こんばんわ。
雑誌の出版リストを作っているのですが、雑誌名と出版社が並んで表示される
サイトがありません。
すぐに使いたいので教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:2002/01/09 14:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雑誌名と出版社を知りませんか?

10年くらい前の、平成7年頃に読んでいた雑誌なのですが正確なタイトルがわかりません。

「私の部屋」 といったような感じのタイトルで、隔月ででていたと思います。平均的な雑誌の価格で¥400~¥500くらいだったと思います。

現在学研から出ている「私の部屋づくり」は¥1000くらいするので違うものだと思うのですが・・

どなたか知っている方、いらっしゃいませんか?
情報お願いします。

Aベストアンサー

「私の部屋」婦人生活社から出ていましたね。

婦人生活社自体が自己破産してしまいました。

下記URLに写真が残っています。

お探しの本だと良いのですが。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/anamon/mokuroku-fashion%5Ekatei-kurashi.htm

QROCK AND READという雑誌の出版社を教えてください

ROCK AND READという音楽系雑誌の出版社が知りたいです。どなたか教えてください。
3/28に発売予定です。

Aベストアンサー

TOKYO FM出版みたいです。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1081837

Qアメリカの雑誌、新聞の出版社に関する質問です。

読みたい記事があり、アメリカの新聞『The New York Times』とアメリカの雑誌『The New Yorker』を探しているのですが、なかなか見つかりません。出版社、もしくは発行所を教えていただけないでしょうか。
公式HPも見たのですがよくわからなかったのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「The New Yorker」は、例えば下記のように輸入代行してもらるようです。
http://www.a-mag.com/

「The New York Times」は、大きな書店や図書館の洋書コーナーでも、置いているところがあると思います。

Q出版社より、投稿した作品を有償出版しないかと勧誘

先日、妻が某出版社のホームページで見つけた出版コンテストに投稿した結果、選出はされなかったものの、出版社より有償にて出版しないかと持ちかけられています。
一定期間は全国規模の本屋にも陳列されるとのことですが、製作費用は100万円を超えることから、慎重に判断したいと思いますが如何なものでしょうか?
うまく売れ行きが伸びれば良いのですが、結果、大半が売れ残り、当初の製作費100万円と、大量の在庫を残すことが心配です。また、この様なコンテストでは、投稿した方の多くに持ちかけられているのでしょうか?経験された方、出版関係に詳しい方のご返事、お待ちしております。
最後に、仮に出版できたとしても、利益を求めることは望んではおりませんが、何とか商法とかではないのか心配です。

Aベストアンサー

一応、全国規模の書店にも置いてもらえます。
ただし、あくまでも「置いてもらえる」だけでしかありません。本屋の片隅にある「自費出版コーナー」などに置いてもらえる、というだけです。
質問者さんでも、奥様でも良いのですが、自分が本屋にいったとき、隅から隅まで見て回りますか? まして、「全国規模の書店」というのは、大型書店などが多くなるわけですが、そうすれば、ますます、見てもらえる可能性は低くなります。ですので、「置いてもらえたものの、全く売れない」という可能性が高い、と思われます。


個人的には、お勧めできません。
自費出版に限らず、出版社が利益を見込んで販売した本の返品率というのがどのくらいかご存知でしょうか?
細かい説明は省きますが、書籍は再販制度という制度があり、売れなかった書籍は本屋から取次店に返品をすることが出来るのです。そして、その返品率は40%を超えているのです。
つまり、本屋に並ぶ本の40%は、「売れないもの」として返品される運命を辿っているわけです。それを考えれば、自費出版は……と考えざるを得ません。

さらに、個人的に疑念を抱くのは、そういう自費出版の出版社がどの程度の編集などをするのだろうか? という点です。
少し前に大ヒットした自費出版の小説に『リアル鬼ごっこ』というものがあります。著者の山田悠介さんは、それで人気作家となり、様々な作品を出しています。自費出版から、の作家としては例外的な存在といえるでしょう。
ただ、その『リアル鬼ごっこ』が問題なのです。この小説、物語の構成とか、色々とツッコミはされていますが、その最大の問題は「日本語になっていない言語」です。詳しくは検索でもしていただければ、と思いますが、まともに校正すらされていない、と疑わざるを得ないレベルです(この作品の場合、その滅茶苦茶さが、話題になったのですが) そういうのを考えると……と思うのです。

一応、全国規模の書店にも置いてもらえます。
ただし、あくまでも「置いてもらえる」だけでしかありません。本屋の片隅にある「自費出版コーナー」などに置いてもらえる、というだけです。
質問者さんでも、奥様でも良いのですが、自分が本屋にいったとき、隅から隅まで見て回りますか? まして、「全国規模の書店」というのは、大型書店などが多くなるわけですが、そうすれば、ますます、見てもらえる可能性は低くなります。ですので、「置いてもらえたものの、全く売れない」という可能性が高い、と思われます...続きを読む

Q雑誌の出版とその表示時期について

以前から気になっていたのですが、雑誌を買うと、3月に買っても今月号とはいえ雑誌の表示は4月号になっていたりします。これはなぜなのでしょうか?月刊誌に多いような気がしますが、週間発行のものや毎日発行の新聞などはその日のものがその日に販売されているので、なぜだかとても気になります。どなたかご存知の方、ご指南いただけますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 出版関係者です。過去問にも理由が列挙されていますが、
そのほかの理由として大事なのは、その号がいま発売中の
号だとわかりやすくするためです。

 たとえば3月号を例に取ると、毎月1日が発売日でない限り、
4月まで棚に置かれることになりますよね。すると3月中盤を
過ぎるころには、読者が「 この号は最新号なんだろうか? 」と
疑問を抱いてしまいます。読者だけでなく、書店スタッフでさえ
そうでしょうね。

 ですが、3月に4月号が置かれていれば、直感的にそれが
最新号だとわかりますよね。週刊誌も同様で、たいていの週
刊誌は2週先の日付を号数にしていますが、これにより最新
号であることがひと目でわかるのです。

 それに対して新聞は日刊なので、その日の日付さえあれば
それが最新号( というか、今日の号 )ということがひと目で
理解できます。ですので、雑誌とは表記が異なるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報