ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

結婚して15年です。
ケンカは最初から絶えずでした。
ここ数年、ケンカのたびに主人は「どこまで我慢すればいいのか」とすぐに言います。
日頃から我慢の連続らしいです。
こずかいが少ないのも不満だと思いますが
普通に会話しているとき、私が何かについて(嬉しいとか楽しいとか感情が高ぶって)興奮気味になっている時は「うるさい」と感じてる様子です。
というのも、結婚してからずっと
私は主人に直して欲しいところがあったら
すぐに口に出して言っています。
普通の会話でもうるさく感じるのはそういうのが原因になっているのかも知れません。
でも、そういうのってどうなんでしょうか?
私が何でもかんでも口に出して言うのは間違いなのですか?
嫌だなって思うところがあっても我慢して言わない方がいいのでしょうか?
よく外で夫の悪口や愚痴を言う人がいますが、
私は他人に言うくらいなら本人に言って直せるものなら直してもらうのがベストだと思っていました。
本人に言うから外で悪口や愚痴は言う必要はありませんでした。
でも、本人に言わず我慢するなら、たしかにストレス発散で
誰かに愚痴を聞いてもらいたくなるものかも知れません。
だけど、実はそれが夫婦円満の秘訣なのですか?
外で悪口や愚痴を言ってストレス発散して
家ではすっきりすればいいのでしょうか?

主人は私への不満をためこみ、今では表面と腹が違うのかも知れません。
事実を言っただけだといい、あるケンカの内容を友人に話したようなんですが
その友人は「そんな奥さん、大変だね」って言って
主人は「他人ですらそういう評価をするくらい、おまえは愚妻だ」というような意味のことを言いました。
何かがおかしくないですか?
普通パートナーを否定されたら
「そうじゃないよ」ってかばいませんか?

夫婦間の我慢ってなんでしょうか?
何でもいいので聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

まず、ご質問者が求める家庭というものがなんであるかですよね。


それがご主人と大きく異なっているのではと感じさせられます。

ご主人がどうなのかは直接お話したことがないのでなんともいえないところはありますが、一般に男性が家庭に求めるものは安らぎです。そのため、通常些細なことについてはいちいち話はしませんし、不満に思うなどのことがあっても、その時点で話す必要があるかどうかは、その重要度で決めるでしょう。
あまり重要な話でなければ、何かの折に話すことはあっても日常でいちいちそれを話して、本来の家庭に求める安らぎを壊すようなことはしません。

ご質問者が何でも話して切磋琢磨すればよいというご意見のようですが、それでは逆にご質問者が家庭に求めるものは何なのかということです。多分男性が求めるそれとはかなり異なっているように思えます。
何を目的として切磋琢磨したいのでしょうか?人間として成長するため?家庭を人間成長の場にしたいということでしょうか?
ただそれをご主人が同意していればよいのですが、そうでなければ求める家庭とのギャップが大きく疲れるだけですよね。

一般的には男性が配偶者に期待するのは、安らぎのある家庭であり、働いていることへの感謝です。
ご主人がどういう人なのかはわかりませんが、この一般的な考え方に対して大きく違っていない限りはご主人も同様でしょう。

あと、会話するということについていうと、男性と女性ではそもそも根本的に異なっているということを理解してください。男性は基本的には必要なことしか話はしません。
これはそもそも女性の脳では言語をつかさどる部分が右脳左脳に発達しているのに対して、男性は女性の1/2程度の言語領域しか持っていないという生物学的な理由によります。
その代わり男性は空間把握能力(車の運転や地図を見るなどでその能力の高さがわかります)やとっさの状況での判断能力などで優れており、つまり言語の部分を犠牲にして代りにそういう能力が高くなっています。

このため、男性が会話をするときには基本的にそれはストレスにしかなりません。面白い実験があり、男性が会話をするときにはまず大抵がストレスとなるのですが、女性の場合にはむしろストレスが解消されるという結果も出ています。
このことなどは会話に対する男女での違いが顕著に現れている点でしょう。

つまり日常的にあれこれ互いの問題点をいちいち細かく指摘しあうというのはそもそも男性には向いていないといえます。それはストレスにしかならないからです。
逆に女性は話をしない方がストレスになりますので、話を男性に対してもよく持ちかけるわけです。

そこで、夫婦間では相手のそういう能力の違いを考えてお互いにある程度は譲歩して、夫は極力妻の会話に協力する、妻は男性のそういう部分を考えて、会話する内容もある程度絞り込むとかわかりやすく会話するなどの互いの努力をもって、仲良くすごすということが必要になります。

この視点でもう一度ご質問者自身が婚姻生活においてどのようにしていくのかお考えになってはいかがですか。
別に今からでも十分に改善できると思いますよ。

一般的な男性の場合ですと、絶えず妻に何がしか不平や不満を述べるような状態になるというのは、既にかなり男性は自分の望む安らかな家庭を求めることをあきらめている状況、つまり深刻な状況であると思います。
つまりご質問者が希望するような状況というのは、破綻の近い状況であり、まだ普段からあれこれ言わないというのは、依然として出来れば現状の婚姻生活を続け、安らかな家庭を築こうという意志のある状況だろうと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごいです。とてもわかりやすかったです。
多分、主人の気持ちは回答者様が書かれている通りだと思います。
私の問題点にも気が付きました。
よくよく考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/10 21:07

はぁびっくりしました。


まさに今の私と同じ悩みだからです。
実は今朝もケンカして出発してきました。

私の場合は、この教えてgoo!で、男の性質を訊ねてみようと思っていました。

恐らく、質問者様も「男とは」を知れば、旦那様とも柔軟な対応が出来る様になるのではないでしょうか?
実際、「地図の読めない女、話を聞かない男」でしたっけ?あれを読んで、自分の夫に対する物の言い方、タイミング等々が変わりました。
(それでも未だケンカはしますが・・・汗)

以下の回答者の方々のアドバイスって、質問者様も試された事あるんじゃないでしょうか?
でも、良くならないのでは?
私がそうです。

●「妻に直して欲しいところがあったら、すぐに口に出して言ってもらう」←うちはお願いしても言ってくれません。
●「完璧主義気味」←そうではなくって、夫婦間でお互いの考えを近づけようとしているのですよね?
●「コミュニケーション不足」←夫側がそういう態度ではない。

なので、結局の所、考え抜いた私の結論は、やっぱり生理学的な理由だなと思ってます。
お互いに「男」の性質を理解してみませんか?
私も今日本屋に行って、そういった書籍を探して夫をよく理解出来る様にしてみるつもりです。

世の旦那様方には申し訳ありませんが、
私は、夫は子供だと思って接してます。
いかに本人に自分の意思で手伝ってくれる様になってもらうか、思いやりを持ってもらえる様になるのか、教育方法に頭を悩ませています。

回答になっていなかも?ごめんなさい。
我が家も同じ悩みを抱えていたので、登場しちゃいました☆

この回答への補足

多くの方に回答をいただき、感謝いたします。

今の自分達夫婦について、一体どうなのか客観的に見られなかったので質問させていただきました。
私にも反省する点はあるということがわかりました。
同じことを注意するにも言い方一つで印象や効果が変わりそうですね。
実のところ、そうやってこっちが工夫しないと通じないってことにも少しいらいらする面があるのですが
結果がよければそれも些細な工夫になるかも知れませんし・・・

皆様ありがとうございました。

補足日時:2006/02/11 14:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「地図の読めない女・・・」は以前に読みました。
男と女の生理学的な違いは大きいでしょうね。
男女はわかり合えなくて当たり前、くらいに思っておけば
お互い「なんであなたはそうなの?」ってイライラしなくて済むのでしょうね。

