マンガでよめる痔のこと・薬のこと

たぶん、アフタヌーンだったような気がします。(それも定かではないのですが…)5~6年位前(これもあいまいです)に掲載された作品で、新人賞か何かを受賞しての読みきり掲載でした。主人公は高校生くらいの少年で、何かのきっかけで知り合った同じ学校に通う少年(同じクラスに編入してきた?)のことを好きになります。好きになった少年というのが、一方の手が小児麻痺により不自由で、そこに魅かれていた、という感じなんですが…かなり精神的なものをサイケデリックに描写していて、すごい新人が現れたなあと期待したのですが、その雑誌も今は手元になく、後悔しています。この作者の方は今も現役で活躍されているのでしょうか…とても気になっています。どなたかご存知の方、もしやこれでは?とお思いになる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。これだけの情報量ですみません。

A 回答 (1件)

ひぐちアサの「ゆくところ」ではないでしょうか?



「家族のそれから」という単行本に収録されています。

参考URL:http://www.geocities.jp/kassouki/hondana2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさか、こんなに早く解決するとは思ってもみませんでした…初めて質問させていただいた初心者でしたので、驚きとともにとても感激しています。ありがとうございます!!そうです、この作品です!主人公の「小泉」という名前を思い出しました!ひぐちアサさん、野球漫画なんかも描いてらっしゃるんですね、現役でご活躍されているようでとてもうれしいです。さっそく購入して読みたいと思います。迅速なお返事、(回答は質問直後にいただいてたんですね、ありがとうございます!)本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/02/07 19:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング