人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 今キノコについて勉強しているのですが、キノコには単純な増殖のための1次菌糸と、子実体を形成するための2次菌糸があることがわかりました。
 ただ、『2次菌糸は、別々の胞子に由来する2つの1次菌糸が”交配”してできる』という記述について教えていただきたい点があります。これはつまり微生物保存機関で入手するようなシングルコロニー由来の単一クローン株だけでは子実体は作れず、他のクローン株を持ってきて混ぜてあげないと2次菌糸は形成されない(ゆえに子実体もできない)ということなのでしょうか。

A 回答 (1件)

子実体は一次菌糸が接合した二次菌糸(複核菌糸)が子実体誘導の刺激を受けることにより形成されます。

一般的には子実体は形成されないのではと思います。

二十年ほど前に,菌糸の接合・融合に興味があって桐生の森産業の「きのこ研究所」に教わりに行ったことがあります。その際に遺伝的に異なるもの(雌雄性?)が接合するものが普通だが同一のもの同士で接合するものもあるとのことでした。

目的が分かりませんが,子実体形成だけでしたら,日本きのこ研究所で二次菌糸を配布しています。問い合わせたらいかがかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を有難うございます。そうでしたか、やはり遺伝的に異なるものを基本的には揃えないと子実体は形成されないのですね。冷静に考えてみると、人間の生殖で精子と卵子が接合(受精)しないと子供にならないのと一緒ですね。まあ、最近では羊のドリーのように体細胞1個からの単一クローンとして出来てくる場合もありますが、自然界ではこのような現象は起きないですしね。。。
目的というほどの大袈裟なものはありませんが、きのこについての教科書を読んでいて抱いた疑問を質問させていただきました。これまで長きに渡って単純な細菌類を研究していたものですから、理解に時間がかかりました。

お礼日時:2006/02/08 11:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販のキノコの一部分を切除して、組織培養を行い、収穫ができますか?

お世話になっています

スーパーに行くと、シメジやエリンギなどのキノコが売っていますが、
それらの部分を切除して、培養することはできますか?

自分の頭の中で思い描いてることでは、
滅菌したカッターナイフで新鮮なきのこの部分を1cmほど切除し、
圧力鍋で滅菌した寒天培地に乗せて、ラップをかけて放置しておいたら、
培地に菌が蔓延します。
そいつをまた、滅菌した穀物培地に植えつけて拡大させて、
そのうちキノコがにょきにょき伸びてくる、、、と、想像しています。

可能でしょうか?
培養の経験などはありませんが、きのこの成長する様子を見てみたいです。
可能でしたら、実験してみたいです。

Aベストアンサー

確かに簡単ではありませんがキノコをつくることは可能だと思います。

キノコの一部分を切除して、組織培養する手法を組織分離といいます。
コンタミネーション(雑菌汚染)の可能性があるので、新鮮なキノコを用いて分離を行うこと、分離の際はキノコを半分に割り、雑菌汚染がない内部組織を滅菌したカッターなどで採取、寒天培地に置床するようにすれば分離は成功しやすいと思います。

ただこの分離・培養した菌糸を種菌培地に植菌しなければきのこを作ることが出来ません。

分離はコンタミしないように頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報