お礼日時:2006/02/11 14:22

katamamemochiさん、こんにちは。

fullmoon01と申します。

>>結婚してからずっと私は主人に直して欲しいところがあったらすぐに口に出して言っています。

す、す、すごいですねぇ・・・(~_~; わたしは、恋人や夫婦でも、一番大切なのは遠慮(または配慮)だと思っています。直して欲しい部分があっても、お互い様なのですから、注意するのは、死んでも我慢できないところぐらいに押さえ、あとは気にしないように努めます。他人との同居ってのはそういうことではないでしょうか?あ、ちなみに、ストレスを溜めて、病気になるほど我慢しろってことではありませんよ。

>>他人に言うくらいなら本人に言って直せるものなら直してもらうのがベスト

なるほどなるほど。これは一理ございますね。賛成です。ただ、外で他人に言わないのは良いけれど、直接全部本人にぶつけるってのは、いかがなものかと・・・言われる立場になると、なんか気分的にキツクないですか?ん~、考え方を変えれば、日頃から旦那さんにストレスを与えない生活をしてもらい、気持ちよ~く仕事に励んでもらえば、稼ぎだって上がるかもしれないし、お土産だって増えるかもだし、こちらに対する誉め言葉もあったりなんかして、良いこと尽くめだと思うのですが、いかがでしょうか?

わたしは以前、こちらの気に入らない部分を、ほとんど遠慮せずに、な~んでもズバズバ言うお相手と交際した時、鬱病になりかけました。危なかった~・・・。今思うと、別れて本当に良かった、と心のそこから感じています。どこか他人行儀なぐらいで、夫婦はちょうどいいんじゃないかと思います。だって元から他人ですし。katamamemochiさんのやりかたでは、まず、二人の絆は強まらない気がします。

>>普通パートナーを否定されたら「そうじゃないよ」ってかばいませんか?

他人に対して、「そうじゃないよ」と庇って欲しいなら、庇ってあげようと思われる女性にならないといけない気がします。今話題の「実録鬼嫁日記」の著者である夫=カズマが、こんなQ&Aに答えていました。(ブログより)

Q どうして離婚しないのですか?
A キツイ嫁ですが、優しいところもちゃんとありますので、離婚はまったく考えていません。

Q カズマが高齢者になった時や、病気になった時が心配です。鬼嫁さんは介護をしてくれるのですか?
A 高齢者になってからの心配もありがたいですが、うちの嫁は病人をほっとくような鬼嫁ではありません。やるべきことはきちんとやった上での鬼嫁なのです。介護保険も加入してますし、崩壊寸前の年金もきちんと納めています。

以上のやり取りだけを見ても、二人の間に確かな愛情があるからこそ、好き勝手に書いてられるんだろうなぁ、と感じません?katamamemochiさんも、ぜひ、鬼嫁日記をよく読んで(?)、旦那さんに愛される鬼嫁になってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本読んでみます!

お礼日時:2006/02/11 14:19

あなたが120%完璧な性格・行動であるならば逐一ご主人に直してもらいことを言っても良いでしょう。

ですがそんな人はいません。なら、どうしても我慢できないことを絞って絞って3割(それでも多いでしょうが)だけ言うことにします。で、他人にグチ?ご主人は一生懸命働いてくれているのです。なので言うのはおかしい。恋人のときの思い出を思い出してみてください。この人と結婚できたら・・・と不安になったり喜んだり。その上での今の生活です。なので、いつまでも相手を思いやる。優しくできますよね。そうするとご主人も変わります。いかがでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恋人時代を思い出す・・・
なるほど、それはいいアイデアですね。

お礼日時:2006/02/11 14:18

夫婦間の我慢とは私にとってはお互い様なので、なるべくストレスを溜め込まず、考えないようにすることだと思います。



特に私の主人は何度言ってもお願いしても直らないことが多く、私がイライラしてストレスが溜まる結果になるだけだと悟ったからです。
もちろん、母や友人には愚痴ります。
ただ、本人にも言っているので悪口・陰口ではないつもりです。

きっと、主人にも私に対して我慢していることは沢山あると思います。
ただ、許容範囲なのでお互い許せるということなのではないでしょうか?

ご主人が、不満をためておいて後になってから言う性格というのも割切ってしまうしかないのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考えるからイライラしてくるんですね。

お礼日時:2006/02/11 14:17

私は一度離婚してますし、今の結婚もまだ数ヶ月…というところなので非常に失礼かとは思いますが、今の彼とは一度も喧嘩をしたことがありません。

というか喧嘩になりません。

かといってお互い我慢してるわけでもありません。
もちろん100%満足ではないですが「ここはまだ我慢できるな」と言う部分は特にいいません。絶対我慢ならないことだけ言います。それも冷静に。
「あのね、実はこう思ってて、こうしてくれたら助かるなと思うんだけど、どうかな?」と言う風に言ってます。決して「あなた、ここが悪いからこうしてよ!」とは言いません。直してほしいところがあっても「直してよ」と言わずに、本人が「直そうかな」と思うように言うのです。そうすればそれは自ら動いたことであって、奥様から言われて直したということにはならないはず。なので我慢と言うことには繋がらないと思います。

具体的にどんなことを言ってきたのか分かりませんが、例えば「靴下を裏返しにして脱がないで、きちんと表にして洗濯機に入れてよ」と言うんじゃなくて「できたら表に返してくれてたほうが、干す時に助かるな」くらいにして、後はほうっておけばいいと思います。

本当に夫婦間で直さないといけないことってそんなにたくさんありますかね!?お金、女、ギャンブル、お酒…に関わること以外はそんなに重要じゃない気もするんですが。あと、社会的な常識とか。

外で愚痴を言っても、他人はノロケくらいにしか聞いてません。それで家庭内円満ならそれはそれでいいと思うんですが。まぁ多くの人は「本人に言うほどじゃないけど、何か気になってること」を愚痴るくらいだと思います。

そもそも結婚してからずっと、そんなに直して欲しいところがあるような人と15年も結婚生活を送れてるというのは、ある意味凄いと思いますが。結婚当初、彼のどこが良くて結婚したのか、私には疑問です…。15年も言い続けるほど直して欲しいところがある人となぜ結婚したのか…。

>私が何でもかんでも口に出して言うのは間違いなのですか?
多分それなりのお年の方だと思いますが、夫婦と言えども他人です。親しき仲にも礼儀あり、だと思います。何でもかんでも言えばいいってもんじゃないと思いますよ。かといって我慢してばかりと言うのも違うと思いますが。

若輩者が失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もっと賢くあることが大切ですね。
そもそも口も悪いので
反省することにします。

お礼日時:2006/02/10 22:58

おそらくあなたより年下であろう私が言うのもおこがましいのですが。



>でも、そういうのってどうなんでしょうか?
>私が何でもかんでも口に出して言うのは間違いなのですか?
>嫌だなって思うところがあっても我慢して言わない方がいいのでしょうか?

難しい問題ですね。
それでお互い納得して解決するならそれもいいとは思いますが、質問を読ませて頂いた限りは、失礼かもしれませんがあなたは「人に合わせるのがイヤで、何でも自分の価値観や基準のとおりいかないときにくわない」タイプでは?と感じました。

そりゃ言いたいことをその場で言うのはスッキリするかもしれませんが、日々細かいことを言われ続けているご主人が、不満を溜め込み、また外で愚痴を言うのもわからないではないです。
あなたは自分は相手の悪いところを都度本人に言うようですが、逆にご主人から悪いところを批判されたとき、素直に聞いていますか?
もしかしたら、ああ言えばこう言うで言い返していませんか?
そういう風でしたら、ご主人にも同じように不満があったら言ってなんて言ってもムダだと思いますよ。だって、ご主人は「言っても倍になって返ってくるだけだから、言わない方がマシだ」って思っているでしょうから。

人の価値観とはそれぞれで、なるほどと直せる人もいれば、それを苦痛に感じるだけの人もいます。
でも、日々そういうことを言われていたら、後者(苦痛)の人の方が圧倒的に多くなるのではないでしょうか?

あなたが日々ご主人に言っている愚痴や不満は、本当に口に出して言わなければ生活できないほどのことでしょうか?
それを言わない場合、外で悪口を言ったり愚痴らないと生活できないほどのものなのでしょうか?

>普通パートナーを否定されたら
>「そうじゃないよ」ってかばいませんか?

かばうでしょうね。
でも、今のご主人はかばえないほどあなたに不満があるのでしょう。
そこを理解してみてはどうでしょうか?
我を張るだけでは夫婦生活はうまくいかないと思います。

私はお互いにある程度の「我慢」と「感謝」「思いやり」「反省」が必要と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

耳が痛い話しです(^^;
主人は相当に我慢強いのでしょうね。
その辺りに感謝でもして
ちょっと考えなおすことにします

お礼日時:2006/02/10 22:57

我慢する必要はないと思いますが、「なんでも自分が正しい」と信じて価値観を押しつけたり、


ご主人を自分の思うままに教育しようとするのでは、ご主人に「愚妻」と言われても仕方ないと思います。
お互いの人格を尊重して、自分の価値観を押しつけるのをやめれば今よりも仲良く暮らせると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
私には悪い意味での主人への甘えがあると思います。

お礼日時:2006/02/10 22:50

>私が何でもかんでも口に出して言うのは間違いなのですか?


>嫌だなって思うところがあっても我慢して言わない方がいいのでしょうか?
よく外で夫の悪口や愚痴を言う人がいますが、
>私は他人に言うくらいなら本人に言って直せるものなら直してもらうのがベストだと思っていました。

直りません。有名な諺に「水は低きに流れ、結婚は両者の低いほうのレベルで安定する。」というのがあります。
家庭とは安らぎの場であって、修練の場ではないです。そしてその安らぎの場に入るのに入場制限や資格制限を造ってはいけません。


>本人に言わず我慢するなら、たしかにストレス発散で
>誰かに愚痴を聞いてもらいたくなるものかも知れません。
>だけど、実はそれが夫婦円満の秘訣なのですか?

理屈っぽい人ですねぇ(笑)そうやってご主人を問い詰めていらっしゃいませんか?
そうではないのです。許すことです。
不満があったら、自分の見方を変えて許して認めことです。
たとえば、旦那さんが金遣いが荒い。このままいったらカード破産かもしれない。
そう不安になっても、彼を信じて、そうなったら二人でせっせと働いて借金を返せばいいんだと思うことです。
あるいは、彼が喜んでいるしそれを見て私もうれしいのだから、そういうお金の使い方はきっと正しい使い方なんだろうとそう考えるのです。
彼が、高いビジネスバッグを買ってきたら、そうか、彼はそういうバッグが似合うポストを目指しているんだと考えて、にこにこしている。
そういう風であったら喧嘩もおきません。
でも、私はヴィトンのバッグがほしいのに我慢しているんだ。そういう風に考えるから腹がたつ。
いや、彼はそういうものを欲しがらない?だから、彼は我慢しているって言ってるんです。
男は、忍耐力を愛情の証に使いたがるものです。そうではないです。我慢しなくていいからやりたいことを適度にやらせて、質問者さまもご自分のしたいことをなさったらいいのです。浮気以外ならしてはいけないことなどないのです。
ただしお互いに、相手の尻拭いはしてやる覚悟が必要だというだけです。


>外で悪口や愚痴を言ってストレス発散して
>家ではすっきりすればいいのでしょうか?

そういう話ではありません。彼は行動を束縛されていると言っているのです。それは所帯を持った以上仕方が無いことだと思っています。
でも夫婦に我慢は必要ないのです。工夫して一緒に楽しむ事が大事です。

>夫婦間の我慢ってなんでしょうか?

亡くなった父がよくいっていました。母と口論の絶えない父が最後に言うセリフが「いいんだ。オレが我慢すれば済むことだから。」
私はそれは間違っていると思います。
父は口下手で、コミュニケーション能力がないから、口で言い負かされる。余計に腹がたつが、こらえることで自分は家族を大切にしていると自分に言い聞かせる。
そうじゃないと思う。どんなことであれ、話あって相手の気持ちを汲み取ってあげないといけない。
しかし、人間の距離というのは実は近い間柄もあればもともと地球の裏表くらい離れた関係もあるのです。
簡単にわかりあえないからって、それを放棄して我慢に走ってはいけません。
それは逃げです。
本当の愛情は我慢からは育たないです。
互いの価値観を共有しあえる関係づくりが夫婦にとっては大事です。
我慢というのは、自分の立場に留まって、相手を冷たく見放すことです。
一方、相手を批判して攻めているのはその行動の裏返し。
まるで鏡の裏表のように、実はお互い似たようなかたくなな自己主張をしているのです。

いちど相手の言っていることを信じてその世界に自分もはいっていったらいいのです。
愛情がないとそういう冒険はできません。でもそういう冒険を通じて愛情は育まれるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥深い話ですね・・・
皆様の回答にはいろいろ考えさせられます・・・
私は自分が心地よく過ごせることに重点を置いてるのかも知れません。
それだけではいつか限界がくる・・・
それに気がついた今が変化の時期だと信じて
頑張ってみます。

お礼日時:2006/02/10 22:48

確かに外で愚痴を言うより、本人に直接言って直してもらう方がいいし、溜めるのは良くないから言いたい事は言った方が良いと思います。


質問者様の言う事は最もだと思います。

私もそういうスタンスで夫婦生活を送っています。
でも夫との間では、喧嘩は殆どありません。
それに1度話し合ったら解決するので、その後同じことでムッとすることがないのです。
結婚5年ですが(若輩者がスミマセン)、今では全く喧嘩しません。
喧嘩の種がなくなっているからです。

ただ「言い方」と「言うタイミング」は凄く大切だなぁと思います。
「相手が嫌な思いをするだろうなぁ。でも言わなきゃ!」という時こそ、言葉使いに気をつけます。
そして「今は言っても良いタイミングか」を考えます。

我家ではどんな時も、例えムッとした時でも、大声や怒鳴り声、汚い言葉使いはお互いしません。
やはり聞いている方は、その内容より声自体に疲れてしまいますから。
喧嘩ではなく、話し合うことが大切だと思っています。

ムッとしたり、カチンときたら、まず深呼吸をしてみて下さい。
興奮しすぎている時こそ、落ち着けるようにして下さい。
そしてその感情に任せて言葉を直ぐに出すのではなく、1度言おうとした言葉を心の中で反復させる余裕を持って下さい。
それで「言っても大丈夫」と確認が出来たら言って良いと思います。
すると不思議と言葉は柔らかくなりますよ。

きっと旦那様は質問者様の言っている内容の前に、声のトーンが我慢できないのではないかなぁと思います。
同じことを言っていても、声のトーンや言い方で相手の受け取り方は違ってくるものです。

言いたい事がうまく伝わらないのは辛いですよね。
なるべく優しい口調と落ち着いた声のトーン、旦那様がゆっくり聞いてくれそうなタイミングを見計らって、これからも言いたい事を言って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>きっと旦那様は質問者様の言っている内容の前に、声のトーンが我慢できないのではないかなぁと思います。

そうですね。言い方が悪いとよく言われます。
私の方にあぐらをかいてる面があるのかも。
親しき仲にも礼儀あり、というのをちゃんと心得た方がいいのかも知れませんね。
美しき夫婦には程遠いですので。

お礼日時:2006/02/10 22:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報