死への穢れという感覚を持っているという趣旨のことを発言しています。この説でいくと屠殺業をなんとなく穢れていると感じるからではないでしょうか。
補足を拝見する限り親御さんは感情でしか話していない状況であり、失礼を承知でいれば”その程度の考えでしかないのか”というのが感想です。
有名商社、企業って。我が国では中小企業が相当多く、そういうのが国を支えているんですが。
なかなか結婚出来なさそうですね。

で、似た境遇の方へも含めて私の考えを。
穢れと茶碗という本を読んでもらうか、
感情論ではなくあなたの考えを聞きたい
と返すのが良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

地球上の全人類の祖先は「アフリカの黒人の女性」です。


天皇陛下も、英国国王も、あなたの彼も、あなたのご両親も
祖先は同じです。だれも賤しい生まれなどではありません。
そこのところあなたがいかにご両親に説明できるかだと思います。
    • good
    • 3

まず「質問された時期がだいぶ前なので


問題は解決はされた」と思うのですが
仕事への差別に関することは
他の方が書かれてますので
簡潔に思ったことを書かせていただきます。

恐らく、ご家族の方の価値感が古いのと
理解する寛容さが乏しいと思うのです。
話し合いを上手に重ねることです。
必ずあなた方が勝ちますよ。
なぜならご家族はまず他人を差別するような
貧しい価値感なんですから。
何一つ、恥じることはありませんから
自信を持ってください。
    • good
    • 3

現在の日本の認可と殺場は、工業化されていて、ユーチューブにあるような、人的なと殺は、行われておりません。

そんなことしてたら、人件費が、かかりすぎます。ユーチューブも、問題シーンのみをわざと集めて投稿するケースもありますので、動物愛護法の法令の下に、日本のと殺は、できるだけ安楽死させるように、機械が出来ています。
ただ、それは、殺すと言う作業には、間違いないのですが、それが、いけないと言うなら、人間は、肉類を食べないことです。

肉類を食べている人が、批判するのは、どうかと、思います。
なお、りっぱな仕事だと思いますよ。そういう人が居なければ、日本の食事情が成り立ちませんから。。。なお、輸入肉については、人件費の安い地域では、未だ、撲殺などしている地域はあるとは思いますが、国内では、聞いたことがありません。国内にあれば、ぜひ、教えていただきたいと思ってます。
    • good
    • 3

他の方の意見とは違うのですが、


あなたは家畜の屠殺シーンをみた事がありますか?
動物は生きたまま苦しんで殺されていきます。

私はあなたの彼の実家が屠殺業を営まれているのなら
動物が苦しまないように屠殺出来る方法をなぜ考えないのか気になります。
少なくとももし自分の手で屠殺を続ける職業でも
正常なら苦しんでいる動物の姿など見たくはないでしょうから。
苦しませない屠殺方法を真剣に考えているなら
屠殺業も立派な職業だと思います。
そういうことを一切考えないで黙々と家畜たちを
残酷極まりない方法で殺していく職業を営むご主人に貴方が耐えられるかどうか。
家畜の屠殺シーンは本当に残酷です。
ホルスタインが生きたままミンチになる、
生きたまま自分の手で抵抗し大悲鳴をあげる動物の
返り血を浴びながら首をザックリを毎日長年やってたら普通の人間なら
感覚的に異常を来たすと思われます。
例えはじめは抵抗あっても慣れというのは怖ろしく
普通の感覚では出来ないと思うんです。
貴方が屠殺現場を実際に見て耐えられるのなら
その人と結婚するのも良いと思う。

屠殺業界の方には1日も早く動物がいかに苦しまない方法を
考えていただきたいものです。利益云々ではなく時間をかけて苦してしまう処に業者を忌み嫌う人がいるんでしょうから。
殺すなら最小限の痛みで屠殺してよ。
少しでも人間として誇りがあるのなら!

http://uk.youtube.com/watch?v=VIjanhKqVC4
    • good
    • 5

豚を飼ってます。



豚を飼う人もトサツする人、解体する人も皆、真剣に、業務をやってます。

私には、トサツ業が悪くて、獣医は、良いとか、火葬場の公務員は悪くて、坊さんは、良いとか、その区別が、よく解かりません。

実際、その場を、何回も体験すれば、実に、真剣に、崇高に、業務されてみえると思いますが、現在、食肉とさつ解体センターは、業務時間もきっちりしてますし、家畜伝染病予防のために、かなり神経を使いますし、能力の無い人間が勤務できるところでは、ありません。

どうやら、自治体のとさつセンターに、直接出入りする卸食肉問屋さんみたいですけど、りっぱなお仕事と思いますよ。

一度、仕事ぶりを、ビデオか何かで、見てもらい理解してもらえませんでしょうかねえ。
    • good
    • 2

私は中央卸市場でと殺解体の仕事をしています。



それは、偏見でひどい話です。
と殺は立派な仕事です。

私達がいなければ食肉は食べれませんし誰かがと殺しなければ食肉は食べれないのです。

現在はO-175や狂牛病が発生した為に皆さんに安全な食肉を提供する為に埼玉県の公務員の先生と共に大変な神経を使いマニュアルに沿って安全な食肉を解体しています。

と殺場は政令指定都市の大きな都市には食卓の安全を都市が守る意味で必ず一つは運営しなければいけません。

全国では郵便局、消防署、警察などと同じように国営化のと殺場も多くあります。

と殺を偏見に思う方に食肉を食べてもらいたくないと思いますし逆に私たちのおかげで食肉が食べれると思ってもらいたいです。

もし、彼の事が本当に好きで結婚を考えているなら家族に立派な仕事である事をきちんと話すべきです。

私は誇りを持ってこの仕事をしています。
昨年は結婚し子供も授かりやっと幸せになれた実感が湧いています。

と殺は立派な仕事と言う事だけは理解して下さい。
    • good
    • 10

結局、自分に関係あるかないかではないでしょうか。


つまり、自分に直接関係ない人の話だったら「差別はよくない」って思うだろうけど、自分の娘とかだと やはり 嫁がせたくないというのが本音ではないでしょうか。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