この質問は、「日本の産業構造」をコンサルとSIという切り口から見てみたいという興味に基づいてのものです。

今やコンサルティングとITは切り離せない関係にあると考えています。
となると、気になるのは両者の間の賃金水準の違いです。システム構築にはSEやプログラマーが不可欠ですが、そういった役割をコンサルティングファームの正社員で賄うのはコストパフォーマンスの点から難しいだろうと思います。

各コンサルティングファームは、例えば概要設計の後などのタイミングで、どこかのシステムベンダーに構築を依頼(外注)していると思うのですが、(特に外資系などは)情報子会社という「グループ内の業務部門」を持っているように見えません。
案件ベースで大手システムベンダーと協業することもあるかと思いますが、支出を落とすためにもいずれかの中小システムベンダーと懇意にしているのではないかと踏んでいます。

・上記推論が正しいかどうか
・正しいとすれば、下請けするSI企業の規模
・役割分担の程度(どのレベルの設計までをコンサルファームが手がけ、どのレベルからを下請け企業が負うのか)

これらについて知識を分けていただきたく。業界にお詳しい方のコメントをお待ちしております。
デロイトトーマツ、accenture、PwCCと言った会計系、キャップジェミニやアーサーアンダーセンと言った戦略系それぞれについて分かれば大変嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どちらかといえばSIベンダーよりの19inch_rackです。


コンサルファームとの協業経験も少しだけあります。
以下、主観と経験に基づき回答いたします。

まず上記の推論ですが、大筋間違いないというのが私の感想です。
ただ、支出を落とすために中小システムベンダを・・・というのは
やや苦しいと思います。それはなぜか?
1.コンサルファームはそれこそ多種多様なコンサルを受けるわけで、
  その問題解決に固定した中小SIベンダーで対応できる可能性は低い。
2.特にSIによる解決を目指す際には、クライアント側にもノウハウがある場合が多く
  コンサル力の発揮のために、SIベンダーのブランド力を味方につける場合が多い。
3.コンサルティングフィーと比較すれば、SIベンダーの大小はコストパフォーマンスに差が出ない。

というわけで、大手のSIベンダーと提携するケースが多いというのが私の感想です。

また、役割の分担としては要件定義・新業務フローの策定・システム化への
落とし込みまでがコンサルファームまで行い、基本設計書からはSIベンダーが
行うのが一般的ではないでしょうか?大手であればあるほど上流工程から
プロジェクトマネージャ(SIベンダー)が参加してくると思われます。

但し、一部のIT系コンサルティング会社は自前でプロジェクトマネージャを
用意できますので、そのときのSIベンダは単なる下請け止まりですね。

以上です!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、上記1~3のご指摘には納得です。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/09 13:13

ご質問とは全く関係のないコメントで恐縮ですが・・・。



 キャップジェミニは、アーンストアンドヤングと合併し、R/3の導入等も手掛けているようなので、「戦略系」と呼ぶのは適当ではないと思われます。
 また、アーサーアンダーセンは「会計系」というのが一般的な業界の認識であると思います。

 もちろん、最近は「戦略系」とか「会計系」といったくくりがますます曖昧になるボーダーレス化が進んでおり、こういった区分が意味を失いつつあることはご存知かもしれませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の認識がずれている部分もあるようですね。ご指摘ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/09 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外資系OL(派遣じゃない本体採用)と聞くと?

人気企業に上位にランキングされている外資系の派遣じゃない本体採用のOLです
一般職の為年収は400万~600万で頭打ちです

最終学歴は4大卒&業務上必要な英語力と資格を多数持っている程度で
仕事は現在までノーミスノークレームでやってきました

しかし外資系というとゴールドマンサックスなんかだと凄いってイメージありますが
私はゴールドマンサックス勤務ではないです

世間一般では外資系OLと聞くとどう思うんでしょうか
私は現在小売業に勤務しているお兄さんに片思いしているのですが、
お店の店員さんってお客さんが外資系OLと聞くとどう思うんでしょう

Aベストアンサー

すごくカッコイイです。
自分の生活を謳歌してそう、お金ありそうというイメージです。

Qコンサルティングファームのビッグ4ってどこですか?

皆様のお知恵を拝借させてください。

現在、転職活動をしています。
コンサルティング業界について調べているのですが、
よく聞く「ビッグ4」とはどこファームのことなのでしょうか。
どうやら、
 ・マッキンゼー
 ・ボスコン
の2つが入っていることは確実なようなのですが、
それ以外の2社が調べてもわかりませんでした。
 ブーズ・アレン?
 デロイト・トーマツ?
 A.D.リトル?
 ATカーニー?
もしかしたら、別のファームかもしれませんが…。

Aベストアンサー

戦略系を志望されているのだと思いますが、コンサルティングファームでBIG4といえば会計系のファームのことではないでしょうか。

参考URLのページも見てみてください。

参考URL:http://www.consultantnavi.com/archives/cat_579510.html

Q(新卒採用)外資系商社、外資系海運

外資系商社、外資系海運の企業に入りたいと思ってます。
理由は若い内から努力をしたいと考えているから、
そして自分の英語力を活用したいからです。
しかし外資系の商社や海運の企業の情報をネットで
検索しても、あまりヒットしません。
新卒で外資系商社や海運の業界に入る人は
どういった経緯で内定を得ているのでしょうか?
日系であったら非常に多くの情報があるのですが・・・

外資系商社、もしくは海運の企業のリストが
載ったサイトみたいなものや、
新卒の採用活動をしている外資系企業の情報
をご存知の方いらっしゃいましたら
どんなものでも結構ですのでどうか教えてください!

Aベストアンサー

大手の就職支援サイトでも情報はありませんか。

そもそもが、新卒採用はほとんどないと思いますが。
キャリア・スキルがある人をヘッドハンティングすることが多いので。

Qコンサルファームのお仕事について

私の印象だと、戦略系=紙ベースで終了。
会計系=その次の段階にシステム絡めて云々(実務)というイメージがあるのですが、
(1)会計系の中に”業界コンサル”とか”業務コンサル”というのがありますよね。その方たちは何をされる方なのでしょうか??
(2)戦略系は問題抽出→解決手法をレポートというところで終了なのでしょうか?
 その後の実行フェーズにはほんとに全くノータッチなのでしょうか?
(3)もし、ノータッチなら実行は誰がやるの?社内の人間のみ??

以上3点ほど、出来たらコンサルタント経験がおありの方ご指導ください。
端的で申し訳ありませんが、是非にお願いします!!

Aベストアンサー

まずおおざっぱに、経営戦略→戦略遂行の業務プロセス・システム→そのプロセス・システムの運用(実務)という流れがあるのですが、その「主要対象」が、戦略系は上流、会計系は中流・下流にあります。

そこで貴方のご質問ですが、
(1)”業界コンサル”はある特定の業界、例えば、小売り業界とか金融業界とかを対象とし、”業務コンサル”は文字通り、業務プロセスの改善、業務システムの設計、場合によったら運用などを行うと考えてよいでしょう。
(2)戦略系の仕事の中核は、あなたのいう解決手法だけでなく、そのさきの「解決案」の提言までですが、当然それが実行されることには大きな関心があり、実行されるように、いろいろの提案をしたり、大事なのは、実行する気になるように、顧客を戦略策定の過程に巻き込んで、一緒に考え、”当事者”になってもらうことです。実際実行されているかもチェックします。
(3)したがって、このご質問の直接的回答は、社内の人ということになりますが、(2)の過程があることが大事です。ポンと”紙”(レポート)を渡しておしまいというわけではありません。

Q外資系の日本人採用担当者にも英文履歴書は必要?

迷っているので、よろしければアドバイスお願いします。

外資系の会社に履歴書、職務経歴書を送る事になりました。
採用担当者は日本人なのですが、「外資系」なだけに英文履歴書は送った方がいいでしょうか?
でも、特に指示はありませんでした。

<送るか迷っている点>
・特に「英文履歴書送付」との指示がなかった
・採用担当者は日本人
・送ったらアピールになるのかもと思う反面、以前、他社の面接で積極的にアピールしたら「勝ち気だ」と言われた(外資系ではないですが)ので、今回もそう思われたら・・・


「特にいらないのに・・・・」と思われたらと思うと、指示のあったもの以外を送ることに少々抵抗があります。

できるだけ、明日中に送ろうと思っています。
些細な事ですが、迷っているのでお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

その採用担当者に必要かどうかを電話で問い合わせることは出来ませんか?採用に関して送付する書類については,キチンと確認してから送付されるに越したことは無いと思います。実際採用担当をしていましたが,確認の電話を貰ったこともありますよ?

採用試験や書類送付などは,結構ナーバスになりますよね。
心配が心配を呼び・・・ドキドキしますよね。

問い合わせの電話をしたからといって,即刻不採用になることは殆ど無いと思いますので,余程のお悩みなら,電話してみるのが1番だと思います。

Qコンサルティングファームについて

コンサルティングファームを設立しようと思います。資金の流れ、経営の仕方、顧客の絞込みなどについて詳しく教えてください。

Aベストアンサー

コンサルティングファームとは何をするところですか。企業に対して資金運用・経営の仕方・顧客の囲い込みを指導するところです。

Q有名外資系企業の本体採用どんな会社イメージ?

有名外資系企業の本体採用です
学歴は日本の4大卒と最低限、語学はビジネスレベルで他にも資格を多数所有多外国語も教養レベルあります
ハーバードでMBAとかがわんさかいるようなので自分はレベルが低いと思いますが、前向きに行こうと思っています。
世間一般では外資系OLってどんなイメージをおもちなんでしょうか
私の好きな人は小売業のお店の店員さんですが、彼の方が高学歴でイケメンです(キャー)
お店にはずっと通いたいので1ファンとしてとしか接触できないのですが
お客さんで有名外資系OLって聞くとどう思うんでしょうか

Aベストアンサー

あなたは高学歴でイケメンな彼にピッタリな才色兼備なんでしょうね。
頑張ってね。

Qコンサルティングファームの営業人件費

お世話になっております。
立ち上げたばかりの、人材開発を中心としたコンサルティングファームを経営しております。売り上げ向上のため、営業を外部委託しようと考えていますが、営業マンの人件費として、期待する売り上げの何%くらいを見込めばよいものでしょうか?是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

お尋ねの件、営業外部委託の時の契約形態にもよると思います。

歩合制にされるイメージでしょうか? また何らかの定額制の要素が入るでしょうか?

---

またクライアントからの収入形態はどうなるでしょうか?

プロジェクトbyプロジェクトで金額が変わるか、それとも顧問制のような形で定額的な収入形態となるでしょうか?

この点にも左右されるかと思います。

---

これらを鑑みると、
売上に占める比率を考えるよりも、

いくらぐらいの単金の優秀な営業マンを何人、どれぐらいの時間拘束するか、そしてその委託先のエージェントにいくら手数料(販管費)を支払うか、

という積上げで考えたほうがよいように思いますが、いかがでしょう?
(営業を委託される、派遣会社等の立場からのアプローチで考えたほうがよいかもしれないのでは?? ということです・・・)


以上、何らかのご参考になる部分あれば幸いです。

Q外資系OLで本社採用の嘱託社員って?

有名外資系企業の本社採用本体採用の嘱託社員は憧れられないですか?
また日系の中小の事務員さんのお給料ってすごく低いって聞くんですけど、それは経営者ががっぽりだからなんでしょうか
日系企業は経営者、経営陣のみ儲かる仕組み?

Aベストアンサー

憧れは人によります。逆に証券や株は軽蔑される傾向です。
日系、外資も儲からない会社は給料低く、外資は即首です。

Q戦略系コンサルとSIerの違いとそれぞれの強み

現在コンサル系の業界研究をしているのですが、
タイトル通り、戦略系コンサルとSIerの違いとそれぞれの強みは何でしょうか?

Aベストアンサー

戦略系コンサル:
コンサルティングが業務の中心です。
ただ、コンサルティングというのは企業(クライアント)から見た場合、「戦略策定支援業務のアウトソース」といった位置付けなので、
どこまで企業から評価・信頼を勝ち取るか、というところがそのコンサルファームの強い弱い、得意不得意につながってきます。
また最近では、企業の財源も十分ではなくなってきていることもあり、こういったコンサル会社の多くも、ベンチャーキャピタルetc. 様々なビジネスモデルを模索している、といったところではないかと思われます。

SIer;
システム導入が業務の中心で、コンサルはその上流部分にあたる業務となります。
システムを扱っていることは強みにも弱みでもあります。システム構築・運営・保守は一定の収入を定期的に得やすいビジネスモデルですので、その意味では戦略コンサルよりも収支基盤としては安定しているといえるかもしれません。
その反面、システム導入先でないところを顧客にしにくいなど、独立性という意味で若干の足かせがあると考えられることも事実です。


いずれにしろ、allisnaさんが、そういった仕事につかれた後にどうしていきたいか、そこが1つのポイントかもしれません。
比較的高給がとれ、最初から企業のそれなりのポジションの人とやりとりが出来る分、そのあとの”仕事の伸び”というところが課題としてクローズアップされてきます。これには、「他者と協調しつつも、自分のチカラでどこまで出来るか」というところがポイントになってきます。


上記に触れさせていただいた「違い」に関する1つの見方から、allisnaさんご自身で、どこまでこの両者の違いを深められるか、そしてご自身への適性を見極めていけるか、というところが、1つのカギになるかもしれませんよ。

以上ご参考になるところあれば幸いです。

戦略系コンサル:
コンサルティングが業務の中心です。
ただ、コンサルティングというのは企業(クライアント)から見た場合、「戦略策定支援業務のアウトソース」といった位置付けなので、
どこまで企業から評価・信頼を勝ち取るか、というところがそのコンサルファームの強い弱い、得意不得意につながってきます。
また最近では、企業の財源も十分ではなくなってきていることもあり、こういったコンサル会社の多くも、ベンチャーキャピタルetc. 様々なビジネスモデルを模索している、といったところではな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報