今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

築15年のマンションの廊下・リビングの床張替えを思い切って無垢のフローリングにしようと思うのですが、
絨毯を剥がして見るとコンクリートの床に幅30mm厚さ7mmの木片が(壁側に沿って床のみぐるりと)釘で固定されています。
その他の部分は木片と同じ厚さのフェルトのようなものが接着され敷きつめられていました。
このまま貼るわけにも行かないと思いますし、この厚さでは通常の根太+コンパネは使えないと思い困っています。
絨毯の厚さは12mm、無垢板が約12mmです。
何方か良きアドバイスをお願いいたします。

A 回答 (2件)

コンクリートの床に幅30mm厚さ7mmの木片


↑絨毯を固定するための下地ですね

無垢の床板の施工法は釘止めになると思いますので7ミリの下地で無理かと思います。

マンションの床張替え用のフロアなどが販売されています、そちらの方が現実的ではないでしょうか。
    • good
    • 0

私は強引にカーペットの上からコンパネを敷き、フローリングを貼りました。



ふちの木は絨毯を固定するものです、無くてもいいです。
下地がたぶん皿状になっています、
ですから中のほうにレベル調整する板が必要です。
ねたでやれば確実ですが、コンパネを固定する
コンクリート釘の部分に板を挿入すれば耐えられるでしょう。
私のフローリングはそれ自体にもコンパネが裏打ちされ20mmくらいあります。

この回答への補足

nitto3さん早速のアドバイスありがとうございます。
玄関框、扉の下空きスペースを考えるとコンパネ(?)はせいぜい2~3mm位かと考えて見ます。
フェルト状の上にコンパネを敷いた場合フカフカ沈み込みは無いですかね?チョット気になります・・・
でもそれしか無いですよね!きっと。
(ちなみに我が家は2階ですが下が駐車場のため音の心配はありません。)

補足日時:2006/02/06 23:29
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング