旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

現在、主人の入院保険に特典として、私も保証される保険に入っているのですが、保険を見直そうかと思っています。
主人の保険は月7000円で、私の特典が月3000円で、計一万円、月に払っています。
が、私も仕事をしていますし、年間で10万を超える保険料を払っていると控除対象になると知りました。
だったら、月額1万程度の保険に別で加入したほうが、いいのかな?って思い始めました。
ちなみに私は派遣社員で、子供ができるまでは仕事を続けようと考えてますが、今年いっぱい働いているかどうかはわかりません。
控除を受けるとなれば、一年間ずっと働いていないといけないのでしょうか?それとも辞めても自分で確定申告すれば、控除を受けられるのでしょうか?
それで、控除額は収入によっても変わってくるのですよね?去年の年収は260万くらいだったのですが、これだと年間保険料で10万を少し超えたくらいで、どれくらい、戻ってくるのでしょうか?

それと、5年とか10年とかで保険を使わなければ、ボーナス金として戻ってくる保険がありますが、あれはお得ですか?ボーナス金や年末調整で控除されて戻ってくることを考えれば、かなりお得な気がするのですが、いかがでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1です。


終身保険とか養老保険ってやつで、いつ解約してもってわけではなく、一定期間(長期間)継続しないとダメで、どの時点で払込保険料を超えるかは実際に設計してもらわないと分からないです。
個人的に思うデメリットとしては、
・定期保険と比べ保険料が高い
・現在予定利率が過去と比べ低い(高いほうが保険会社が破綻しない限り得)
・長期間継続しないと損
・保険会社が破綻すると補償も返戻金も予定を下回る

>掛け捨てだったら、戻ってくるわけないですよね???
専門家じゃないので詳しくは分かりませんが、掛け捨て(=定期保険)の部分は通常戻ってきません。もし終身保険+定期保険+特約の保険でしたら、終身保険部分には通常解約返戻金があります。
解約返戻金があるなら保険証券or保険設計書に書いてあるのではと思います。
    • good
    • 0

#1です。


>#2さんのお礼欄より
>この計算方法、間違ってますか?

控除の意味がちょっと違います。
生命保険料控除の5万円とは、5万円戻ってくるのではなく、所得税を計算する元の金額(課税所得)を5万円引くというものです。
質問者様の場合、所得税率は10%だと推測されます。
よって、(課税所得-5万円)×10%=5千円、余分に戻ってくる計算になります。
ので、その例でいくと、
120万円払い、合計5万円所得税が戻ってきて、100万円のボーナスが戻ってくるので、15万円分の費用になるイメージです。
(税制変更、収入上下による所得税率変更、住民税非考慮)

ちなみに控除を考えなくても、死亡保険のみの保険でしたら払込保険料を超える解約返戻金の保険は可能ですよ。得かどうかは別ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちなみに控除を考えなくても、死亡保険のみの保険でしたら払込保険料を超える解約返戻金の保険は可能ですよ。得かどうかは別ですけど。

そうなんですかぁ~?
大体どこの保険でもですか?それって、得じゃないですか?万が一の保障があって、いらないなと思えば、解約できて、払った額以上に戻ってくるなら。
まぁ、貯金みたいなものと考えて。

現在、掛け捨ての死亡+入院保険に加入していますが、こういう場合も、解約したら、少しはお金戻ってきたりするのでしょうか?

掛け捨てだったら、戻ってくるわけないですよね???

お礼日時:2006/02/07 17:16

共働きをされているのであれば、旦那さまと奥さまは


それぞれ個別に保険に加入された方がいいと思います。
税金関係は#1さんが詳しくご回答されていますので省きますが、
今の状態で旦那さまにもしものことがあった場合
奥さまは無保険の状態になってしまいます。
配偶者特約は支払う金額が少ないことがメリットですが
そういうもしもを考えると心許無いものです。
まして奥さまも働いていらっしゃるとのことですし、
ここは別立てでのご加入を検討されることをお勧めします。

一定期間の支払いでボーナスが戻ってくるタイプのものは
考えようによってはいいかもしれません。
保険料と同じ金額を毎月貯蓄していても、
つい引き出しやすさからなかなか貯まらないということがあります。
その点、保険だと毎月必ず引かれて、引き出せません。
保障がある分、貯蓄と全く同じと言うわけにはいきませんが
確実に一定額を溜めることの出来る方法として利用すると
割り切って考えることも出来ます。
旅行や大型家電の購入などをボーナスの時期にあわせて考えられるので、
一概に「むだな部分」とは言い切れないと思います。
私も上記のような理由でボーナス付きに入っていました。
女性にとって「ボーナス」は魅力の一つだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険を入るときに、一緒のものだと主人のもしもの時に保険がなくなる・・・それはわかっていて入りました。
そのときはこんなに長く働くとも思っていなかったので、いいかなぁ~位の気持ちでした。

ボーナス特典付きのいい点って、保険料は高めだけど、控除のことを考えると、半分くらい戻ってくるのであれば、何かあったときには保険も使え、何もなかったときは、お金が戻ってくるのでいいかなぁ?って思いました。
控除を考えると、戻ってくるお金は、支払額以上のものもあるのでは?と思います。

例えば、月一万の掛け金で10年後に100万戻ってくる保険がありました。
10年での支払いは120万で、年間控除が5万とすると、10年で50万控除で戻ってくるわけですよね?
だったら、10年間で70万の支払いで、100万のボーナスが受け取れる・・・・ということは、保険付きで30万の儲け?????

この計算方法、間違ってますか?

お礼日時:2006/02/07 14:42

>年間で10万を超える保険料を払っていると控除対象になると知りました。


違います。所得税では年間10万円以上で5万円の控除となります。10万円未満でも控除対象になります。金額によっての計算式があります。住民税では7万円以上で3.5万円がMAXです。

>辞めても自分で確定申告すれば、控除を受けられるのでしょうか?
受けられますよ。ただし収入が少ないと控除する意味が無くなることもありますが。

>控除額は収入によっても変わってくるのですよね?
控除額は変わりません。所得によって税率が変わるのです。
年収は260万くらいで大きな所得控除が無いのでしたら、所得税10%、住民税5%になると思うので、年間10万円以上払うのであれば所得税5千円、住民税1750円の節税になります。

>ボーナス金として戻ってくる保険がありますが、あれはお得ですか?
考え方次第です。私はお得とは思いませんが。。。
簡単に説明すると、ボーナスを受け取るために保険部分とは別に保険料を払っているのです。
保険は入院や死亡に備えるものです。無事な時に保険金がおりる必要ないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング