よく、農地がいったあれてしまうと元に戻すのに
非常に手間暇コストが掛ると聞きます。
なぜそうなのでしょうか?
農学素人ですが、
その原理的なモノをよければ教えてください。
またどのくらい大変なのかなども教えてください。
既知の用語は農地転用、連作障害、ぐらいです。
詳しい方よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般的に「農地が荒れた」は人の管理がなくなり、自然の営みやサイクルに戻ったと理解すればよいでしょう。


他の方が書かれてるように水田回復が難しいのは、その構造にあります。
JAの関係のHPで「ごはん家族」があり、その中のセミナー
http://www.gohan.ne.jp/hakase/index.html
http://www.gohan.ne.jp/hakase/seminar10/index.html
これを見ていただくと判りますが、稲を育てる肥料分を多く含んだ作土層の下に固く締まった「鋤床層」が
あります。この層は長年にわたって鋤作業をする事で形成され、その役割は
1.一枚の水田の凸凹のない水平の基礎となり、どの場所でも同じ成育をする元となっています。
2.過度の減水を止める防水層の役目があり、これがなければ漏水田の一因となります。
3.農作業の大型機械化(トラクター・田植機など)の重量を支え、作業中に沈み込む事を防いでいます。

放置や休耕をすると、一年草ならまだしも、宿根草や木本植物(いわゆる木)が繁茂すると、
元に戻そうとしても、その根がどうしても残りやすく、しばらくは成育や作業の邪魔になり、
また防水効果も下がります。

私はまったく違った見方から、「見えにくい、農地が荒れた」を考えます。
それは過剰を基調とした、ハウスなどの塩類蓄積、有機肥料をほとんど使わない農家の散見、リン酸を多用、
畑の少ない酪農地帯などでのカリ蓄積の牧草地など、健康な農地と言えないものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても勉強になりました。
私のような農学素人も少しは農業のことを知らないとだめだなと実感してます。

お礼日時:2002/01/21 18:17

私の場合.荒れた農地を回復させるそれなりの技術を持っていますけど.


畑地と水田では.戻す方法が異なります。

畑地の場合には.表面30cmをほっさくし根を取り除き.堆肥1トン.化学肥料200kg.石灰300kgも入れれば回復します。たた「表面30cm」をほっさくするには.手押し耕運機では.無理でトレンチャー(根菜類を掘るための道具.水道管枝埋没用ほっさく具という法がわかりやすいですか)がバックホー(堆肥運搬用の小型パワーシャベルのような道具)が必要です。畑地は.根を取り除き乾かして(凍結させて)よせれば大体回復します。雑草が多少生えますが.今はグリホザール系除草剤があるので1夏で防除できます。

大変なのは水田です。
まず.表面の草をとりのぞき.水を張り表面をならします。古い水田の場合に.あぜがモグラ穴とか植物の枯れた根とかで.水漏れが激しく.この水漏れを防ぐために何回も水を張り.練り上げ.穴をふさぎます。
水路も多くは土砂が詰まってきれいに流れないので.水がきやすいように.水を抜きやすいように掃除します。稲作の場合に.ある時には水を大量に入れ.ある時には水をきれいに抜く事か必要ですから。
水田の上流で宅地開発とかあると地下水が枯渇しまず.水が不足してふく田は無理でしょう。というのは.水田面に対してある一定の高さになるように水量を管理する必要があるためです。この水面の制御を自由に出来るようになるまで水路の席を作り直したり.でこぼこになった水田の土の高さを調節します。大体これで5年ぐらいかかります。5年もかければ.雑草なども水田に応じた植生に変化してくれますので.なんとか作れるようになります。畦の植生を管理する事がもっとも大変です。というのは.荒れた状態ではどうしても畦が崩れてしまうのです。

今は化学肥料がありますので肥料は.冬に堆肥を入れておけば大体3年で回復します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明けましておめでとうございます。
非常に労力が掛るものなんだなと感じました。
お金も労力もかなり掛りそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/10 18:47

農地というのは,一見自然の風景のように見えますが‥


実は,自然の法則に逆らいつつ自然を利用しているものであるといえます。必要悪としての大きな自然破壊なんですネ。
自然の中で一地域に単一の植物相だけが連続して存在するということは非常に不自然なことなのです。
ですから,実際に活用され続けている農地というのは,自然に戻ることを防ぐために,耕したり,除草したり,播種したり‥といったことをこまめに行なっているのですネ。
そして,そういった努力がなくなると,自然は元に戻そうとするのです。その結果,雑多な植物が発生し,年月を経ると植物相が変化し‥といった自然な状態に戻ってくるのですネ。
それを再び農地として利用しようとすると,新規の開墾と同じような手間隙がかかるのです。
ppooooさんがご存知の連作障害については,また,異なったものです。
連作障害には大きく2つの原因があるかと思いますが‥
最も大きな理由として考えられるのはある種の単一植物群を育てると,土壌に,その植物にとっての有害微生物が増えてしまい,続けて同一植物を育成することができなくなってしまうということがあります。これについては,土壌殺菌や土壌の入れ替え,或いは,別作物への転換‥といった手法がとられていることが多いですネ。
もう一つの原因としては,その植物が土壌の中の特定の養分(ミネラルを含む)を徹底的に吸い尽くしてしまったり,土壌の通気性を極端に悪化させたりすることがあるというものが挙げられます。この場合も土壌の入れ替えやマメ科植物の導入で土壌を肥やすといった手法が取り入れられることが多いですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明けましておめでとうございます。
昨年もたいへんお世話になりました。
ことしもよろしくお願いします。
連作障害と農地荒廃とは無関係ということは一応知っていますが、質問がまずかったためか、少し勘違いされてしまったかも知れません。
スイマセン。

お礼日時:2002/01/10 18:41

一般に農地が荒れるといわれますが、農地には水田、畑、山地に開墾した畑などがあります。

荒れる理由は耕作を止めて放置するためです。放置されるのは過疎化、後継ぎ不在などで止む無く放置される場合と、政府の方針に従い休耕田(水田)として放置される場合です。何年放置すれば回復が困難かデータは持ち合わせていませんが、農地の立地条件にもよります。

農地放置後2-3年後から雑草が茂り始めます。セイタカアワダチソウなど荒地を好む雑草をトップバッターとして、場所によって、ヨシ、カヤ、竹などが侵入してきます。これらの植物が根を張ると、人力や小型耕運機での回復が出来なくなります。また山間部の畑なら10年で雑木に被われ15年もたてば、そこに畑があった痕跡がなくなり、元の山林に戻ります。

水田は数百年間に渡り手入れをされ、有機物が多く、小石のない細かい土と水の管理のためのあぜ道からなる一種の芸術品です。このような芸術品を、政府は補助金を出して農家に耕すなという休耕田政策をとっています。農家は人手不足もあり休耕田策に応じ、水田以外の作物を作って農地が荒れないよう努めているのが現状です。

農業に興味があり、或いは農学校で学んでいるのであれば、山間部の農村を訪ねてください。百聞は一見にしかずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ふむ、なかなかたいへんなんですね。
勉強になります。

お礼日時:2002/01/10 18:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅地・雑種地・農地の固定資産税について

農地・雑種地・宅地といろいろありますが、固定資産税は各地目でどのくらいかわってくるのでしょうか?例えば同じ100坪でも各地目によってどのように固定資産税の比率がかわってくるのか知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>例えば同じ100坪でも各地目
宅地を1とすれば 農地は200~300分の1です。
難しのは雑種地ですね!宅地に出来るのか?それとも原野にしか出来ないのかによっても違います。尚農地であるなら市街化調整区域か市街化区域は関係有りませんよ!相続で農家をして20年間売らなければ 相続税は免除と聞いたことあります。
農家の分家より 

Q【農家の人に質問です】よくテレビで年収1000万円とかの農家さんが出演していますが、あれって年商って

【農家の人に質問です】よくテレビで年収1000万円とかの農家さんが出演していますが、あれって年商ってことですか?

経費を全部取ってまだ1000万円も手元に残るってことですか?

年収3000万円とかの農家の人も出ていますが年商3000万円のことを言ってるのかな?とふと思いました。

農家は儲からないという割に年収が1000万円とか2000万円とか3000万円とかテレビに出てる農家は勝ち組なだけでレアケースってことでしょうか?

農家は儲からないという割に年収が高い理由は年商を年収と言ってるのかなあと思ったので質問してみました。

どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

年収とは、1年間の収入の合計
年商とは、1年間の会社の総売上

ですのでテレビで年収と言っていたのならば
年商ではなく間違いなく年収です合っています。
ただ年収は1000万円かもしれませんが
所得は1000万円ではありません。

所得=年収1000万-必要経費
となりますので実際の所得は、もっと少ない金額になります。

Q家庭菜園をやるために畑を借りるのに農地法は関係ない

自治体に家庭菜園がやりたいと申し出たら、畑を借りればいいといわれました。
借りられるのならもちろん借りたいですが、農地法で借りられないのでは?と思って聞きました。
農業をやる目的で借りる場合は必要だけど、家庭菜園では問題ないと回答をいただきました。

家庭菜園として借りるのなら問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

でたらめな回答ばかりついていますけども、農地法第3条第1項には、「農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。」と定められています。

つまり、農地を貸借する場合には、所有権移転する場合と同様に、農業委員会の許可が必要です。(無許可の農地貸借は農地法違反であり、「三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金」という罰則規定もあります。)

ただし、例外もあって、「特定農地貸付法に基づく市民農園の貸借」は、農地法の適用除外とされています。

この「特定農地貸付法に基づく市民農園の貸借」は、10アール(1000m2)未満の農地を、定型的な条件で多数の者に貸し付けるものです。(農業委員会の許可を得て行う農地の貸借だと、借り入れ後の耕作面積が下限面積(原則50アール)以上にならなければなりません。)

その自治体職員の回答は、家庭菜園程度なら、この特定農地貸付法に基づく市民農園の貸借で十分だろうと考えてのものだろうと思いますよ。

(参考)
愛知県「市民農園制度について」
http://www.pref.aichi.jp/0000050599.html
1 市民農園の沿革
「農作業のために農地の売買や貸借をするには、農地法第3条により、原則として農業委員会の許可が必要です。

この許可を得るには、新たに農地の権利を取得する者が一定規模以上の面積の農地(市町村により1,000~5,000平方メートル)をきちんと耕作することなどの条件を満たすことが必要です。

ところが、都市住民が自家消費用野菜を栽培するための小面積の農地(家庭菜園)を借りる場合は、同条所定の条件を満たすことができないため許可がされず、農地法の「農家経営安定のために農地利用の細分化を防止する」という趣旨と家庭菜園との関係を整理することが必要になってきました。

そこで昭和50年に農林水産省は、開設者が農園で農業を経営し、入園者が開設者の農作業の手伝いをおこなう「入園契約方式」であれば、農地法に違反しないという「レクリエーション農園通達」を出しましたが、これは市街化区域内の農地に限ったものでした。

この通達により都市住民が自ら農作業を行い農作物を栽培・収穫する途が開かれましたが、利用者は農地に関する権利を持たず、あくまでも入園者として農作業を体験するだけであるという農地制度上の限界があり、より安定的な農地利用を求める声が高まりました。

そこで平成元年には「特定農地貸付けに関する農地法等の特例に関する法律(略称:特定農地貸付法)」が制定され、一定の条件に合った農園は、農業委員会の承認を受けて農地法第3条の適用を受けないことが認められるようになりました。

しかし、特定農地貸付法は農地法第3条の適用を除外することが主な目的であり、農地をトイレや休憩施設などの付属施設のために転用することについての規定が設けられなかったので、トイレなどの施設が整った農園を整備することができませんでした。

そこで平成2年に付属施設の整った市民農園の整備促進のために、「市民農園整備促進法」が制定され、農園と付属施設が一体的に整備できる制度ができました。」

でたらめな回答ばかりついていますけども、農地法第3条第1項には、「農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない。」と定められています。

つまり、農地を貸借する場合には、所有権移転する場合と同様に、農業委員会の許可が必要です。(無許可の農地貸借は農地法違反であり、「三年以下...続きを読む

Q750坪の農地を耕す農機具

750坪の農地を取得しました。(野菜)
耕す農機具として最低限必要な農機具を教えてください。
特に、耕す機械の能力等を具体的に。

超素人です。
詳細はこれから勉強です。

Aベストアンサー

農地法の問題はさておいと
7畝半ですと、離農寸前の貧農以下のクラスですので
機械化は不用。贅沢を目いっぱいして
http://www5a.biglobe.ne.jp/~sineikko/23055578/
のクラス(どこかの販売店のサイト研作でヒット)で、こううんとロータリーとばいどが出きること、タイヤの幅を狭く出きること、ロータリーを外してバ゜イト゛ができること、が最低限要求される機能です。
1日がんばれば、3反(30畝)から4反(40畝)は可能でしょう。


石が多い場合には鍬が短くなります。石が少ない場合には桑が長くなります。http://www.toyokuni.net/tosa/kuwa.htm。サイトはどこかの加治屋さん。
ひらくわの27.5cmと書いてある寸法です。27.5ですと短いから石の多いところ用でしょう。石がより多くなると5また、4また、3また(まんのう)と飛び出す棒の数が減ります。関東ロームのさど又はくろぼくどですと、45-50cmのひらくわでなんとかなりますが、粘土質になるとまんのうを使うことになるでしょう。まんのうは、落ち葉堆肥・藁堆肥の移動するときに先に引っ掛けて移動して移動先で落とすという場合に使います。
唐鍬
http://www.bigweb.jp/00005/goods.asp?B01=8
硬い粘土質や石の少ない硬い土の場合使います。

ひらくわひとつあれば作業の困難さはあるでしょうが、できないことはないです。体ができているとして、1日で1反くらい耕せます。できていないと腰痛やら手に豆を作ったりして悲惨です。
楽に行おうと思ったらば鍬の長さ違い(短いのは畦を立てるときに使用、長いのは畦に土を寄せる(じよそう)ときに使用)で各1、堆肥輸送用に5股か4また、石があったときように3又。硬いところ用に唐くわを各1つ。

広義の耕す作業ですが、収穫のときに根を切りながら収穫するときがあります。ごぼう・だいこんなどの場合には、ショベル・スコップ(私のところでは、金属部分が丸まっているものがシャベルで土をさらう道具、まッすくなものがエンピと呼んでいます)を1セット。
http://www.asaka-ind.co.jp/tools/dig/shovel_02.html
四角い角型シュベル(カクスコと呼んでいる)が培養土のちょうせいに使います。
白菜のような場合には、包丁を持って行くときもありますが、鉈鎌と呼んでいる細い木を切断することができる鎌で根を切るという作業を行います。刃が重くて使いにくいので草を刈るときにはうすでの草刈鎌を使います。だがやすというのであれば必要かもしれません。
http://www.ns-2.co.jp/jyosou_kusatori/index.htm

作付けする物、土壌によって「最低限必要」な範囲は大きく変化します。
また、体力がなく体ができていない方ですとこううんきが必要になるかもしれません。
手作業で行うのであれば、全部買ったとしても安物を優先的に選べば1-二万円で使用。安物を使ってみて壊れたらば、適切なものをみつけてください。初めて行うのであれば、とにかく安物を選択して、壊れるまで使ってみて、その後でどこが良いのかを検討すれば大体なんとかなるでしょう。

農地法の問題はさておいと
7畝半ですと、離農寸前の貧農以下のクラスですので
機械化は不用。贅沢を目いっぱいして
http://www5a.biglobe.ne.jp/~sineikko/23055578/
のクラス(どこかの販売店のサイト研作でヒット)で、こううんとロータリーとばいどが出きること、タイヤの幅を狭く出きること、ロータリーを外してバ゜イト゛ができること、が最低限要求される機能です。
1日がんばれば、3反(30畝)から4反(40畝)は可能でしょう。


石が多い場合には鍬が短くなります。石が少ない場合には桑が長くなり...続きを読む

Qサンプル土を送って土壌分析する業者を教えて下さい!

今度購入した中古住宅の宅地の一部を耕して畑にする予定があり、前所有者がその土地をいかに使用していたかが不明なため、土壌にカドミウム、ヒ素や農薬などの有害物質が含まれていないか確認したく、土壌のサンプルを送って含有分析をしていただける業者を探しております。
手ごろな価格でしっかりした分析をしていただける業者をご存知の方、お教えください。

Aベストアンサー

それぞれの都道府県にある、財団法人の「薬剤師会検査センター」に依頼されたらどうでしょうか。
手ごろな値段かどうかは分かりませんが、しっかりした分析はしていただけるはずです。

ちなみに「建設物価2011.11月」では、以下のような試験単価(1検体)が示されています。

・分析項目、含有量試験、溶出試験
 カドミウム、4,000円、3,100円
 六価クロム、4,000円、3,100円
 砒素、4,900円、4,000円
 有機リン、13,500円、9,900円
 PCB、22,500円、18,900円
 ダイオキシン類、120,000円、100,000円(高っ!!)

これに間接費、諸経費、消費税が入ってくると思います。

参考URL:http://www.naganokenyaku.or.jp/modules/kcenter_top/

Q農地改革による小作農の自作農化

戦後の農地改革は、第一次の不徹底なものから第二次のより徹底的な改革によって、全国の小作地の80%がそれまでの小作農に開放されました。内政的には、安価な労働資本としての耕作者の使用を避けるという政治的、人権的意義もあったようですが、その零細性が考慮されることはなく、戦後の兼業化は必然的要素としてすでに内包されていたという問題点もあるようです。

前置きが長くなりましたが、改革後も小作料という規定があり、これはわずかに残った小作人の土地賃料だと思いますが、第一次では金納および物納、第二次では金納のみとなっています。小作人の解放という点でこの変化にどういうメリットがあったのか、分かりません。物納も認めたほうが、むしろ小作人に有利な気もするのですが、そのあたりの事情についてご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

主要な農産物は食糧管理制度でほぼ強制的に政府に売り渡すことが農家は義務付けられていました。農家は耕作面積により売り渡し数量が決められていましたしたがって収穫した作物を勝手に売買や贈与の出来ない制度になっていました。そのころはコメの価格も高くコメを売ってから小作料を払う方が有利でした。農家で余剰なコメは闇米として高値で取引され価格は政府の売り渡し価格の数倍で取引されていました。しかし実際にはコメの現物での支払も行われていたようです。コメと麦は最近まで食糧管理制度で流通や価格まで政府が管理していましたから小作料の現物支払は違法になります。農地の貸し借りも農業委員会えの届け出が農地法という法律で義務付けられていましたし小作料も標準小作料として決められていました。この地代もコメ1俵程度でした。農地法が農地の貸し借りを抑制することになり規模拡大の障害になったともいわれています。

Q農地の売買について。株主総会と農業公社。

現在、当方が所有する農地(田んぼ)を売買する予定です。
すでに買い手も決まっており、買い手の希望により売買には農業公社を間に入れる予定です。

そこで質問なのですが、農地は株主総会にかけないと売買出来ないものなのでしょうか?

また、農地を農業公社を通して売買した場合、税金が控除されるメリットと、売却金の入金が遅いというデメリットは知っているのですが、その他農業公社を通して売買した場合のメリットやデメリットはありますでしょうか?

それと、農業公社の人はかなり態度が悪かった(言葉づかいや口調がかなり悪く、急かすように話をしてきました)のですが、農業公社とはドコもそんなものなのでしょうか?


解答お待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず農業公社には2種類あります。
市町村農業公社は市町村,農協などが出資し,農林水産業関連の業務を行う第三セクター。
農地保有合理化法人の指定を受けて農地保有合理化事業を行う財団(社団)法人。

税金が控除されるなどのメリットは農地保有合理化事業であり、農地保有合理化法人の指定を受けていなければなりません。(手続きは農業委員会を通じておこないます)


>農地は株主総会にかけないと売買出来ないものなのでしょうか
そもそも、例外的に農業生産法人として株式会社形態が認められていますが、農地を一般の株式会社が所有することは認められていません。
したがって、株主総会と農地売買の直接的な関係はありません。

>農業公社を通して売買した場合のメリットやデメリットはありますでしょうか?
書類の作成などは公社が行い特別なデメリットはありません。売却金の入金は権利移転後すぐに入ります。
ただし、農業公社とは言っても農地保有合理化法人の指定を受けていない公社は税の特別控除がありません。
一覧をリンクしておきます
農地保有合理化法人指定の農業公社
http://www.nouchi.or.jp/list/list2.htm
農地合理化法人指定の市町村
http://www.nouchi.or.jp/list/list4.htm
農地合理化法人指定の農協
http://www.nouchi.or.jp/list/list3.htm

>農業公社の人はかなり態度が悪かった
農地保有合理化法人の指定を受けている農業公社であるとしてお答えします。
<言葉づかいや口調がかなり悪く>
農業委員会との関わりで、財団法人などの法人形態を取っていても、実質は公務員と同じような存在です。
自治体職員は「お上」感覚が目立たなくなりましたが、現業部門や関連法人では批判を受けることが少ないので横柄であったり命令口調の職員がいる事があります。

<急かすように話をしてきました>
売買や貸借などに関して農業公社を利用する件数が少なく実績が上がっていません。そのために農業公社を存続(職員の整理をさせない)のために、少しでも取扱件数を増やさなければなりません。
また、売買価格の1%(買入協議の場合は買入れのみ2%、)の手数料があるので、売買は公社の収入源の一つです(貸借の場合は無料)。
急かしてでも確実に契約をさせたいのはそのためです。


なお、
農地保有合理化法人指定の農業公社は、農業経営の規模拡大や労働生産性の向上を目的に設立されており、農用地等を買入れ又は借入れ、営農意欲の高い農業者等へ売渡しや貸付けすることのできる公的な機関です。
売買や貸借は、原則として農業委員会の「あっせん」等により行い、農地法第3条、又は市町村の「農用地利用集積計画」により行います。

まず農業公社には2種類あります。
市町村農業公社は市町村,農協などが出資し,農林水産業関連の業務を行う第三セクター。
農地保有合理化法人の指定を受けて農地保有合理化事業を行う財団(社団)法人。

税金が控除されるなどのメリットは農地保有合理化事業であり、農地保有合理化法人の指定を受けていなければなりません。(手続きは農業委員会を通じておこないます)


>農地は株主総会にかけないと売買出来ないものなのでしょうか
そもそも、例外的に農業生産法人として株式会社形態が認められてい...続きを読む

Q農地への汚染対策

他者の田圃に多量の汚染物質をこぼしてしまいました。田圃の埴土を取り除いて、他の遊休農地となっている田圃の埴土で埋め戻そうと思うの
ですが、農地法や農業委員会の許可等、法的な規制があるのでしょうか?また、他の埴土ではなく、粘土質土壌で埋め戻すことが可能な
のでしょうか?全く、農業に携わっていない者なので、お教え下さるよう願います。

Aベストアンサー

農地法では所有、小作、転用には制限がありますが災害復旧については記述はないと思います有害物質を封じ込めるために土盛り等をする場合は農地法の許可が必要になります。農業委員会か県の耕地課に聞いてください。汚染除去のために保健所等と協議しなければならないと思いますから指導があるはずです。農地を掘り起こしても水田土壌なら耕作する上ではざほど問題はありませんが埋め立てる時によほど良く転圧しないと作業の時に支障が出ますし休耕地の土壌を使用すると雑草が大量に発生します。水田は掘り起こして埋め立てると排水性が低下しますし土壌の地力が回復するためには相当の期間がかかりますからそれなりの補償が必要でしょう。

Qアーモンド種子の発芽特性

お世話になります。
記念樹として育て始めたアーモンドの種子がそろそろ収穫時期になってきました。
このアーモンド種子から苗を育ててみたいという要望があり調べたのですが、
通常、2月ぐらいに3日間水につけ、鉢植えで育てるようです。
しかし、乾燥保存している種子が対象のようで、今回のように生?種子の場合の
事例が見つかりませんでした。
秋播きの事例をお持ちの方やアーモンド種子の特性(休眠後の発芽特性があるとか)を
ご存知の方がいらっしゃればお教え願います。
昨年は椿の実生から半年かけて発芽させ、やっと苗のレベルになりました。

Aベストアンサー

ここならどうでしょう。(^^♪
上手く育つと良いですね。

参考URL:http://www.toyonut.com/garden/syukaku.html

Q農地からの窒素溶脱

農地からの窒素溶脱というものがあります。
その内容というものは、細かく言うとどういったものなのでしょうか?
硝酸態窒素溶脱量のみで考えてよいのでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。
 家で探しましたが、肝心なときにどっかいってしまった‥

 アマゾンで調べたら、確か、↓だったと思います。

地下水の硝酸汚染と農法転換―流出機構の解析と窒素循環の再生 自然と科学技術シリーズ
小川 吉雄 (著) 農文協

 細かい分析方法などが載ってるわけではありませんが、畑での大づかみな状況が書かれていたと思います。検索のきっかけになればと思います。


人気Q&Aランキング